UA-161581297-1

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年07月04日

マウスの使い過ぎで腕が痛い時の対処法。

 マウスの使い過ぎで腕が痛い時の対処法。

整形外科でみてもらいました。

症状

 手首 肘 肩 脇に肩こりみたいな症状で
 力を入れたあとみたいに、筋が張っていて鈍い痛さ

結果

 ”胸郭出口症候群” という事でした。





胸郭出口症候群

 首から手に掛けて通っている神経が
 肋骨と鎖骨の間を通っているそうです。
 ここで圧迫されているとで起きる症状のようです。

病院に行く時は

 ・どこが痛いのか(私の場合は複数個所でした)
 ・どうゆう状態になると痛くなるか。
  例えは、手首を曲げると痛くなるか
      首を左右どちらに曲げると痛くなるか
 ・常に痛いのか

 痛くなる現象を聞かれますので、ある程度把握しておくといいと思います。





どうするかというと

 ストレッチを勧められました。

 ストレッチ@
  4CAE58CC-3CC3-4943-916F-7369B1EA5E88.jpeg
 
 両手を頭の後ろにして、上を向いて5秒停止
 これを5回

 ストレッチA

 F1DFC115-8993-42AD-B7A7-41406FADBAB2.jpeg
 両手を頭の後ろにして
 左へねじり、そこから下へ 5秒停止
 左右行います。


今の肩の柔軟さ

 整形外科で、両肩の硬さ(柔軟さ)を見てもらい
 症状のある方の腕は、確かに硬かった。

 そこで、たった数分マッサージして貰った所
 明らかに、柔らかくなりました。

 短時間でこんなに変わるとは・・・
 衝撃でした。

デスクワークが多い人は

 たまにストレッチすると良いそうです。



 てっきり、腱鞘炎かと思っていたので意外な結果でした。
 腱鞘炎はしびれる感じがあるようです。
 違和感があったら、早めに見てもらったほうが良いと思いました。。。



posted by あきめい at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | マウス
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
タグクラウド
最新記事
写真ギャラリー
プロフィール
あきめいさんの画像
あきめい
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。