広告

posted by fanblog

2016年01月31日

二日酔いは予防できる:肝機能改善方法を伝授!

二日酔いで辛い思いをしたことがある方は少なくはないかと思います。
そんな辛い二日酔いはなぜ起こるのか、予防する方法はあるのか、
についてまとめていきたいと思います。


【二日酔いの原因】
アルコールを分解する際にできる有害物質、アセトアルデヒドを代謝しきれず、
体内に残ってしまうと、頭痛めまい吐き気などの二日酔い症状が起こります。アルコールを代謝する際に大量の水分が消費され、脳を保護する髄液が減少する低髄液圧症候群となり頭痛を感じることもあります。

また、カルシウム、マグネシウム、亜鉛など体の調節に必要なミネラルが尿と一緒に体の外へ出てしまい、疲労感脱力感を生むのです。更に、飲酒によって低血糖が起こるので、これを補うために体内のグリコーゲンやアミノ酸が使われます。アルコールを分解するために、大量のビタミンB1が使われ、ビタミン不足からめまいけん怠感が起こります。

128575.jpg




【二日酔いの予防方法】
1.飲酒の合い間に水をたっぷり飲む!
2.飲んだ後はラーメンよりも果実!
3.寝る前にも水分補給!



ラーメンは脂肪分を多く含んでいるので、これがアルコールといっしょに吸収されてしまうのです。
そこで、ラーメンはやめて果実を食べること!特に良いのが「柿」で、
「柿」にはアルコールを早く分解するカタラーゼという酵素が多く含まれている。(りんごも良い)



【二日酔いを防ぐウラワザ】   
 東洋の神秘「ツボ」を刺激すること!

合谷(ごうこく)・・・親指と人差し指のつけ根あたり。
頭痛、腹痛、下痢、便秘、二日酔いによる気分の悪さなど、幅広い症状に効くツボ。

巨闕(こけつ)・・・二日酔いなどの吐き気をおさめる特効ツボ。
みぞおちの中央で胸骨の下端から指3本分下。ふとんの上にあおむけになり、背中に枕をあてて体をそらせる。ツボに親指以外の4本の指をそっと食い込ませるような感じで指圧する。「二日酔いが早く覚めますように」と念じることを忘れずに。


それでも二日酔いが改善されない場合は、肝機能が低下している可能性があります。
そのため、肝機能をサポートしてくれる栄養素を補うことがおススメです。


【肝機能改善に効果的な栄養素】
肝機能が弱ったときに積極的に摂りたい栄養素をまとめてみました。
オルニチン・・・しじみ、まぐろ、ヒラメ、チーズ
EPA・DHA・・・まぐろ、真鯛、ぶり、さば、さんま
α‐リノレン酸・・・しそ油
タウリン・・・たこ、いか、貝類
亜鉛・・・牡蠣、レバー、牛肉
活性酵素(アミラーゼ・リパーゼなど)・・・生の野菜や果物
ポリフェノール・・・うこん、ブドウ、ブルーベリー、豆腐、ショウガ、日本茶
ビタミンB2、ビタミンE・・・レバー、キャビア、うなぎ、モロヘイヤ、カボチャ


これらの食材を、日々の生活で摂るように心掛け、肝機能改善にむけて自分でケアをしましょう。
また、これらの食材を効率よく含んでいるサプリメント【レバーザイム】を摂りいれることも一つの方法です。
肝機能改善、二日酔い予防のためのサプリメントを摂りいれることで、手軽に肝臓のケアができます。


これらの栄養素を摂りいれ、肝臓の機能をいたわり、二日酔いになりにくい体を作っていきましょう。


二日酔い予防【レバーザイム】の効果とは




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4682268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。