★管理人詳細(プロフィール)★
トコマさんの画像
トコマ
健康ネタを以前は書いていましたが、 最近はアメブロの方で書いて います。当ブログでは更新頻度は控えめ、 お塩も控えめでがんばっていきます。 記事内容な色々なまぜまぜ記事です。
プロフィール
★新しい記事★
▼カテゴリ〜多くてごめんなさい▼



にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

広告

posted by fanblog

2018年05月23日

かぶれ止め薬使い続けるメリットよりも・・・





4fdd9caab9595b38c2789af54015dbc8_t.jpeg










ひふは色々なコトに

反応すると思います。







蚊・ヒアリに

噛まれた時、



また

特定の植物に触れた時も



皮膚に何らかの

反応が出ますね







日常でも肌に反応が

出る場面は身近にあり、



シャンプーとか

コスメ類でも

かゆみ・かぶれ等の

反応が出ることが

あります







こういった時は、

これらの品を

使用をとめる、が

良いですが、





お気に入りの品等の

場合は、かぶれ止めの

塗り薬を使いつつ、





かぶれが出た後も

使い続ける場合が

ある様子です





割合的には男性より

若い女性の方が

多い様子ですが、







ここで言う「若い」というのは

105歳未満の方が

当てはまるので、





幅広い年齢の方が

当てはまると

いえます。





かぶれ止めは、

3件隣など、



ひじょうに

最寄りすぎる

薬店で入手可で、





すぐに使えて、

便利ですね。





しかっし、

上記かぶれ止め

具体的には

ステロイド系かぶれ止めを、





かぶれが出ては

使う、









かぶれては

使うを



しこたま

使うを

繰り返す、







再びみたび使ううちに

あることに気づくかと

思います





そのかぶれ止めを

使った部位が



飲酒後のように

赤くなっていて、



さらにデキモノが

現れていることが

あると思います





お酒は飲まないのになぜ?と

思う所ですが、





これは使用した

かぶれ止めの

副作用によるものです





具体的には

かぶれては使うを

繰り返したことによる、





ステロイド系の

副作用です。







使いすぎると、

一定の厚みある皮膚が



少しづつですが、

厚み控えめに

なりがちです。



薄まると

いうことです。







すると外からの

刺激から守るチカラも

控えめになるため、





こういった皮膚の

炎症がたやすく

おきやすいです。





ステロイド系の

かぶれ止めを

使えば使うほど、





これが強まるという

循環になります





名前としては、

「しゅさようひふえん」という

種の皮膚炎です。







○対処法





上記の

酒さよう皮膚炎が

現れるた時の対処としては、





ビールやバーボン等、

飲酒を控えても

解決にはなりにくいです







というのは

「酒さ様」といっても

お酒は直接関係

ないからです。







甘酒との関係も

無関係です。







対処法としては、



1かぶれの元の品(シャンプー・コスメ類他)の使用を控える

2かぶれ止め使用を控える

3・ひふ科医に皮膚をみせる







これらの流れでの

対処が解決には

近道といえます





かぶれの元になって

いる品が

愛着ある場合、





手放しづらいかも

しれません。





とはいえ、

その品の

売り上げ貢献より、



肌の安全を

優先するほうが



やはり大切では

ないでしょうか







また、かぶれ止めも

極力早めに

使用をとめてから、





ひふか医にみせる

のが良いといえます。







これらの手順が

面倒と思い、

しないことも

ある様子ですが、







極力は

優先度的には、





デート・密会・商談

さらにはパン食い競争出場よりも、







皮膚科医にみせる、を

優先したほうが、





結果的には全てが

良い方向になるので、

良い選択かと思います







なお、

このようにして

みますと、





ステロイド系の

かぶれ止めは





きけんとも

思えますが、

これはまた違って

いたりします





というのは

非常に使える

便利品でもある為です。





霊を怖がり

すぎるように、



過度なこわがりも

ひつようは

ないかもですね。





大切な点としては、

「使いすぎ」を

控える点といえそうです







説明書きの量を

超えて





多く塗り続けることで

こういった皮膚炎も

あるということです。







そのため、

誰もが信号を

まもるように、







使う量を守れば、

便利な薬と

いえそうですね。







○まとめる









かぶれを止める

かぶれ止め。





とはいえ、

ステロイド系かぶれ止めは、

使用頻度増で

酒さ様皮膚炎もありえます。





お酒を飲まずとも

あるえるのです。







本日もありがとうございます。

トコマ。








この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7689815
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。