広告

posted by fanblog

2015年06月06日

認知症はアロマで予防できる:お勧めブレンド

ついうっかりと物忘れが増えてきた、認知症と言われた、という方が身近にいないでしょうか。
そのような方におすすめしたい物があります。

強い薬に頼るのではなく、自然の力で物忘れの症状を軽減・予防していくことが期待出来る物がありますひらめき


それはアロマテラピーですぴかぴか(新しい)







アロマテラピーで使用されるアロマオイルは、天然の植物を100%使用した、植物の力を濃縮したものです。人間にとてもよい効果をもたらす植物の力が凝縮されています。

私自身もアロマテラピーは日頃から行っています。
ストレスを感じた時や、夜眠れないとき、風邪を引いた時には、その症状を緩和するアロマオイルを用いて、アロマフューザーをたいています。

アロマフューザの機械に水を入れてアロマオイルを2〜3滴たらすだけなので、とても簡単ですわーい(嬉しい顔)


IMG_3463.jpg


とてもリラックスできるな〜ということは体感しています。



では、なぜアロマの香りが良いのでしょうか。

それは人間の感覚器官の感じ方にヒントがあります。

人間の視覚や触覚は衰えていきますが、香りを感じる嗅覚は意識がなくなっても残っている感覚器官だと言われています。
脳の中心部分で感じることの出来る感覚だからです。
意識が混濁している人や認知症の方にも、直接感覚器官へよい刺激を与えることが出来ます。


その効果を利用しようと、アロマテラピーを取り入れている医療機関もあるくらいです。


看護研究で、アロマオイルを使ったトリートメントを行うことで意識レベルの回復につなげることが出来たという内容の研究を読んだこともあり、以前からとても興味がありました。


アロマの香りが、脳に届いて頭の中をすっきりさせる、というのです。


薬を沢山使った医療には限界があり、薬の副作用による薬害に苦しむ人たちも見てきました。
そういう苦しむ人を見てきた人たちは、身体に負担がなくて良い方法はないだろうかと考えます。

これからは身体に負担のない方法での治療法が求められるのではないかと思います。


そこで、アロマテラピーは今後更に注目されてくると思いますぴかぴか(新しい)

→認知症予防方法はこちら




アロマフューザを持っていなくても、簡単に効果を上げる方法はあります。
アロマオイルをティッシュやハンカチなどに2〜3滴たらして、それを枕元やポケット、バッグに入れるだけなのです。
それだけで、とても良い香りに包まれますぴかぴか(新しい)



もし、自分が認知症になったら、または自分の親や親族などの親しい人がうっかり物忘れが目立つようになったら、どうでしょうか。
治る保証のない薬を大量に飲ませる治療法を選んで薬漬けにし、その副作用に苦しむ方法を選ぶでしょうか。



私はそういう方法は選びません。
まずは出来るだけ身体に負担のない方法を試してみたいと思います。
アロマオイルを使って脳に良い刺激を与え、意識をハッキリさせることにつなげていきたい、そう思います。




posted by るる at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 老化予防
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3763895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。