ファン
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

2017年02月20日

「団地」(映画)の宣伝をします。

 映画のテンポは、全くの昭和です。それに耐えて、見ていくと、面白い発見があります。私の場合は、へその緒。これからも大切にしょうと思いました。昭和の頃には、登場した団地のおばさんは、あちこちにいました。少しお節介焼きな人々に憧れや、懐かしさを感じました。SFコメディ映画。良いですよ。映>画わーい(嬉しい顔)CD
タグ:コメント

2017年02月19日

「新幹線を揖宿まで!」

結構気に入っている政策。九州新幹線の南下政策。鹿児島中央駅、の次が喜入駅、そして、指宿駅、この順番で、南下策をJR九州に提案する。どうかなぁ。バス新幹線新幹線新幹線新幹線新幹線
タグ:政策

人口四万人を割ったら。「人口五万人の指宿市」を目指して指宿市議に立候補しょうかな。

でも、一万人も人口を増やそうと考えたら。昔、揖宿ゆかりの地。旧揖宿郡の方々に頭を下げて、揖宿に戻ってきて下さいとお願いする。そして、シン市「揖宿郡市」と命名する。これで、5万の人口越えれる。何か問題ありますか。いい気分(温泉)晴れひらめき
タグ:政策

2017年02月18日

「親の膝は二つ」

指宿市の人口も減りっぱなしですが、どこの自治体も人口減少問題が、解決を急ぐ必要がある問題です。フェイスブックの投稿物に興味深い物がありました。紹介しておきます。「親の膝は二つ、子供は三人以上いないと民族は滅亡する」と高度経済成長ど真中の政治家「田中角栄」さんが、おっしゃっていた。と大坂佳巨さんのフェイスブックにありました。そして、子どもの頃から2つの膝を取り合い、喧嘩する大切さ、生存競争にも似た、家庭環境が、子供の確かな成長には必要である。何をいわんや、この少子化時代に政治に、政治家に求められるものは。そう言えば、昨日、夕食に友だちと行った、焼肉店の娘さんが、七人の侍ならぬ、七人兄妹とのことで話が弾んだばかりでした。357右斜め上
タグ:コメント

2017年02月14日

創立95周年の指宿高等学校

私が卒業した、指宿高等学校は、今年、95周年を迎える、伝統高校です。創立以来、二万人を超える有為な人材を社会に輩出。卒業生の各界、各分野での活躍を大きな励みに、在校生たちが文武に活躍の場を広げている。最近では、三反園鹿児島県知事の母校としても、「指宿高校」は、注目されるのです。指宿は政治力向上地域になります。指宿は温泉観光が、長年脚光を浴びています。それと同時に政治力向上にも、励んでいける地域に育つといいですね。手(グー)手(チョキ)手(パー)
タグ:指宿

2018年(平成30年)2月11日

 平成30年2月11日が、指宿市議会議員の任期満了日。と言うことで、今から1年後に指宿市議会議員選挙が行われるのである。とうとう、1年後となりました。そんな、本日2月11日。妻の四七日でお寺に供養に行きました。雨も雪も降りませんでした。お寺の中は、暖房が利いていて暖かいでした。晴れ30パンチ

2017年02月11日

「指宿の人口が」

何気なく、指宿市のホームページを覗いてビックリした。40,994人。四万千人割れました。人口減は、市の活性化の悪材料。どこまでも減ってくれるな、「指宿の人口」。何か、良いアイデアが、ないものかな。指宿の事をもう少し、学習し、何らかの形で、人口の増える政策をと考えるが、思いつかない。お手上げ状態だ。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)
タグ:コメント

2017年02月06日

東京の方では、小池都知事勢力の拡大どうこう言ってますが。

あんまり、関係ないんです。小池勢力の拡大とか、安倍自民党の大勝とか。なんでかと言うと、「支持政党なし」党は、民意反映、直接民主主義導入政党だからです。私も、去年の参議院選挙の頃は、漠然とした理解しかありませんでした。党を信頼して1票を投じた、候補に裏切られて、政治や選挙に失望した人は、「支持政党なし」を信頼してほしい。今は、1議席の獲得が目標ですが。必ず、皆さんに「支持政党なし」の有用性が、1議席獲得により、理解される。小池勢力や、安倍自民、そんな、あっちこっち政党より、あなたの気持ちに真直ぐな政党、「支持政党なし」だ。
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
修仁の日常(50代からの政治勉強)さんの画像
修仁の日常(50代からの政治勉強)
指宿市で中学、高校を卒業し、20歳代は、苦難な生活保護受給生活。30、40歳代では、必死に働いた。そして、50代の現代「夢の政治家」に挑戦中。政治家に成れたら、不正をしない事を第一にしたい。今、簡単に、領収書不正する政治家多すぎる。
プロフィール
記事ランキング