広告

posted by fanblog

2016年01月22日

リウマチを克服させる生活習慣とは!?

リウマチは治ります。

と聞いて驚かれる方も多いのではないでしょうか。
そうなのです。リウマチは治る病気です!
むしろ、病気というよりも、関節に毒が溜まりやすい体質なのです。


なぜ治るのか。
リウマチには人それぞれ原因があるからです。


その原因とは、体にたまった毒素です。
この毒素は人それぞれですが、その多くは
食品添加物有害化学物質などの蓄積です。



蓄積された毒素は、その人の体の弱い部分から外に出そうとします。
その時に、関節から出そうとする人が、リウマチになる人です。


皮膚から出そうとする人は、アトピーになりますし
小腸からなら、クローン病。
大腸からなら潰瘍性大腸炎です。

117823.jpg


このように、体の毒を出す機能が、たまった毒を出すのが追い付かずに、
弱った部分から出そうとして、症状が出てくるのです。
これらは治らない難病などと言われていますが、原因を取り除くだけで症状は改善されるのです。



具体的に何をすればよいのか。

<毒をため込まない>
・食事面では、食品添加物を摂らないように気を付けること。
・西洋医学の薬は出来るだけ飲まない。
・肌につけるものは無添加のものを選ぶ(化粧品や石鹸、シャンプーなど)
・着るものも無添加に(天然素材の衣類、ナプキンも天然素材のものを使用する)


<毒を出す>
・半身浴や岩盤浴、サウナなどで汗をたくさんかくことです。
・汗は毒を出すためにとても重要なもので、排尿や排便ではなかなか出すことのできない金属類の汚染まで排出してくれます。


<免疫力を上げる工夫>
・免疫力を上げる本物の発酵食品(味噌や醤油、納豆など)を食べるようにする。
・免疫力を弱めるものを控える。(火の通っていない生の食べ物)
・ノニジュースを活用する(イリトイドという成分が細胞の働きを活性化させ、免疫力アップ、痛みの改善につながる)

→ノニジュースとは



薬は飲まないに越したことはありませんが、どうしても痛みが強いと、治療への意欲も減退します。
日常生活にまで支障が出てしまいますので、セレコックスなどの体み負担の少ない痛み止めは併用してもよいでしょう。




西洋医学の病院の医者からは、薬を進められます。
しかし、自分がしたい治療法があれば、断ってもいいのです。

薬を飲むと、症状は一時的に改善したように感じますが、それは症状を抑え込んでいるだけ。
根本的な原因は除去できていないので、また症状は出てきます。

更に、薬は血液を汚し、体を冷やすので、毒だしの邪魔になります。
よって薬によってリウマチは悪化していきます。


薬を断る勇気を持ちましょう。
そして、西洋医学だけでなく、東洋医学、バイオれぞナンス医学、民間療法など、
治療法はたくさんあるので、視野を広げてみましょう。

少しでも多くの方にこのことを知ってもらい、リウマチの痛みから解放されてほしい。
そう願ってやみません。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4650476
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。