広告

posted by fanblog

2017年10月21日

アスペルガー受動型の嫁と別居と離婚について話してみるが…

相手が発達障害でも、そうでなくても結婚生活を順風満々にやっていく
というのにはどうしてもお互いの尊重が必要になってきます。

しかしこれが上手く伝え合えなくなったり、良くないところばかりが見えてきたり
してしまうと毎日が鬱屈としたものとなってしまうことでしょう。

3395790fe568aae0cdfcb823371314db_s.jpg


相手を尊重するということは、相手に対して、
・あれこれこっちの思うようにして欲しい
・状況を察して動いて欲しい


なんてことではありません。

いいところも、悪いと思われるところもどちらも含めて
セットで人間性を受け止めることなのだと思います。

しかしこれがアスペルガー受動型の嫁にはむずかしいわけです。

私の気持ちに余裕があるときはいいのですが、そうでないときは
こちらが気にしすぎるとストレスの根源以外のものにはなりません。
732690.jpg


・ストレスが溜まる

・基本はどこかで我慢をしている

・塵も積もれば山となるでいつかはストレスが爆発

・冷静さを失い、常にイライラモード

・だからといって相手が変わるわけではない

・ストレスが溜まる…

この無限ループに陥ります。

結局は自分が何にそこまでイライラしてしまうのか?
どうすれば緩和できるのかを突き詰めることが一番なのです。

それをわかっていても、一緒に生活をしているとどうしても
少なからず受け止めているつもりが我慢している面というものがでてきます。


cc527be72a7b523e6cd1a4ec3f5d6db2_s.jpg


このあいだも久しぶりにこちらがぶち切れて、
本気で別居してくれないか?といってしまいました。

こういう話をしても埒があかないし相手の反応をみると
余計に腹が立つのでいいたくなかったのですが、つい発したわけです。

その言葉に返ってきたのは、

「えっ?どこに住むの?」

でした^^

離婚をして別居する、離婚をしないで別居する、
どちらでもいいけど、と付け加えましたが、
しばらく黙って、どっちもやだと。

最近ストレスが溜まるのは私自身への対応もありますが、
それ以上にアスペルガー受動型の嫁の子どもへの注意が
ひどいため、それに直面するとイライラがとまらなくなります。

b0ea86bbb62f5e7a7acf58ed718bf18a_s.jpg


いっても仕方がないのだから、いうだけストレスをもっと溜めることになる。
というのは分かっているのですが、何年かに1回爆発してしまう感情にその
ストッパーはもうききません。

客観的に自分を見て、冷静になることが1番ですが
この辺りは何年一緒にいても本当に難しいものです。
まだまだ修行が足りませんね。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】アスペルガーの男性が女性について知っておきたいこと [ ...







2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6882749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
名前はニックネームで結構です。
連絡先をいれてみました♪
内容は公開されませんので管理人へ直接連絡したい場合は利用してください



☆アスペ嫁あるある☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


★アスペ相互リンク募集中★


☆★目から鱗☆★

⇒アスペルガー改善マニュアル


最新記事
最新コメント


アスペとカサンドラの本


うちの火星人 5人全員発達障がいの家族を守るための"取扱説明書"


カサンドラ妻の体験記 ‐心の傷からの回復‐


旦那(アキラ)さんはアスペルガー 奥(ツナ)さんはカサンドラ


アスペルガーのパートナーのいる女性が知っておくべき22の心得


自分と向き合うための本

一緒にいてもひとり―アスペルガーの結婚がうまくいくために


マイナス思考と上手につきあう 認知療法トレーニング・ブック──心の柔軟体操でつらい気持ちと折り合う力をつける


斎藤一人ついてる手帳 2016縁


地球が天国になる話 [CD2枚付]



つらい悩みに”重炭酸”浴が大反響!!【ホットタブ重炭酸湯】
プロフィール
アスペ嫁の苦悩夫さんの画像
アスペ嫁の苦悩夫
未診断アスペ嫁の奇妙な行動の日記。相手に変わってもらいたい欲求ばかり押しつけていましたが、どうすれば理解して受け止められるかをくそまじめになりすぎないように考察していきたいと思います。 Copyright (C) 2006-2017

アスペ嫁と苦悩夫の奇妙な冒険

All rights reserved.  
カテゴリアーカイブ


QRコード
RSS取得
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。