2022年06月25日

Podcastで知る国際報道

隙間時間を活用して国際ニュースを聞き、情報発信力&英語力を鍛えよう!


英語で学ぶ現代社会3.png


安い駐車場を検索して事前に予約!特P(とくぴー)



忙しい毎日を送るなか、皆さんはどのように情報を集めていますか?雑務に追われて、新聞や本を読む時間もない、というお話をよく聞きます。それでも、世界のニュースに触れたい、と考えている人は多いのではないでしょうか。そんな日常で便利なのが、podcastです。私は今は利用していない古いスマートフォンにアプリをダウンロードして国際ニュースの英語podcastを聞いています。これなら、忙しい人でも家事をしながら、あるいはお風呂の中で(防水機能のついたスピーカーが今は1,000円以下で購入できます)世界の一流紙のオピニオン記事を(無料で!)聞くことができます。私が特に聞いているのは以下の3つのプログラムです。


The Economist Podcasts

Sound reasoning on current affairs, business and finance, science and technology, and global issues

https://www.economist.com/podcasts


The New York Times Podcast: The Daily

This is how the news should sound. Twenty minutes a day, five days a week, hosted by Michael Barbaro and Sabrina Tavernise and powered by New York Times journalism.

https://www.nytimes.com/column/the-daily


BBC Global News Podcast

World Service

The day’s top stories from BBC News. Delivered twice a day on weekdays, daily at weekends

https://www.bbc.co.uk/programmes/p02nq0gn/episodes/player


6/21にはBBC Global News Podcastでも大阪地裁が「同性婚」を認めなかったことが報道されていました。日本がG7の中では唯一同性婚を認めていない国との指摘とその理由を特派員が詳しく解説していました。以下のPodcastで21分頃からその部分を聞くことができます。


https://www.bbc.co.uk/sounds/play/p0cg1fxt


BBCの東京特派員は「日本の国民の大半は同性婚を支持するも、高齢男性で占められる政権は変化を極端に嫌う」と説明していました。そして、彼の解説で「超保守的な日本社会では」という枕詞が繰り返し使われる一方、進歩的な政治を実現している台湾は既に同性婚を認める法制度を導入、と紹介していました。この番組のホストはG7国である日本の現状に困惑しており、日本国内の報道とのギャップが感じられる内容でした。


ちなみにこのニュースは英語・日本語では以下のように報じられています。


Japan: Osaka court rules ban on same-sex marriage constitutional

https://www.bbc.com/news/world-asia-61670667


同性婚を認めないのは「合憲」大阪地裁判決

(6/21/22 BBC Japanのトップ記事でした


https://www.bbc.com/japanese/61863777


また、追加情報ですが、NHKのEテレで放映される海外のドキュメンタリーも勉強になるものがたくさんあります。先日、Eテレで放映されたオランダで制作されたドキュメンタリーも秀逸でした。内容が(政治的に)やや過激なので、You Tube上では警告が出ていますが、以下のリンクからこの番組を視聴できます。


Seeing is believing | VPRO Documentary
「ディープフェイク 進化するAI技術の光と影」

[近い将来、本物と見分けが付かない“ディープフェイク”映像を誰でも作れる時代が来る]



「英語(日本語)を話す・書く」というアウトプットには、それに見合ったインプットが必要になります。賢く情報収集をして、もっと自由にいろんな人と語り合ってみませんか?



タグ:podcast

大気汚染は高齢者にとって病院受診につながる【SDGs英語ニュースについて議論する】第22回 7/9(土)10時@オンライン

グローバルな場で必要な英語力て何?「SDGsの現状」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。

SDGs まちづくり4.png


安い駐車場を検索して事前に予約!特P(とくぴー)


「SDGs英語ニュースについて議論する」ワークショップ第22回を7/9(土)10時@オンラインで開催します。今回はテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」の中の19番目の記事「大気汚染と高齢者の有病率の上昇(Air Pollution Tied to Hospital Visits for Older Adults)」を利用します。この記事はSDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」に対応しています。また書籍を持っていなくても記事はWebでも読むことができますので、参加は可能です。以下新ワークショップの案内です。

ワークショップ第22回「大気汚染は高齢者にとって病院受診につながる」のご案内

「SDGs英語ニュースについて議論する」は今後のビジネス・社会の動向、国際関係を知るためには必須の内容です。今回のテーマはSDGsの11番目の目標「住み続けられるまちづくりを」です。

SDGs 11. 住み続けられるまちづくりを
“だれもがずっと安全に暮らせて、災害にも強いまちをつくろう”

https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/17goals/11-cities/

日本では、まだ大々的な調査は行われていないと思いますが、米国ではPM2.5の人への曝露がどのような健康被害をもたらすかという大規模な調査が行われました。調査期間は13年にも及び、米国内を郵便番号で振り分け、調査の対象になった健康上の問題点は214項目にも及びます。この調査により明らかになったのは、大気汚染と高齢者の病院受診の増加の強い相関関係です。大気汚染は、特に高齢者などの脆弱な身体を持つ人々には深刻なダメージがあり、それにより発生する費用は個人、政府、企業にとって、過大なものであることが分かりました。

その悪影響を緩和するための様々な政策の導入も米国で検討され始めています。日本でもPM2.5の増加は問題視されていますが、まだ具体的に政策に反映されるまでには至っていません。あなたは大気汚染と健康の関係性についてどう思いますか?一緒に考えてみましょう。このワークショップの詳細は以下の通りです。

日時: 2022年7月9日(土)10時〜11時30分
場所: オンライン
定員: 10名程度まで
費用: 初回または見学のみ: 800円〜


教材はテキストまたは以下のHPでご確認ください。但し、テキストの内容とHPの記事は全く同じではありません。SDGsの各テーマに関する解説も含まれていますので、できるだけ、テキストを購入されることをお薦めします。準備なしでは設問には答えられないと思います。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。

Air Pollution Tied to Hospital Visits for Older Adults
https://learningenglish.voanews.com/a/air-pollution-tied-to-hospital-visits-for-older-adults/5208230.html


チケット


チケットは以下のYahooチケット・サイトから購入、もしくは銀行振込みでお願いいたします。

大気汚染と高齢者の有病率の上昇【SDGs英語ニュースについて議論する】第22回 7/9(土)10時@オンライン
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01mtxqq159f21.html

また銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。
https://www.global-agenda-21c.com/contact

【2022年】新ワークショップ企画「SDGs英語ニュースについて議論する」

2022年から新しいワークショップを運営しています。このワークショップの目的はSDGsの内容を英語で理解し、自分でも世界に向けて発信する能力を身に着けることです。留学を目指している方、企業でR&D、マーケティング、海外関連の部署に勤務する人にお薦めの内容です。

現在、英語中級〜上級者向けの「Global Newsについて語ろう!」を主宰しています。このワークショップは2017年からThe Japan Times紙が発表していた教材「朝英語の会」を利用して、対面で(場所は大阪梅田&神戸三宮)開催していました。パンデミックのため、2020年春からはオンラインで開催しています。2020年末にThe Japan Time紙が同プログラムが終了したことを受けて、2021年からは出来るだけ同じレベルの英語メディア記事を利用し、グローバル・アジェンダが設問と解説を作成し、ワークショップを開催しています。

対面でワークショップを開催していた時は複数のグループに分かれ、各テーブルにリーダーがいました。こちらは参加者が交代でテーブル・リーダーを引き受ける形で、全体の進行をグローバル・アジェンダが担当していました。オンラインでのワークショップは参加人数を絞り、グローバル・アジェンダ代表であるDr.Shibataがファシリテーションを務めています。スタイルとしては、欧米の大学・大学院のゼミで行われる議論形式の内容です。参加者は事前に与えられた資料を読むことで、より深くテーマについて学び、英語で積極的に発言することを期待されています。

また、ワークショップ内では、資料に含まれていない関連事項に関する解説もあります。この方式を採用することにより、参加者の時事問題の理解力と英語での発信力は短期間で飛躍的に伸びました。現在利用しているCNNのテキストに基づくワークショップは2022年1月末で終了するため、3月から新しいテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」を利用し、SDGsの17のテーマについてじっくり学習する予定です。

この書籍で取り上げられる内容は欧米の教育システムでは比較的早い時期から、カリキュラムに取り入れられています。また、北米の大学の教養課程や欧米の社会科学系の学部では、これらのテーマについては、過去に議論を積み上げてきています。しかし、日本の教育機関ではSDGs全てのテーマについて深い議論をすることは稀だと思います。また、多くの研究や報道は英語で次々に発信されているため、日本人がSDGsを理解する妨げになっています。

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」の英語は難解ではありません。しかし、関連する社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。今後の予定としては週1回、1本のエッセイを29週間かけでグループで議論し、これらSDGsに関わる社会問題を英語で自分でも発信できるようにすることが目標です。ワークショップはグローバル・アジェンダが現在主宰しているフォーマットを利用します。

「SDGs英語ニュースについて議論する」はSDGsの17のテーマ全てについてVoice of America (VOA)の記事を利用し、英語で議論します。以下、VOAに関する説明です。


"Voice of America (VOA) is the largest U.S. international broadcaster, providing news and information in more than 40 languages to an estimated weekly audience of more than 311 million people."

VOAの詳細は以下のサイトでご確認ください。

Voice of America (VOA)
https://www.voanews.com/

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」について

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」はSDGsの17項目を英語で知るための入門書です。この書籍はSDGsをテーマに英語を学びたい方を対象に、SDGsの解説およびVOAの関連ニュース記事を掲載しています。

以下、本からの抜粋です。

【本の特長】

17項目それぞれの解説と、理解を深めるためのキーワード付き

「英文」「語注」「和訳」「英語音声」の4点セットが揃っており、 シャドーイング学習にも最適

学習素材にはVOA Learning Englishを使用し、英語を聞き慣れていない人のリスニング練習にも最適


【対象とする読者層】

高校レベル以上の英語を学んでおり、もう少し広いテー マを用いて英語を学びたい方

SDGs について、英語で情報(特にニュース記事)を集めたい方

SDGs に興味があり、できればそれをテーマに英語を学んでみたい方

SDGsの全貌がよくわからないので英語原文を当たってみたいけど挫折した方


本の詳細は以下のHPからご確認ください。

VOAで聞き読み SDGs英語ニュース入門
コスモピアeステーション編集部・編

https://www.cosmopier.com/shoseki/4864541663/

内容

SDGsについて

Part1 人間 People

目標1 貧困をなくそう

コロナ禍で明らかになったアメリカと欧州における社会保障制度の格差

目標2 飢餓をゼロに

世界一健康的な新ダイエット

5人に1人が不健康な食事が原因で死亡

目標3 すべての人に健康と福祉を

ビデオゲームは精神的健康に役立つか

がんは高所得国の死因の第1位

目標4 質の高い教育をみんなに

授業をオンラインに移行:難題もあるが、試してみるよい機会

ユネスコが発表:新型コロナウイルスの影響で児童生徒2億9,000万人が登校できず

目標5 ジェンダー平等を実現しよう

日本の女性たちがハイヒール拒否キャンペーン

「ミス・アメリカ」が水着審査を廃止

目標6 安全な水とトイレを世界中に

ブラジル発:水不足は世界的な問題

世界人口の4分の1が水不足の危機に直面


Part2 繁栄 Prosperity

目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

発電部門によるCO2排出量、2019年は2%減少

研究者らが、二酸化炭素を価値ある燃料に変える装置を開発

目標8 働きがいも 経済成長も

女性が経済を主導するとどうなるか

目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう

専門家が提言、大学は研究にもっと投資すべき

目標10 人や国の不平等をなくそう

8人が世界の富の半分を支配する

アメリカの教育者たちが再検討:「黒人の歴史」を学校でどう教えるか

目標11 住み続けられるまちづくりを

世界保健機関(WHO)の調査報告:都市住民の80%が有害な空気を吸っている

大気汚染は高齢者にとって病院受診につながる


Part3 地球 Planet

目標12 つくる責任 つかう責任

食品ロスとの闘いにAIを活用する日本企業

ファッションデザイナーたち、環境保護のために素材を再利用

目標13 気候変動に具体的な対策を

地球温暖化で早まる花粉シーズン

アメリカは「気候変動難民」の保護を検討

目標14 海の豊かさを守ろう

海の健全さが人間の健康にも影響する

目標15 陸の豊かさも守ろう

研究結果:2050年までに外来種が激増することが判明


Part4 平和・パートナーシップ Peace・Partnership

目標16 平和と公正をすべての人に

世界の4人に3人の子どもが暴力を経験

日本の拘置所、有罪判決を待たずに多くを収容

目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

世界23カ国の首脳、「パンデミック条約」制定を支持


今後のワークショップの予定

週1回、土曜日午前10時から90分、定員10名でオンラインでの開催を予定しています。コロナの感染が落ち着いたら、大阪梅田での対面のワークショップも検討してみます。この場合、日時は別途設定します。また参加希望者が多いようでしたら、追加のワークショップを開催します。


オンラインサロン&ゴールド会員、有料ニュースレター購読者は会員価格で参加できます。

参加費

会員-1,300円、非会員-1,900円、回数券(3枚)-5,250円、初回参加者-800円

詳細


質問のある方は、下記からご連絡ください。

グローバル・アジェンダ:問い合わせ
https://www.global-agenda-21c.com/contact


【チケットの発行】

参加申し込みをした方にはGoogle Meetの会議の招待状と設問を送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。

【銀行振り込み】

申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。

https://www.global-agenda-21c.com/contact

【場所】 

オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホ+Gmail アカウントを準備願います)

メインでは以下のオンライン会議システムを使います。

Google Meet (Gmailとリンクしています)
https://meet.google.com/

【注意事項】

できるだけ、マイク付きイヤホンをご用意ください。音が反響せず、聞き取りやすくなります。また、可能であればLANケーブルでつないだ方が通信が安定します。

【オンライン・サロン】


現在、「Global Newsについて語ろう」「WritingCafe」の2つのオンライン・サロンがあります。サロン会員募集中です。詳細は以下からご確認ください。

https://globalagenda.wixsite.com/morningenglish


このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。

【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか?
https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe

参加申込はYahooチケットサイトからになりますが、詳細はnoteで発表します。またPeatixでもイベントのお知らせをしますので、この二つのアカウントのフォローをお願いします。

【HP】   http://www.global-agenda-21c.com/
【note】  https://note.com/globalagenda
【Peatix】 https://globalagenda.peatix.com/


「朝英語の会」@大阪&神戸の過去の活動についてごらんになりたい方は以下のブログ記事でご確認ください。
https://www.global-agenda-21c.com/blog




タグ:SDGs 大気汚染

2022年06月22日

The SDGs Report 2021(6)目標10:人や国の不平等をなくそう【英語で学ぶ大人の社会科】第43回 7/3(日)20時@オンライン

SDGsの目標10「人や国の不平等をなくそう」について英語で議論

差別と平等.png


ブログを始めるなら国内シェアNo.1のエックスサーバー


2022年7月の「英語で学ぶ大人の社会科:世界の知性が語る現代社会」のワークショップのお知らせです。6月の「SDGs英語ニュースについて語ろう」ではSDGsの10番目の目標「人や国の不平等をなくそう」をテーマに世界を揺るがす経済格差の拡大について議論しました。2022年7月3日(日)夜20時@オンラインで開催するワークショップは、国連が発行した「The SDGs Report 2021」をもとに、各国で急速に関心が高まっている「分断社会」の解決について、さらに議論を深めたいと思います。チケットの申し込みは以下のYahooチケットサイトから,、または銀行振り込みでお願いします。

【チケット】


The SDGs Report 2021(6)目標10:人や国の不平等をなくそう【英語で学ぶ大人の社会科】第43回 7/3(日)20時@オンライン

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/010epmrd82f21.html


【銀行振込での申し込み】

振込用紙は以下のサイトからダウンロードお願いいたします。

https://www.global-agenda-21c.com/contact

【ワークショップ】


第二次世界大戦後、戦争の反省を込めて、社会保障と経済成長をつうじて「経済格差の是正」に努めてきた先進国が、岐路に立たされています。パンデミックとロシア・ウクライナ紛争を契機に、経済不安がさらに強まり、各国では現状の資本主義経済の在り方の根本的な見直しを求める声が高まっています。そんな中、政府そして国連がとるべき行動は何でしょうか。今回の「英語で学ぶ大人の社会科」では「格差と不平等」の問題について「The SDGs Report 2021」をもとに英語で議論します。

今月にはフランスとコロンビアで注目の選挙がありました。フランスでは極右政党が議席数を前回選挙に比べて10倍に増やしました。一方、米国寄りの保守政権が続いていたコロンビアでは、かつて左翼系のゲリラ活動家だったという人物が大統領に選ばれました。どちらも選挙の主要な争点は経済政策でした。国民は、国内の行き過ぎた経済格差を是正し、労働者が人間らしい生活を送れる雇用機会の創出と労働条件の改善を求めたのです。

SDGsの「目標10:人や国の不平等をなくそう」は、国、地域、人種、宗教、社会階級など、属性に起因する不平等や差別を解消するための国連の取り組みです。


“世界中から不平等を減らそう"

https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/17goals/10-inequalities/


今回の「英語で学ぶ大人の社会科」はこのテーマについて、以下の報告書の資料を使い、議論します。

Reduce inequality within and among countries

https://unstats.un.org/sdgs/report/2021/goal-10/


このワークショップの詳細は以下の通りです。


日時: 2022年7月3日(日)20時〜21時30分

場所: オンライン

定員: 10名程度まで

費用: 初回または見学のみ: 800円〜



今後は、月1-2回、このシリーズの枠内でSDGsの17の目標について2021年時点で「2030アジェンダ」に向けての進捗状況を検証します。


このワークショップの設問は参加申し込み者、サロン会員、有料ニュースレター購読者及び後日発表するnote記事購入者にのみ送付します。過去のワークショップと同様の設問を設定しますので、以下のマガジンの2020年4&5月の記事(設問を公開しています)を参考にしてください。


【英語で学ぶ大人の社会科】世界の知性が語る現代社会

https://note.com/globalagenda/m/mb6e6207ceae6


このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。

【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか?

https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe

【詳細】


参加費は800〜2,350円です。サロン・ゴールド会員の割引他、回数券もご用意しています。6カ月の新規サロン会員権の購入(更新も含む)の方の初回参加費は無料です。

申し込み後(開催日前日までに)、メールにてビデオ・リンクもしくは招待状を送ります。解説と設問はできるだけ早く送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。


申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。


定員: 10名

https://www.global-agenda-21c.com/contact



【場所】 オンライン


オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホを準備願います)。Gmailをご用意ください。

ワークショップは気軽に使えるGoogle Meetを使って英語での議論に取り組みたいと思います。グローバルな政治や経済に関するテーマですが、大変興味深い内容ですので、ドリンク片手に気軽にご参加ください。参加費は初回は特別価格です!また、見学チケットも用意しています。


メインでは以下のオンライン会議システムを使います。


Google Meet(Gmailとリンクしています)

https://apps.google.com/intl/ja/meet/


【ビデオ会議システム】Google Meet


ビデオ会議の利用にはGMailアカウント及びマイク付きイヤホン(携帯電話購入時に付属品として付いています)、PC又はタブレット・スマートフォンなどが必要になります。使い方はGoogle Hangoutと同じですが、PC以外だとアプリのダウンロードが必要な場合がありますので、事前に動作の確認をお願いします。またGoogleカレンダーもダウンロードしておくと便利です。


申込を受けるとGoogleカレンダーに招待状を送りますので、そちらにアクセスして、予定上のGoogle Meet に参加するをクリックし、マイク・カメラを設定しておいてください。使い方は以下のサイトを参照してください。


ビデオ会議ツール「Google Meet」の利用方法

https://www.lifehacker.jp/2020/05/212607you-can-now-use-google-meet-to-host-free-video-conferen.html


オンライン・サロン& noteゴールド会員について

現在、オンライン・サロン「Global Newsについて語ろう」とnoteサークル「英語で学ぶ大人の社会科」の会員を募集しています。サロン会員とゴールド会員は全てのワークショップに割引価格で参加できます。


【オンラインサロン-Gobal Newsについて語ろう】


「オンラインサロン-Gobal Newsについて語ろう」を始めました。詳細に関しては以下のリンクを参照してください。


【HP】https://globalagenda.wixsite.com/morningenglish


【英語で学ぶ大人の社会科】


noteのサークルを始めました。もっと社会問題について学びたい、英語のスキルを進化させたいという方のための一石二鳥、欲張りなサークルの立ち上げを目指しています。ワークショップだけでなく「大人のための社会見学」も計画中!メンバー募集中です。


【英語で学ぶ大人の社会科】サークル

https://note.com/globalagenda/circle





タグ:SDGs 格差社会

2022年06月18日

WHO:都市住民の80%が有害な空気を吸っている【SDGs英語ニュースについて議論する】第21回 7/2(土)10時@オンライン

グローバルな場で必要な英語力て何?「SDGsの現状」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。

住み続けられるまちづくり.png


【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで


「SDGs英語ニュースについて議論する」ワークショップ第21回を7/2(土)10時@オンラインで開催します。今回はテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」の中の18番目の記事「世界保健機関(WHO)の調査報告:都市住民の80%が有害な空気を吸っている(WHO: 80% of Urban Residents Breathe Unsafe Air)」を利用します。この記事はSDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」に対応しています。また書籍を持っていなくても記事はWebでも読むことができますので、参加は可能です。以下新ワークショップの案内です。

ワークショップ第21回「WHOの調査報告:都市住民の80%が有害な空気を吸っている」のご案内

「SDGs英語ニュースについて議論する」は今後のビジネス・社会の動向、国際関係を知るためには必須の内容です。今回のテーマはSDGsの11番目の目標「住み続けられるまちづくりを」です。


SDGs 11. 住み続けられるまちづくりを “だれもがずっと安全に暮らせて、災害にも強いまちをつくろう”
https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/17goals/11-cities/

この目標はさらに細分化されていますが、その中で特に日本にも関連が深いと思われるテーマが以下の二つです。

SDGs 11-2
「2030年までに、女性や子ども、障害のある人、お年寄りなど、弱い立場にある人びとが必要としていることを特によく考え、公共の交通手段を広げるなどして、すべての人が、安い値段で、安全に、持続可能な交通手段を使えるようにする。」

SDGs 11-5
「2030年までに、貧しい人びとや、特に弱い立場にある人びとを守ることを特に考えて、水害などの災害によって命を失う人や被害を受ける人の数を大きく減らす。世界の国内総生産(GDP)に対して災害が直接もたらす経済的な損害を大きく減らす。」


少子高齢化と気候変動による災害の激甚化により、近年、日本でも一般市民の間で都市計画や「まちづくり」に対する関心が高まっています。欧米で19世紀に始まった近代的都市計画の概念は、近年どのような発展をしているでしょうか。参加者と一緒に考えてみたいと思います。このワークショップの詳細は以下の通りです。

日時: 2022年7月2日(土)10時〜11時30分
場所: オンライン
定員: 10名程度まで
費用: 初回または見学のみ: 800円〜

教材はテキストまたは以下のHPでご確認ください。但し、テキストの内容とHPの記事は全く同じではありません。SDGsの各テーマに関する解説も含まれていますので、できるだけ、テキストを購入されることをお薦めします。準備なしでは設問には答えられないと思います。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。

WHO: 80% of Urban Residents Breathe Unsafe Air
https://learningenglish.voanews.com/a/urban-residents-breathe-unsafe-air/3347253.html

チケット


チケットは以下のYahooチケット・サイトから購入、もしくは銀行振込みでお願いいたします。

WHO:都市住民の80%が有害な空気を吸っている【SDGs英語ニュースについて議論する】第21回 7/2(土)10時@オンライン
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01vsug0smqe21.html

また銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。
https://www.global-agenda-21c.com/contact

【2022年】新ワークショップ企画「SDGs英語ニュースについて議論する」

2022年から新しいワークショップを運営しています。このワークショップの目的はSDGsの内容を英語で理解し、自分でも世界に向けて発信する能力を身に着けることです。留学を目指している方、企業でR&D、マーケティング、海外関連の部署に勤務する人にお薦めの内容です。

現在、英語中級〜上級者向けの「Global Newsについて語ろう!」を主宰しています。このワークショップは2017年からThe Japan Times紙が発表していた教材「朝英語の会」を利用して、対面で(場所は大阪梅田&神戸三宮)開催していました。パンデミックのため、2020年春からはオンラインで開催しています。2020年末にThe Japan Time紙が同プログラムが終了したことを受けて、2021年からは出来るだけ同じレベルの英語メディア記事を利用し、グローバル・アジェンダが設問と解説を作成し、ワークショップを開催しています。

対面でワークショップを開催していた時は複数のグループに分かれ、各テーブルにリーダーがいました。こちらは参加者が交代でテーブル・リーダーを引き受ける形で、全体の進行をグローバル・アジェンダが担当していました。オンラインでのワークショップは参加人数を絞り、グローバル・アジェンダ代表であるDr.Shibataがファシリテーションを務めています。スタイルとしては、欧米の大学・大学院のゼミで行われる議論形式の内容です。参加者は事前に与えられた資料を読むことで、より深くテーマについて学び、英語で積極的に発言することを期待されています。

また、ワークショップ内では、資料に含まれていない関連事項に関する解説もあります。この方式を採用することにより、参加者の時事問題の理解力と英語での発信力は短期間で飛躍的に伸びました。現在利用しているCNNのテキストに基づくワークショップは2022年1月末で終了するため、3月から新しいテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」を利用し、SDGsの17のテーマについてじっくり学習する予定です。

この書籍で取り上げられる内容は欧米の教育システムでは比較的早い時期から、カリキュラムに取り入れられています。また、北米の大学の教養課程や欧米の社会科学系の学部では、これらのテーマについては、過去に議論を積み上げてきています。しかし、日本の教育機関ではSDGs全てのテーマについて深い議論をすることは稀だと思います。また、多くの研究や報道は英語で次々に発信されているため、日本人がSDGsを理解する妨げになっています。

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」の英語は難解ではありません。しかし、関連する社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。今後の予定としては週1回、1本のエッセイを29週間かけでグループで議論し、これらSDGsに関わる社会問題を英語で自分でも発信できるようにすることが目標です。ワークショップはグローバル・アジェンダが現在主宰しているフォーマットを利用します。

「SDGs英語ニュースについて議論する」はSDGsの17のテーマ全てについてVoice of America (VOA)の記事を利用し、英語で議論します。以下、VOAに関する説明です。


"Voice of America (VOA) is the largest U.S. international broadcaster, providing news and information in more than 40 languages to an estimated weekly audience of more than 311 million people."

VOAの詳細は以下のサイトでご確認ください。


Voice of America (VOA)
https://www.voanews.com/


「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」について

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」はSDGsの17項目を英語で知るための入門書です。この書籍はSDGsをテーマに英語を学びたい方を対象に、SDGsの解説およびVOAの関連ニュース記事を掲載しています。

以下、本からの抜粋です。

【本の特長】

17項目それぞれの解説と、理解を深めるためのキーワード付き

「英文」「語注」「和訳」「英語音声」の4点セットが揃っており、 シャドーイング学習にも最適

学習素材にはVOA Learning Englishを使用し、英語を聞き慣れていない人のリスニング練習にも最適


【対象とする読者層】

高校レベル以上の英語を学んでおり、もう少し広いテー マを用いて英語を学びたい方

SDGs について、英語で情報(特にニュース記事)を集めたい方

SDGs に興味があり、できればそれをテーマに英語を学んでみたい方

SDGsの全貌がよくわからないので英語原文を当たってみたいけど挫折した方


本の詳細は以下のHPからご確認ください。

VOAで聞き読み SDGs英語ニュース入門
コスモピアeステーション編集部・編

https://www.cosmopier.com/shoseki/4864541663/


内容


SDGsについて

Part1 人間 People

目標1 貧困をなくそう

コロナ禍で明らかになったアメリカと欧州における社会保障制度の格差

目標2 飢餓をゼロに

世界一健康的な新ダイエット

5人に1人が不健康な食事が原因で死亡

目標3 すべての人に健康と福祉を

ビデオゲームは精神的健康に役立つか

がんは高所得国の死因の第1位

目標4 質の高い教育をみんなに

授業をオンラインに移行:難題もあるが、試してみるよい機会

ユネスコが発表:新型コロナウイルスの影響で児童生徒2億9,000万人が登校できず

目標5 ジェンダー平等を実現しよう

日本の女性たちがハイヒール拒否キャンペーン

「ミス・アメリカ」が水着審査を廃止

目標6 安全な水とトイレを世界中に

ブラジル発:水不足は世界的な問題

世界人口の4分の1が水不足の危機に直面


Part2 繁栄 Prosperity

目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

発電部門によるCO2排出量、2019年は2%減少

研究者らが、二酸化炭素を価値ある燃料に変える装置を開発

目標8 働きがいも 経済成長も

女性が経済を主導するとどうなるか

目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう

専門家が提言、大学は研究にもっと投資すべき

目標10 人や国の不平等をなくそう

8人が世界の富の半分を支配する

アメリカの教育者たちが再検討:「黒人の歴史」を学校でどう教えるか

目標11 住み続けられるまちづくりを

世界保健機関(WHO)の調査報告:都市住民の80%が有害な空気を吸っている

大気汚染は高齢者にとって病院受診につながる


Part3 地球 Planet

目標12 つくる責任 つかう責任

食品ロスとの闘いにAIを活用する日本企業

ファッションデザイナーたち、環境保護のために素材を再利用

目標13 気候変動に具体的な対策を

地球温暖化で早まる花粉シーズン

アメリカは「気候変動難民」の保護を検討

目標14 海の豊かさを守ろう

海の健全さが人間の健康にも影響する

目標15 陸の豊かさも守ろう

研究結果:2050年までに外来種が激増することが判明

Part4 平和・パートナーシップ Peace・Partnership

目標16 平和と公正をすべての人に

世界の4人に3人の子どもが暴力を経験

日本の拘置所、有罪判決を待たずに多くを収容

目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

世界23カ国の首脳、「パンデミック条約」制定を支持


今後のワークショップの予定

週1回、土曜日午前10時から90分、定員10名でオンラインでの開催を予定しています。コロナの感染が落ち着いたら、大阪梅田での対面のワークショップも検討してみます。この場合、日時は別途設定します。また参加希望者が多いようでしたら、追加のワークショップを開催します。


オンラインサロン&ゴールド会員、有料ニュースレター購読者は会員価格で参加できます。

参加費

会員-1,300円、非会員-1,900円、回数券(3枚)-5,250円、初回参加者-800円


詳細


質問のある方は、下記からご連絡ください。

グローバル・アジェンダ:問い合わせ
https://www.global-agenda-21c.com/contact


【チケットの発行】


参加申し込みをした方にはGoogle Meetの会議の招待状と設問を送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。

【銀行振り込み】


申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。

https://www.global-agenda-21c.com/contact

【場所】 

オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホ+Gmail アカウントを準備願います)

メインでは以下のオンライン会議システムを使います。

Google Meet (Gmailとリンクしています)
https://meet.google.com/

【注意事項】

できるだけ、マイク付きイヤホンをご用意ください。音が反響せず、聞き取りやすくなります。また、可能であればLANケーブルでつないだ方が通信が安定します。


【オンライン・サロン】


現在、「Global Newsについて語ろう」「WritingCafe」の2つのオンライン・サロンがあります。サロン会員募集中です。詳細は以下からご確認ください。


https://globalagenda.wixsite.com/morningenglish


このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。

【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか?
https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe

参加申込はYahooチケットサイトからになりますが、詳細はnoteで発表します。またPeatixでもイベントのお知らせをしますので、この二つのアカウントのフォローをお願いします。

【HP】   http://www.global-agenda-21c.com/
【note】  https://note.com/globalagenda
【Peatix】 https://globalagenda.peatix.com/


「朝英語の会」@大阪&神戸の過去の活動についてごらんになりたい方は以下のブログ記事でご確認ください。
https://www.global-agenda-21c.com/blog



2022年06月14日

米国発「黒人の歴史」を学校でどう教えるか【SDGs英語ニュースについて議論する】第20回 6/25(土)10時@オンライン

グローバルな場で必要な英語力て何?「SDGsの現状」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。

平等とSDGs.png

高速・安定・無料SSL付!月額524円でWordPressが使えるさくらのレンタルサーバ


「SDGs英語ニュースについて議論する」ワークショップ第20回を6/25(土)10時@オンラインで開催します。今回はテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」の中の17番目の記事「アメリカの教育者たちが再検討:「黒人の歴史」を学校でどう教えるか(US Educators Re-examine How Black History Is Taught in Schools)」を利用します。この記事はSDGsの目標10「人や国の不平等をなくそう」に対応しています。また書籍を持っていなくても記事はWebでも読むことができますので、参加は可能です。以下新ワークショップの案内です。

ワークショップ第20回「アメリカの教育者たちが再検討『黒人の歴史』を学校でどう教えるか」のご案内

「SDGs英語ニュースについて議論する」は今後のビジネス・社会の動向、国際関係を知るためには必須の内容です。今回のテーマはSDGsの10番目の目標「人や国の不平等をなくそう」です。

“世界中から不平等を減らそう"
https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/17goals/10-inequalities/

今回は米国における「黒人の歴史」教育の見直しと差別・偏見に関する課題について議論します。「自由と平等の国」というイメージが強い米国ですが、その建国から現在まで、むしろ人種差別を排除することが難しかった歴史があります。米国に入植した白人が、先住民を土地から追い払い、綿花畑にアフリカから連れてきた奴隷を使い、また鉄道建設には中国やインドからの「苦力(Coolie)」と呼ばれる出稼ぎの移民労働者を酷使して、資本家が富を蓄積した国、それが米国の発展史の負の側面です。

2020年のBlack Lives Matter(BLM)運動、2022年のNY州バッファロー市での黒人を標的とした銃乱射事件は、米国社会が自国の歴史の負の遺産をいまだ清算できていない結果、起こった事件といえるでしょう。

Black Lives Matterが意味するもの|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/special/presidential-election_2020/demonstration/demonstration_01.html

10 dead in Buffalo supermarket attack police call hate crime
https://apnews.com/article/buffalo-supermarket-shooting-442c6d97a073f39f99d006dbba40f64b

その米国で「黒人の歴史」はどのように教えられてきたのでしょうか。現在の米国の「歴史教育」があまりにこの負の側面を削ぎ落としてしまっているという教育者がいる一方、今の教育は黒人に対する暴力や彼らの苦難にフォーカスし過ぎていると批判する人々もいます。日本でも歴史教育については意見が分かれていますが、改めて米国の事例をもとに、歴史教育と差別の関係について一緒に考えてみたいと思っています。このワークショップの詳細は以下の通りです。


日時: 2022年6月25日(土)10時〜11時30分
場所: オンライン
定員: 10名程度まで
費用: 初回または見学のみ: 800円〜



教材はテキストまたは以下のHPでご確認ください。但し、テキストの内容とHPの記事は全く同じではありません。SDGsの各テーマに関する解説も含まれていますので、できるだけ、テキストを購入されることをお薦めします。準備なしでは設問には答えられないと思います。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。


US Educators Re-examine How Black History Is Taught in Schools
https://learningenglish.voanews.com/a/us-educators-re-examine-how-black-history-is-taught-in-schools/5469760.html

チケット


チケットは以下のYahooチケット・サイトから購入、もしくは銀行振込みでお願いいたします。

米国発「黒人の歴史」を学校でどう教えるか【SDGs英語ニュースについて議論する】第20回 6/25(土)10時@オンライン
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01mxtkf4aie21.html


また銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。
https://www.global-agenda-21c.com/contact

【2022年】新ワークショップ企画「SDGs英語ニュースについて議論する」

2022年から新しいワークショップを運営しています。このワークショップの目的はSDGsの内容を英語で理解し、自分でも世界に向けて発信する能力を身に着けることです。留学を目指している方、企業でR&D、マーケティング、海外関連の部署に勤務する人にお薦めの内容です。


現在、英語中級〜上級者向けの「Global Newsについて語ろう!」を主宰しています。このワークショップは2017年からThe Japan Times紙が発表していた教材「朝英語の会」を利用して、対面で(場所は大阪梅田&神戸三宮)開催していました。パンデミックのため、2020年春からはオンラインで開催しています。2020年末にThe Japan Time紙が同プログラムが終了したことを受けて、2021年からは出来るだけ同じレベルの英語メディア記事を利用し、グローバル・アジェンダが設問と解説を作成し、ワークショップを開催しています。

対面でワークショップを開催していた時は複数のグループに分かれ、各テーブルにリーダーがいました。こちらは参加者が交代でテーブル・リーダーを引き受ける形で、全体の進行をグローバル・アジェンダが担当していました。オンラインでのワークショップは参加人数を絞り、グローバル・アジェンダ代表であるDr.Shibataがファシリテーションを務めています。スタイルとしては、欧米の大学・大学院のゼミで行われる議論形式の内容です。参加者は事前に与えられた資料を読むことで、より深くテーマについて学び、英語で積極的に発言することを期待されています。

また、ワークショップ内では、資料に含まれていない関連事項に関する解説もあります。この方式を採用することにより、参加者の時事問題の理解力と英語での発信力は短期間で飛躍的に伸びました。現在利用しているCNNのテキストに基づくワークショップは2022年1月末で終了するため、3月から新しいテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」を利用し、SDGsの17のテーマについてじっくり学習する予定です。

この書籍で取り上げられる内容は欧米の教育システムでは比較的早い時期から、カリキュラムに取り入れられています。また、北米の大学の教養課程や欧米の社会科学系の学部では、これらのテーマについては、過去に議論を積み上げてきています。しかし、日本の教育機関ではSDGs全てのテーマについて深い議論をすることは稀だと思います。また、多くの研究や報道は英語で次々に発信されているため、日本人がSDGsを理解する妨げになっています。

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」の英語は難解ではありません。しかし、関連する社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。今後の予定としては週1回、1本のエッセイを29週間かけでグループで議論し、これらSDGsに関わる社会問題を英語で自分でも発信できるようにすることが目標です。ワークショップはグローバル・アジェンダが現在主宰しているフォーマットを利用します。

「SDGs英語ニュースについて議論する」はSDGsの17のテーマ全てについてVoice of America (VOA)の記事を利用し、英語で議論します。以下、VOAに関する説明です。

"Voice of America (VOA) is the largest U.S. international broadcaster, providing news and information in more than 40 languages to an estimated weekly audience of more than 311 million people."

VOAの詳細は以下のサイトでご確認ください。

Voice of America (VOA)
https://www.voanews.com/

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」について

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」はSDGsの17項目を英語で知るための入門書です。この書籍はSDGsをテーマに英語を学びたい方を対象に、SDGsの解説およびVOAの関連ニュース記事を掲載しています。

以下、本からの抜粋です。

【本の特長】

17項目それぞれの解説と、理解を深めるためのキーワード付き

「英文」「語注」「和訳」「英語音声」の4点セットが揃っており、 シャドーイング学習にも最適

学習素材にはVOA Learning Englishを使用し、英語を聞き慣れていない人のリスニング練習にも最適

【対象とする読者層】

高校レベル以上の英語を学んでおり、もう少し広いテー マを用いて英語を学びたい方

SDGs について、英語で情報(特にニュース記事)を集めたい方

SDGs に興味があり、できればそれをテーマに英語を学んでみたい方

SDGsの全貌がよくわからないので英語原文を当たってみたいけど挫折した方


本の詳細は以下のHPからご確認ください。

VOAで聞き読み SDGs英語ニュース入門
コスモピアeステーション編集部・編

https://www.cosmopier.com/shoseki/4864541663/


内容

SDGsについて

Part1 人間 People

目標1 貧困をなくそう

コロナ禍で明らかになったアメリカと欧州における社会保障制度の格差

目標2 飢餓をゼロに

世界一健康的な新ダイエット

5人に1人が不健康な食事が原因で死亡

目標3 すべての人に健康と福祉を

ビデオゲームは精神的健康に役立つか

がんは高所得国の死因の第1位

目標4 質の高い教育をみんなに

授業をオンラインに移行:難題もあるが、試してみるよい機会

ユネスコが発表:新型コロナウイルスの影響で児童生徒2億9,000万人が登校できず

目標5 ジェンダー平等を実現しよう

日本の女性たちがハイヒール拒否キャンペーン

「ミス・アメリカ」が水着審査を廃止

目標6 安全な水とトイレを世界中に

ブラジル発:水不足は世界的な問題

世界人口の4分の1が水不足の危機に直面


Part2 繁栄 Prosperity

目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

発電部門によるCO2排出量、2019年は2%減少

研究者らが、二酸化炭素を価値ある燃料に変える装置を開発

目標8 働きがいも 経済成長も

女性が経済を主導するとどうなるか

目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう

専門家が提言、大学は研究にもっと投資すべき

目標10 人や国の不平等をなくそう

8人が世界の富の半分を支配する

アメリカの教育者たちが再検討:「黒人の歴史」を学校でどう教えるか

目標11 住み続けられるまちづくりを

世界保健機関(WHO)の調査報告:都市住民の80%が有害な空気を吸っている

大気汚染は高齢者にとって病院受診につながる


Part3 地球 Planet

目標12 つくる責任 つかう責任

食品ロスとの闘いにAIを活用する日本企業

ファッションデザイナーたち、環境保護のために素材を再利用

目標13 気候変動に具体的な対策を

地球温暖化で早まる花粉シーズン

アメリカは「気候変動難民」の保護を検討

目標14 海の豊かさを守ろう

海の健全さが人間の健康にも影響する

目標15 陸の豊かさも守ろう

研究結果:2050年までに外来種が激増することが判明

Part4 平和・パートナーシップ Peace・Partnership

目標16 平和と公正をすべての人に

世界の4人に3人の子どもが暴力を経験

日本の拘置所、有罪判決を待たずに多くを収容

目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

世界23カ国の首脳、「パンデミック条約」制定を支持


今後のワークショップの予定

週1回、土曜日午前10時から90分、定員10名でオンラインでの開催を予定しています。コロナの感染が落ち着いたら、大阪梅田での対面のワークショップも検討してみます。この場合、日時は別途設定します。また参加希望者が多いようでしたら、追加のワークショップを開催します。


オンラインサロン&ゴールド会員、有料ニュースレター購読者は会員価格で参加できます。

参加費

会員-1,300円、非会員-1,900円、回数券(3枚)-5,250円、初回参加者-800円


詳細


質問のある方は、下記からご連絡ください。

グローバル・アジェンダ:問い合わせ
https://www.global-agenda-21c.com/contact


【チケットの発行】

参加申し込みをした方にはGoogle Meetの会議の招待状と設問を送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。

【銀行振り込み】


申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。

https://www.global-agenda-21c.com/contact

【場所】 

オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホ+Gmail アカウントを準備願います)

メインでは以下のオンライン会議システムを使います。

Google Meet (Gmailとリンクしています)
https://meet.google.com/

【注意事項】

できるだけ、マイク付きイヤホンをご用意ください。音が反響せず、聞き取りやすくなります。また、可能であればLANケーブルでつないだ方が通信が安定します。


【オンライン・サロン】

現在、「Global Newsについて語ろう」「WritingCafe」の2つのオンライン・サロンがあります。サロン会員募集中です。詳細は以下からご確認ください。

https://globalagenda.wixsite.com/morningenglish


このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。

【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか?
https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe

参加申込はYahooチケットサイトからになりますが、詳細はnoteで発表します。またPeatixでもイベントのお知らせをしますので、この二つのアカウントのフォローをお願いします。

【HP】   http://www.global-agenda-21c.com/
【note】  https://note.com/globalagenda
【Peatix】 https://globalagenda.peatix.com/


「朝英語の会」@大阪&神戸の過去の活動についてごらんになりたい方は以下のブログ記事でご確認ください。
https://www.global-agenda-21c.com/blog

さくらのレンタルサーバ ビジネス
タグ:SDGs 差別

2022年06月07日

日本政府のデジタル化「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」第3-2回 6/26 (日)20時@オンライン

グローバルな場で必要な英語力て何?「日本の今」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。


デジタル社会.png




新企画「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」のワークショップ第3回「日本政府のデジタル化」を 6/26(日)20時@オンラインで再度開催します。以下新ワークショップの案内です。

「新・日本の論点」第3回ワークショップ「日本政府のデジタル化」のご案内

「新・日本の論点」は外国人と一緒に仕事をする機会のある方、留学予定の方には必修の内容だと思います。多くの日本人は初めて海外で暮らした時、或いは取引先や同僚の外国人から、これら日本の諸問題に関して英語での説明をしばしば求められるからです。この教材の英語はそれほど難解ではありませんが、深く社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。

このワークショップの第3回を 6/26(日)20時からオンラインで開催します。今回のワークショップで使う資料はアジアの政治経済を専門とする研究者がオピニオン記事を寄稿するEast Asia Forumの記事「COVID-19 and Japan’s long-awaited digital transformation」と書籍内の「日本政府のデジタル化」に関する記事を利用します。

「新・日本の論点」内の記事は書籍を購入しないと読めないのですが、今回は以下のリンクのWeb記事を主に利用しますので、書籍を未購入の方も、ぜひご参加ください。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。

今後の予定としては月2回、年間24本の書籍内エッセイ+関連記事を2年かけでグループで議論し、これらの日本が抱える社会問題を英語で自分でも発信できるようにすることが目標です。ワークショップはグローバル・アジェンダが現在主宰しているフォーマットを利用します。

COVID-19 and Japan’s long-awaited digital transformation
https://www.eastasiaforum.org/2021/09/25/covid-19-and-japans-long-awaited-digital-transformation/

日時: 2022年6月26日(日)20:00〜21:30
場所: オンライン
費用: 初回参加者800円〜 チケット・サイトでご確認ください



【チケット】

チケットは以下のサイトから申し込み、または銀行振り込みでお願いいたします。

日本政府のデジタル化「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」第3-2回 6/26(日)20時@オンライン
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01un0q3fztd21.html

【2022年】新ワークショップ企画「新・日本の論点」

2022年から新しいワークショップを企画しています。現在、英語中級者向けの「Global Newsについて語ろう!」と英語上級者向けの「英語で学ぶ大人の社会科」の二つのワークショップを主宰しています。前者は、2017年にThe Japan Times紙が発表していた教材「朝英語の会」を利用して、対面で開催していました。2020年に同プログラムが終了したことを受けて、2021年からは出来るだけ同じレベルの英語メディア記事を利用し、グローバル・アジェンダが設問と解説を作成し、ワークショップを開催しています。後者は2020年春から、始まったプログラムです。実際にビジネスの現場やアカデミックな議論で利用されるレベルの記事をもとに、これもグローバル・アジェンダが解説・設問を作成し、ワークショップのファシリテーションを務めています。「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」は、この二つのワークショップの中間的なレベルの教材であると判断し、新しいワークショップのシリーズを立ち上げることにしました。

「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」について

「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」は早稲田大学名誉教授であるジェームス・M・バーダマン先生が「日本人なら知っておきたい、外国人からよく聞かれる日本の現状・問題点を簡潔に説明」した著書です。エッセイは全部で47本収録されており、政治経済、社会、国際関係、教育、防災、エネルギー、文化など、外国人から見た日本の問題を分かりやすく英語・日本語の対訳で解説してくれています。

以下、本からの抜粋です。

「国についての理解を深め、自分からも発信できるようになりたい人のための一冊です。
「ジェンダーギャップ」「ソーシャルハラスメント」「皇位継承」「イージス・アショア」「原発依存」「難民認定」「過労死」「危険運転」「ヘイトスピーチ」「新型コロナウイルス」等、日本の現状を理解するうえで欠かせないキーワードが満載!」

本の詳細は以下のHPからご確認ください。

新・日本の論点
Japan Today and How It Got This Way
ジェームス・M・バーダマン(著)、イヴォンヌ・チャング(訳)


https://ibcpub.co.jp/taiyaku/9784794606914.html


今後のワークショップの予定

月2回、日曜日夜20時から90分、定員10名でオンラインでの開催を予定しています。ただ、参加者の居住地なども考慮して、毎回ではありませんが、オンラインとリアルのハイブリッド形式のワークショップも検討してみます。この場合、日時は別途設定します。

【参加費】

オンラインサロン&ゴールド会員、有料ニュースレター購読者は会員価格で参加できます。

会員-1,700円、非会員-2,200円、回数券(3枚)-6,300円


質問のある方は、下記からご連絡ください。

グローバル・アジェンダ:問い合わせ
https://www.global-agenda-21c.com/contact


【チケットの発行】

参加申し込みをした方にはGoogle Meetの会議の招待状と設問を送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。

【銀行振り込み】

申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。

https://www.global-agenda-21c.com/contact

【場所】 

オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホ+Gmail アカウントを準備願います)

メインでは以下のオンライン会議システムを使います。

Google Meet (Gmailとリンクしています)
https://meet.google.com/

【注意事項】

できるだけ、マイク付きイヤホンをご用意ください。音が反響せず、聞き取りやすくなります。また、可能であればLANケーブルでつないだ方が通信が安定します。

【オンライン・サロン】

現在、「Global Newsについて語ろう」「WritingCafe」の2つのオンライン・サロンがあります。

https://www.global-agenda-21c.com/onlinesalon?lang=ja


このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。

【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか?
https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe

参加申込はYahooチケットサイトからになりますが、詳細はnoteで発表します。またPeatixでもイベントのお知らせをしますので、この二つのアカウントのフォローをお願いします。

【HP】   http://www.global-agenda-21c.com/
【note】  https://note.com/globalagenda
【Peatix】 https://globalagenda.peatix.com/

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで


「朝英語の会」@大阪&神戸の過去の活動についてごらんになりたい方は以下のブログ記事でご確認ください。
https://www.global-agenda-21c.com/blog



2020東京五輪の遺産を検証「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」第2-2回6/19(日)20時@オンライン

グローバルな場で必要な英語力て何?「日本の今」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。


東京五輪.png





新企画「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」のワークショップ第2回「2020東京五輪の遺産を検証」を 6/19(日)20時@オンラインで再度開催します。以下新ワークショップの案内です

「新・日本の論点」第2回ワークショップ「2020東京五輪の遺産を検証する」のご案内

「新・日本の論点」は外国人と一緒に仕事をする機会のある方、留学予定の方には必修の内容だと思います。多くの日本人は初めて海外で暮らした時、或いは取引先や同僚の外国人から、これら日本の諸問題に関して英語での説明をしばしば求められるからです。この教材の英語はそれほど難解ではありませんが、深く社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。

今後の予定としては月2回、年間24本の書籍内エッセイ+関連記事を2年かけでグループで議論し、これらの日本が抱える社会問題を英語で自分でも発信できるようにすることが目標です。ワークショップはグローバル・アジェンダが現在主宰しているフォーマットを利用します。

このワークショップの第2-2回を6/19(日)20時からオンラインで開催します。今回のワークショップで使う資料は研究者がレポートやオピニオン記事を寄稿するThe Conversationの記事「東京五輪の遺産-Tokyo's Olympic legacy: Will hosting the Games have benefitted local communities? 」と書籍内の「東京2020オリンピック」に関する記事を利用します。

「新・日本の論点」内の記事は書籍を購入しないと読めないのですが、今回は以下のリンクのWeb記事を主に利用しますので、書籍を未購入の方も、ぜひご参加ください。第2回のテーマは「2020東京五輪の遺産を検証する」です。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。

Tokyo's Olympic legacy: Will hosting the Games have benefitted local communities?
https://theconversation.com/tokyos-olympic-legacy-will-hosting-the-games-have-benefitted-local-communities-165433

日時: 2022年6月19日(日)20:00〜21:30
場所: オンライン
費用: 初回参加者800円〜 チケット・サイトでご確認ください。


【チケット】


チケットは以下のサイトから申し込み、または銀行振り込みでお願いいたします。

2020東京五輪の遺産を検証「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」第2-2回 6/19(日)20時@オンライン

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01m77q8zwtd21.html

【2022年】新ワークショップ企画「新・日本の論点」

2022年から新しいワークショップを企画しています。現在、英語中級者向けの「Global Newsについて語ろう!」と英語上級者向けの「英語で学ぶ大人の社会科」の二つのワークショップを主宰しています。前者は、2017年にThe Japan Times紙が発表していた教材「朝英語の会」を利用して、対面で開催していました。2020年に同プログラムが終了したことを受けて、2021年からは出来るだけ同じレベルの英語メディア記事を利用し、グローバル・アジェンダが設問と解説を作成し、ワークショップを開催しています。後者は2020年春から、始まったプログラムです。実際にビジネスの現場やアカデミックな議論で利用されるレベルの記事をもとに、これもグローバル・アジェンダが解説・設問を作成し、ワークショップのファシリテーションを務めています。「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」は、この二つのワークショップの中間的なレベルの教材であると判断し、新しいワークショップのシリーズを立ち上げることにしました。


「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」について

「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」は早稲田大学名誉教授であるジェームス・M・バーダマン先生が「日本人なら知っておきたい、外国人からよく聞かれる日本の現状・問題点を簡潔に説明」した著書です。エッセイは全部で47本収録されており、政治経済、社会、国際関係、教育、防災、エネルギー、文化など、外国人から見た日本の問題を分かりやすく英語・日本語の対訳で解説してくれています。

以下、本からの抜粋です。

「国についての理解を深め、自分からも発信できるようになりたい人のための一冊です。
「ジェンダーギャップ」「ソーシャルハラスメント」「皇位継承」「イージス・アショア」「原発依存」「難民認定」「過労死」「危険運転」「ヘイトスピーチ」「新型コロナウイルス」等、日本の現状を理解するうえで欠かせないキーワードが満載!」

本の詳細は以下のHPからご確認ください。

新・日本の論点
Japan Today and How It Got This Way
ジェームス・M・バーダマン(著)、イヴォンヌ・チャング(訳)


https://ibcpub.co.jp/taiyaku/9784794606914.html

今後のワークショップの予定

月2回、日曜日夜20時から90分、定員10名でオンラインでの開催を予定しています。ただ、参加者の居住地なども考慮して、毎回ではありませんが、オンラインとリアルのハイブリッド形式のワークショップも検討してみます。この場合、日時は別途設定します。

【参加費】

オンラインサロン&ゴールド会員、有料ニュースレター購読者は会員価格で参加できます。

会員-1,700円、非会員-2,200円、回数券(3枚)-6,300円

質問のある方は、下記からご連絡ください。

グローバル・アジェンダ:問い合わせ

https://www.global-agenda-21c.com/contact


【チケットの発行】

参加申し込みをした方にはGoogle Meetの会議の招待状と設問を送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。

【銀行振り込み】

申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。

https://www.global-agenda-21c.com/contact

【場所】 

オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホ+Gmail アカウントを準備願います)

メインでは以下のオンライン会議システムを使います。

Google Meet (Gmailとリンクしています)
https://meet.google.com/


【注意事項】

できるだけ、マイク付きイヤホンをご用意ください。音が反響せず、聞き取りやすくなります。また、可能であればLANケーブルでつないだ方が通信が安定します。

【オンライン・サロン】


現在、「Global Newsについて語ろう」「WritingCafe」の2つのオンライン・サロンがあります。

https://www.global-agenda-21c.com/onlinesalon?lang=ja

このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。

【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか?
https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe

参加申込はYahooチケットサイトからになりますが、詳細はnoteで発表します。またPeatixでもイベントのお知らせをしますので、この二つのアカウントのフォローをお願いします。

【HP】   http://www.global-agenda-21c.com/
【note】  https://note.com/globalagenda
【Peatix】 https://globalagenda.peatix.com/

「朝英語の会」@大阪&神戸の過去の活動についてごらんになりたい方は以下のブログ記事でご確認ください。
https://www.global-agenda-21c.com/blog



2022年06月06日

8人が世界の富の半分を支配する【SDGs英語ニュースについて議論する】第19回 6/18(土)10時@オンライン

グローバルな場で必要な英語力て何?「SDGsの現状」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。

格差社会.png


【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで


「SDGs英語ニュースについて議論する」ワークショップ第19回を6/18(土)10時@オンラインで開催します。今回はテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」の中の16番目の記事「8人が世界の富の半分を支配する(Eight Men Control as Much Wealth as Half the World’s Population )」を利用します。この記事はSDGsの目標10「人や国の不平等をなくそう」に対応しています。また書籍を持っていなくても記事はWebでも読むことができますので、参加は可能です。以下新ワークショップの案内です。


ワークショップ第19回「8人が世界の富の半分を支配する」のご案内

「SDGs英語ニュースについて議論する」は今後のビジネス・社会の動向、国際関係を知るためには必須の内容です。今回のテーマはSDGsの10番目の目標「人や国の不平等をなくそう」です。


“世界中から不平等を減らそう"

https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/17goals/10-inequalities/


なかでも、近年注目を集めている社会的問題が「世界中で広がる格差」の問題です。


「富と所得の格差が多くの国でかつてないほど拡大しています。2017年には世界人口のもっとも豊かな1%の人が持つ資産が世界全体の資産の約33%に相当し、もっとも貧しい25%の人が持つ資産の割合は10%にすぎませんでした。」

この記事の中で取り上げられているように、格差は、もはや先進国と途上国の間にだけ存在する問題ではありません。かつては「福祉国家」のスローガンのもと、社会保障を充実させ、経済格差・教育格差の是正に取り組んできた日本も含む先進国の間でも、格差は早急に解決すべき課題となっています。なぜ、社会はこのように分断されるようになったのか、その克服にはどんな取り組みが必要か?参加者で一緒に考えてみませんか?ワークショップの詳細は以下の通りです。


日時: 2022年6月18日(土)10時〜11時30分
場所: オンライン
定員: 10名程度まで
費用: 初回または見学のみ: 800円〜



教材はテキストまたは以下のHPでご確認ください。但し、テキストの内容とHPの記事は全く同じではありません。SDGsの各テーマに関する解説も含まれていますので、できるだけ、テキストを購入されることをお薦めします。準備なしでは設問には答えられないと思います。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。


Report: Eight Men Control as Much Wealth as Half the World’s Population

https://learningenglish.voanews.com/a/eight-men-worth-as-much-as-half-global-population/3678656.html



チケット

チケットは以下のYahooチケット・サイトから購入、もしくは銀行振込みでお願いいたします。


8人が世界の富の半分を支配する【SDGs英語ニュースについて議論する】第19回6/18(土)10時@オンライン

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0165m6axm0e21.html


また銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。

https://www.global-agenda-21c.com/contact


【2022年】新ワークショップ企画「SDGs英語ニュースについて議論する」

2022年から新しいワークショップを運営しています。このワークショップの目的はSDGsの内容を英語で理解し、自分でも世界に向けて発信する能力を身に着けることです。留学を目指している方、企業でR&D、マーケティング、海外関連の部署に勤務する人にお薦めの内容です。


現在、英語中級〜上級者向けの「Global Newsについて語ろう!」を主宰しています。このワークショップは2017年からThe Japan Times紙が発表していた教材「朝英語の会」を利用して、対面で(場所は大阪梅田&神戸三宮)開催していました。パンデミックのため、2020年春からはオンラインで開催しています。2020年末にThe Japan Time紙が同プログラムが終了したことを受けて、2021年からは出来るだけ同じレベルの英語メディア記事を利用し、グローバル・アジェンダが設問と解説を作成し、ワークショップを開催しています。


対面でワークショップを開催していた時は複数のグループに分かれ、各テーブルにリーダーがいました。こちらは参加者が交代でテーブル・リーダーを引き受ける形で、全体の進行をグローバル・アジェンダが担当していました。オンラインでのワークショップは参加人数を絞り、グローバル・アジェンダ代表であるDr.Shibataがファシリテーションを務めています。スタイルとしては、欧米の大学・大学院のゼミで行われる議論形式の内容です。参加者は事前に与えられた資料を読むことで、より深くテーマについて学び、英語で積極的に発言することを期待されています。


また、ワークショップ内では、資料に含まれていない関連事項に関する解説もあります。この方式を採用することにより、参加者の時事問題の理解力と英語での発信力は短期間で飛躍的に伸びました。現在利用しているCNNのテキストに基づくワークショップは2022年1月末で終了するため、3月から新しいテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」を利用し、SDGsの17のテーマについてじっくり学習する予定です。


この書籍で取り上げられる内容は欧米の教育システムでは比較的早い時期から、カリキュラムに取り入れられています。また、北米の大学の教養課程や欧米の社会科学系の学部では、これらのテーマについては、過去に議論を積み上げてきています。しかし、日本の教育機関ではSDGs全てのテーマについて深い議論をすることは稀だと思います。また、多くの研究や報道は英語で次々に発信されているため、日本人がSDGsを理解する妨げになっています。


「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」の英語は難解ではありません。しかし、関連する社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。今後の予定としては週1回、1本のエッセイを29週間かけでグループで議論し、これらSDGsに関わる社会問題を英語で自分でも発信できるようにすることが目標です。ワークショップはグローバル・アジェンダが現在主宰しているフォーマットを利用します。

「SDGs英語ニュースについて議論する」はSDGsの17のテーマ全てについてVoice of America (VOA)の記事を利用し、英語で議論します。以下、VOAに関する説明です。


"Voice of America (VOA) is the largest U.S. international broadcaster, providing news and information in more than 40 languages to an estimated weekly audience of more than 311 million people."

VOAの詳細は以下のサイトでご確認ください。


Voice of America (VOA)
https://www.voanews.com/


「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」について

「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」はSDGsの17項目を英語で知るための入門書です。この書籍はSDGsをテーマに英語を学びたい方を対象に、SDGsの解説およびVOAの関連ニュース記事を掲載しています。

以下、本からの抜粋です。

【本の特長】

17項目それぞれの解説と、理解を深めるためのキーワード付き

「英文」「語注」「和訳」「英語音声」の4点セットが揃っており、 シャドーイング学習にも最適

学習素材にはVOA Learning Englishを使用し、英語を聞き慣れていない人のリスニング練習にも最適


【対象とする読者層】

高校レベル以上の英語を学んでおり、もう少し広いテー マを用いて英語を学びたい方

SDGs について、英語で情報(特にニュース記事)を集めたい方

SDGs に興味があり、できればそれをテーマに英語を学んでみたい方

SDGsの全貌がよくわからないので英語原文を当たってみたいけど挫折した方


本の詳細は以下のHPからご確認ください。

VOAで聞き読み SDGs英語ニュース入門
コスモピアeステーション編集部・編

https://www.cosmopier.com/shoseki/4864541663/


内容


SDGsについて

Part1 人間 People

目標1 貧困をなくそう

コロナ禍で明らかになったアメリカと欧州における社会保障制度の格差

目標2 飢餓をゼロに

世界一健康的な新ダイエット

5人に1人が不健康な食事が原因で死亡

目標3 すべての人に健康と福祉を

ビデオゲームは精神的健康に役立つか

がんは高所得国の死因の第1位

目標4 質の高い教育をみんなに

授業をオンラインに移行:難題もあるが、試してみるよい機会

ユネスコが発表:新型コロナウイルスの影響で児童生徒2億9,000万人が登校できず

目標5 ジェンダー平等を実現しよう

日本の女性たちがハイヒール拒否キャンペーン

「ミス・アメリカ」が水着審査を廃止

目標6 安全な水とトイレを世界中に

ブラジル発:水不足は世界的な問題

世界人口の4分の1が水不足の危機に直面


Part2 繁栄 Prosperity

目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

発電部門によるCO2排出量、2019年は2%減少

研究者らが、二酸化炭素を価値ある燃料に変える装置を開発

目標8 働きがいも 経済成長も

女性が経済を主導するとどうなるか

目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう

専門家が提言、大学は研究にもっと投資すべき

目標10 人や国の不平等をなくそう

8人が世界の富の半分を支配する

アメリカの教育者たちが再検討 「黒人の歴史」を学校でどう教えるか

目標11 住み続けられるまちづくりを

世界保健機関(WHO)の調査報告:都市住民の80%が有害な空気を吸っている

大気汚染は高齢者にとって病院受診につながる


Part3 地球 Planet

目標12 つくる責任 つかう責任

食品ロスとの闘いにAIを活用する日本企業

ファッションデザイナーたち、環境保護のために素材を再利用

目標13 気候変動に具体的な対策を

地球温暖化で早まる花粉シーズン

アメリカは「気候変動難民」の保護を検討

目標14 海の豊かさを守ろう

海の健全さが人間の健康にも影響する

目標15 陸の豊かさも守ろう

研究結果:2050年までに外来種が激増することが判明

Part4 平和・パートナーシップ Peace・Partnership

目標16 平和と公正をすべての人に

世界の4人に3人の子どもが暴力を経験

日本の拘置所、有罪判決を待たずに多くを収容

目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

世界23カ国の首脳、「パンデミック条約」制定を支持


今後のワークショップの予定

週1回、土曜日午前10時から90分、定員10名でオンラインでの開催を予定しています。コロナの感染が落ち着いたら、大阪梅田での対面のワークショップも検討してみます。この場合、日時は別途設定します。また参加希望者が多いようでしたら、追加のワークショップを開催します。


オンラインサロン&ゴールド会員、有料ニュースレター購読者は会員価格で参加できます。

参加費

会員-1,300円、非会員-1,900円、回数券(3枚)-5,250円、初回参加者-800円

ブログを始めるなら国内シェアNo.1のエックスサーバー


詳細


質問のある方は、下記からご連絡ください。

グローバル・アジェンダ:問い合わせ
https://www.global-agenda-21c.com/contact


【チケットの発行】


参加申し込みをした方にはGoogle Meetの会議の招待状と設問を送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。

【銀行振り込み】


申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。

https://www.global-agenda-21c.com/contact

【場所】 

オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホ+Gmail アカウントを準備願います)

メインでは以下のオンライン会議システムを使います。

Google Meet (Gmailとリンクしています)
https://meet.google.com/

【注意事項】

できるだけ、マイク付きイヤホンをご用意ください。音が反響せず、聞き取りやすくなります。また、可能であればLANケーブルでつないだ方が通信が安定します。


【オンライン・サロン】


現在、「Global Newsについて語ろう」「WritingCafe」の2つのオンライン・サロンがあります。サロン会員募集中です。詳細は以下からご確認ください。


https://globalagenda.wixsite.com/morningenglish


このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。

【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか?
https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe

参加申込はYahooチケットサイトからになりますが、詳細はnoteで発表します。またPeatixでもイベントのお知らせをしますので、この二つのアカウントのフォローをお願いします。

【HP】   http://www.global-agenda-21c.com/
【note】  https://note.com/globalagenda
【Peatix】 https://globalagenda.peatix.com/


「朝英語の会」@大阪&神戸の過去の活動についてごらんになりたい方は以下のブログ記事でご確認ください。
https://www.global-agenda-21c.com/blog





タグ:SDGs 格差社会

2022年06月03日

ワークショップ「批判的思考力を鍛える」第3回 6/18(土)20:00@オンライン

大学生、研究者、ビジネスマンに必要な批判的思考のためのスキルを最短で学習


まちづくり.png


【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで


先日、初めて開催したワークショップ「批判的思考力を鍛える」。「批判的思考」て、どう使うのか、疑問に思った人は多いのではないでしょうか?先日のワークショップで利用した教材を公開したいと思います。今回も同じ資料を使う予定ですので、参加を希望される方は、ご一読ください。

ポスト・フォーディズムの時代に重要性を増す「批判的思考力」

先日、NHK「マイケル・サンデルの白熱教室2022」を視聴しました。米国・中国・日本のエリート学生達が討論という番組の趣旨ですが、日本人だけ発言量が圧倒的に少なかったことが、とても残念でした。「英語だからではないか」と思う人がいるかもしれません。しかし、東京大学に留学している中国人学生も含めて、中国人は全員英語で発言していましたが、日本人だけは日本語で発言していたので、語学のハンディキャップはなかったはずです。

「マイケル・サンデルの白熱教室2022」再放送予定
https://www.nhk.jp/p/ts/89LY2ZQ6RK/schedule/

投票行動において、各政党が掲げる政策の評価や、情報化社会の中で氾濫する情報を選別するために「批判的思考力」は不可欠です。一方、ビジネスの世界でも産業構造の変化により、エリート層だけでなく、一般労働者に求められる「批判的思考力」も重要性を増しています。

工場で規格品を大量生産して販売する「Fordism」は20世紀後半には終わりを迎えていました。いわゆるポスト・フォーディズム(post-Fordism)&知識経済(The Knowledge Economy)の時代に移行したわけですが、ここで重要な役割を果たすのが批判的思考力です。

post-Fordism
https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/post-fordism

the idea that modern economies are based on service industries, information technology, and products designed for particular needs, rather than on mass production (= producing large numbers of the same product)


急速に進むグローバルな知識経済化への対応は教育界・ビジネス界にとって、喫緊の課題となっています。「批判的思考」のスキルを更に鍛えるため、欧米では多くの幹部候補生が大学院に進学するのが当たり前になっています。海外の有力企業の研究開発部門や調査部では、博士号を持っている人材が多数を占めています。ところが、日本では、中等教育、大学教育、ビジネス界において、批判的思考を十分に理解するために必要な教育を提供していません。日本を取り巻くビジネス環境が劇的に変化している中で、いまだにOJTでこの変化を乗り切れると信じている日本の企業は少なくありません。しかし、上記の番組で見られたように、日本ではエリート教育を受けた人でも、批判的思考を身に着け、それを使える人はごく少数です。

そこで、改めて、批判的思考を獲得するための講座&ワークショップ@オンラインを用意しました。講座で提供される内容は「論文・報告書を書く」「交渉・議論をする」「イノベーション」といった、今後のビジネス、アカデミック界には必須のスキルです。

批判的思考とは何か

2019年「PISAショック」という言葉が教育界を駆け巡りました。2018年のOECDの国際学力調査(PISA)で日本人生徒の「読解力」の成績が前回の8位から15位に急降下したからです。原因はPISAの読解問題が「批判的思考」を問う形式に変化したことが理由のようです。OECDの文書は日本の生徒の読解力の結果を以下のように総括しています。

◆読解力の問題で、日本の生徒の正答率が比較的低かった問題には、テキストから情報を探し出す問題や、テキストの質と信ぴょう性を評価する問題などがあった。
◆読解力の自由記述形式の問題において、自分の考えを他者に伝わるように根拠を示して説明することに、引き続き、課題がある。

OECD 生徒の学習到達度調査2018年調査(PISA2018)のポイント
https://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2018/01_point.pdf

また、今回、日本人の生徒の読解力のテストの成績が芳しくなかった理由は日本の中等教育の指導内容にあると専門家は指摘しています。

PISA「読解力」15位の要因を探る-原因の特定と改善の方向性
https://kokugonote.com/post-5214/

「今回OECD加盟国の平均正答率を日本の子どもが10ポイント以上下回った設問が「読解力」では14題あったが、その中の9題が「評価し、熟考する」ものだった。…読解力低下の主要な原因は、日本の国語の授業のあり方にあると考える。今回特に重視された「質と信ぴょう性を評価する」「矛盾を見つけて対処する」ことを大事にするような国語の授業が、日本ではそもそも極めて少ないということが大きく関わる。」

しかも、教師自身が「これまで文章や作品を評価的批判的に読み、それに基づいて自分の見解を表現するという学習をしてきていない」のですから、事態は深刻です。以下のリンクから、2018年のPISAの読解力問題を見ることができます。

OECD 生徒の学習到達度調査(PISA)
Programme for International Student Assessment
〜 2018 年調査問題例〜読解力問題
令和元(2019)年 12 月
文部科学省 国立教育政策研究所
https://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2018/04_example.pdf

上記の試験には「意見」と「事実」を分ける問題や同じテーマの3つの異なる資料を読み込んで、ある現象の原因について答える、という問題が含まれています。この問題に答えるためには、種類の異なる情報を評価するリテラシー、それらの情報をもとに自己の意見を論理的に述べる「表現力」が必要です。そして、これらの能力は、今後のグローバル社会で生きていく上で、必須のスキルです。この度、新しくこの課題に対応したワークショップを用意しました。

ワークショップ「批判的思考力を鍛える」第3回 6/18(土)20:00@オンライン

以下、ワークショップを2部に分けました。別々に受講することが可能です。

日時: 2022年6月18日(土)20:00〜22:00
場所: オンライン
費用: 3,800円〜 チケット・サイトでご確認ください


[Uniti1]批判的思考力とは何か:基礎編(20:00-21:00)

1. 批判的思考力を鍛えると何が出来るようになるか

2. 批判的思考を実践するプロセス

3. 批判的思考を実践する為に知るべき考え方


[Unit 2]批判的思考力を鍛える実践編1(21:00〜22:00)

資料が多いので、時間が許す限り、内容について参加者と議論します

1. 日本語資料(記事もしくは研究報告)をもとに批判的思考を鍛える

【論壇時評】7月号 公徳心と規律高い「日本モデル」産経新聞論説委員・岡部伸
https://www.sankei.com/article/20200625-EBV72X4QT5JRFP3RS7UX2B2WDE/

「希望出生率 1.8」を いかにして実現するか、明治大学 加藤彰彦@一億総活躍社会に関する意見交換会@官邸 2015年11月 
https://hugepdf.com/download/pdf-5b35f91b40e91_pdf

2. 英語資料(記事もしくは研究報告)をもとに批判的思考を鍛える
日本語への翻訳記事・関連記事も含む

Do Video Games Improve Well-Being?
https://learningenglish.voanews.com/a/do-video-games-improve-well-being-/5666475.html

日本の核武装、ウクライナ侵攻が後押しとなるのか(2022年3月30日)ルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ、BBCニュース(東京)

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-60872497

「核兵器・核開発」をNHK政治マガジン記事で深掘り | NHK政治マガジン

https://www.nhk.or.jp/politics/articles/tags/27/

チケット

以下のYahooチケット・サイトから、もしくは銀行振り込みで、お申し込みください。

ワークショップ「批判的思考力を鍛える」第3回 6/18(土)20:00@オンライン
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01jmtdhgcud21.html


【銀行振り込み】

申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。全ユニットを銀行振り込みでお申し込みの場合、参加費を200円割引します。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。

https://www.global-agenda-21c.com/contact

【参加費】

オンラインサロン&ゴールド会員、有料ニュースレター購読者は会員価格で参加できます。チケットサイトでご確認ください。

質問のある方は、下記からご連絡ください。

グローバル・アジェンダ:問い合わせ
https://www.global-agenda-21c.com/contact

【チケットの発行】

参加申し込みをした方にはGoogle Meetの会議の招待状と設問を送付します。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。

【場所】 

オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホ+Gmail アカウントを準備願います)

メインでは以下のオンライン会議システムを使います。

Google Meet (Gmailとリンクしています)
https://meet.google.com/


【注意事項】

できるだけ、マイク付きイヤホンをご用意ください。音が反響せず、聞き取りやすくなります。また、可能であればLANケーブルでつないだ方が通信が安定します。

オンライン・サロン

現在、「Global Newsについて語ろう」「WritingCafe」の2つのオンライン・サロンがあります。
https://www.global-agenda-21c.com/onlinesalon?lang=ja

このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。

【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか?
https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe

参加申込はYahooチケットサイトからになりますが、詳細はnoteで発表します。またPeatixでもイベントのお知らせをしますので、この二つのアカウントのフォローをお願いします。


【HP】   http://www.global-agenda-21c.com/

【note】  https://note.com/globalagenda

【Peatix】 https://globalagenda.peatix.com/


「朝英語の会」@大阪&神戸の過去の活動についてごらんになりたい方は以下のブログ記事でご確認ください。
https://www.global-agenda-21c.com/blog


【講師】

Dr. Kuniko Shibata
グローバル・アジェンダ 代表
『朝英語の会』梅田&神戸〜The Japan Times 紙記事について議論する, リーダー

【講師の略歴】

The London School of Economics and Political Science (LSE) 博士課程卒業, PhD in Regional Planning. 日本の大学を卒業後、営業職から米国への語学留学、大手外資系企業の役員秘書職を経て、英国の大学院で公共政策(地域都市政策)の博士号を首席(Distinction)で取得。米国のロータリー財団と南オーストラリア州政府からフェローシップを得て、カナダのThe University of British Columbia、豪州のThe University of Adelaideの都市政策研究科に客員研究員として留学。主に国際学術雑誌及び欧米の出版社から研究成果を発表。論文は国際学会での受賞等、海外で高い評価を得ている。過去25年間、国内外で政府、シンクタンク、大学、企業等の依頼を受け、公共セクターのリサーチャー並びにコンサルタントとして政策研究及び市場調査に従事する。都市計画、地域振興、観光/文化、環境/エネルギー、医療/介護福祉、コンプライアンスなど幅広い分野をカバー、白書や政府委員会レポート等の執筆、外国政府・企業関係者との交渉を引き受けてきた。現在は、関西を拠点に政策調査、日本企業の海外展開支援及び調査コンサルティング事業、海外企業の日本市場におけるマーケティング及び販路開拓支援、グローバル人材教育事業を手掛けている。


「論文・レポートの書き方」参考記事

また「論文の書き方」に関しては以下の記事も参考になると思います。

アカデミック・ライティング: なぜ訓練が重要なのか
https://note.com/globalagenda/n/n2589ef5f9d01

【論文の教室】盗用・剽窃に関する注意
https://note.com/globalagenda/n/n3e478782ff05

「論文の自己評価について」【論文の教室】大学生・社会人のためのレポートの書き方
https://note.com/globalagenda/n/n529c7d979be0

大学の役割:研究機関 vs 教育機関
https://note.com/globalagenda/n/n33ec227fe51a

さらににライティングのスキルをアップされたい方は以下のサイトも参考にしてください。

[WritingCafe] 英語論文アカデミック・ライティング・グループ
https://globalagenda.wixsite.com/writing



2022年06月01日

【デモ・ワークショップ】IELTS・TOEFL・ビジネス英語学習者のための英語リーディング・ライティング講座6/11(土)20時@オンライン

大学生、研究者、ビジネスパーソンに必要な英語のリーディング&ライティングのスキルを最短で学習


Issues that matter.JPG



エコノミープラン 詳細はこちら


チケット



【デモ・ワークショップ】IELTS・TOEFL・ビジネス英語学習者のための英語リーディング・ライティング講座@オンライン
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01y1pfznrpd21.html

[銀行振り込み]

下記から振込用紙をダウンロードしてお申し込みください。
https://www.global-agenda-21c.com/contact

英語のスピーキングとライティングのスキルを伸ばしたいと思っている日本人は大勢います。しかし、英会話の訓練を語学学校やオンライン講座で受けても、なかなか上達がみられないと思っている人は多いのではないでしょうか。一方、TOEICで高得点をマークしているから、「英語は得意」だと思っているのに、英語でのアウトプット(ライティング・スピーキング)に苦戦している、そもそも新聞記事をスラスラと読むこともできないと不満を感じている人にも出会います。理由はずばり、英語のリーディング(インプット)とアウトプットの量が圧倒的に不足しているからです。このコースは、仕事や学業で英語を読む必要があったり、メール,報告書、論文他アウトプットの必要がある方のための実践的なリーディング&ライティング講座です。一つの講座で効率的なインプットとアウトプットを実行するための手法を同時に学び、短期間でそれらのスキルを獲得することを目標としています。

【デモワークショップのご案内】

日時: 2022年 6月11日(土)〜 20:00-21:30(90分)

費用: 初回特別価格: 一般 3,500円、 会員 3,000円

下記のテキスト(見本の第1章は無料でHPからダウンロード可)

​Issues That Matter(2018)David Peaty / 川田潤 著
https://www.kinsei-do.co.jp/books/4061/

Unit 1 Goodbye, Maldives 
さらば、モルディブ 「環境」「気候変動」
https://www.kinsei-do.co.jp/bookdata/4061/4061_sample.pdf

上記の章は事前にご一読ください。IELTSのライティング問題は申込者に送付します。

日本の英語教育の改革に先んじて、近年、大学の推薦・AO入試、あるいは帰国生向け入試で英語エッセイや英語面接を入試科目として設定るする日本の大学が増えています。また海外の提携校とのダブル・ディグリー制度を設ける大学も一般的になりました。海外への留学が多くの大学でカリキュラムの一環として取り入れられるなど、英語の発信能力を鍛えることがますます重要になってきています。しかしながら、日本の国語教育の不備により、日本人は英語スタイルの小論文・エッセイを書く技術・物事を分かりやすく口頭で説明する技術、議論により自分の意見を伝え、説得する技術をこれまで学校教育で教わっていません。また、日本の高校で海外の大学で通用するレベルのスピーキング・ライティングスキルを指導できる英語教員はほとんどいないのが現状です。

​これに対して、英語圏では小学校からコミュニュケーションスキルとしての言語(説明する、比較する、是非を論ずる、説得する)を学びます。それゆえに、国語教育における伝えるための英語(書く・話す)は最も重要な科目の一つと言えるでしょう。日本でも大学入試における民間英語試験の導入は先送りになりましたが、英語のスピーキング及びライティングは全ての高校生・大学生、そして社会人にとっても避けて通れない科目となりつつあります。

また、TOEFL, IELTS、英検等の英語の資格試験や海外留学予定者には英語のアカデミック・ライティング並びに正確なスピーキング、ディベートのスキルは必要不可欠なものです。英語圏の大学の授業は事前に与えられた資料を読みこなしたうえで、教師と学生が議論を交わすスタイルの講義が標準です。また、海外の大学への入学願書や英語の資格試験では300-500 wordsのエッセイ(小論文)を書くことを要求されます。学期が始まると、欧米の大学では各科目につき、3,000 words程度のエッセイを年間2―3本提出させられるのが一般的です。

ビジネスの現場においても、英語圏では全てのやり取りを文書化するのが一般的ですので、簡単なメールやレターだけでなく、日本人が考える以上にライティング・スキルはビジネス上必要です。また、英語は日本語に較べて、口語と文語の乖離が少ないので、英語のライティング・スキルの向上と時事問題の理解を深める努力はスピーキング能力の飛躍的な向上に繋がります。

Global Agendaが企画するこのコースではまず、英語で世界のニュースを理解するのに不可欠な現代社会の諸問題について平易な英語(高校卒業レベル)で書かれた記事を資料にスピード・リーディングのスキルの獲得を目指します。講義では海外の英語講座で採用されている辞書に頼らない英語文の読み方と批判的思考力を養うニュースの読み方を学びます。

次に、日本語の作文、コミュニケーション、議論の手法とは大きく異なる英語での議論及び論文執筆のスキルを実践的に学んでいただきます。コースの内容はアカデミックな場面だけでなくビジネスで英語の報告書や議事録、レター等を作成したり、プレゼンテーションをするときにも必要なスキルです。1回限りの参加も可能ですが、受験や留学を控えている方には出来るだけ多くの講座に参加していただきたいと思います。英語の資格試験や入試に頻出するテーマを扱っていますので、受験対策としてして有効なコースです。また,ここに挙げられる数多くの社会問題は実際のビジネスの現場や外国人が集まるパーティでも頻繁に交わされる話題ばかりです。

Global Agenda (旧ITS Global Education Services)は、神戸市産業振興財団の創業支援プログラムのサポートを受け、2014年10月から、関西で新しくグローバル人材教育に関わるコンサルティング及び学習支援サービスの提供を始めました。。Global Agendaは国際社会で活躍できる人材の教育のために、時事問題、小論文、英語を中心とした重点科目の学習を指導します。英語エッセイ・論文のリーディング・ライティングの基礎を学びたいという方のために、私たちは下記のような連続講座を企画致しました。

【ワークショップのご案内】


*1回だけの参加も可

​日時: 2022年 6月11日(土)〜 月2回土曜日 20:00-21:30(90分)、合計15回。予定は調整中

​場所: オンライン 


【費用】​

1回分

サロン会員割引価格 5,500円

早割価格(1週間前迄申し込み)5,800円

通常価格 6,000円

回数券(5回分)は非会員の方は合計金額より銀行振り込みの場合500円割引いたします。

​サロン会員(5回): 26,500円

一般(5回): 27,500円

【講義の内容】


取り上げるテーマは各回違います。教科書の各章(全15章)は「環境」「エネルギー」「資源」「食糧」「格差社会」「IT技術と社会」等、大学受検、TOEFL, IELTSで出題される世界の重要課題に関する1,000〜1,200語の英文エッセイと関連する質問で構成されています。このテキスト内の記事を講義で学習した後、ディスカッションを経て、関連のあるテーマのIELTSの問題に取り組みます。

[Lesson1]テーマに関する講義、ディスカッション(50分)

[Lesson2]テーマに関連する課題のライティング (40分)



【教科書】

Issues That Matter(2018)David Peaty / 川田潤 著
144 pp. 全15章 ISBN:978-4-7647-4061-7
https://www.kinsei-do.co.jp/books/4061/

​テキストのリーディングレベル: TOEIC レベル : 500〜600


​【Contents】


​Unit 1 Goodbye, Maldives 
さらば、モルディブ 「環境」「気候変動」

​Unit 2 Sustainable Communities 
持続可能なコミュニティ「環境」「エネルギー」

​Unit 3 Economic Inequality: the Growing Gap 
経済的不平等−−−−広がる格差 「経済格差」「社会的公正」

​Unit 4 Dilemmas for a Responsible Tourist 
「責任ある観光客」のジレンマ 「観光」「環境」

​Unit 5 Learning from Nature
自然からの学び 「環境」「持続可能な開発」

​Unit 6 We Can’t Live Without Water
水がなければ生きていけない 「資源」「経済格差」

​Unit 7 Protecting World Heritage
世界遺産を守れ 「観光」「環境」「地域振興」

​Unit 8 The War on Sugar
砂糖をめぐる争い 「経済格差」「健康」

​Unit 9 Energy for a Stable Climate
安定した気候のためのエネルギー 「環境」「エネルギー」

​Unit 10 Yasuni: A Dream of the Future?
ヤスニ−未来の夢?「環境」「経済格差」「エネルギー」

​Unit 11 No More Bananas?
バナナが消える?「環境」「資源」「経済格差」

​Unit 12 Closing the Loop
ループを閉じるということ「環境」「廃棄物処理」

​Unit 13 Blowing Whistles
警鐘を鳴らす者たち「社会的公正」「法と社会」

​Unit 14 When It Is Right to Break the Law
法を破るのが正しい時 「社会的公正」「法と社会」

Unit 15 Believe It or Not: the Post-Truth Era
フェイクニュース−−−−「脱真実」の時代 「メディア」「情報社会」

​【参考書】

英語で書く力。70のサンプル・ライティングで鍛える!(2016)
長尾和夫 (著), トーマス・マーティン (著)

英語で話す力。141のサンプル・スピーチで鍛える!(2016)
長尾和夫 (著), トーマス・マーティン (著)

​希望者には後日それを基に書いていただいた英語論文の添削と個人指導をいたします。英語のスピーキングとライティングの集団指導コースも今後連続して開催予定です。遠方の方にはGoogle Meetを利用した講義と添削サービスを提供いたします。


【講師】

Dr. Kuniko Shibata
グローバル・アジェンダ 代表
『朝英語の会』梅田&神戸〜The Japan Times 紙記事について議論する, リーダー

【講師の略歴】

The London School of Economics and Political Science (LSE) 博士課程卒業, PhD in Regional Planning. 日本の大学を卒業後、営業職から米国への語学留学、大手外資系企業の役員秘書職を経て、英国の大学院で公共政策(地域都市政策)の博士号を首席(Distinction)で取得。米国のロータリー財団と南オーストラリア州政府からフェローシップを得て、カナダのThe University of British Columbia、豪州のThe University of Adelaideの都市政策研究科に客員研究員として留学。主に国際学術雑誌及び欧米の出版社から研究成果を発表。論文は国際学会での受賞等、海外で高い評価を得ている。過去25年間、国内外で政府、シンクタンク、大学、企業等の依頼を受け、公共セクターのリサーチャー並びにコンサルタントとして政策研究及び市場調査に従事する。都市計画、地域振興、観光/文化、環境/エネルギー、医療/介護福祉、コンプライアンスなど幅広い分野をカバー、白書や政府委員会レポート等の執筆、外国政府・企業関係者との交渉を引き受けてきた。現在は、関西を拠点に政策調査、日本企業の海外展開支援及び調査コンサルティング事業、海外企業の日本市場におけるマーケティング及び販路開拓支援、グローバル人材教育事業を手掛けている。

【キャンセル・欠席の扱い】欠席された場合は次回あるいは別セミナーに振り替えとします。

【オンライン・サロン& noteゴールド会員について】

現在、オンライン・サロンとnoteサークル「英語で学ぶ大人の社会科」の会員を募集しています。サロン会員とゴールド会員は全てのワークショップに割引価格で参加できます。

【オンライン・サロン会員について】

https://www.global-agenda-21c.com/onlinesalon

「朝英語の会」@大阪&神戸の過去の活動についてごらんになりたい方は以下のブログ記事でご確認ください。
https://www.global-agenda-21c.com/blog

【note】サークル
https://note.com/globalagenda/circle

以下は朝英語の会@京阪神に関する記事を掲載したブログ頁です。これまでに行ったワークショップの詳細や参加者の様子をアップしています。

【Global Agenda​】
https://www.global-agenda-21c.com/blog

「論文・レポートの書き方」参考記事

また「論文の書き方」に関しては以下の記事も参考になると思います。

アカデミック・ライティング: なぜ訓練が重要なのか
https://note.com/globalagenda/n/n2589ef5f9d01

【論文の教室】盗用・剽窃に関する注意
https://note.com/globalagenda/n/n3e478782ff05

「論文の自己評価について」【論文の教室】大学生・社会人のためのレポートの書き方
https://note.com/globalagenda/n/n529c7d979be0

大学の役割:研究機関 vs 教育機関
https://note.com/globalagenda/n/n33ec227fe51a

さらににライティングのスキルをアップされたい方は以下のワークショップも参考にしてください。

[WritingCafe] 英語論文アカデミック・ライティング・グループ
https://globalagenda.wixsite.com/writing

独自SSL 詳細はこちら

タグ:英語学習
ファン
検索
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
グローバル・アジェンダさんの画像
グローバル・アジェンダ
このブログでは様々な人々の努力によって現代にその姿を留め、私たちの暮らしを豊かにしてくれるデザインや建物、風景について綴っていきたいと思います。
プロフィール