広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年03月29日

選び方大公開!マヌカハニーでアレルギー予防 

マヌカハニーは、テレビメディアなどで
体にいいと話題になっていますね。


せっかく買うのなら効果の高い本物のマヌカハニーを
お買い得に買いたいものですよね。

そこで、マヌカハニーの選び方について調べました。



cba9a4d811b26e5ff01106bcc8a6aaa3_s.jpg



効果の高いマヌカハニーを選ぶにあたって重要なのが、UMFの値です。
5+、10+、15+、20+、等の値があり、数値が高いほど抗菌活性も高くなります。
そのため、より効果的なものを選ぶなら、数値が高いものを選ぶ必要があります。

一般的な消毒液のフェノール溶液と比較したものですが、
例えばUMF20+のマヌカハニーは、濃度20%のフェノール溶液の殺菌力に匹敵するといわれているのです。

日ごろからマヌカハニーを食べる習慣をつけて、風邪や病気を予防しましょう。



しかし、マヌカハニー売られているところを見たことがない方も多いのではないでしょうか。
確かに、普通のはちみつならどこにでもありますが、マヌカハニーはあまり出回っていないようで、手軽には買えませんよね。

日本のスーパーなどで売られているはちみつでは代用できないのでしょうか。



スーパーなどで売られている一般的なはちみつは、国内産やその他海外のものになりますが、マヌカハニーはニュージーランドでしか取れない貴重なはちみつです。
ニュージーランドでは薬局でも売られており、その他のはちみつに比べて活性パワーが強いのが特長です。

マヌカの花からしかとれないニュージーランド産のマヌカハニーは、とても希少なものになるので、お値段もそれなりに上がってきます。


では、マヌカハニーはどこで変えるのでしょうか。
一般的な飲食店やスーパーなどではほとんど見かけることはなく、手に入りにくい印象があるでしょう。
健康食品店などではおかれていることもありますが、手軽に手に入れるためには、ネット販売を利用すると便利です。

下記のサイトからは、本物のマヌカハニーをUMFで選ぶことができます。
お値段もUMFによって違いますので、予算に応じて本物のマヌカハニーを選べるという利点があります。




効果効能、そして選び方の詳細などの知識も載っていますので、マヌカハニー選びの参考にされてくださいね^^






2017年02月23日

花粉症の原因は花粉ではない!?

花粉症を発症しないためにも花粉を避けましょう。
なんてことはよく耳にしますが、それなら花粉症は大昔からあったはず。

最近になっての罹患率は尋常じゃないほど増えています。

その原因は何なのか、よく考えてみる必要があります。

b89d42f1d699ed1ecd811fea00caf540_s.jpg



現代人の食生活・・・。
食品添加物などの化学物質をとりすぎていませんか。
これらをとりすぎると、アレルギー体質になるといわれています。

加工食品ファストフードを食べていませんか。白砂糖をとりすぎていませんか。
これらは陰性食品。もちろん食品添加物がたくさん含まれています。
体を冷やし、交感神経優位に傾き、アレルギーを発症しやすくなります。


花粉症の原因は花粉ではなく、
アレルギー体質になる食生活にあるのですね。
花粉はアレルギー症状を引き起こすアレルゲンであり、花粉症の原因と言われていますが、
『花粉をアレルゲンと認知してしまう体質になった食生活』にこそ原因があるのです。

なので、いくら花粉を防いでも花粉症は改善しません。
薬で押さえつけても、体質は変わらないばかりか
余計に悪化しますので、アレルギー体質を改善する必要があります。








今や、小学生の3人に1人は何らかのアレルギー症状を抱えているという、大変な時代になりました。

今一度、食生活を見直す必要があります。



安ければいい?
便利ならいい?



本当にそうでしょうか。

私たちは、食べ物を食べて命をつないできました。
その食べ物が食品添加物で加工された命のない食べ物になっているのです。
そんなものを食べて、果たしてこれから先、命はつながっていくのでしょうか。



花粉症を予防するなら、まずは日ごろの食生活を見直す必要があります。
食生活の見直しといっても、現代栄養学のような1日30品目食べて、カロリーやタンパク質などの値を厳密に測る必要はありません。現代栄養学がすべてではありません。


要は、命ある本物の食べ物を食べることです。


例えば、普段食べている白米には命はありません。
白米をいくら水につけても芽は出ません。
白米より玄米を選びましょう。
玄米には発芽するだけのエネルギーがあり、現代人に不足しがちな栄養素が多く含まれています。


例えば、昔ながらの製法で発酵熟成された無添加の味噌を使いましょう。
みそ汁は世界中で健康に良いと注目されている、日本が誇る発酵食品です。
しかし、残念ながら、スーパーなどで売られている味噌には化学物質が加えてあります。
まがい物が一般的になっているのです。


醤油やみりんなども同じです。


これらを本物の調味料に変えるだけでも、アレルギー体質は格段に改善します。

IMG_1181.jpg


全てを無添加の食品にする必要は必ずしもありません。
可能な限り無添加や手作りが一番ですが、できない場合はせめて普段使う調味料だけでも本物を使いましょう。特に「味噌」は、日本人の健康の源と言っても過言ではありません。
多くの著名人も注目していますし、様々な健康誌健康本、自然療法、テレビメディアなどでも言われています。
本物の味噌を、そしてできれば手作りをした味噌を毎日いただきましょう。



発酵食品を毎日取り入れて腸内環境が整えば、あらゆる病気は改善に向かい、病気に負けない強い体になります。腸内環境が変わるためには最低でも2週間ほどはかかるとのことなので、毎日取り入れることが大切です。


腸内環境が整うと、ちょっとやそっとのウイルスや菌には負けない、強い体になりますし、
アレルギー体質も改善に向かうでしょう。

実際に食事の改善でアレルギー体質が改善した方の話をよく耳にしますし、私自身もアレルギー疾患であるリウマチを完治させました。


体験があるからこそ、言えるのです。
命ある食べ物をいただきましょう。




2016年07月22日

ユーグレナでアトピーが改善する理由とは?

アトピーでかゆくて眠れない!
お肌がボロボロに・・・。
お子さんがかゆがって何とかしてあげたい!


そんなお悩みはありませんか?
アトピーに効くというクリームやサプリをいろいろ試してみたけどダメだった・・・。
なんて方も多いのではないでしょうか。


ユーグレナがアトピーに良いという情報を得たので、紹介します。

166453.jpg

ユーグレナとは、和名で「ミドリムシ」ともいいます。
植物と動物の両方の特徴を兼ね備えた微生物です。


ビタミン類14種、ミネラル類9種、アミノ酸類18種、不飽和脂肪酸11種もの栄養素が含まれています。
また、ユーグレナ特融の成分である、パラミロンをはじめとする7種類の、計59種類の栄養素を兼ね備えています。


これだけ見てもユーグレナは栄養の宝庫であることが分かります。
植物性と動物性の両方の栄養素が含まれているのです。


特に、ユーグレナにしかない特融の栄養素である、パラミロンは、Igeを低下させ、免疫抑制効果、抗酸化作用があるとされています。
そのため、免疫抗体であるIgeが過剰に反応して起こるアトピーを改善してくれる、と注目されているのです。


動物実験でも、ユーグレナを投与したマウスは血清Igeが減少することが確認されており、アトピー性皮膚炎の緩和に有効だと認められました。



では、アトピーはユーグレナだけで治るのでしょうか。
アトピーの原因は、有害化学物質です。
今やたくさん市場に出回っている食品添加物石油系合成洗剤などの化学物質が体内に入り込み、蓄積されることで免疫抗体が過剰に反応しやすくなる状態になります。
また、オメガ6脂肪酸の過剰摂取で、アレルギー促進作用のある細胞膜が作られ、ちょっとした異物にでも過剰に反応してしまう体質になってしまいます。オメガ6脂肪酸と拮抗作用のあるオメガ3を摂り入れる必要があります。
>>オメガ3の効果とアトピーの関係性


そこで、ユーグレナを摂りいれて過剰に反応してしまうIgeを低下させ、症状を緩和させるのです。

しかし、いくらユーグレナを摂りいれたからと言って、アトピーの原因である有害化学物質を摂り続けると、大きな効果は期待できません。



アトピーを改善させるためには、
ユーグレナでIgeを低下させ、食品添加物や合成洗剤などの有害化学物質を取り除き、オメガ3を摂りいれることが重要です。

ここで摂りいれるユーグレナは、食品添加物が含まれていない、完全無添加のユーグレナに限ります。
せっかくサプリメントでユーグレナを摂り入れても、それが食品添加物だらけでは意味がありません。

サプリメントに加工する途中で様々な添加物(着色料、保存料、カプセル素材)を加えてある場合が多いので注意して選びましょう。


唯一の完全無添加のユーグレナサプリは、楽天総合ランキング1位の人気商品ですので、
ユーグレナを摂りいれたいならこちらがお勧めです。

>>完全無添加のユーグレナ

>>東京大学などで研究されているユーグレナサプリ












2016年06月21日

アレルギー体質を改善させるための基礎知識

アレルギー疾患は今や多くの方が持っている症状であり、小学生の3人に1人は何らかのアレルギー疾患を持っていると言われる時代になりました。

昔はあまり聞かなかった病気ですが、なぜ今ここまではやっているのでしょうか。


その原因の大部分は食生活にあります。

昔は、食品添加物農薬といった有害化学物質は使用されていませんでした。
食品は、保存がきくように塩漬けや干物にしたりと、日本ならでわの工夫をして、添加物を加えなくても保存ができる食べ物を作っていました。

日本食2.jpeg



しかし、今はどうでしょうか。
コンビニで売られているおにぎりは、1日置いても固くならずに柔らかいままです。
菓子パンなどに至っては、1か月置きっぱなしにしていてもカビすら生えません。

なせなら、防腐剤が大量に使われているからです。

防腐剤だけでなく、加工しやすくするためだったり、見た目を良くするためにと、本来食べ物ではない薬品が多く含まれているのです。

スーパーに行くと、加工食品はすべてといっていい程、食品添加物が含まれています。




これだけ多くの有害化学物質を食べていては、アレルギー疾患だけでなくあらゆる難病やガンを発症します。


食品添加物は、私たちの体の中に入ると、腸の中にいる善玉菌や悪玉菌が生きていけない環境になってしまいます。
腸は免疫力の要であもあり、免疫力を作っている大事な臓器です。
そんな腸の環境を整えている細菌郷がいなくなるということは、腸が正常に作用しなくなってしまい、免疫力も極端に低下してしまうのです。

また、化学物質は体内に入ると、交感神経を優位にします。
これもアレルギー症状が起きやすくなる原因です。

更に、食品添加物などの有害化学物質は、一部が排出されずに体内にとどまってしまいます。
とどまってしまった化学物質は、ある許容量を超えると、体が限界に達し、一気に外に出そうとして難病を発症します。

アトピーは皮膚から出そうとしている症状ですが、ぜんそくやリウマチ、潰瘍性大腸炎、クローン病、ガンなど、体の中心に行けば行くほど症状は重篤化します。



目先の安さや便利さだけで選ぶのは危険です。
有害化学物質は、確実に体内に蓄積されています。
今は節約したつもりでも、将来病気になってしまっては元も子もありません。



更に、アレルギー症状を悪化させる原因なのが、白砂糖です。
白砂糖は炎症反応を促進し、かゆみを誘発します。

黒砂糖や甜菜糖、キビ砂糖ならまだましですが、白砂糖は周りについているミネラルなどの成分もすべて除去して精製された化学物質です。
麻薬と同じような常習性があり、癖になると簡単にはやめることが出来ません。


白砂糖を断つ。
そして、有害化学物質を避ける。


この二つのことを気がけるだけで、アレルギー症状は格段に良くなります。




あとは、体の中にたまった有害化学物質を出すことが重要です。
出すためには、デドックス効果の高い食べ物や、ビタミンミネラルの多い安全な野菜を取り入れ、たくさん汗をかくことです。
そして、オメガ3などの質のよい油とをりいれることで、良い細胞膜が作られ、病気になりにくい体が作られます。


毎日の食事の内容を見直すだけでもアレルギー症状を改善させることができます。

くれぐれも、病院に行って薬をもらわないでください。

病院でもらう薬には、アレルギー症状を抑える効果がりますが、抑えてしまったらどうなるのでしょうか。

有害化学物質を外に出そうとして、体が反応している時に、無理やり抑え込んでしまえば、有害化学物質は体内にとどまったままです。ますます溜まってしまうので、もっと重篤な疾患を引き起こしかねません。


抑えるのではなく、出すことを考えてみてください。


◆デトックス効果の高い食べ物◆
ノニジュース(毒出しのスーパーフルーツ)

ドクダミ
(日本古来の薬草)
・ベジスープ(無農薬野菜の皮や根、ヘタなどのミネラルやエネルギーの高い成長点を煮だしたもの)
・水(ミネラルの多いきれいな水)
・岩塩(精製塩ではなく、焼き塩や岩塩)
・玄米(無農薬に限る)
・発酵食品(昔ながらの製法でつくられた本物の発酵食品)

>>生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅300お買い得サイトはこちら


◆質の良い油を摂り入れる◆
オメガ3(特に不足しているので積極的に摂りいれる)
オメガ6(摂り過ぎの傾向。質の良いものを考える)
オメガ9(加熱する際はこれを)

詳しくは下記サイトをご覧ください。
>>病気にならない油の選び方








2016年04月05日

抗生物質を33%減らす目標

本日のニュースZEROで、抗生物質の乱用を注意するニュースが流れました。
国が抗生物質の使用を控えるように通達を出したのです。


その理由としては、抗生物質をたくさん服用していると、
その抗生物質に効かない耐性菌が出現してしまうとのことです。

IMG_9699.JPG


この抗生物質に効かない菌に感染して、患者が少なくとも9人が死亡しています。



抗生物質で死者が出る恐れがあると注意喚起していましたが、
実際に死者は出ています。

IMG_9701.JPG



調子が悪くて病院に行くと、とりあえず出されるのが抗生物質です。
とても身近な薬で、誰もが一度は飲んだことがあるであろう薬です。
それなのに、死人が出ているのです。


飲食店などでノロウイルスなどの感染症が出ると大きくメディアなどで取り上げられ、
重大なニュースになるのに、
医療で使われる薬となると、少なくとも9人が死亡しているにもかかわらず、
この程度の放送なのかと驚くところでもあります。


さて、
よくわからない症状の場合に、とりあえず処方される抗生物質ですが、

それで効かなかったら別の抗生物質、それでもだめならまた違う抗生物質・・・。
このように乱用していると、当然体は薬でボロボロ・・・。

当然、免疫力も弱り普段ならなんともない細菌に感染してしまいます。



そもそも、本当に抗生物質が必要な場合はごくわずかです。
重症な感染症や急性期の感染症がそうです。

IMG_9706.JPG



それ以外の不快な症状であっても、
例えば風邪を引いた場合や、よくわからない痛みや症状の場合など、
とりあえず出され場合がありますが、すべて不必要な薬です。


そもそもなぜその症状が表れるのかを考えてみましょう。
その症状は、体が発しているSOSなのです。
今のままの生活を続けていては、体がもちませんよ、病気になりますよ、
というサインです。



そのサインを抗生物質で押さえつけていては、
病気になる生活スタイルを改善することもなく、
重症な病気を引き起こすことになりかねません。


頭が痛いのには原因があります。
お腹が痛いのにも、喉が痛いのにも、風邪症状が出るのみも、

全ての症状には原因があります。

酵素生活




日々食べているものは免疫力を下げてしまうものではありませんか。
体を冷やす白砂糖や、腸内環境を破壊する食品添加物が入った物をたくさん食べていませんか。

冷たいものや体を冷やす食べ物をたくさん食べたり、
ミニスカート、素足などで下半身を冷やしていませんか。


睡眠がとれていなくて疲れがたまっていませんか。
ストレスがたくさんたまっていませんか。


その症状には必ず原因があります。
痛み止めや抗生物質で押さえつけても、
原因となる食習慣や生活習慣を変えない限り改善出来ません。






抗生物質の乱用はもちろんですが、
その他の薬に至っても同様で、薬に頼りすぎた生活はよくありません。


薬は石油から出来ている化学物質であり、本来体に必要なものではありません。
薬は交感神経を優位にして体を冷やします


可能な限り飲まないに越したことはありません。




今や、子供用の鎮痛剤がドラッグストアにも置かれている状況です。
子供に痛み止めが必要でしょうか。

急性期の怪我や病気でない限り、必要はありません。
その原因のほとんどは生活習慣にあるので、そこを改善すれば治るのです。


日本人は、医療費が他国よりも安いということもあり、
何かあればすぐに病院に行く習慣が根付いています。


病院に行くと必ずと言っていいほど薬をたくさん処方されます。
しかし、その薬は本当に必要なものでしょうか。


薬を飲むのではなく、日々の予防が大切です。
予防医学と言われていますが、日ごろから出来ることはたくさんあります。


薬に頼るのではなく、食事、生活スタイルを見直してみましょう。
今一度薬の使用に関しては見直していく必要がありそうです。






2016年03月16日

蓄膿症や花粉症になまため茶がいい理由

なた豆茶が蓄膿症や花粉症・口臭に良いと言われています。
なたまめ茶はナタマメを原料としたお茶で、昔から現在に至るまで、自然療法として使用されてきました。

400年以上前から残る中国の有名な医学書のような本にも記載があり、古代病院や医者などが数少ない時代から使われていた植物であることがわかっています。

万能薬とも言われ昔から薬として重宝されていた豆で、どんな病気もなた豆で治ってしまうという伝説の豆なのだそうです。
なたまめ.jpg


しかし、この豆があらゆる病気を改善してくれるなんて、ちょっと信じられないですよね。
なたまめの効果について調べてみました。

なた豆には肝臓の働きを強化する成分が豊富に含まれていると言います。
そのため、肝臓の機能を活性化させることで、弱った体の状態を元の状態へと導くことになるのだそうです。


どんな人にお勧めなのかというと、

蓄膿症や副鼻腔炎
気になる口臭を消したい
花粉症の鼻の不快な症状を和らげたい
アレルギーの体質を変えたい
痔ろうの辛さから解放されたい



このような方に効果的とのことです。


いつものお茶をこのなたまめ茶に変えるだけで、これらの症状の改善が見込めるとなると、
普段の生活習慣を変えることなく、実施ができる方法です。

いつものお茶をなたまめ茶に変えてみませんか?


その選び方として一番大切なのは、無農薬かどうかです。
せっかくの効能も、農薬が入っていると意味がありません。
農薬は体の中に蓄積されていき、あらゆる症状として現れてきます。

お茶は特に気を付けなければならないのです。
野菜や果物なら、食べる前に農薬をきれいに洗い流すことができますが、
お茶を洗うことはしませんよね。

そのため、農薬がついているお茶だと、煮だしたお茶は農薬の濃縮液になりかねません。

なので、お茶は特に気を付けて選びましょう。


ここで、お勧めのなたまめ茶を紹介します。
徹底した無農薬栽培の契約農家で作られた、国産なたまめ100%使用したなたまめ茶です。

楽天ランキングでは、なたまめ茶部門で1位を獲得している、人気商品です。


自家焙煎されたなたまめは、風味豊かでアイスでもホットでも美味しくいただけます。
そのおいしさから、多くの方に愛飲され、リピーターも多いようです。

初めてみるなら、こちらの安心安全ななたまめ茶を是非どうぞ。



2015年12月12日

アレルギー物質「ダニ」を除去する方法:置くだけダニシート

「ダニ」がリウマチなどのアレルギー症状の原因になっているってご存知でしょうか。

ダニを吸い込んだからリウマチに、アレルギーになった・・?
と疑問の思うかもしれませんが、原因の一つと考えられています。

ダニを吸い込んだら、体の中の免疫が反応し、アレルギーを引き起こす人がいます。
ダニアレルギーです。

このアレルギー反応こそ、アレルギー体質を作ってしまうのです。
リウマチを発症している場合には、リウマチの悪化につながる可能性があります。

そこで、ダニは出いるだけ除去していくことが大切です。
ダニを除去するといえば、布団の天日干しです!

289580.jpg

太陽の光でダニは駆除できます。
ただ、雨の日や天気が優れない日は外に干すことはできませんし、ダニの死骸がついているので、外でよくはたく必要があります。さらに、最近ではPM2.5などの大気汚染が話題になっており、あまり外に干せない時代になりました。

そこで、自宅で手軽にできるダニ除去として、お勧めしたいのが、【置くだけ簡単ダニシート】です!
布団の裏などにシートを置いておくだけで、ダニがそのシートにどんどん集まってきて、ダニを逃しません。
3か月も効果が持続し、使用後は燃えるゴミとして捨てることが出来るので、ダニの死骸も出ません。

殺虫剤などの体に害のある成分は一切含まれておらず、とても安心できる商品です。
お年寄りや赤ちゃんがいても、安心して使うことができるのです。

最近では、ホームセンターなどで見かけるようになりましたが、結構な値段がしますよね。
そこで、安心安全、更に家計に優しい値段設定の【置くだけダニシート】を発見したので、紹介します。

更にお買い得に購入する方法が載っていますので、参考にどうぞ。
→ママのための置くだけ簡単ダニシート

たくさん入っているのに、この価格設定はありがたいですね。
自宅で、家族のために、子供のため、自分の健康のために、ダニのいないきれいな布団で快適な睡眠を送りましょう。



プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。