カップインのメカニズム

皆さんこんばんは月

本日もご訪問ありがとうございますすいません

今日はちょっと難しいお話をしちゃいますウインク

カップインさせるためのメカニズムですびっくり

以下の2つの場合はカップインの可能性が全然ありません落ち込み

 @カップにボールが届かない時

 A真上から見たとき、ボールの中心の軌跡がカップの前縁を切らない時

ですびっくり

また、ボールのスピードが速すぎるとボールがカップの真上を通過しても

入りません。悲しい

ボールが、カップの前縁を通過した瞬間より、以下の3通りの現象が起きる。

 @そのまま、カップのそこに落ちる。

 Aカップの対向壁に当たる。
 
 Bカップの後縁角に当たる。

Bの場合ボールが跳躍してしまって入らない。

ボールの回転量を考えないとして、ボールの落下量がボールの半径分と等し

くなるとカップインすることになり、落下に要する時間は

約0.066秒だそうです。困った

カップインするための限界スピードは、カップ前縁に達したボールが、もし

カップがないとして、どこまで転がって止まるかというと、非常に早い

グリーンで、1.5メートル。

普通で、0.76メートル。

非常に遅いグリーンで、0.30メートルだそうです笑顔

ちなみにパットの距離は無関係だそうです笑顔

なんだか難しくてよくわかりませんねえ〜ウインク
【このカテゴリーの最新記事】

この記事へのコメント