広告

posted by fanblog

2017年11月16日

干し椎茸でがん予防!?低カロリーでうま味と栄養の宝庫

最近ではあまり家庭での出番が減ってきている干し椎茸
国産干椎茸も少なくなってきているうえに、国産椎茸の卸先は8割が飲食店などの業務用。
家庭用はごくわずかだそうです。
今や家庭でダシをとるにも顆粒ダシを使うなど、安くて便利なものが優先されています。
病気が蔓延している今、食の見直しが必要です。

昔ながらの保存食として日本人が取り入れてきた干し椎茸は、実はとても素晴らしい効能がたくさんあったのです。だから昔の人は病院がなくても元気だったのですね!


このページでは、干し椎茸の効果、使い方や選び方まで余すことなくお伝えします。
これを読むと今日の食卓から干し椎茸を使いたくなることでしょう。



8a6968a9507246670f9f5c76f10c75be_s.jpg




【免疫力アップでがん予防】
β(べーた)グルカンという食物繊維の仲間も椎茸にはたくさん含まれています。
免疫力を高め、インフルエンザや風邪などの病原菌から体を守ってくれます。
また、椎茸のβグルカンから取り出されたレンチナンがん細胞の増殖を抑える効果が認められています。


【骨を丈夫にするビタミンD】
干しシイタケにたくさん含まれている、エリゴステロールという成分が太陽の紫外線に当たると、ビタミンDに代わります。
ビタミンDは、カルシウムの吸収の働きを助け、骨や歯を健康に保つことに役立ちます。
そのため、骨粗鬆症予防やお子さんの発育に大切な成分です。


【ダイエットに?ビタミンD群も豊富】
糖質をエネルギーに変える際に、ビタミンB1やB2が必要になります。
糖質ばかり取っていると、これらのビタミンB群は不足してしまいます。
干し椎茸には、このビタミンB群も豊富に含まれていますので、糖質の燃焼や子供の発育にとても重要です。



【食物繊維で便秘解消】
食物繊維が豊富に含まれていることも、干し椎茸の大きな魅力です。
食の欧米化に伴い、野菜の摂取量が年々減少している私たちには欠かせない栄養素です。
腸内の善玉菌の餌になって善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。
便秘が解消されると、それに伴う肌荒れや胸やけ、吹き出物、あらゆる症状が改善されます。



【デドックス効果】
高脂血症や動脈硬化を予防し、発がん物質などの有害物質を体の外に出す毒だし効果も期待できます。



【血行を良くし、血圧を下げる】
椎茸だけに含まれっるエリタデンニンという成分は、悪玉コレステロールとを下げ、善玉コレステロールを上げ、総コレステロール値を下げる働きをします。

コレステロールが下がると、どろどろとして流れが悪い血液の流れが良くなりますので、血圧の低下に期待ができます。エリタデンニンは水溶性のため、干し椎茸の戻し汁に多く含まれます。


【うまみ成分の宝庫】
椎茸は乾燥によって細胞が壊れてうまみ成分が飛躍的に増えます。
その結果、水戻しするときに酵素が働き、さらに過熱するとうまみの強いグアニル酸という物質が生シイタケの10倍も生まれるのです。
乾燥シイタケのグアニル酸は、昆布のグルタミン酸、鰹節のイノシン酸と共に三大うまみ成分とされ、日本食のおいしさを支えています。



【美味しい干し椎茸の選び方】
☆傘の内側が乳白色か淡い黄色のもの。古くなると茶色になります。
☆傘の表面が茶褐色でしわが少なくツヤがあるもの。
☆表示を見て、原木栽培のもの。風味や栄養価が断然高いです。
(軸が短いものは寒い冬に育ったもので、香りと味がすぐれています。)


【干し椎茸の戻し方】
干し椎茸を美味しく食べるために大切なのは、戻し方。
冷たい水(5℃)でゆっくり戻すと酵素がよく働き、うまみ成分のグアニル酸が増えます。

@干し椎茸の誇りをとり、容器に入れてひたひたの水を注ぎ、ラップなどをかけて冷蔵庫に入れます。
A肉厚のどんこなら8時間以上置き、薄いものなら約4時間が目安。軸の付け根が柔らかくなっていれば大丈夫です。
B短時間で戻したいときはスライスしたものが便利です。
※戻し汁は美味しい出汁。みそ汁や煮物など料理に幅広く使えます。


09ae4db7995da1f9186f9464198a3d8c_s.jpg



いかがでしたでしょうか。
これだけでも干しシイタケの素晴らしさはおわかりいただけたと思います。
昔ながらの食材には、生命のエネルギーがたくさん詰まっています。

安くて便利なものに頼ってしまうのも仕方はありませんが、
食のありがたさを見直してみると、病気知らずの元気な体になれるのですね。

人間がいくら利口になって新薬の開発をしても、病気は蔓延しています。
人間は生命は作り出せないからです。
そんな生命のエネルギーがたくさん詰まった食べ物を食べると体も元気になります。


人間は本来元気に暮らせるようになっています。
そこに病気が蔓延しているのは、自然に反した生き方をしているから。
何が自然に反しているのか、病気の原因となっている生活習慣は何なのか
今一度見直してみる必要があります。

そこを正せば、どんな難病やガンであっても必ず改善されるのです。
基本は食事。

食べたものから体はできています。
食べたものの生命エネルギーを得て、命をつないでいます。


今日の食卓には何を並べますか?


814ff02609b4a18709579134785e3b52_s.jpg





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6976212
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。