広告

posted by fanblog

2016年11月16日

【火ノ丸相撲】マンガ 感想&あらすじ 巨漢ひしめく相撲の世界に挑む小兵の熱き物語

週刊少年ジャンプ。2014年26号より連載中。既刊12巻
作者:川田



あらすじ・概要

通称『ダチ高』と呼ばれる千葉県にある大太刀高校。そこの相撲部は一応活動しているものの、部員はたったの1名、相撲道場は不良の溜まり場、練習場は学校の隅に部長が拵えた土俵という劣悪な環境。そんなひっそりと活動を続けていた相撲部に、1人の小さな新入生が現れた。
力士どころか高校生にすら見えない小柄な体格の1年生・潮火ノ丸。実は小学生時代にこども相撲で日本の頂点を極めた火ノ丸は、その強さから『鬼丸』と呼ばれる実力者だった。ところが、中学に入ったところで体の成長が止まってしまい、今までの相撲がまるで通用しなくなったことで、次第に鬼丸の名を人々の記憶から薄れていった。
しかし、相撲への情熱は一切弱まることなく火ノ丸の心を燃やし続け、表舞台の裏で体と技を鍛え続けた火ノ丸は、再び夢への道を歩み始めるのだった。

主要登場人物

・潮 火ノ丸
主人公。大太刀高校の1年生。将来の夢は大相撲の横綱。小学生時代は他を寄せ付けない実力を誇り、その実績から国宝「鬼丸国綱」の異名で呼ばれていました。中学に入り身長が伸びず不遇の時代を送るが、屈することなく鍛え続け、体格差をものともしない力と足腰の強さを身に付けました。真っ向勝負が信条。曲がったことを嫌う実直な性格、面倒見がよく周囲からは「兄貴」と呼び慕われています。学業の成績も優秀。

・小関 信也
大太刀高校相撲部部長の3年生。周囲から嘲笑われながらも、火ノ丸が入部するまでたった1人で相撲部を守っていた人物。面倒見がよく、優しく穏やかな性格。卑屈で気弱なところもあるが、相撲に対する想いは誰よりも強く、ここ1番での迫力は他校の猛者を怯ませるほど。典型的な相撲取り体系、火ノ丸も認めるほどの足腰の強さを持ちます。

・五條 佑真
大太刀高校の3年生。相撲道場を占領していた不良グループのリーダー。空手の有段者で、ケンカの強さから「ダチ高最強の男」と呼ばれていました。火ノ丸との勝負に敗れ道場を明け渡し、自分の小ささを思い知ったことでプライドを捨て、部長に頭を下げ相撲部への入部を決めます。空手で培った技術を生かし、突きを主体に攻める相撲をとります。意外と繊細な性格。

・國崎 千比路
大太刀高校の2年生。レスリングの日本国体王者。将来の目標は総合格闘技のプロになり頂点をとること。相撲を軽く見ていたが文化祭でのイベントで火ノ丸に敗れ、そのことから相撲を自分の格闘技に取り入れるため入部。類稀な身体能力と格闘技センス、戦った相手の技をも盗む高い観察眼を持ちます。頭で考えるのは苦手。学業の成績も悪いです。

・三ツ橋 蛍
大太刀高校の1年生。気弱な性格、小柄で貧相な体格。運動部に入ったことはなく、これまではバリバリの文科系少年。自分と同じぐらいの背丈しかない火ノ丸が國崎を倒したことに感動し、自分を変えるため入部。技術も力も体もまだまだ伴っていないが、チームの勝利に貢献する1勝をあげるため、日々基礎練習に勤しんでいます。

・辻 桐仁
大太刀高校の1年生。火ノ丸の親友。かつては火ノ丸と共に稽古を励んでいたが、肺に障害を抱えているため20秒程度しか戦えなくなり相撲を断念。関東新人戦後に火ノ丸の力になるため監督として入部。部員の欠点を指摘し、長所を伸ばす練習メニューを考えるなど、サポート役としてダテ高相撲部を支える存在。選手として相撲に関わることは諦めていたが・・・。

・五條 礼奈
大太刀高校の2年生。五條佑真の妹。仕事はしないが生徒会副会長であり、さらに「ミスダチ高」。腹黒だが兄想い。兄がまわしを付け汗を流し相撲をとる姿を「カッコワルイ」と思い廃部に追いやろうと企てたが、佑真や火ノ丸の熱意を受け、次第に相撲への興味を持つようになります。現在はマネージャーとして相撲部へ入部。



【eBookJapan】 火ノ丸相撲 無料で立ち読みできます


感想

小学生時代に相撲で他を圧倒する強さを誇っていた少年が、中学では身長が伸びず屈辱の時代を送るも、屈することなく先を見据えて鍛え続けたことで手に入れた肉体を携え、仲間と共に高校相撲の頂点を目指すため奮闘する物語。
熱血相撲漫画。私が現在注目しているもう1つの相撲漫画『バチバチ』のような大相撲を舞台にした内容ではなく、学生相撲を題材にした作品です。

「これぞジャンプ作品」と称しても差し支えないであろう、今現在では逆に珍しい「友情・努力・勝利」を体現し、読者の心を熱く燃え滾らせてくれる作品です。
私が子供の頃はまだこういった作品を多く目にしましたね。ですが、時代の流れ、読者の嗜好や読者層などの変化・多様性などから、それらしい作品はあってもどこかで変化球を交えたものが増えていったように思えます。別にどちらが良い悪いの話ではないのですが、ド直球で少年漫画の王道を行く作品に出会えると、最近はなんか妙にうれしい気持ちにもなりますね。年かな?

主人公は小柄な高校生力士の潮火ノ丸。大相撲の最高位・横綱になることを目標にしているのですが、「心・技・体」全てを必要とする力士において、彼は最低ラインとも言える「体」に恵まれなかった不遇な少年です。
大相撲新弟子検査では体格検査があり、身長167cm、体重67kg以上という規定を敷いています。肝心の火ノ丸の身長はというと、規定には10cm以上も足りない152cmという高校生にしては小柄すぎる体格。
普通のメンタルの持ち主なら仕方ない、縁がなかったと断念してしまうと思いますが、火ノ丸は足りない部分を補って余りある強靭な「心」の持ち主でした。

検査では通らなくても、まだ1本だけ道は残されていたんですね。高校相撲IHで優勝して「高校横綱」になることで全日本選手権への出場権を獲得でき、そこで優秀な成績を残した者には「幕下付出」が与えられます。それを火ノ丸が目指す理由、幕下付出を有する者はプロ入りの際「体格は不問」という要項があるからです。
険し過ぎる道ではあります。でも、1本だろうと、どんなに細く過酷な道であろうと、まだ歩みを進められる道があるなら進み続けるのが火ノ丸という男です。

火ノ丸は強靭な「心」は持つけど身長不足という「体」に恵まれなかったと書きましたが、彼の熱いところはその「体」を捨てなかったところにあります。
相撲界というのは高校生であろうと100kgを超えるような巨人ひしめく世界。にもかかわらず、彼がとるのはどんな相手であろうと真っ向からぶち当たる横綱相撲です。小兵が巨大な相手を技だけでなく力でも捻じ伏せるという光景、熱くならざるおえないです。
それを可能にするのが鍛えに鍛え抜かれた彼の肉体。中学では公式戦は出場せず、先を見越した強化特訓をこなし続け、そうして手に入れたのが大男をも押し出すパワーを発揮する強靭な肉体と体幹です。今現在は「技」にも磨きをかけ、さらなる成長を遂げています。

主人公のみならず、好感を持てる仲間やライバルたちが多く登場します。不快に思うキャラがあまりいませんでした。最初は不良だった人、卑屈すぎる人、おっかない人、嫌味な人など、登場時こそ不快に思うキャラはいますが、火ノ丸の熱意にあてられて心境を変化させたり、抱えているものがあるからこその態度だったりと、1人1人丁寧にキャラ作りされているのでストーリーが進むにつれ興味が深まる子たちばかり。

ルールが単純だからこそなのか、この作品は漫画の面白さをいかんなく発揮しています。一瞬で勝負が決する相撲、でもその一瞬の中にも多くの攻防があり、その中には熱い想いやこれまで費やしてきた時間も詰まっています。それらを1つの勝負の中にうまく描かれていたと思います
高い画力とバランスの良いコマ割りによって生まれるスピード感と迫力、二転三転する勝負の展開は緊張感もあって素晴らしい出来栄えでしたね。

「面白い!」と自信を持って言える作品。ストーリー展開、キャラクター、取組シーン、どれも読む人の心を熱くさせてくれるものばかりでした。相撲に詳しくない人でも問題なく読めるように、わかり易く簡単な説明・解説も入っているので読み易いと思います。
昨今、実際の大相撲でも日本人力士がようやく優勝を飾れるようになってきて盛り上がり出していますが、この漫画も負けないぐらいの熱さ、面白さを放っています。強大な相手に怯むことなく立ち向かっていく火ノ丸たちの姿、そこから「強さ」とは何なのかを知ることもできるんじゃないかと思います。
是非ともまずは1巻だけでも読んでみてほしいので、お近くの書店にでも立ち寄ったら手にとってみてください。おすすめします。



にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ
posted by ハネ吉 at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5625715
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ハネ吉さんの画像
ハネ吉
とにかく漫画が大好きです。愛してるといっても過言ではありません。どんなジャンルにも手を出しますね。正直、文章力にはあまり自信はありませんが、なるべくうまく伝えられるようにがんばります。ちょっとだけでも読んでもらえたらうれしいです。 ちなみに、甘い物とネコも大好きです。
プロフィール
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
検索
最新記事
リンク集

400,000冊以上の電子書籍を販売していて、マンガの保有は世界最大級。パソコン、タブレット、iPhone/iPod touch、Androidなど幅広い機種に対応。
無料立読もできます。
カテゴリーアーカイブ
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。