2017年03月27日

漫画『さよなら私のクラマー』1巻の感想とあらすじ

『さよなら私のクラマー』1巻の感想。


さよなら私のクラマー
著者:新川 直司
掲載:月刊少年マガジン
1巻発売日:2016年8月17日

突出したサッカーの才能に恵まれながらも、環境に恵まれなかったことで中学時代を輝くことなく終えてしまった周防(すおう)すみれ。しかし、全国でも名を知られる中学3年間競い合ったライバル・曽志崎緑(そしざき みどり)から、「私と一緒にやろう。1人になんてさせないから」と誘いを受ける。
4月、曽志崎は周防が田勢(たせ)という選手に共感してしまったことで、2人はサッカーの強豪校ではなく埼玉県立蕨青南高校へ進学。部員17人、やる気のないボンクラ監督のサッカー部で、これまで1人ぼっちだった周防は、このピッチの中でもう1人の自分と出会うことになった。

サッカーで不遇の中学時代を送った1人の少女と、その少女を誘って同じ高校へ進学したライバル。そこで出会った同じく才能に恵まれながらも実力を存分に発揮することなく中学を終えた少女の3人が、弱小高で仲間たちと日々練習に励みながら奮闘する女子サッカーの世界を描いた物語。
高校女子サッカーを題材にしたスポーツ青春漫画。漫画、アニメ、映画で人気を博した『四月は君の嘘』を代表作に持つ、著者・新川直司さんの連載作品。

サッカーは一応昔やっていたので、現在でも観るのも実際プレイするのも大好きなスポーツ。地元のチームをスタジアムまで応援に行くことも結構あります。
もちろんサッカー漫画も好きなジャンルの1つなので、『キャプテン翼』をはじめ、『BE BLUES!〜青になれ〜』や『ANGEL VOICE』など、今も昔も数多く読んできました。
ただ、男子サッカーは人気の高いメジャースポーツですが、女子サッカーになると日本ではマイナーの部類に入ってしまうため、この題材を扱った作品も極端に少なくなってしまいますね。『マイぼーる! 』は人気もあって面白い作品ですけどやはりまだまだ数は多くないと思います。

その中で登場したのが『さよなら私のクラマー』です。実は同作者さんは以前『さよならフットボール』というタイトルで女子サッカー漫画を描いています。これが素晴らしい作品だったんですが、全2巻という短さで終わってしまったことはずっと残念に思っていました。嬉しいのは『さよならフットボール』が今作と繋がりがあるという点ですね。もちろん前作を読まなくても全く問題なく楽しめ、あくまで前作を知ってる人には嬉しい設定というだけですが、読んでいた方が楽しめるのも確かです。

この作品のメイン登場人物は3名の蕨青南高校女子サッカー部1年生。
1人は高校にあがるまで環境に恵まれなかったことで、突出した才能をいまいち発揮することができなかった周防すみれ。(ポジション:ウィング)スピードと俊敏性に優れ、体幹もしっかりしているようなのでバランスを崩されても動じないフィジカルの強さも有しています。
中学では周防のライバルとして彼女の道を阻み続けていた曽志崎緑。(ボジション:ボランチ)中学では全国3位にまでチームを導き、アンダーの代表にも選出された女子サッカー有力選手。強豪校からの誘いを蹴って、周防と同じ高校でプレイする道を選びました。
最後に、恩田希。(ポジション:MF)この子は前作『さよならフットボール』の主人公。中学では女子サッカー部がなく、男子サッカーに交じってやっていたことで、試合への出場記録はありません。あくまで公式には・・・。それゆえ高い実力はあっても未だ無名。非常に優れたボールコントロール技術を持ち、ドリブル・パス・シュートどれをとっても一級品。
2巻以降の展開にもよりますが、この3名が皆主人公みたいなものだと思います。

サッカー漫画としてのレベルはとても高いと思います。元々画力に関しては申し分ないほど良い絵を描いてくれる作者さん。キャラクターや背景はもちろんのこと、なによりサッカーの動きが素晴らしく、スピード感、力強さ、体の流れなど、違和感ない動きを巧みな描写で描かれていました。戦術に関しても選手の動きに関してもファンタジーな要素はなく、かなりしっかりサッカーを描いている点は好感を持て、興味も深めてくれましたね。
女の子のやりとりも普通に面白いのでサッカーと日常とのメリハリもよくできてたと思います。特に恩田のキャラが面白いので結構笑わせてもらえました。新しくコーチに就任した能美さんに対して、「おばちゃん誰?」でぶち切れさせたシーンは吹いた。
周防にしろ恩田にしろ、ずっとピッチの上で1人だった子たちが、仲間を得ていく展開も青春を熱く感じさせてくれて良いですね。

女子サッカーをとりまく厳しい状況にも切り込んでいます。2011年ドイツ開催のFIFA女子ワールドカップ、かつてその大会で女子日本が世界一を勝ち取ったことによって注目を浴びていましたが、純粋なプロチームの少なさ、安い給料、協会からの整わないサポート環境など、今尚彼女たちが厳しい環境のなかにいることに変わりないのが現状。そういった女子サッカーの現状と未来ビジョンについて真正面から描いているという点だけでも高く評価されてもいいと思ってます。

漫画としてとても良く出来てる作品でした。あまり欠点はなく、コマと絵での表現が見事で、ストーリーも続きが気になる構成。目が放せない試合の流れと迫力をしっかり描き出し、日常でのやりとりも面白かったです。
気になるのは作品タイトル。「クラマー」が何なのかについては、故・デットマール・クラマー氏のことではと巷では囁かれていますね。サッカーをあまり知らない人は「誰?」と疑問に思われるかもしれませんが、「日本サッカーの父」と呼ばれ、かつて東京五輪を控えた日本代表強化のためにドイツから招き、日本サッカーの礎を作ったとされるお方です。実際のところタイトルの意味はまだ不明ですが、そのあたりも今後明らかになってくるでしょう。
長く続いて欲しいですね。なによりサッカーの楽しさが強く伝わってくるところが良かった。続きも追っていこうと思います。


【eBookJapan】 さよなら私のクラマー
 ↑無料で試し読みできます

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ

2017年03月26日

【紹介した作品の新刊発売情報】忘却のサチコ 第9巻 他3作品

2017年3月27日〜4月2日発売予定の新刊。
このブログで紹介した作品や関連作品の新刊情報と、試し読みした作品の感想。


3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 第4巻 2017年3月29日発売

3月のライオンの過去記事はこちら


忘却のサチコ 9 (ビッグコミックス)

2017年3月30日発売

忘却のサチコの過去記事はこちら



ラーメン大好き小泉さん 第5巻 2017年3月30日発売

ラーメン大好き小泉さんの過去記事はこちら



試し読みをして気になった作品もひとつ紹介します。

ウォルテニア戦記(1): HJコミックス

ウォルテニア戦記 第01巻
著者:八木ゆかり
掲載:コミックファイア
2017年4月1日発売


武道に明け暮れる日々を送っていた高校生の御子柴亮真は、ある日突如として異世界へ召喚されてしまった。自分を召喚したオルトメア帝国の術師から、この世界では人を殺めると相手の力を吸収でき、異世界人はその吸収力が高いと聞かされた亮真。帝国が異世界人を捕らえて使役しようと企んでいることを知り、持ち前の武術を生かして帝国の術師と兵士を殺め脱出することに成功した。
追っ手から逃れながら冒険者としての生活を始めた亮真は、盗賊団に囚われていた双子の姉妹を救出し、「法術」の力を持つ彼女たちと主従の契約を結ぶ。この出会いがきっかけとなり、亮真の覇道へと繋がる運命の歯車が動き出す。

剣と法術が支配する戦乱の世界で、異世界転生した1人の若者が2人の奴隷を引き連れ、覇王への道を突き進む英雄譚。
HJノベルスで刊行されている小説『ウォルテニア戦記』のコミカライズ作品です。原作は保利亮太さん、漫画は八木ゆかりさんが担当されています。

戦乱の世界を舞台にした異世界召喚ファンタジーですね。戦記モノ。溢れかえるように次から次へと似たような作品が登場するジャンルですが、その中でも主人公のキャラがなかなか強烈でした。
現代人でありながら、師匠から武術と殺気を向けてくる敵には容赦するなという覚悟を植えつけられているからなのか、敵対する相手を殺めることに一切躊躇がありません。普通ならありえないことなんですが、そのありえなさを面白いと感じられるなら楽しめそうです。逆にそこが許容できないと受け付けられないでしょうね。

これこそが真の俺TUEEEE系なのかも。読める限りの内容では異世界に召喚されたからといって、主人公に特殊なチート能力が備わったというわけではなく、現代で鍛えぬいた武術の腕と切れる頭脳で無双していました。敵対者、外道に対する容赦のなさは、英雄というより魔王と言った方が正しいような気もします。

世界観は剣と法術によって戦乱が巻き起こる殺伐した世界。人や魔物を殺めるたびに、相手の力を少し吸収することができるようで、異世界人は特にその吸収力が高いとのこと。帝国は異世界人を召喚しては使い潰すまで使役するらしく、主人公の亮真がそれに立ち向かっていく流れになりそうですね。

異世界モノは駄作も多いだけに今後の展開次第ではつまらない作品になる可能性も高いんですが、小説の感想を見てみると、この作品は物語が進むにつれ尻上がりに面白さが増していく作品のようですね。
なんだかんだで好きなジャンルなので期待してます。

試し読みはコミックファイアさんの公式サイトで1話から順次公開されています。(こちら

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ







posted by ハネ吉 at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報

2017年03月25日

漫画『BEASTARS』1巻の感想とあらすじ

『BEASTARS』1巻の感想。


BEASTARS
著者:BEASTARS
掲載:月刊少年マガジン
1巻発売日:2017年1月6日

肉食獣と草食獣が共存する世界。ある日、全寮制の高校チェリートン学園で、オスアルパカの生徒・テムが何者かに襲われ、翌日遺体になって発見される。警察の調べにより学園の肉食獣による犯行の可能性があるとされ、肉食獣と草食獣の間には不穏な空気が蔓延していた。
演劇部の美術を担当するハイイロオオカミのレゴシは、亡くなったテムと友人という関係にありながら、いつも以上に異様な言動と行動を見せたことにより、他の部員たちから疑いの目を向けられていた。皆が帰った放課後、メスアンゴラヒツジのテルスは腕時計の忘れ物をとりに稽古場へ戻ると、そこに待ち構えていたかのようにレゴシが現れる。テルスはレゴシが犯人だと思い、自分もテムと同じようにエサとして人生を終えると覚悟しかけたのだが・・・。

多種多様の肉食動物・草食動物が共存する世界で、本能と理性の間で激しく揺れ動くハイイロオオカミの高校生を中心に、学園に通う動物たちの日常を描いた物語。
擬人化した動物たちのヒューマン(?)ドラマ。学園、演劇部での青春群像劇。1話を試し読みしたときから気になっていた作品。

私がこれまでふれてきた動物や昆虫などの擬人化作品というのは、比較的コメディ寄り、又はハートフルな話になる傾向が多かったと思います。『逢魔ヶ刻動物園』や『ズートピア』などがその例で、誰でも気軽に楽しめる内容が良いところですね。
この『BEASTARS』はコメディやゆるい日常を踏まえながらも、結構真面目な人間ドラマを描いています。『ヤスミーン』のようなシビア過ぎる動物社会を描いているわけではなりませんが、理性で本能を抑える主人公を中心とした思春期の動物たちの青春を描くという、動物擬人化であってもあまり見ない斬新な内容になってます。

まず最も興味を惹かれたのは、私たちのような人間は一切存在せず、擬人化した多種多様な動物たちが人間らしく暮らしている独特な世界観。
肉食動物・草食動物という本来なら相容れない喰う喰われる間柄にある両者が、生活圏を分け隔てることなく共存している世界。この世界では肉食動物が草食動物を食べることは重罪としてタブー化されており、メインの舞台となる全寮制の高校チェリートン学園では、怪我をさせただけでも退学処分にされてしまうようです。
かといって肉食動物に肉食の本能が皆無ということではありません。肉食動物たちはその決められたルールのもとで自らの理性をもって本能を抑え込み、この矛盾した社会で一応は互いを認め合って平和に共存しています。

青春群像劇であっても、ただの少年少女たちが思春期特有の悩みや苦悩に葛藤する内容とは違い、上記で書いた自然の摂理に反した矛盾する社会の中で、主に主人公が本能に悩みながら青春を送る姿を描いているところが面白いですね。

主人公のレゴシはイヌ科最大種とされるハイイロオオカミのオス。作中でも大柄の部類に入り、鋭いツメ、尖った牙、大きな顎を持ち、そして異様な雰囲気を放つ主人公です。ちょっと変わった言動・行動によって周囲から誤解を招くこともありますが、実際のレゴシはとても繊細で内向的、静かに暮らすことを望んでいるちょっと不器用なオオカミです。戦闘力と性格が伴わないと言われています。
ただ、そんなレゴシの中にも肉食動物としての本能は確実にあり、自分の内にある悪魔に怯え、必死に戦って抗おうと苦悩することもあります。
犬などと違って本来は生粋の肉食動物ですから、そんな彼の姿によってよりこの社会の矛盾が浮き彫りになってきますね。静かに暮らしたいレゴシと内包する本能、これが今後どうせめぎ合い、向き合っていくのかは楽しみですね。

異世界ファンタジーの様相を帯びてはいても、見ようによっては現実とリンクするとてもリアリティある作品。現実にも今さら口にし辛い社会にある矛盾する点は多く、私たちもその矛盾を許容しながら生活している部分も少なからずあると思います。ただ、本作にあった冒頭の事件によって肉食動物と草食動物の間に壁が生まれたように、社会のためであっても体裁やルールによって無理に抑え込んだものは、何かの弾みで容易に亀裂が生じてしまう恐れも孕んでいますね。
動物であってもてとも人間くさいという特徴もリアルを感じさせる要因。優れたものへの嫉妬や羨望、種族間での軋轢、血統による立場での差別意識やエリート意識。レゴシが本能によって悩み葛藤する姿と同様に、その中での感情表現や心理描写がとても巧みに描かれているので、社会だけではなく個々のキャラへの興味も抱かせてくれました。

ファンタジーだけどリアリティを感じさせる独特な世界観と斬新な設定は見事。深みを帯びていくストーリー展開も読み応えあり、高校生たちの心の機微も巧みに表現されていました。
レゴシが苦悩する自身の本能とどのように向き合い周囲と付き合っていくのか、アルパカのテムを殺した犯人は誰なのかというミステリーも気になるところ。レゴシだけではなく、他の登場人物たちの発露する本能と抑え込む理性との間で否応なく揺れ動く心も目が離せませんね。
ヒューマンドラマが好きな人なら特に楽しめる内容だと思います。早く続きが読みたい。


【eBookJapan】 BEASTARS
 ↑無料で試し読みできます

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ
気になる新作




プロフィール
ハネ吉さんの画像
ハネ吉
とにかく漫画が大好きです。愛してるといっても過言ではありません。どんなジャンルにも手を出しますね。正直、文章力にはあまり自信はありませんが、なるべくうまく伝えられるようにがんばります。ちょっとだけでも読んでもらえたらうれしいです。 ちなみに、甘い物とネコも大好きです。
プロフィール
検索
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事

400,000冊以上の電子書籍を販売していて、マンガの保有は世界最大級。パソコン、タブレット、iPhone/iPod touch、Androidなど幅広い機種に対応。
無料立読もできます。
カテゴリーアーカイブ
ファン