★管理人詳細(プロフィール)★
トコマさんの画像
トコマ
健康ネタを以前は書いていましたが、 最近はアメブロの方で書いて います。当ブログでは更新頻度は控えめ、 お塩も控えめでがんばっていきます。 記事内容な色々なまぜまぜ記事です。
プロフィール
★新しい記事★
▼カテゴリ〜多くてごめんなさい▼



にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

広告

posted by fanblog

2018年09月09日

キライな音とミソフォニア





be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_t.jpeg



色んな音が溢れて

いると思いますが、





好みの音

きらいな音が

あると思います。









咀嚼(そしゃく)のうるさめの音、

不意打ち的な屁の音

野良猫の声、



せきばらい音

鼻すする音、

黒板を引っかいた時の音

乳児のなき声、







これらも一応

音の部類に入ると

思いますが、







さほど気にならない方と

これらの音が

きらいでとても反応してしまい

気分がすぐれない、という方も

いるかもしれません。









どちらの場合も

さほど問題はないと

いえますが、





少しだけ注意したい

点としては





後者の、特定のきらいな音に

反応しすぎて

しまう方です。







理由としては

稀にミソフォニアというものに

発展することがあるためです。







これは上記のような

特定の音に

すごいマイナスの気持ちを

抱くもので、





病として

扱われています。







ご自身が好みではない

音に反応している状態から





ミソフォニアに発展すると、

行動にうつしたり

という、コトがあります。







具体的には、

その好みではない音を

出している方に、







モノ申したりとか、

または叫ぶとか

せずにはいらないような

コトになったりします。







こうなると、

その音がするたびに、

脳が反応し

すごくしんどくなりがちです。







そのため、





特定の音に対して、

反応した時、





モノ申したりなど

行動にうつさずには

いられないような場合は、





ミソフォニアを疑い

医師に相談することが

安全といえそうですね。







快ではない

不快と思う音は

誰でもあると思いますが、





その音の素に対して、

行動にうつさせるような

場合は、







脳が必要以上に

反応しすぎているのと

いえます。







○勝手に総まとめ




どこからともなく

聞こえる不快と

思う音に対し、







強く文句を言いたいとか

叫びたい等の

行動がでそうな時は、







ミソフォニア(特定の音に反応しすぎる状態)かも

しれません。











本日もありがとうございます。

トコマ


この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8078523
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。