飛ばすには?

皆さん今晩は月

夜もご訪問ありがとうございます笑顔最近良くレッスンで言われるのは

「飛ばしたいのですが、どうしたら飛ぶようになるのですか?」

皆さんはいかがでしょうか?

飛ばすためには、人それぞれであったり色々な手法があると思いますが

物理的なお話をしたいと思います笑顔

基本的には飛びの三要素→ボールの初速・打ち出し角・スピン量

ということになりますが、指紋のようなもので、人によってことなりますびっくり

言い方を変えると、いかに芯でとらえヘッドスピードを上げていくかということです笑顔

スウィングアークに関しては肩関節の柔軟性で

ヘッドスピードを上げるためには、軸の安定した正しい体重移動ということで

股関節の柔軟性が大切なのです笑顔びっくり


この続きはまたの機会にウインクびっくり

ミート率!

皆さんこんばんは月

今夜もご訪問ありがとうございます笑顔

いつもフィッティング試打会で、飛距離を伸ばしたいと

来られる方が多いのですが、今夜はそのコツを

お話しましょう笑顔

確かに、飛距離が体力差の影響を受けるのは事実ですが、ほとんどの

方がスイングのスピードを正確にボールに伝えきれてていません落ち込み

果たして自身のスピードが100%伝わっているでしょうかはてな

飛ばないと、つい急ぎ打ちになり、小さく早いスイングになりやすくなりす。

注意としては、スイングの軸に意識を持ってゆっくり大きなスイングを

心がけましょう笑顔

そうすることでミート率を上げることが出来、十分に力をボールに

伝えることが出来るでしょうびっくり笑顔

レッツトライですびっくり

バックスピンの原理

皆さん今晩は月

今夜もご訪問ありがとうございます笑顔

先日は、神奈川・埼玉・千葉と試打会に行ってまいりました笑顔

なぜか尻上がりに忙しくなってきました落ち込み走る

そうした中で気になったことがありました悲しい

「ドライバーのスウィートスポットに溝がないと滑って球が上がらず

飛ばないよね〜!」と言われました困った

つまり、スピンが効かないということでしたが・・・。

さぁ〜皆さんここで勉強です!笑顔

ボールのバックスピンはなぜかかるのか?

基本は、ボールがインパクトでつぶれた場合、溝が無いほうが

バックスピンがかかるのです。電球

なぜなら、フェースとボールの接地面が多いほうが、摩擦が増えスピン量

が増えるのですびっくり

溝でスピンがかかるのは、アプローチなどヘッドスピードが無く、ボールが

つぶれない時なのです笑顔

皆さん勉強になりましたか?笑い

スピンの利いたボール?

皆さんこんにちは笑い

本日もご訪問ありがとうございます笑顔

やはり、毎日暑いですね〜走る

今月は少々時間があるので、走ったりストレッチなど体のケアを

しております。笑顔

今日はボールスピンの利きかたについてお話したいと思います。ゴルフ

  フルショットの場合

    フェース面がミーリング加工などで、極限まで平らになっている

    ことポイントで、インパクトでボールがつぶれボールとの接地面積

    を大きくすることで、強いスピンをかけます。

  アプローチの場合
    インパクトで、ボールがつぶれない分スピンのカギを握るのは

    フェースの溝になるので、溝の角が鋭く、溝の幅が広く深い

    ものほど、スピン性能は高くなるのです。

最近ツアーで溝規制が出されたのもそのことに、要因があるのです。笑顔ゴルフ

振り子のリズム

皆さん今晩は月

今夜もご訪問ありがとうございます笑顔

皆さんは、テンポ・タイミング・リズムなんて言葉をよく耳に

しませんか?

ハリーがアマチュアにワンレバースウィングを教えるとき、バックスウィングと

ダウンスウィングは等速で振りましょうなんて教えていますが、厳密には

等速では無いのです。落ち込み

自然な加速が大切であり、時計にたとえると、振り子は上がりきるときに

一瞬止まりかけて、そこから下に向かってゆっくりと加速していき、それを

繰り返します。

それを、ゴルフスウィングにそのまま置き換えてみますと、切り返しで

等速に振ろうとしすぎて、腕に力が入りすぎたり、加速ではなくいきなり

早く振ってしまうため、打点がそれて、ダフリやトップなどの、エラーを

引きおこしているアマチュアが、多いように感じます。悲しい

つまり、切り返しにおいては、クラブの重みで落下させるつもりで

振り下ろすことが大切なのです笑顔

練習としては、トップオブスウィングで一旦止め、左足で踏み込んで

振る方法が良いと思います。

ぜひ、試してみてください笑顔

慣れたら実際に球を打ってみるのも良いでしょうOKウインク

ベルヌーイの定理

皆さんこんばんは星

本日もご訪問ありがとうございます笑い

最近冬らしくなり、寒さが厳しくなってきましたね〜困った

皆さんビックリなんですがびっくり

ボールの風の影響って空中だけでは無いそうですびっくりびっくり

物理的には、パッティングこそ風の影響が重要なんだそうですびっくり

特に地面からの高さ2.・3センチでの風速が5メートルを越すあたり

から、ゲームセンターにある「エアーホッケー」のパックように、

ボールが浮いてくるようですびっくりはてな

そのため。傾斜や芝目を読んでも、まったく違う動きをするときがある

そうです。

ボールに風が当たると、風は上側を通過しやすいのですが、下側では

風速が遅くなっているそうです。

しかも、ボールの風下では渦が発生していて、その影響でボールに

上向きの揚力が働き、見かけ上軽くなって、軽くなった分宙に浮いたように

なるそうです雲

これが、ベルヌーイの定理だそうです笑顔

北風が吹いたときは、たとえ風がアゲインストであっても転がってしまう

そうです笑顔

ですから、よくある勘違いで、風が吹いている為、グリーンが乾いて

早くなるというのは誤りだそうです!

北風には注意ですびっくり笑い



カップインのメカニズム

皆さんこんばんは月

本日もご訪問ありがとうございますすいません

今日はちょっと難しいお話をしちゃいますウインク

カップインさせるためのメカニズムですびっくり

以下の2つの場合はカップインの可能性が全然ありません落ち込み

 @カップにボールが届かない時

 A真上から見たとき、ボールの中心の軌跡がカップの前縁を切らない時

ですびっくり

また、ボールのスピードが速すぎるとボールがカップの真上を通過しても

入りません。悲しい

ボールが、カップの前縁を通過した瞬間より、以下の3通りの現象が起きる。

 @そのまま、カップのそこに落ちる。

 Aカップの対向壁に当たる。
 
 Bカップの後縁角に当たる。

Bの場合ボールが跳躍してしまって入らない。

ボールの回転量を考えないとして、ボールの落下量がボールの半径分と等し

くなるとカップインすることになり、落下に要する時間は

約0.066秒だそうです。困った

カップインするための限界スピードは、カップ前縁に達したボールが、もし

カップがないとして、どこまで転がって止まるかというと、非常に早い

グリーンで、1.5メートル。

普通で、0.76メートル。

非常に遅いグリーンで、0.30メートルだそうです笑顔

ちなみにパットの距離は無関係だそうです笑顔

なんだか難しくてよくわかりませんねえ〜ウインク

つま先上がりはフックする・・・?

皆さんこんばんは月

本日も訪問ありがとうございます笑顔

先日ラウンドレッスンに行ってきましたゴルフ

毎度のことではありますが、希望丘カントリークラブで行いました朝日

生徒さんの中には、希望のない丘と呼んでいる人もいますウインク

以前もお話しましたが、このコースはハザードの配置に富み、ある程度

アンジュレーションがあるので、レッスンには最適なコースですOK

今回、テーマとなったのは斜面です笑顔

その時のお話をしたいと思います笑顔

まず、1つはつま先上がりでした!実際につま先上がりで、スクール生

に打ってもらいました。ところがどうでしょう?

基本的に、ボールは左に(フックボール)飛びやすいので、右に向いて

打つというのがセオリーなのですが、どうでしょう?

ボールはまっすぐ飛んでいってしまい、更に右の急な斜面に行ってしまったのです落ち込み

原因を究明しますと、物理的には、つま先上がりの斜面にソールを合わせて構えると

ロフトにより、クラブフェースは左を向いてしまうため、左に飛びやすいのですが、

つま先が上がっている分、クラブを短く握って構えた時、斜面に合わせず、クラブ

フェースの、ヒールを浮かして構えてしまうと、ボールは左には行かず

まっすぐ飛んでしまうことがあります。

細かい事ではありますが、構えるときに、ソールの置き方に注意し

意味を把握して、斜面に沿ってソールを置き、素直に左に

行くことを想定して打つのか、斜面に沿わず普通に構え、真っ直ぐに狙うのかを

決めた上でストロークしましょう!

つま先上がりは、左に行くとは限りませんので注意しましょう笑顔





オンライン雑誌ストア「Fujisan.co.jp」のゴルフ雑誌




ヘッドスピードと飛距離について

今晩は!月笑い

今夜は物理のお話をしましょう!電球

理想的なスウィングが出来た場合、ヘッドスピードの約1.5倍が打ち出される

ボールの初速どであり、ボールの初速度の約4倍が飛距離であると考えて

下さい。笑い

例えばヘッドスピード40m/sとすると、ボール初速度は60m/s。飛距離は

4倍ですから240ヤードです。

飛距離はボールの初速度の約4倍であっても、単純にヘッドスピードの約6倍にはなりません落ち込み

皆さんも、ヘッドスピードは勝っているのに、飛距離で負けてしまう経験はないでしょうか?

それは加速した、ヘッドスピード40m/sと減速したヘッドスピード40m/sでは意味が違う

からなんです電球

減速したインパクトでは、ボールの初速度が落ち、ミート率が悪くなってしまいます左下矢印

また、ボールのコントロールが難しくなってしまいますロケット

減速してしまう理由としては、リリース(エネルギーの放出)のタイミングにあり、

タイミングが早いと、インパクト直前にスピードが最大限になり、インパクト時には

減速してしまうのです。

練習としては、ボールの30cm手前に障害物を置き、その障害物にあたらないよう

インパクトを迎える練習をして見ましょう!びっくり

レッツトライです力こぶ