広告

posted by fanblog

2019年03月22日

デドックス!野草の力を取り入れよう!

寒さも和らぎ、春の訪れを感じるようになる頃。
野山には生命力にあふれた命が芽吹いています。

野草は、人間が手を加えずとも
時期になると勝手に芽吹き、花を咲かせ実をつけます。

一方、毎日食べている野菜はというと、
人間が手を加えないと育ちませんね。
その大半が、化学肥料と農薬を与えないと生きていけない、
生命力が弱くて見た目だけ大きくなった野菜たちです。

0348a8f49caf4a866b0e23bbddd74eac_s.jpg


違いは何なのかというと、生命力にあります。
野草の生命力がダントツに高く、私たち人間の生命力の源ともなります。

人間は昔から、野草を取り入れてきました。
調子が悪くなったらこの野草、というように
症状に応じて必要な野草を選んで取り入れていました。


現代でも、野草を薬学として学んでいる団体や大学もあります。
それだけ、野草の力は侮れないのです。



春先に一番目につくのは、ヨモギですね。
おそらく多くの方が見たことがあることでしょう。
ちぎるとよもぎ独特の香りがします。
ヨモギには止血効果や殺菌効果があり、肌につけても、食べてもよし。
特に体内に取り入れると、肝炎ウイルスをも撃退するほどの殺菌力があるといいます。
また、血流を助け、デドックスを促してくれます。
春先には重宝したい薬草です。

6663f479d1fd48f6384549abee6ab064_s.jpg



また、春先にはオオバコも顔を出します。
スギナドクダミも春が過ぎるころに大きくなります。

どれも、昔から重宝されてきた知恵の塊であり、
人間の体を元気にしてくれる野草です。


薬と違って副作用はなく、化学物質を体内に入れるわけではないので、安心です。

そもそも人間は薬に頼らなくても元気に生きられるように、この地球上に必要なものは準備されています。
西洋医学が栄えだしたのはほんの数十年前からであり、それ以前は野草を取り入れながら暮らしていました。


日々の体調に合わせて、必要な薬草を取り入れることができたら理想的です。
しかし、毎日野草を摘める環境にないかたがほとんどですので、
身近なもので取り入れてみましょう。

例えばこちらの野草酵素。




添加物一切不使用で、
長期発酵熟成された原液です。

様々な野草が含まれていますので、
症状ごとに分けて取り入れる手間と摘みに行く手間は省けます。


更に、こちらの野草酵素は、
野草に発酵の酵素の力も加わっています。

酵素と言えば、現代人に不足しがちといわれています。
酵素は消化酵素だけではなく、細胞の新陳代謝にも必要です。
しかし、食べ過ぎや偏食により酵素が不足しているため、
消化機能以外に酵素を回す余力がなく、

細胞分裂やホルモンの合成などに回せないため、
病気の直りが遅くなったり、
お肌がくすんだり、
消化不良を起こしたり、
体調不良の原因にもなります。


野草も取り入れながら、
酵素の力で体調管理ができます。


1本あたりの値段が高いと感じますが、
1回に飲む量は、付属のキャップ1杯の24ミリ。
原液なので、飲み物に混ぜて薄めたり、
ヨーグルトにかけたりと、
バリエーションも豊富に取り入れることができます。

1本で1か月分となりますので、
様々な薬草のサプリやお茶などをたくさん取り入れるより、
安価で手軽ではないでしょうか。





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8659608
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。