カテゴリーアーカイブ
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年03月20日

バイナリーオプションのツールは果たしてどこまで信用していいのか?

ツールを使って、機械的に取引を重ねていけば

バイナリーオプションは負けることはない。

これは本当にそうなのだろうか?それならばすべての人が稼げるということになるが。。。

実際にどれほど理論を唱えていても

結果が見えないと信用性、説得力も生まれないですからね。



しかし、バイナリーをやっていると様々なツールの存在に出会います。


アセットイノベーションステム
ハーベストツール

後なんか他のものも・・・



基本的に今まで合ったツールは僕は全部使ってきました。

ツール自体にお金を使ってきたのもあるし

そのツールでお金を運用してきた経験から、

バイナリーオプションのツールとは?について言及していきます。


そもそもとしてバイナリーオプションのツールはどういうもの?

「ツール」というと、ちょっとイメージが付きづらいかもしれませんが

バイナリーは一定時間後の通貨価格が上がっているのか?下がっているのか?



を予測するものなので、



【チャートがある一定条件を満たした時に、シグナルを発する】



シグナルツールが基本的には多いです。



RSIの数値が、ボリンジャーバンドに近づいたら、一目均衡表で・・・

とある条件を満たしたら、

この通貨で上にエントリーしたほうがいいというシグナル。

この通貨で下にエントリーしたほうがいいというシグナル。



このシグナルを発するわけですね。



で、ツールを利用している人はそのシグナルを見て

実際に取引を行う。という流れになっています。



実際の所シグナルツールを使った結果はどうなるのか??



で、肝心のツールを使っていった結果ですが・・・



まぁ・・・・内緒です笑



内緒、というよりかはわからない感じですね。

というのも、正直、ツールのみを頼りにやっていたら僕は厳しかったかなーという印象を受けました。



あくまでそのシグナルを参考にして

自分自身の裁量でトレードをしていましたので。



特に相場環境は常に変わっていきますし

その時に通用していたロジックが、次の日にはまったくもって通用しない。



こう言うとちょっと語弊がありますね・・・

通用しなくなる。というよりも、通用しない日が存在している。と言った方がいいです。



例えば基本的には勝率が80%のロジックでも

その日に限って言えば20%以下になってしまった・・・とか。



後は実際に通用しなくなる時もあります。

バックテストでは勝率が100%のところって

実は何個もすでに見つかっているんですよ。



だけども、実際に取引をしてみても100%にはならない・・・



不思議とそういったポイントってたくさん出てくるのです。



だからこそ新しい投資家が出てくるし

古い投資家も負けることがある、そういう新陳代謝と言うか入れ替わりが起きるのですが・・・・。





つまるところ、「ツール」は一つの「ロジック」に過ぎない。



結論から入りますが、そういうことです。



「ツール」というものは何かしらのロジックが組まれていて、

そのロジック条件が達成された時に信号が発されるわけですよね?



つまるところは、そのツールを使うということは

そのツールに組み込まれているロジックを利用してトレードを行っているのと同義になります。



もちろん、シグナルが出るので見逃す可能性が少なくなる。というメリットも有るのですが・・・。





何にしても、ツールを利用するにしても

自分の裁量、詰まるところは自分の力である程度はトレードを出来るようになっていったほうが

僕として非常におすすめできますね。



裁量というのは、ロジックを覚えるのではなくて、ロジックを導き出す力ですね。

これをしっかり持ってトレードを行っていけば

仮に負けたとしてもすべてを学びにすることができますし



そう思うと精神的にも楽になります(ただの負け惜しみかもしれませんが)



ただ、ツールが合ったとしてもそのツールにすべてを委ねるのではなくて

注意すべき点とか、相場環境をしっかりと見れるようにはなっておきましょう。





それこそ、昨日みたいな政策金利緩和の指標直前にシグナルが出た場合・・・



あなたはトレードしますか?トレードしないですか??





その判断は正確にできるようにしておくといいですね。



2020年03月19日

投資・バイナリーオプションには詐欺が多いのか?詐欺業者の特徴と注意点

2014年、振込詐欺の被害額は日本だけで500億近くまで

上っていたという。なぜ人はそこまで騙されてしまうのか?

なぜそして詐欺師はいなくならないのか?お金の動くところには光もあれば闇もある。

投資、バイナリー、FXといった

いわゆる投資商品に初めて関わる人が気にするのが「詐欺」の存在であると思います。


今回は詐欺師、詐欺業者の手口をお伝えします。

この手法に見えるところが必ずしも詐欺!!というわけではありませんが

参考にしてみてください。



詐欺業者の特徴を洗い出してみる。
そもそもとして詐欺って何??というところからなのですが

今回の場合、単純に支払ったお金がまったくもって帰ってこない。そういったケースをお話していきます。





特徴1 ペイアウト率が30倍などあからさまに高配当、高レートの業者

僕は実際にまだ見たことがないのですが

バイナリーオプションでもこの様にもし予測が当たったら

これだけの報酬がもらえる!!と言うような業者もあるみたいでして・・・



基本的にはバイナリーでこれだけ高レートの取引を受け付けているところは

まずまず気をつけておいた方がいいですね。



実際に資金を入れたけども

取引をしても全然引き出せない。。。ということもあるみたいです。



実際問題、エントリーした箇所から圧倒的に不利な場所から始まる。という条件があれば

わからなくもないのですが。。。

仮に存在したとしても条件として非常に難しい投資となるので

結局のところ手を出さないほうが懸命ですね。



特徴2 多くの人からお金を集めて運用する「ファンド投資」

これは人と会っていると本当によく聞く話で

例えば

「プロの集団が集まってお金を運用しているところがある。

そこに集まっている人はあのゴールドマンサックスや世界的なプロの集団だから

投資運用に関しては最強だよ!そんな人達が月利5パーセントで投資運用してるんだ。

あなたもそこに資金を入れて配当を受け取らない??

1年後からはプラスになるよ!!」


こういったことを言ってきます。

で、これなのですが本当に気をつけたほうがいいです。





というのも、こう言ってくる人も決して悪気があって進めてきているわけではないことがほとんどだから。

です。



つまりはこの人も騙されている可能性があるということですね。



ちなみに、実際にファンドというのは

その形式自体は融資を募って投資を行っているだけであり

法に則った行いとしっかりと同意の上で投資を行っていれば問題はありません。



しかし、中には最初にお金を集めて、

実態は全く投資活動をせずに、数ヶ月分だけ配当をお渡しして

きりが良くなったら、消滅。さようなら。



ということもあるのが現状です。

(本当にこういう話は多いです)

なので、もし実際に人とお会いして情報交換されている方などは

こういった情報は本当に気をつけたほうがいいです。



他人にお金の運用を任せるというのは本当に怖いことで

ある意味そのお金はもうなくなってもいい。くらいの覚悟があってこそ出来るものだと認識したほうがいいでしょう。



自分の力がまったくもって介入していない場所に大切なお金を預ける。



こういった投資には

心から気をつけておきましょう。





うまい話には落とし穴がある。

しっかりと自分の自力をつけて、自分でお金を稼げるようになったほうが

確実に幸福度は高まりますし、そこに生きている実感があると思いますね。




リンク集
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。