スライス講座!!

皆さん今晩は星

今夜もご訪問ありがとうございます笑顔

「バックスイングでの右肘とフォローでの左肘が体から離れ

肘が引けてしまうのですが、どうすればよいのですか?」

という質問を受けます。

原因は体の動きが無く腕主体に振ることによって、起こることが大半です。

最初のハーフウェイバックの時点で、腕と体が同調していることが

肝心ですびっくり笑顔

スイングは体の動きと腕を振る動きの調和ですから、肘の動きだけでなく体の回転にも

注意しなければなりません。


両腕の動きは、体の回転に合わせバックスイングで右肘を曲げ、

フォロースルーで左肘を曲げる動きを心掛けます。

スムーズな体の回転と腕と肩でできる三角形が維持できれば、ダウンスイング

で左肘が引けるという動きは解消することができるでしょう。

体と腕の同調により、軌道が安定することでスライスを防止することが

できるようになります。笑顔

一部分だけにこだわるのではなく、全体の流れを考えながら修正することが大切です。ウインク