広告

posted by fanblog

2017年04月10日

エクオールと更年期の関係性とは?お勧めサプリ紹介

年齢とともに女性ホルモンは減少し、40〜50歳代になると様々な不調が出てきます。

いわゆる、「更年期障害」と言われていますが、症状が強く出る人とそうでない人がいるようです。


イライラしたり急に落ち込んだりと感情が不安定になったり、
倦怠感があったり、ホットフラッシュ(顔ののぼせやほてり)や多汗、腰痛、肩こり、
立ちくらみ、耳鳴り、動機、めまいなどなど・・・


f91e884c3ea9c0c925d4f9046d4c4226_s.jpg



私の母親もちょうど更年期真っ只中ですが、ちょっと感情的になることが増えたように感じますが、身体的な症状は特になく過ごしています。
しかし、職場の上司は体がカーッと熱くなったりホットフラッシュがあったり、めまいがしたり、気分が落ち込んだりということがたびたびあるようです。
人によって症状は様々なのですね。



更年期になると、卵巣機能が低下することで、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の分泌量が減少します。特に、40代半ばを過ぎると急激に変化しますが、この変化に体がついていかずにあらゆる不調が起こるのです。
そこで、40代半ばを過ぎると、この女性らしさの成分を補っていく必要があります。





女性らしさを補うといえば、思い浮かべるのが「大豆」ですね。
大豆に含まれているイソフラボンという成分が、女性らしさの成分に似ているということから、
大豆製品を意識的に食べている人も多いのではないでしょうか。

12d1a94b825e0830a8f79559f8ad1bb5_s.jpg



近年の研究では、大豆イソフラボンがおなかの中の腸内細菌によって
「エクオール」という成分に変換されることで、女性らしさの成分と似た働きをすることがわかってきました。




では、大豆製品をたくさん食べれば「エクオール」をたくさん補ったことになるのでしょうか。
しかし、ここで注意したいことがあります。



この「エクオール」を体内で作り出すことができるのは、日本人の場合2人に1人と言われているのです。
(エクオール生産者の割合は日本で約50%



つまり、大豆製品をたくさん食べても効果を実感できない人が半数ほどいるということになります。



エクオールをそのまま補うことができれば問題はないのでしょうけどね。
そこで、エクオールがそのまま補える方法がないかどうかを調べてみました。



『命の母』でおなじみの小林製薬が興味深いサプリメントを開発しています。
その名も『エクオール 発行大豆イソフラボン』です。


製薬会社の最新技術により「エクオール」をぎゅっと閉じ込めたサプリメントです。
そのほかにも、女性のバランスを内側から整えてくれる成分も配合されています。


エクオールを直接取り入れることで、大豆をたくさん食べるよりもより確実な効果が期待できますね。


どこで買えるのか、そしてどこで買ったらお買い得なのかもついでに調べてみました。
すると、
通常価格が2700円(税込み・送料無料)ですが、
楽天では1890円(税込み・送料無料)で販売されていました。

楽天はやはり安いですね!

と思ったら、もっとお買い得なサイトを見つけました。

小林製薬の通信販売のサイトで、今ちょうどキャンペーン中のサイトです。
なんと、半額の1350円(税込み・送料無料)で購入ができます。
>>小林製薬の通信販売サイトはこちら



女性らしさの成分を補ってくれる「エクオール」、
早速母親や職場の上司に教えてあげたいと思います。











この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6150228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。