広告

posted by fanblog

2015年07月29日

免疫力が上がる食べ物

免疫力を上げるには、副交感神経を優位にする食べ物が必要です。

副交感神経が優位になると、リラックスでき、体温が上がり、血行が良くなり、胃や腸などの消化管がしっかり動くようになります。つまり、免疫力が上がる状態になるのです。
食べるものによって免疫力を上げることも下げることもできます。
要は、病気にならないためには、食事が最も重要なのです。


このように、体温を上げて血行が良くなり、消化管を活性化させる食べ物が、免疫力を上げる食べ物です。


これらの作用を持ち合わせているのが、発酵食品、食物繊維が豊富な食品、全体食品、排泄反射のある食品、身体を温める食品、であり、例えば以下のような食品が挙げられます。


○発酵食品・・・ヨーグルト、納豆、味噌、醤油、ぬか漬けなど
○食物繊維が豊富な食品・・・海草類、キノコ類、玄米、野菜や果物など
○全体食品・・・ごま、豆類、小エビ類など
○排泄反射のある食品・・・酢、梅干し、長ネギ、唐辛子、ピーマン、大葉、ゴーヤ、ショウガなど
○身体を温める食品・・・人参、ショウガ、里芋、大根、ニラ、ニンニクなど



※砂糖や炭酸飲料も副交感神経を優位にする食べ物ですが、取りすぎると副交感神経過剰になり、アレルギー反応や倦怠感などの原因になるので、控えたい食品です。

日本食.jpeg



これらの食品を、毎日の食事に取り入れていくことが大切ですが、これらの食品だけで食事をつくればよいかというと、そうでもありません。

働く時や運動をするときは、肉類などの交感神経を優位にする食べ物が必要です。しかしこれも取りすぎると血管が収縮して心身を興奮状態にしてしまます。
その結果、自律神経のバランスを崩し、免疫力のバランスも崩れてしまいます。

その他にも、取り過ぎに注意が必要な交感神経を優位にする商品には、肉、塩、冷たい食べ物、辛いもの、脂っこいもの、などがあります。



また、交感神経にも副交感神経にも偏らない、米、玄米、小麦、芋類、トウモロコシ、五穀米などの中間の食べ物もあり、自律神経をバランス良く保つためにはコララの中間の食べ物をしっかりと取っているかどうかが重要です。
ご飯などの主食を抜く食事スタイルは、免疫から考えても正しいとは言えません。

免疫力を上げる食品と中間食品を上手く組み合わせて、時には肉類なども取り過ぎには注意しながら取り入れることが健康的な生活を送るためには大切なことです。



現代の食生活は、乱れている人が多いと思います。
身の回りには交感神経を優位にする、つまり免疫力を落としてしまう食べ物が多く出回っています。
ファーストフードや菓子類もその一つです。

また、病気を治そうと飲んでいる西洋医学の薬もその一つです。
薬は身体を冷やしますので、免疫力は落ちてしまいます。
そのため、薬は飲み過ぎないことが重要でです。

少し不調があるときには、十分に身体をやすめ、良い食事をすると自分自身の免疫食が不調を治してくれます。薬に頼りすぎるのは良くありません。


病気を治したい、健康を維持したい、病気を予防したい、
そう願うのなら、まず見直すのは毎日の食事ではないでしょうか。




ランキングに参加しています。
よろしければポチットお願いします。

健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村



免疫力を上げるには、ミネラルを摂ろう!
ミネラルを手軽に補給できるサプリメントです。

日々の食事を改善することが難しい場合は、
サプリメントなどを利用しても良いでしょう。
VORナチュラルTETSUミネラル



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3990562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。