スイングの力みについて!

皆さん今晩は満月

今夜もご訪問ありがとうございますわーい(嬉しい顔)

本日はスイングの力みについてお話したいと思います。

昨日もワンウェイにてアカデミーを開催してまいりました。

やはり大きな問題点としては、素振りはうまくいくのに、

ボールを見たとたんに力が入ってしまうという人は

かなり多いと思います。

それでは素振りと実際のスイングはどこが違うのでしょうか?

それはトップオブスイングを挟んだ前後(バックスイングと

ダウンスイング)の動きの速さに関係があります。

素振りの時はバックスイング、ダウンスイング共に

ゆっくり滑らかにスイングしていますが、実際にボールを打つ時には、

トップオブスイングがどこにあったか

全く感じられないほど、ダウンスイングが速くなってしまう傾向

の方が多いようです。

実際のスイングでも素振りと同じように、切り返しの一瞬の間が必要なのです。

感覚としてダウンスイングがバックスイングより遅く(ゆっくり)振り下ろされる

イメージが大切です。

実際はダウンスイングで加速していきますので、ゆっくり振るというのは

おかしいと思われますが、そのようなイメージを持つことが大切です。

ドリルとして、トップで1度止めてから、ダウンスイングに入る

練習などがあげられます。わーい(嬉しい顔)




    >>次へ