広告

posted by fanblog

ロンドン五輪公式マスコット


一つ目の人形といえば、
唐傘おばけか目玉のおやじ?( ̄m ̄;)


なんて思っちゃいました(笑





ロンドンオリンピックの公式マスコット「ウェンロック(Wenlock)」と、
パラリンピックのマスコット「マンデビル(Mandeville)」を初めて見た時のナッコの正直な感想です(〃∇〃)ゞ


「ウェンロック」と「マンデビル」は、五輪スタジアム建設に使われた鉄骨のしずくから、定年退職した作業員が孫のために作った人形で、
虹の光を受けて生命を吹き込まれた謎の存在、という設定なんだそうです。

 

 
London 2012 Mascots Film 1 'Out of a Rainbow'(YouTubeより)




星ウェンロック」の名前は、イングランド北西部のシュロップシャーの村「マッチ・ウェンロック」から名付けられました。


近代オリンピック創設者であるピエール・ド・クーベルタン男爵が1890年にその地に訪問し、そこで観戦したスポーツ大会がオリンピック創設のきっかけとなった、とされている由縁からです。


炎を象った頭部の3つの山は、表彰台を表現していて、中央に点灯しているのはロンドンの名物タクシー(ブラックキャブ)をイメージしたライトで、「W」はウェンロックのイニシャルです。


顔には、全てを記録できるカメラのレンズに見立てた大きな目が1つだけあります。


ボディには金、銀、銅に輝く合金で、オレンジ色に燃えたストライプが入っています。


また、腕にはオリンピックシンボルの5色の「フレンドシップ・バンド」という腕輪が付けられています。



星そして「マンデビル」の名前は、パラリンピック発祥の地であるイングランド南部のストーク・マンデビルにちなんで名付けられました。


神経外科医グットマンが、第二次大戦で負傷した兵士のリハビリとしてスポーツを提唱し、1948年ロンドンオリンピックと同じ日にストーク・マンデビル病院でアーチェリー競技会を催し、パラリンピックに発展しました。


自転車競技のヘルメットのような流線型の頭は、青、緑、赤のパラリンピックカラーで彩られています。


前方にはやはりブラックタクシーのライトにイニシャルの「M」です。


ボディは青みを帯びて、玉虫色にほのかに輝くカラーはパラリンピックのモットー、躍動する精神を反映しています。


超空気力学的なスチールのボディは、肉体を超越した動きが可能です。


そして、手首には常に自己ベストをたたき出すためにストップウォチをつけています。




という事で、名前以外にも、なるほどの由来があるナイスなマスコット「ウェンロック」と「マンデビル」だったのです(〃∇〃)ゞ ヨウカイジャナカッタ



この記事へのコメント

   
管理人
photo  
ナッコ
今ハマっているのはHTMLで、スクリプトなどの勉強中です。
HP作成時にカジった知識をブログ作成に生かせたら良いなと思います。
気になる事項が解決するまで、眠れなくなる困った性格です(笑
 

時計



PR





   雪ウサギ!!







   雪ウサギ!!



天気予報







    


 


         








最新記事
記事カテゴリ
月別記事
お気に入り
相互リンク募集してます
たみふるの日記
(たみふるさん)

トレント紹介します
(ライ95さん)

今ちょっと気になる
(ジャスミンさん)

サイト作成関連
アフィリエイト実践講座
WEB COLOR 216
ブログパーツ関連
日本気象協会 tenki.jp
DailyFortune~今日の運勢~
ClockLink
ブログゲーム
高精度計算サイト
ペット大好き!
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ  
 

犬、猫、里親さがし掲示板

いつでも里親募集中  

PR

QRコード


ブログ交流









        雪ウサギ!!





       













×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。