スライス講座!!

皆さん今晩は星

今夜もご訪問ありがとうございます笑顔

「バックスイングでの右肘とフォローでの左肘が体から離れ

肘が引けてしまうのですが、どうすればよいのですか?」

という質問を受けます。

原因は体の動きが無く腕主体に振ることによって、起こることが大半です。

最初のハーフウェイバックの時点で、腕と体が同調していることが

肝心ですびっくり笑顔

スイングは体の動きと腕を振る動きの調和ですから、肘の動きだけでなく体の回転にも

注意しなければなりません。


両腕の動きは、体の回転に合わせバックスイングで右肘を曲げ、

フォロースルーで左肘を曲げる動きを心掛けます。

スムーズな体の回転と腕と肩でできる三角形が維持できれば、ダウンスイング

で左肘が引けるという動きは解消することができるでしょう。

体と腕の同調により、軌道が安定することでスライスを防止することが

できるようになります。笑顔

一部分だけにこだわるのではなく、全体の流れを考えながら修正することが大切です。ウインク

FWの打ち方について

皆さん今晩は笑顔月

今夜もご訪問ありがとうございます笑い

今夜はフェアウェーウッドの打ち方についてお話します。笑顔拍手

最近のフェアウエーウッドは大型化など打ちにくい感じもありますが、基本は

アイアン同様にしっかり打ち込んでいくことです笑顔

基本的にフェアウエーウッドは払って打つと良い言われますが、

実際地面の上にある球を打つことから、上から打ち下ろしてくることが

大切です。

ところが、だいたいの人は逆にすくい上げる打ち方になりやすいようです。

又、飛距離が欲しくなるクラブでもあるので、つい大振りとなって、払い打ち

を意識するがあまり、正しい体重移動ができず右脚に体重が残ったままで

インパクトを迎えやすくなるようです。

練習方法としては、アドレスでのスタンス幅を注意することが重要です。

まずアイアンと同じくらいのスタンス幅でコンパクトな振りを意識して

練習をしてみると良いでしょう。笑顔

トライですびっくり力こぶ


脳に学習させる!!

皆さん今晩は!月

今夜もご訪問ありがとうございます笑顔

今夜はパッティングについてお話ししたいと思います笑顔

基本的なストロークは、同じ場所から同じ距離を、何球かストローク

して、学習することが大切ですが、距離感については次の

方法が適切なのです。

目標を毎回変えて、違う距離を打つことが大切なのです笑顔

よく見られる光景として、1つの目標に対して長い距離を練習

されている方を見かけますが、それでは脳に学習させることは

出来ないそうですメモ

毎回まったく違う距離を、見たまま感じたままに打って繰り返すこと

で自然に脳は学習し、最初はまったく合わなかった距離が自然に合って

くるそうです拍手

それとパッティングは、ストロークが良くてもカップインしない場合も

あるし、ストロークが悪くてもカップインすることがありますびっくり

なので、安易にカップインするか、しないかで判断しないように注意しま

しょうびっくり

ショートゲームの重要性

皆さん今晩は星

本日もご訪問ありがとうございます笑顔

今日はとても良い天気で太陽過ごしやすい1日でしたハイビスカス

当クラブの親会社の創設者M会長が来場され、やや緊張の1日でした

が、無事何事も無く終わり一安心です笑顔

最近、日没も遅くなり、何とか明るいうちに仕事を終える日が多くなり、

そういう日はなるべく練習して帰るようにしています。笑顔

とは言え、そんなに時間もあるわけではないので、アプローチ中心

の練習をして帰ります。ゴルフ

7〜PWを使って、グリーンエッジから、1レバースウィングで、

何回も、何回も練習し、キャーリー&ランのイメージを目に

焼きつけていきますびっくり

グリーンエッジからなら、クラブを変えさえすれば、1レバースウィング

だけで、ほとんど対処できるのです笑顔

皆さんもしっかり練習しましょう笑顔力こぶ

パッティングの極意!

皆さん今晩は月

今夜もご訪問ありがとうございます笑顔

今夜は、さまざまなグリーンの速度に対応できる

転がりを身につける練習法をお話します拍手

パターには4〜8ぐらいのロフトがあります。

これを正しくストロークできると、順回転の転がりの良い

球を打つことが出来ます笑顔

練習法

 @ボールのやく5センチ弱前にコインを置きます。

 Aパターのロフトを意識し、ロフトに忠実に構える。

 B距離は3メートルぐらいで練習する。

正しくストロークが出来ると、ボールはコインの上を越え

スムースにころがります。ゴルフ

ぜひ、試してみてください笑い

今の季節は、芝が枯れ、ボールを上げるよりも転がすほうが有利

です。グリーンの外でもパターを積極的に使うことをお勧めしますOK