広告

posted by fanblog

2016年01月27日

自分でできる視力回復の秘訣とは!?

眼の健康は自分で維持することができます。
パソコンやスマホのブルーライトや紫外線で眼は疲れていませんか。

眼の健康維持に必要な栄養素には、「ルイテン」があります。

ルイテンとは、水晶体や黄斑部分に多く含まれている抗酸化成分で、
パソコンやスマホなどのブルーライトから目を守ってくれる働きをします。

しかし、ルイテンは眼の使いすぎや老化により徐々に減少していきます。
そのため、食べ物から積極的に補っていきたい成分になります。

082980.jpg

では、ルイテンが多く含まれている成分とはいったい何なのでしょうか。

それは、緑黄色野菜です。
具体的には、ケール、ほうれん草、ブロッコリー、いんげん、カボチャなどの色の濃い野菜です。
ルテインは、かぼちゃの色から想像できると思いますが、カロチノイドの一種でオレンジっぽい色の成分なのです。

毎日の食卓で、こららの緑黄色野菜をバランスよく取り入れましょう。
眼を休めて温めることも、目の疲れをとり、血流を良くするため、視力回復につながります。



もっとしっかりとルイテンを補給したい場合は、
ルイテンをギュッと凝縮したサプリメントもお勧めです。

朝のルテイン&プラセンタは、
人参77本分に相当する、40mgのルイテンを含んでいます。
更に、効果を発揮しやすいようにプラセンタも含まれています。




より吸収しやすく効果を発揮しやすいように開発されたサプリメントになっています。



また、ルイテン、ゼアキサンチン、ビルベリーを贅沢に含んだ眼のサプリメント
「めなり」は、今アイケアサプリとして人気急上昇中です。

眼のダメージをケアし、更に機能を高めるための有効成分が含まれています。


眼のゴロゴロ、しょぼしょぼ、涙が出る、疲れる、かすむ・・・
あらゆる目の症状に良いと評判が良く、今後一層人気が高まってくるれあろう商品です。
→めなりについてもっと見る









眼の症状は、自分で改善出来ることが多くあります。
日々の生活で、ブルーライトを浴びている方は特にケアが必要です。
眼をいたわり温めて休めること。
そして、目に良い栄養素を補うことです。


そうすることで、多くの症状は改善されます。
自分の病気は自分しか治せない、
医師は薬を出したり助言を言ったりはできますが、
実際に治すのは自分自身の力です。


そのため、病気にならない体づくりを、自分でしていきましょう。
それが、医療に頼りすぎた今の現状を打破するために必要なことではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4668372
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。