広告

posted by fanblog

2017年08月27日

辛い痛みに漢方が効く理由:痛散湯とは?

治ってもまたぶり返す、しぶとい痛みは何故起こるのでしょうか。
病院で薬をたくさんもらっていても、一時的には良くなっても、またしばらくすると痛みがぶり返していませんか?
そのため痛み止めがどんどん強くなっていき、量も増えてきてしまい・・・
痛み止めの副作用を抑える薬がまた追加になって・・・

といった具合で、どんどん薬の量が増えていませんか?


西洋医学の薬は、即効性があり、痛みがその場でおさまります。
しかしこれは治ったのではなく、痛みが感じにくくなっただけで、
根本的な原因が取り除かれたわけではないので、
またぶり返してしまうのです。

痛み止めは対症療法(原因治療ではなく緩和目的の治療)なのです。

343427.jpg



痛みをぶり返させないためには、
痛みの原因から改善させる必要があります。

そこで注目したいのが、漢方です。

漢方も飲み薬ですが、西洋医学の薬とは考え方が異なります。
西洋医学の薬は、痛みを直接感じさせなくするものですが、
痛みの原因となっている体質から完全させようとするのが漢方です。

痛みの原因となっているのは、その人の体質により様々ですが、
そのほとんどが体の血流の悪さが原因となっています。

体のめぐりが悪いと、老廃物が溜まってしまい、
熱や痛みの原因になってしまいます。

そんな体のめぐりを良くしてくれるのが、「痛散湯(つうさんとう)」という漢方です。

古くから伝わる「麻杏慧甘湯(まきょうよくかんとう)」の生薬に、現代の痛みを解消する力「防己(ぼうい)」を強化した漢方です。


口コミサイトを見てみると、関節痛や年齢痛の改善例がたくさん上がっており、その効果には期待が寄せられています。
とはいっても、全ての人に効果的な漢方は存在しません。
自分の体質にあったものかどうかは、実際に飲んでみないとわからないのです。

そこで、そんな方のために無料サンプルが準備されていますので、
一度こちらでお試しいただいてからの購入をお勧めします。

≪痛散湯(つうさんとう)≫ 無料サンプル

無料ですので、合わなければ買わなくてもいいし、別のものを探すこともできますので安心ですね。



痛みを緩和させるには、まずは体質を改善させましょう。
めぐりを良くさせるためには、生活習慣のちょっとした工夫でもよくなります。

例えば、半身浴をして循環を良くします。
下半身を温めることで、下にたまった冷たい血液が温められて上に上がることで、全身の血液が循環します。
冷え取り健康法でも改善例がたくさん報告されていますので、参考にされてください。





また、食べるものも、冷たいものや陰性のもの(肉や小麦、乳製品、砂糖、ファストフードなど)を控えて、
陽性の食べ物(味噌、醤油、梅干し、玄米・・・)を食べましょう。

それだけでも体の冷えやむくみは改善されます。
体が温まると、免疫力も上がるため、風邪や感染症にもかかりにくくなります。

痛みの改善ですが、全身の状態が良くなって、
健康寿命も長くなりそうですね。






是非とも健康で幸せな日々を長く送りたいものです。









この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6636646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。