広告

posted by fanblog

2017年10月19日

【米国Harvard大学医学部の研究】兄が自閉症スペクトラムだと弟もASDの可能性が高い?!

一般母集団では、自閉症スペクトラム障害(ASD)の有病率は女性より男性で高い。米国Harvard大学医学部のNathan Palmer氏らは、年長の子がASDと診断されている場合に、弟や妹がASDを発症するリスクはどのくらいあるのかを調べるために大規模な観察研究を行い、兄弟姉妹の組み合わせの中で、姉がASDと診断されている場合、弟もASDと診断される確率が最も高く16.7%だったと報告した。結果はJAMA Pediatrics誌電子版に2019年9月25日に掲載された。

引用元:日経メディカル


05cc2ecda2feb81bf79640ca2fa760f6_s.jpg


一般的に発達障害は男性の方が多い傾向といわれています。
今回のハーバード大学の研究では、年長の子どもがASDの場合、
その弟や妹がASDを発症するリスクがどのぐらいか?という研究をしたそうです。

・姉と弟の組み合わせ→16.7%
・兄と弟の組み合わせ→12.9%
・姉と妹の組み合わせ→7.6%
・兄と妹の組み合わせ→4.2%


研究結果では姉がASDの場合、弟もASDという数字がトップだったようです。

この結果だけで一喜一憂するものではありませんが、
この数字を高いとみるか低いとみるかは人それぞれでしょう。

0e69c42f72ea49067110e8a81f390eb0_s.jpg


ただ一番上の子がASDと診断された場合は、第二子を検討している
家庭ではなんとも悩ましい数字です。

一番少なかったのは4.2%で兄と妹の組み合わせ。
10%近い差があるわけですが、どちらにせよ遺伝的な
要素は十分あることが示唆されたわけですね。

ASDと遺伝子の関連性は今後も研究が加速していきそうです。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】アスペルガーの男性が女性について知っておきたいこと [ ...







2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6875160
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
名前はニックネームで結構です。
連絡先をいれてみました♪
内容は公開されませんので管理人へ直接連絡したい場合は利用してください



☆アスペ嫁あるある☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


★アスペ相互リンク募集中★


☆★目から鱗☆★

⇒アスペルガー改善マニュアル


最新記事
最新コメント


アスペとカサンドラの本


うちの火星人 5人全員発達障がいの家族を守るための"取扱説明書"


カサンドラ妻の体験記 ‐心の傷からの回復‐


旦那(アキラ)さんはアスペルガー 奥(ツナ)さんはカサンドラ


アスペルガーのパートナーのいる女性が知っておくべき22の心得


自分と向き合うための本

一緒にいてもひとり―アスペルガーの結婚がうまくいくために


マイナス思考と上手につきあう 認知療法トレーニング・ブック──心の柔軟体操でつらい気持ちと折り合う力をつける


斎藤一人ついてる手帳 2016縁


地球が天国になる話 [CD2枚付]



つらい悩みに”重炭酸”浴が大反響!!【ホットタブ重炭酸湯】
プロフィール
アスペ嫁の苦悩夫さんの画像
アスペ嫁の苦悩夫
未診断アスペ嫁の奇妙な行動の日記。相手に変わってもらいたい欲求ばかり押しつけていましたが、どうすれば理解して受け止められるかをくそまじめになりすぎないように考察していきたいと思います。 Copyright (C) 2006-2017

アスペ嫁と苦悩夫の奇妙な冒険

All rights reserved.  
カテゴリアーカイブ


QRコード
RSS取得
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。