フォローを大きく??

皆さんこんにちは笑顔太陽

本日もご訪問ありがとうございます笑顔

昨日のレッスンでのお話をしますゴルフ

ある一人のレッスン生のお話ですが 、フォロースルーを大きく振ろう

するあまり、バックスウィングが中途半端になり、捻転不足のため

手打ち気味になっていました落ち込み

「フォロースルーでボールを打つ」ということをよく耳にしますが、

フォロースルーで打つという意識を持ち過ぎると、バックスイングに

それほど重要さを感じなくなり、単なるすくい打ちという形になりやすくなります。

まさに昨日のレッスン生は、その典型でしたびっくり

本来フォロースルーはバックスウィングでの結果であり、「フォローだけが大きい

から良い」というわけではないのです。

なので、正しいバックスイングとトップの位置が出来てこそ、振り下ろした時に

うまく加速ができてフォロースルーが大きく取れ、そして体も大きく回転する事

が出来るのです。笑顔

意識としては、スローモーションのようなゆっくりしたスイングでいいですから、

必ず体重がトップの時に右足にかかるようにして下さい。

ダウンスイングでは左足へ体重が移動していきますが、アドレスの位置まで

戻る時に徐々にスピードがついてきて、インパクトエリアを振り抜きます。笑い

そして更にフォロースルーで左足に体重が乗っていくと結果として大きな

フォロースルーがとれるようになります。拍手

結果である、インパクトから先だけを大きくしようとするのではなく、

一連の流れで、アドレスから正しいトップオブスイングまでしっかりとり、

助走の役目であるダウンスイングをゆっくりすることで大きなフォロースイング

がとれるようになるのです笑顔


この記事へのコメント