高麗グリーンVSベントグリーン

DSC_0045 - コピー.jpg


皆さん今晩はやや欠け月

今夜もご訪問ありがとうございますわーい(嬉しい顔)

今日は高麗グリーンとベントグリーン

のお話をしたいと思います。ゴルフ

高麗グリーンとは、コウライ芝という種類を使っているグリーンのことです。

コウライ芝は夏型の芝で気温25〜35℃くらいに最も生育し、暑熱・干ばつ・踏圧に強いのが特徴です。

しかし寒さに弱く生育が止まって、表面は灰褐色になり枯れたような状態になります。

それに対してベントグリーンはベント類の芝を使っているグリーンの総称で、

現在のゴルフコースでは主流になっています。16〜24℃くらいが生育適温とされ、

いわゆる冬型の芝といわれていますが、近年では管理技術も進み、暖地にも用いられるようになりました。

プレーコンディションについてですが、コウライ芝は葉が硬くグリーンのスピードは

ベントグリーンに比べて遅くなります。また芝目も強くなるのでしっかりしたストロークをしないと

思わぬ曲がりをすることもあります。わーい(嬉しい顔)



この記事へのコメント