2017年06月22日

えっ マジで! 11月に発売される「Star Wars バトルフロント II」は何と前作の3倍のコンテンツが詰め込まれダブルブレードライトセーバーの使い手「ダースモール」も登場するみたい(゜o゜)

少し前にスター・ウォーズ エピソード6とエピソード7の間を描いた「Star Wars バトルフロント II」が11月に発売されるとご紹介しましたが容量も本当に凄く前作「Star Wars バトルフロント」の3倍のコンテンツが詰め込まれている驚異的な「Star Wars バトルフロント II」 後、「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」だけしか映画では姿を見せなかったダブルブレードライトセーバーの使い手「ダースモール」も「Star Wars バトルフロント II」では活躍するようなので「ダースモール」ファンの方は是非とも「Star Wars バトルフロント II」をプレイし「ダースモール」は一体どのような活躍をするのか目に焼き付けましょう(^O^)

Star Wars バトルフロントII: Elite Trooper Deluxe Edition PS4限定版

価格:8,678円
(2017/6/11 10:21時点)



Star Wars バトルフロントII PS4版

価格:7,160円
(2017/6/11 10:21時点)



Star Wars バトルフロント II: Elite Trooper Deluxe Edition XboxOne限定版

価格:8,678円
(2017/6/11 10:22時点)



Star Wars バトルフロント II XboxOne版

価格:7,160円
(2017/6/11 10:22時点)




2017年06月18日

正式発表され姿を現した「Xbox One X」のスペックがもうヤバすぎ! 「PS4 Pro」とスペック比較すると\(◎o◎)/!

とうとうマイクロソフトから「Xbox One X」が正式発表されましたがスペックがとんでもない事になっています 今現在で最強ゲーム機といえばソニーの「PS4 Pro」ですが何と「Xbox One X」はそのPS4 Proを大幅に上回るモンスターマシン まず、CPUを比較すると2.1GHzの8コアを持つ「PS4 Pro」に対し「Xbox One X」のCPUは2.3GHzの8コア 今マイクロソフトの中で最強である「Xbox One S」だと1.75GHzの8コアだったのでCPUだけ見ても「Xbox One X」の最強ぶりが見えます 後、RAMも「Xbox One X」が本当に凄い事になっていまして「PS4 Pro」や「Xbox One S」が8GBだったのに対し「Xbox One X」は何と12GB もうどんだけ「Xbox One X」って凄いのと思わせてくれる最強ゲーム機ですがソフトは従来の「Xbox One」および「Xbox One S」とは100%の互換が可能なのも「Xbox One X」の魅力的な所 「Xbox One X」はあくまで「Xbox One」の最上位モデルという位置付けなので「Xbox One X」専用ソフトを出す予定もないみたいですし「Xbox One」の周辺機器もそのまま「Xbox One X」で使えてしまうのも何とも嬉しい「Xbox One X」 価格は日本で5〜6万円程度になると予想され現段階では最強である「PS4 Pro」を大きく上回るスペックに仕上がった「Xbox One X」ですのでスペックオタクだったら間違いなく興味をそそる「Xbox One X」 もうマイクロソフトの本気度がヤバいです(^O^)


2017年06月13日

あの謎が明らかに? スター・ウォーズ エピソード6とエピソード7の間を描いた「Star Wars バトルフロント II」が11月に発売♪

「Star Wars バトルフロント」の舞台といえばスター・ウォーズ エピソード4〜6の時代を描いたゲームになりますがとうとう30年以上にまたがる月日 スター・ウォーズ エピソード6とエピソード7の間を描いた「Star Wars バトルフロント II」を発売する事を「Star Wars Celebration 2017」で発表 スター・ウォーズは本当に奥が深いストーリーなので映画だけでは描けなかったエピソード6とエピソード7の間を「Star Wars バトルフロント II」で体験できるのは本当に嬉しい事ですし今回の「Star Wars バトルフロント II」はこれまでのバトルフロントとは違い様々なカスタマイズ要素が搭載でこれまで以上の戦略のある戦闘が可能 さらにはプレイヤーキャラクターのカスタマイズも非常に豊富になっているらしくストームトルーパーやドロイドでもプレイを重ねることでレベルアップ 新しいスキルなどを得る事が可能みたいなのでもうスター・ウォーズファン、 バトルフロントファンなら絶対にプレイしなければ後悔するような今回の新作「Star Wars バトルフロント II」 発売するハードはPS4とXbox One PS3など古いハードには非対応みたいなので買われる際は注意してくださいね(^O^)

Star Wars バトルフロント II: Elite Trooper Deluxe Edition 【限定版同梱物】エリートオフィサー・アップグレードパック他3点セット、「Star Wars バトルフロント II」に最大3日間の先行アクセス、Star Wars バトルフロント II: The Last Jedi Heroes 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】スターウォーズ オリジナルポスター (2種セット) 付

新品価格
¥10,584から
(2017/5/11 12:22時点)



Star Wars バトルフロントII 【予約特典】Star Wars バトルフロント II: The Last Jedi Heroes 同梱

新品価格
¥7,100から
(2017/5/11 12:23時点)



Star Wars バトルフロント II: Elite Trooper Deluxe Edition 【限定版同梱物】エリートオフィサー・アップグレードパック他3点セット、「Star Wars バトルフロント II」に最大3日間の先行アクセス、Star Wars バトルフロント II: The Last Jedi Heroes 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】スターウォーズ オリジナルポスター (2種セット) 付

新品価格
¥10,584から
(2017/5/11 12:23時点)




Star Wars バトルフロントII 【予約特典】Star Wars バトルフロント II: The Last Jedi Heroes 同梱

新品価格
¥7,100から
(2017/5/11 12:24時点)





2017年06月08日

7月13日発売予定「Newニンテンドー2DS LL」の本体重量がヤバすぎ! 「Newニンテンドー3DS LL」と比べると(゜o゜)

2017年7月13日に発売予定とされている「Newニンテンドー2DS LL」この機種は一見「ニンテンドー2DS」の画面を大きくしただけのモデルと想像してしまいますが実は、「Newニンテンドー3DS LL」の2D機能以外はほぼ一緒 折り畳み構造やnew3DSで増えたボタン類 もちろんNFCも備えたモデルとなっていますので「ニンテンドー2DS」のように別売のNFCリーダー/ライターを用意しなくても「Newニンテンドー2DS LL」本体だけでamiiboを使用する事ができちゃう「Newニンテンドー2DS LL」後、本体重量も「Newニンテンドー3DS LL」より軽量化されていまして「Newニンテンドー3DS LL」は約329gだったのに対し「Newニンテンドー2DS LL」の本体重量は何と約260g 長時間プレイする際は特に絶対本体重量が軽い方が楽にプレイできますので機能だけでなく本体重量にも非常に注目な「Newニンテンドー2DS LL」3D機能を使わないのであれば絶対買いの機種ですよ(^O^)

Newニンテンドー2DS LL ドラゴンクエスト はぐれメタルエディション





2017年06月03日

ほぼ発売は確定? ニンテンドークラシックミニの次はスーパーファミコン版のミニを発売するかもしれません(゜o゜)

ニンテンドークラシックミニといえば人気が爆発しすぎて一旦生産終了という事態が起こりましたがまたまた任天堂はニンテンドークラシックミニと同様かそれ以上の人気が爆発しそうなハードを年末に発売するかもという噂が流れています それがスーパーファミコン版のミニ スーパーファミコンといえばファミコンを大きく上回る容量やグラフィック性能を持ったハードですし何といってもファミコン同様、様々な名作を生んできた任天堂を代表する神ハード そのスーパーファミコンがニンテンドークラシックミニ同様ミニとなり任天堂が発売するかもと言われていますのでこれはスーパーファミコンを愛してきた方にとってヤバすぎる情報です(^O^) 任天堂がスーパーファミコン版のミニを出す場合はニンテンドークラシックミニ同様、30種類ものゲームを内蔵し価格は多少ニンテンドークラシックミニより高くなるかもしれませんがそれでも1万円未満で買えちゃう激安ハードとなること間違い無しだと思いますので本当に発売するかもと言われている年末が待ち遠しい 是非スーパーファミコン版のミニの発売を実現してほしいですね(^O^)

【中古】スーパーファミコンハード(箱説無し) スーパーファミコン本体(箱・説明書無し) (箱説なし)

価格:4,140円
(2017/4/30 06:29時点)





2017年05月29日

シリーズ最強の爽快感を実現する「ステートコンボシステム」が採用♪ オープンワールド以外でも「真・三國無双8」は本当にヤバい仕上がりです(^O^) 

前回のブログで無双シリーズ最新作「真・三國無双8」はこれまでのステージ形式とは違い中国大陸を広大な一枚のマップとして使われたオープンワールド形式が「真・三國無双8」に初めて採用されこれまでの無双シリーズとは違う自由度 戦略を持って戦えるとご紹介しましたが「真・三國無双8」はその他にも無双シリーズ初のシステム「ステートコンボシステム」が採用された事にも非常に注目すべきところ 「ステートコンボシステム」は周囲の状態によってコンボが変化するシステムで打上、転倒、エリアルフロー等を組み合わせ吹飛トリガー→ドライブフローなど多彩な事もできてしまうのが「真・三國無双8」 これまでの無双シリーズとは随分アクションシステムが変わっているようなので間違いなくシリーズ最強といえる「真・三國無双8」 後、キャラクターデザインも三國無双らしい落ち着いた感じになったのも自分にとって嬉しいポイントなので「真・三國無双8」は絶対買わないと後悔する無双シリーズだと思いますので早く発売日を発表してほしいなぁ(^O^)

週刊ファミ通 2017年 5月 25日号 / ファミ通 【雑誌】

価格:500円
(2017/5/21 10:22時点)









2017年05月24日

もうこれまでの無双じゃない♪ 「真・三國無双8」は何とオープンワールドとなり広大な地形で戦いが繰り広げられます(^O^)

無双シリーズといえば1つの地形が広いものの行ける場所が限られているのがこれまでの無双シリーズでしたが何と無双シリーズ最新作「真・三國無双8」はこれまでの常識を大きく覆し何と中国大陸を広大な一枚のマップとして GTAのようなオープンワールド形式で戦いが繰り広げられるようになりました♪  オープンワールド形式になるとこれまでの無双ではできなかった広大な中国大陸の冒険ができるようになり中国三国時代をこれまで以上に体験する事が可能になった「真・三國無双8」 では、戦闘はこれまでの無双シリーズと比べ変わるのか? オープンワールド形式になるとこれまでの無双シリーズとは桁違いの様々な戦略を持った攻略が可能になり正面から突破するのはもちろん オープンワールドの地形を利用し高所から奇襲 昼夜・天候もリアルタイムに変化するシステムが採用されていますので夜間に単身潜入するという事も可能になった無双シリーズ最新作「真・三國無双8」 オープンワールド好きである自分にとって今回の「真・三國無双8」は本当に神作 今回の無双シリーズはヤバいくらいの凄いこだわりを持って作られた無双シリーズと思いますので無双シリーズが好きな方はもちろん 無双シリーズをやらなくなった方も是非プレイしてほしい「真・三國無双8」です(^O^)

↓こちらの週刊ファミ通2017年5月25日号に詳細が載っているので興味がある方は是非入手しましょう(^O^)

週刊ファミ通 2017年 5月 25日号 / ファミ通 【雑誌】

価格:500円
(2017/5/21 10:22時点)




2017年05月19日

何と「PS Now」はPS4ソフトにも対応! ノートパソコンでPS4ソフトを遊べる時代が\(◎o◎)/!

少し前のブログでプレイステーション3のソフトなどをパソコンでプレイする事ができるクラウド型のゲームサービス「PlayStation Now」についてご紹介しましたが何と「PlayStation Now」はプレイステーション3のソフトだけでなくプレイステーション4のソフトにも対応していくみたいです もちろん、「PlayStation Now」でプレイステーション4をプレイする際でもプレイステーション4本体やソフトは不要 パソコン1台があるだけでプレイステーション4をプレイできるみたいなので本当に「PlayStation Now」のサービスヤバすぎます 後、コントローラーもPC用を使う訳では無くプレイステーション4純正コントローラー「DUALSHOCK 4」、プレイステーション3純正コントローラー「DUALSHOCK 3」が使えるみたいなので操作性を気にせず思う存分PCでプレイステーション3のソフトやプレイステーション4がプレイできるので本当に凄い時代が来ちゃいました(^O^)

2017年05月15日

この情報は本当? プレイステーション5が何と来年に発売予定と米メディアが報道(゜o゜)

プレイステーション4といえば今でもバリバリ現役で使えるハードですが上位モデルでハイスペックであるプレイステーション4 Proなども誕生しまだまだソニーのプレイステーション4の時代は続くと思っていたのですが米メディアが何とプレイステーション5を2018年発売予定 来年にプレイステーション5が発売されるという情報が流れ今ネットなどではとんでもない事になっています(゜o゜) でも、まず疑問に思ってしまうのがプレイステーション5は本当に2018年に発売するのか プレイステーション4が日本で発売したのが2014年ですのでちょっとプレイステーション5が発売されるのは早すぎると思ってしまいますがソニーの新たな考えでプレイステーション5を早めに発売するという考えもありますし う〜ん プレイステーション5は本当に来年 2018年に発売するのか注目ですね(^O^)

PlayStation4 ジェット・ブラック 500GB

価格:32,378円
(2017/5/6 06:05時点)
感想(45件)




2017年05月11日

ゲーム機とソフトは不要! ノートパソコンだけでPS3ソフトが楽しめるサービス「PS Now」がヤバすぎ(゜o゜)

先月から始まったゲームサービス「PlayStation Now」がとんでもなく凄いサービスなので紹介したいと思います この「PlayStation Now」は名の通りプレイステーションのソフトなど楽しめるサービスなのですが何と、パソコンがあればプレイステーション本体やソフトは不要 さらに、「PlayStation Now」はプレイステーション3のソフトも楽しめるサービスで何と、ノートパソコンでもプレイステーション3などのソフトが楽しめちゃうというとんでもないサービスです でも、何でプレイステーション本体やソフトを用意しなくてもパソコンだけでプレイステーションのソフトを楽しめるのかと言うと「PlayStation Now」はダウンロードしてプレイするスタイルではなくサーバー上でゲームを実行し、その画面をストリーミング形式でパソコンの画面に表示することでゲームが楽しめるクラウド型のゲームサービス なので、ゲーミングパソコンのような高スペックなパソコンを用意しなくても楽しめるみたいですしノートパソコンでもプレイステーション3のソフトをプレイ可能みたいなので本当にこのサービスヤバすぎます(゜o゜) 


人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ
にほんブログ村
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
楽天 PS3アクションランキング