広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年12月30日

野田幸手園


今日は今年最後の釣行としていつもの釣り仲間と野田幸手園に来ました。

野田幸手園

12月26日に新ベラの放流(4t)が行われたみたいですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
(前回の放流が2.5t 前々回も2.5tということで合計9tの放流がされているようです)

今日の私の釣り方は相変わらず浅ダナウドンセット、M氏も同じ釣り方でOさんはバランスの底釣りを選択しました。

今日のセッティング
竿   9尺
浮き   自作カヤ浮き ボディ5cm PCトップ
道糸   0.6号
上ハリス   0.4号 8cm
下ハリス   0.3号 25cm〜35cm
上バリ   アスカ5号
下バリ   グランウドンバリ3号

エサ
粒戦+とろスイミー+セットガン+凄麩+パウダーベイトスーパーセット

私がウドンセットの抜きセットをやるときに重要視しているのは下ハリスがなじんでいくときにサワリがあるかどうかです。この時にサワリがなければ待つ事はしないですぐに次のエサを打つように心掛けています。
また、理想のアタリとしているのはハリスが張り切っていない時、ウドンが自然に沈下している際に出るアタリです。はっきりとしたアタリというよりヘラブナが違和感なく口にエサを含んだようなアタリが出るように調整していくのですが・・・

そう易々とはイメージ通りにはならないですふらふら

今日は下ハリスが張り切った後にアタリが出るパターンが多く感じられたので
下ハリス 25cm
に調整するとヒット率も若干上がりそこそこの釣果を出すことができましたわーい(嬉しい顔)

枚数、トータル重量でみると仲間内では1番だったのですが底釣りをやっていたOさんは枚数は少なかったものの尺半近い良型が釣れていました。

2014年12月21日

兎谷津へら鮒センター


今日は兎谷津へら鮒センターにやってきました。
兎谷津へらぶなセンター
茨城県 境町
<料金>
一日 1000円
<規定>
竿  自由
タナ 自由

入場券が10枚集まっていたので今日は一日無料で釣りが出来ますわーい(嬉しい顔)
桟橋の真ん中辺りに釣り座を決めて近くで釣りをしている方の様子をうかがっていると「アタリがでない」「サワリもでない」という声が聞こえてきます。
釣り方はグルテンの底釣りをやっている方が多そうでした。

かなり食いが渋い印象なのでウドンセットで様子を見ることにします。
セッティング
竿 7尺
浮き 自作カヤ浮き ボディ 4cm パイプトップ
道糸 0.6号
上ハリス 0.4号 7cm
下ハリス 0.3号 35cm
上バリ アスカ 5号
下バリ グランウドンバリ 3号

エサ
粒戦+とろスイミー+セットガン+セット専用バラケ+パウダーベイトスーパーセット

浮きをオモリから80cmの所にセットしてまずは深なじみさせてテンポよくエサ打ちをしていきます。

辛抱強くエサ打ちを繰り返しましたがサワリが出てくる気配はまだありません。
近くで釣りをしている方は朝からやっていてまだ釣果がない様子・・・

このままこの釣りを続けるよりはいろいろ試した方が良さそうだと思い、抜き系の釣りにチェンジしてみます。
浮き 自作カヤ浮き ボディ 5cm PCムクトップ
下ハリス 25cm
粒戦+とろスイミー+セットガン+バラケマッハ
に変更し、バラケを抜くタイミングを探ったりクワセをローテーションさせてやっとサワリが出てきました。
その後は下ハリスの倒れこみでのアタリやなじんだ後にアタリが出たりしてポツポツペースでしたがなんとか釣果を出すことが出来ました。



2014年12月14日

近所の野池


今日は近所の野池に釣行です。

近所の釣り場

先週は浅いタナで釣果があったので今日も浅ダナウドンセットから始めてみます。

セッティングは
竿   9尺
浮き   自作カヤ浮き ボディ 5cm PCムクトップ
道糸   0.8号
上ハリス   0.5号   7cm
下ハリス   0.4号   40cm
上バリ   アスカ7号
下バリ   グランウドンバリ   3号

エサは
粒戦+とろスイミー+セットガン+セット専用バラケ

まずはサワリが出るまでゼロなじみでエサ打ちします。
しばらくエサ打ちするとウドンがなじむ時にサワリが出てきたので少し待ってみるとチクっというアタリが出たのですかさず合わせると・・・

鯉がつれました・・・

気を取り直して釣り始めるとフワフワとウドンをあおるような動きの後にまたもチクっいうアタリで

今度はブルーギルです・・・

両者ともヘラブナっぽいアタリだったけどなぁ

と思っているうちに隣で知人のM氏が竿を絞っているではありませんか
しかもかなりの良型!

その後はバラケを抜くタイミングを調整してみたりハリス寸を変えてみたりしましたが弱くサワリがでるだけで食いアタリが出なくなってしまいました。

この時期の野釣りはムズカシイ!
技術的にも精神的にもかなり修行になります。

検索
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
<< 2014年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。