2017年01月24日

漫画『約束のネバーランド』1巻の感想とあらすじ

『約束のネバーランド』1巻の感想。


約束のネバーランド
著者:出水 ぽすか
掲載:週刊少年ジャンプ
1巻発売日:2016年12月2日

年齢も性格も異なる様々な子供たちが暮らしている孤児院・グレイス=フィールドハウス。外とは切り離されたこの孤児院で、血の繋がりはなくても優しい院のママとたくさんいる子供たちは家族として仲良く暮らしていた。
この院にはある決して破ってはいけない規則がある。それは、院にいる限り“外へ出てはならない”ということ。誰も理由は知らないが、自分たちは何かから守られている、そう子供たちは思っていた・・・。
ここでの生活は永遠ではなく、いつかは皆里親の元へ旅立っていくことが決まっている。仲良しのエマ、ノーマン、レイの年長者3人組も、その未来が訪れることに疑いは持っていなかった。しかし、院を巣立つことになった6歳のコニーが大切にしていたぬいぐるみを忘れたため、ママには内緒で後を追ったエマとノーマンは、そこで衝撃の瞬間を目撃してしまい、この院の残酷な秘密を知ることになる。

血は繋がらなくても家族のように幸せな日々を送っていた少年少女たちが、守られていたと思っていた孤児院は自分たちを逃がさない檻であることを知り、待ちうける悲惨な旅立ちを回避するために子供たちが水面下で脱出を画策する話。
かなり本格的なサスペンス要素のある脱獄ダークファンタジー。ジャンプ作品ではあまり見かけない作品ですね。最近良くこの作品の話題を聞くようになり、さらに『こち亀』の秋本治さんが薦めていたことでさらに気になっていたので読んでみました。

表紙から受けた印象、冒頭での無邪気な子供たちの姿に少し油断してしまい、突然の衝撃展開に思わず「え?」と困惑してしまいました。ほのぼのした光景のなかにも普通ではない不気味な空気を感じてはいたんですが、さすがに予想してなかったです。
あのような描写に拒否反応示す人もいると思うのでまず言ってしまいますが、表紙に描かれている子供たちの中の1人が無残にも殺されてしまいます。少し前まで無垢な笑顔で将来の夢を語っていたため、この描写は正直私もかなりきつかったです。そういう類のモノが苦手な人は避けた方がいいかもしれません。

物語の舞台となるのは森と塀に囲まれている孤児院・グレイス=フィールドハウスです。ママと慕われている園長と、年齢、性格、肌の色も違う多くの子供たちが暮らしています。
一見ほのぼのした平和な暮らしにも見えますが、子供たちの首筋につけられた5桁の認識番号、施設を出た子たちからは一切便りが届くことはない、決して敷地内から外へ出てはいけないという規則など、奇妙な点がちらほら見受けられ、1話の時点でここには何かあると予見できます。ただ、あまりにも子供たちが幸せそうに暮らしているため、私の場合はそれほど重い展開は予想しておらず、不自然な点の理由が判明したときはかなり驚かされましたね。
孤児院の子供たちは12歳までには必ず里親の元へ届けられるのですが、真実は孤児院からの「巣立ち」ではなく、「鬼の食料として出荷」だったということが判明。人ではない「鬼」の存在が明らかになりました。孤児院は楽園でもなんでもない、子供たちを食料として飼育するただの「農園」だったわけです。しかもこんな施設がいくつも存在してるとのこと。
幼い子供に突きつけられる真実としては残酷過ぎますね。自分たちが大事に育てられていたのは食料となるため、巣立った家族から便りが来ないのは恐らく既に命を落としているため、そして・・・優しくママと慕っていた女性は鬼の手先だったわけですから。

こんな真実を知ってしまったら、当然素直に食べられるまで大人しくしてられるわけありませんね。
もうじき12歳となってしまう少女エマ、少年ノーマンとレイ。施設の子供たちの中でも特に秀でた能力を有し、鬼から「フルスコア」「上物」と呼ばれている3人組です。彼らが中心となって他のまだ何も知らない幼い兄弟姉妹たちと共に、2ヶ月後の出荷というタイムリミットよりも早く、鬼やママに気取られないよう脱走するための計画を練り始めます。

現状最大の障害となるママとの頭脳戦が繰り広げられるわけですが、どうにも腑に落ちないことばかりでこんがらがってきそうです。
ママも元は施設の子だったようで、エマたち同様その中でも特別優秀な人材だったことは分かるのですが、なら彼女はどうして「上物」として出荷されず30を過ぎてなお生き延びられたのか。それに、彼女は出荷の現場を見られたことに気づいており、それが誰なのかも見当がついてるようですが、出荷を早めるわけでもなく、上層部へ報告するわけでもなく、まったく慌てるそぶりもありません。
より質の高い子供に育てて出荷するため、あるいは鬼に対抗できる子供を育てるためなど予想はできますが、現状では確かなことは言えず、完全に敵とも実は味方だったとも言い難いですね。

先が気になって仕方ないです。エマたちはママの目をかいくぐってどう脱出するのか、ママの思惑は何なのか。さらに、脱獄して終わりというわけではないようなので、外の世界がどうなっているのかも気になるところですね。人の社会が存在してなかったらもう絶望的な気もしますが、個人的な意見ではないというのは考えづらいです。世界が完全に鬼によって支配されていた場合、いかに優秀でも子供たちだけでその状況を打破できるとは思えませんから。
読み返すたびに新たな発見があるので非常に読み応えがあり、衝撃の展開の連続、今後も目が離せませんね。
書きたいことまだまだありすぎて上手く感想まとめられなかったので、脱獄編が終わったあたりでもう1度感想書いてみようと思います。


【eBookJapan】 約束のネバーランド
 ↑無料で立ち読みできます

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ

2017年01月23日

【地球防衛企業 ダイ・ガード】アニメ 感想&あらすじ 社会と企業の現実を描きながら熱さを損なわない異色のロボットアニメ


地球防衛企業 ダイ・ガード
1999年10月放送
全26話
監督:水島精二
原作:XEBEC
脚本:志茂文彦、稲荷昭彦、石川学、他
赤木駿介の声:伊藤健太郎
桃井いぶきの声:平松晶子
青山圭一郎の声:三木眞一郎

あらすじ

西暦2018年、太平洋から謎の大怪獣「ヘテロダイン」が出現。軍は多大な被害を払うも何とか撃退に成功し、事態は一応の収束を果たす。

国連安全保障軍はこの惨劇を防ぐため、対ヘテロダイン用兵器として巨大ロボット「ダイ・ガード」を開発し、ヘテロダインが再び襲来する日へ向け備えを整えてきた。
しかし、最初に撃退したヘテロダイン以降、その後12年もの間敵が出現することはなかった為、ダイ・ガードが本来の役割で運用される機会は1度もなく、現在では民営会社の広報用マスコットロボットとしての扱いを受けていた。

2030年、人類がその脅威を忘れて平和に甘んじていた矢先、沈黙を破ったヘテロダインが突如として熱海に出現した。パイロットの赤木たちは市民を守るため、避難命令に背き、襲い来るヘテロダインへ立ち向かう。

『サラリーマンだって、平和を守れるんだ!!』

登場人物

・赤木 駿介
主人公。25歳。21世紀警備保障企画開発部広報2課に勤務するサラリーマンであると同時に、ダイ・ガード1号機のメインパイロット。正義感に溢れる思い立ったら一直線な熱血漢であり、面倒見が良く意外と気も利く青年。防衛大時代は座学は苦手でも実技は非常に優れ、教官からも一目置かれていました。直情的過ぎるきらいはあるが、人々の平和と幸せを守りたいという純粋な思いの持ち主。

・桃井 いぶき
ヒロイン。20歳。21世紀警備保障広報2課に勤務するOLであり、ダイ・ガード1号機の搭乗ナビゲーターでもあります。高卒で入社しているため、会社では年上の赤木よりも先輩。赤木同様正義感が強く、男勝りなしっかり者で明るい性格。実の父はヘテロダイン災害で亡くしており、現在は母が再婚しているものの、その家庭環境に思い悩んでいます。

・青山 圭一郎
ダイ・ガードの動力機関のコントロールを担当している搭乗エンジニア。赤木とは同期入社。25歳。熱血な赤木とふぶきに対し、比較的冷静。爽やかなイケメンで話術も巧み、女性の扱いも慣れてるうえに残業は一切せず退社するため、プレイボーイと勘違いされることもあります。実際は真面目な性格で入院している母親を毎日看病する好青年です。

・城田 志郎
安全保障軍幕僚本部から戦術アドバイザーとして派遣された監査官。常に冷静沈着で落ち着きがあり、合理的な思考をしているため、正反対の赤木とはしばしば衝突することもあります。ですが、本気でぶつかりあってきたことで徐々に感化され、突っ走り気味な彼等のサポート役にまわることになっていきます。

・大河内 伝次郎
21世紀警備保障社長。最初のヘテロダイン出現の際は安保軍の少佐として作戦に関わり、その戦いで右眼を失っています。当時の軍のやり方に疑問を持ち、軍を離れて21世紀警備保障を立ち上げ、ダイ・ガードの運用を始めます。赤木たちの行動に理解を示す頼れる存在。


感想・見所

突如現れ人類の脅威となった大怪獣に対抗するため巨大ロボットが開発され、それを運用する民間警備会社で普段はサラリーマンやOLとして従事している人たちが、家族や親しい人のため、人々の平和と幸せのために戦う姿を描いた物語。
90年代後半に製作された少し風変わりなロボットアニメ。後に『鋼の錬金術師』や『機動戦士ガンダム00』を手がけている水島精二さんが監督を務めています。漫画版と小説版も刊行されています。

もう15年以上前の作品ということもあり、アニメ好きでも観たことある人はそれほど多くはないと思われるマイナー作品です。私もたまに利用している動画配信サービスのリストを漁ってるときに偶然見つけ、大した期待も抱かずなんとなく試しに観たら意外と面白かったというのが経緯です。
たまたま当たりを引いた喜びのせいで大袈裟になってるのかもしれませんが、個人的には隠れた名作なんじゃないかと思ってます。

リアルロボットアニメと言えば『ガンダムシリーズ』や『マクロスシリーズ』、あと『ボトムズ』当たりを思い浮かべますが、このダイ・ガードはそのどれと比べても一風変わっており、違う方向性でリアルを追求した設定を敷いています。私が知るなかで近い作品を挙げるなら『機動警察パトレイバー』、最近では『アクティヴレイド』が多少それらしさのある作品だと思います。
迫力ある戦闘描写を観たいのなら、はっきり言って上述で上げている別のロボットアニメの方が断然楽しめると思いますが、ロボットを運用している人たちの作業風景や人間模様に関してなら、ある意味随一と言っていいレベルの濃さを見せていますね。

簡単に言ってしまえば、これは人類の存続を脅かす脅威から世界を守るアニメ。そのあたりの設定はヒーローもの、ロボットものでは特に珍しくもない方向性ではありますが、特徴としては主人公たちダイ・ガードを運用している人たちが属しているのは軍ではなく、無用の長物となっていたロボットを買い取った民間の会社だというところですね。なので、赤木たちパイロットの3人もサラリーマン、OLとして普段は勤務しています。
もちろん軍は存在しますし、そちらはそちらでヘテロダインへ対抗するため様々な手段を講じ、この緊急時にダイ・ガードを民間に持たせていいものかという当然の展開もあることにありますが、メインはあくまで会社に勤めるサラリーマンたちの戦いです。

普通のロボットアニメの場合、なんといっても迫力ある戦闘シーンが最大の見所となるはずなんですが、この作品そこに至るまでが非常に面倒くさい。出撃までに時間が掛かり 出撃できても本格的に戦うまでにまた時間が掛かってしまいます。
軍なら緊急時の特例なんかでそれなりにスムーズに出撃できるところ、民間の会社ということもり、会議を開いてお偉方の各種手続きを整えなければいけないというなんとも言えないグダグダ感。民間なのでその運用予算については確かに深刻な問題であり、下手なことして会社の印象を悪化させるのも死活問題という、その辺妙に生々しいやりとりを繰り広げていましたね。それが顕著に現れるのは序盤くらいですが、実際に民間会社が巨大ロボットを運用していたらこうなるかもしれないというリアリティは感じられます。
出撃できたとしても市民の避難誘導にそれなりの時間を割き、完了してようやっと戦闘。戦闘終了後には破損についての大量の始末書という新たな敵も立ちはだかります。
普通なら省くかあっさりした描写で流すところに力を入れた作風は面白いですね。シビアな問題に頭を悩ませるリアル感は見事だと思います。

さて、いかに戦闘までに面倒くさいあれこれがあるとはいえ、ヒーローロボットアニメの完成度を高めるためにも戦闘シーンは当然重要なファクターとなります。ですが、序盤のダイ・ガードは弱すぎるため、あれを目の当たりにしていたらとてもじゃないけど命を預ける気にはなりません。
長年マスコット扱いされていたため装甲はハリボテ、武装はなく、組み立てはクレーン、はっきり言ってしょぼい。戦闘後はボッコボコに凹んでましたね。ロケットパンチというのは強力なジェット推進力で腕を撃ち出すものだと思うんですが、そんな武装は当然なく、赤木はダイ・ガードの腕をもいで振りかぶって投擲という滅茶苦茶のロケットパンチを生み出しています。
しかし、物語が進むにつれ段々と武装は強化され、クレーンでの作業もなくなり、かっこよく立ち回れるまでにダイ・ガードは成長を遂げていきます。まさか人の成長よりもロボットの成長に感慨深い思いをさせられるとは予想してませんでした。ただ、正直言いまして、最初のグダグダで泥臭い感じも嫌いではないというか、むしろあれこそがダイ・ガードなのではとさえ思ってしまっています。

事務作業や各種手続き、保障など、ジビアな現実を描いてはいても、やはり熱いロボットアニメでした。ダイ・ガードの成長もさることながら、ぶつかり合っていた者同士が互いを認め合い共に敵へ立ち向かったり、戦う理由に思い悩みながらも家族への想いを胸に再び乗ることを選んだりと、登場人物たちの人間ドラマもこの作品を熱くさる大きな役割を果たしていたと思います。
また、OPとEDも素晴らしく、特にEDテーマの『走れ、走れ』は哀愁ある曲調と遠藤響子さんの歌声がほんと素晴らしかったですね。
パイロットだけが戦っているわけではなく、動かすだけでも様々な人たちが関わっており、敵を倒した後にもまた別の形で奮闘している人たちもいる。ロボットだけでも、パイロットだけでも、整備する人たちだけでもロボットを動かすことはできず、どれか1つだけではなく様々なパーツが揃って初めて真の力は発揮されるということに改めて気づかせてもらえました。
他にはない魅力があるロボットアニメ、面白いのでよければ観てください。




にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ
posted by ハネ吉 at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2017年01月22日

【紹介した作品の新刊発売情報】宇宙兄弟 第30巻 他4作品

2017年1月23日〜1月29日発売予定の新刊。
このブログで紹介した作品や関連作品の新刊情報と、試し読みした作品の感想。



宇宙兄弟 第30巻 2017年1月23日発売

宇宙兄弟の過去記事はこちら 



スミカスミレ 第8巻 2017年1月25日発売

スミカスミレの過去記事はこちら



群青にサイレン 第4巻 2017年1月25日発売

群青にサイレンの過去記事はこちら



試し読みをして気になった作品もふたつ紹介します。



とんがり帽子のアトリエ 第01巻
著者:白浜 鴎
掲載:モーニングKC
2017年1月23日発売


仕立て屋を営んでいる母と城から離れた小さな村で暮らしているココは、魔法使いに憧れを抱いている女の子。魔法使いには生まれつき素質を持つ者しかなれず、普通の人はその恩恵を受けるのみだと教えられていたのだが、ココはどうしても諦めきれずにいた。
ある日のこと、村に魔法使いのキーフリーという男が訪れ、ひょんなことから決して見てはいけないと言われていた魔法をかける瞬間を目撃してしまったココ。そのことで魔法使いの秘密を知ったココは、自分でも魔法を試してみることにしたのだが・・・。

魔法使いに憧れを抱き、その秘密を知ってしまった少女に訪れる絶望と希望の物語。純粋な王道ファンタジー作品ですね。

とても良い雰囲気の世界観。この世界には魔法が溢れており、それは人々の生活を助け、魔法はなくてはならない便利なものになっていますが、その仕組みは解明されていない・・・と、一般の人々には伝えられているようです。しかし、実際は特別な道具と魔方陣の形さえ知っていれば誰にでも使えてしまうものであり、それは魔法使いにとって「絶対の秘密」とされているため、知ってしまった者の記憶は消されてしまいます。
子供の頃に夢みた絵本の中の世界みたいでした。洗濯で汚れた泉もかけられている魔法によって一瞬で澄んだ水に浄化され、空を飛ぶ馬車も存在するなど、魔法が生活のなかに溶け込んでいる夢のような世界です。

主人公のココは金髪の可憐な明るい少女です。黒髪の母親とはあまり似てないですね。父親は不明。
幼い頃にいかにも怪しい謎の人物から、魔法を使うための道具と魔法陣が描かれていた絵本を手に入れています。本人はそれがどういう用途のものかは知らずに持っていましたが、キーフリーの魔法を使う瞬間を目撃したことで仕組みを知ることになり、念願の魔法を使うことができて大喜びです。
喜びのあまり何の魔法かも分からずに魔法陣をいくつも描いてしまうんですが、案の定危険な魔法を発動させてしまい、ココを絶望させることが起きてしまいます。

しかし、訪れたのは絶望だけではなく、キーフリーの申し出から憧れの魔法使いになることを薦められ、起こしてしまった問題を解決するためにこれから魔法を学んでいくことになります。

このファンタジーな世界を描く作者の高い画力が素晴らしいですね。しっかりした線で描かれた精緻な絵は美しく、自然の風景は幻想的で静謐な空気を醸し出し、コマごとの背景も丁寧にしっかり描き込まれているので絵だけでも楽しめます。キャラクターの表情も豊かなので特にココは見ていて楽しいです。流麗な絵が物語の魅力を何倍にも引き上げており、世界観にも引き込む大きな役割を果たしていると思います。

続きを読みたくなる良くできたストーリーと、もっと見たいと思わせてくれる素晴らしい絵、とても良かったです。生まれや才能だけではなく、諦めずに抱き続けてきた強く純粋な思い、そして努力によって道を切り開いていくココの姿を見せてくれそうですね。

試し読みはモーニングさんの公式サイトで1話を配信しています。(こちら)



学園塔に魔女はオドる 第01巻
著者:シバ ユウスケ
掲載:ビッグガンガンコミックス
2017年1月25日発売


多くの魔法使いを輩出してきた伝統ある名門魔法学園・ネムリスピカ。魂が宿る学園の意志により選ばれた新入生のルッカ=トドリは、良いことが起きた後には悪いことも起こるというネガティブな考えの持ち主だが、どんなときも明るい前向きな性格でもあった。
選ばれた時点で入学できると思っていたルッカだったが、学園では基礎能力不足により淘汰される事例が増えたため、「狂騒の森」と呼ばれる危険地帯を抜けた者だけが入学を認められる最終試験に挑むことになった。しかし、ルッカはある大きな問題を抱えていた。それは、魔法学園に選ばれたにも関わらず、魔法が使いえないということ・・・。

感情が魔力になる世界を舞台に、前向きだけどネガティブな主人公をはじめ、愉快な魔法使いたちが送るちょっとおかしなマジカルファンタジー。
ギャグ要素強めのかわいいファンタジー漫画です。

魔法使いが普通に存在する世界の物語です。魔法を使うにはNP(ネガティブパワー)と呼ばれる魔力の源を必要とし、NPは「感情」の高ぶりによって生まれるとのことです。
1人に1つ魔法発動に必要なNPは決まっており、「喜」「怒」「哀」「楽」や「羞恥心」「寒い」など、NPを生む感情はそれぞれ異なります。
ちょっと面白い設定ですね。羞恥心がNPの娘は魔力を貯めるためにあえて恥ずかしい行動をとったり、母性がNPの場合は動物なんかを可愛がったり、怒りの場合は常に何かに怒るなどして魔力を補充してるようです。

主人公のルッカは1話終盤まではNPが判明しておらず、魔法を使うことができなかった少女。この辺もある意味お約束の設定と言えますね。彼女のNPとなる感情は「自信」だったわけですが、前向きだけどネガティブな性格が見事に災いしてます。

カワイイ登場人物たちはみんなノリが良く、ギャグもなかなか面白くてクスっと笑え、テンポも良いので安心して読めます。シリアス展開はほとんどありませんでした。
ほのぼのしたファンタジー作品を楽しみたい人には良い漫画だと思います。私は結構好きですね。

試し読みはニコニコ静画さんのサイトで1話と他数話配信しています(こちら)

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ







posted by ハネ吉 at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報
気になる新作




プロフィール
ハネ吉さんの画像
ハネ吉
とにかく漫画が大好きです。愛してるといっても過言ではありません。どんなジャンルにも手を出しますね。正直、文章力にはあまり自信はありませんが、なるべくうまく伝えられるようにがんばります。ちょっとだけでも読んでもらえたらうれしいです。 ちなみに、甘い物とネコも大好きです。
ブログ
プロフィール
検索
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事

400,000冊以上の電子書籍を販売していて、マンガの保有は世界最大級。パソコン、タブレット、iPhone/iPod touch、Androidなど幅広い機種に対応。
無料立読もできます。
カテゴリーアーカイブ
ファン