★管理人詳細(プロフィール)★
トコマさんの画像
トコマ
健康ネタを以前は書いていましたが、 最近はアメブロの方で書いて います。当ブログでは更新頻度は控えめ、 お塩も控えめでがんばっていきます。 記事内容な色々なまぜまぜ記事です。
プロフィール
★新しい記事★
▼カテゴリ〜多くてごめんなさい▼



にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

広告

posted by fanblog

2018年05月29日

足首細くとヒールとぺったんこ




6909f6eff441fe069b382425dd6b0519_t.jpeg






足首あたりに

注目することは

少ないかもしれません。





ねんざの時

くらいかもしれません。





とはいえ、

意外と重要ですが





あまり足首を

機能ささなくても

歩けることは

歩けるます。





しかっし、

足首使わなさすぎの場合は、

足の雰囲気が

変わることがあります。





足首、

ふくらはぎ辺りが

たるみまして、





ややどっしりの足に

見えることが

あります。





足首をあまり

機能させないコトと

関係がありといえます。





どっしりして

貫禄あるため、

これも良いといえば、

良いですが、





ふくらはぎや

足首周辺を

細くする場合は、



足首をある程度

使うのが

良いといえます。







この場合は、

足首をぐるぐる回すよりも、





多少ヒールのある

靴を履くのが

効果的といえます。





健康的には

ヒール靴よりも



ぺったんこの

地平線なみの平らな

靴のほうが、





よろけず、

ふらつかず

安全と聞きます。





この点は

正しいのですが、





ぺったんこすぎる

靴は、

足首があまり

使われにくいので、





その周辺が

だるんできて

足が少しづつ

どっしりとなることもあります。







一方、ヒール靴は

不健康とも

聞きますが、





これはかなりの

ヒール高の靴を



連続使用した場合が

当てはまります。





しかっし、

5センチ未満位の

ヒール靴を週に数回

履くことは、







足首がよく機能し、

同時にふくらはぎも

使われるので、





足の引き締めに

良い方法と

いえそうです。





なお、お年寄りの方も

ヒール靴が

良いといえますが、





履いた時に

ふらつく

入れ歯落ちる等、

バランスとりにくい場合は、



危ないため

使用を控えるように

したい所です。





まとめる









足首周辺の

引き締めは、



ほどほどの高さの

ヒール靴で

歩行が有効。



@5センチ未満のヒール靴

A少し歩幅を大きく





手軽に取り組める

引き締めでは

ないでしょうか。







本日もありがとうございます。

トコマ










この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7711429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。