80年代アイドル、矢野有美『ガラスの国境』+『MAKIN' IT(+5)』が初CD化、2CDで6/5発売に。


「ガラスの国境」+「MAKIN' IT(+5)」矢野有美









80年代に活動した日本の女性アイドル歌手、矢野有美さんの唯一のアルバム

『ガラスの国境(ボーダー)』と12インチシングルで発売された洋楽カバー

集『MAKIN' IT(+5)』が復刻され初CD化。2枚組CDとして2019年6月5日

(水)に発売されました。

『MAKIN' IT(+5)』にはボーナストラックにシングルで発売された4曲

(2枚のシングルのA、B面)と、リアレンジ曲1曲が収録されています。

「ガラスの国境」+「MAKIN' IT( 5)」 [EGDS-88/89]

新品価格
¥6,048から
(2019/6/10 09:24時点)


矢野有美の『ガラスの国境』+『MAKIN' IT(+5)』

アルファレコード初の本格的アイドル、矢野有美の唯一のアルバムにして
極上のデジタル・ポップ作品『ガラスの国境(ボーダー)』、洋楽カバー
作品『MAKIN’ IT』に、シングル4曲とリアレンジ1曲を加え、ついに
コンプリート・コレクションとして初CD化!!

矢野有美は、資生堂「シャワーコロン」のキャンペーン・アイドル
「シャワー」の一員としてデビュー、1984年公開の映画「パンツの穴」
では菊地桃子に次ぐ準主役として知名度を上げた。

満を持して’85年アルファレコードからデビュー、3枚のシングルを発表後、
同年9月発売の『ガラスの国境』は、昨今音楽誌のシティ・ポップ特集や
歌謡ディスク・ガイド本でも度々取り上げられ、その希少性からテクノ歌謡
最後の砦と言われていた作品。
ムーンライダーズの岡田徹プロデュース、白井良明、鈴木博文も作詞、作曲、
ミュージシャンとして参加しており、PSY・Sの松浦雅也も楽曲提供、編曲で
参加。パール兄弟として本格的に活動開始したばかりの佐伯健三
(現・サエキけんぞう)も作詞で2曲参加しており、コーラスには野宮真貴の
名前も。職人達が創り上げた精緻な楽曲に、矢野の無機質なボーカルが
溶け合う上質なテクノ・ポップ作品となっている。

同年12月発売の『MAKIN’ IT』は、『ガラスの国境』とはまた違った
ディスコ歌謡路線の洋楽カバー・ミニアルバム。中でもアンジー・ゴールド
の日本語カバーである『EAT YOU UP』(邦題『素敵なハイエナジー・
ボーイ』)は、昨今リバイバルブームとなっている、ご存じ荻野目洋子の
『ダンシング・ヒーロー』の原曲。奇しくもほぼ同時期にリリースされた
楽曲を聴き比べてみてはいかがだろうか?
さらに、ボーナス・トラックとして、メジャー・フォース結成前の藤原ヒロシ
&屋敷豪太が手がけた、非売品プロモーション盤にのみ収録されていた
『CUPID GIRL』のアレンジ・バージョンも収録でDJ使いにも対応。
デビュー・シングル、セカンド・シングル計4曲も加えて
『矢野有美コンプリート・コレクション』としてついに完成!!

<DISC.1『ガラスの国境』曲目>
1. 夏への手紙
2. MARINE BLUE
3. 恋のクスリはバンシャガラン
4. STAY NEXT TO ME
5. マーマレード飛行
6. 幻の輪舞
7. 真珠海岸
8. ガラスの国境
9. FADE OUT
10. ちぎれ雲にウィング

<DISC.2『MAKIN’ IT(+5)』曲目>
1. MAKIN' IT
2. EAT YOU UP
3. CUPID GIRL
4. FOLLOW ME
5. CUPID GIRL(ROLLER COASTER VERSION)*
6. 経験・美少女 * 
7. 新しい淋しさ * 
8. キュートにeyeして! * 
9. ハートのアドレス * 
*ボーナス・トラック

Yumi Yano (矢野有美) - Garasu no Border (ガラスの国境) (1985) [Full Album]


Yumi Yano - Makin' It (1985) [Full EP]




矢野有美さん、ほぼ私と同年代のアイドルで、当時のアイドル雑誌

「Momoco」でよく見かけたような。菊池桃子さんの主演映画

『パツの穴』にも出演されていたのも覚えているが、歌っているのは

見たことも聴いたこともなく、今回YouTubeで聴いてみたが、

デビュー当時は、曲のタイトルやレコードジャケットもそうなのですが

完全に中森明菜路線であるのがよく分かる。


矢野有美 経験・美少女
https://youtu.be/-4z_T5ZiIzY

キュートにeyeして! 矢野有美
https://youtu.be/5A7LUn9A9Lo



また、アルバム『ガラスの国境』はムーン・ライダーズ関連のミュージシャン

や、野宮真貴さん(元ピチカート・ファイブ)、松浦雅也さん(PSY・S)

なども参加されていたようで、今聴くと面白そうです。

『MAKIN' IT』は洋楽カバーということですが、シンセが多用されていて

80年代の当時流行ったサウンドが聴くことが出来る。

それにしても1985年デビューで、1986年には引退という矢野有美さん。

すべて1985年に発表された音源ばかりで、当時はアイドル過多の時代、

1年間でこのサウンドの変化は迷走していた感じが伺えます。

パンツの穴 (HDリマスター版) [DVD]

新品価格
¥3,694から
(2019/6/10 10:33時点)



80年代アイドルcollection (別冊宝島 2611)

新品価格
¥950から
(2019/6/10 10:58時点)



BOMB presents「永遠の’80お宝アイドル大集合!」

新品価格
¥2,196から
(2019/6/10 11:03時点)



ムーンライダーズ in CROWN YEARS 40th Anniversary BOX

新品価格
¥9,001から
(2019/6/10 10:42時点)



野宮真貴 渋谷系ソングブック

新品価格
¥2,683から
(2019/6/10 10:44時点)



GOLDEN☆BEST / PSY・S[saiz] SINGLES

新品価格
¥2,900から
(2019/6/10 10:49時点)



完璧なベスト

新品価格
¥2,200から
(2019/6/10 10:54時点)







    >>次へ
http://fanblogs.jp/hb25/index1_0.rdf
http://fanblogs.jp/hb25/index2_0.xml
このブログ内を検索
プロフィール

hiro
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
HMVジャパン Sony Music Shop チケットぴあ デル株式会社 プーマオンラインストア
最新コメント
記事ランキング
  1. 1. 100均「ダイソー」の『腕時計 金属ベルト調整工具セット2』で腕時計のメタルバンドを調整してみました。
  2. 2. no img WATARU(長渕航)「波に乗ろう」のPVに父・長渕剛が出演している件。
  3. 3. no img 長渕剛の武道館ライブでの使用ギターを調べてみた。8/22 ONE NIGHT PREMIUM LIVE AT 日本武道館
  4. 4. no img 熊本のパチンコ店「コア21」のCMの女の子が吉崎綾だった件。
  5. 5. no img テレビ東京『YOUは何しに日本へ?』で、80年代のシティポップのレコードを探しに来たスコットランド人のYOUに密着していたよ。
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
タグクラウド
ラシックス