広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年02月25日

飲む育毛剤とは?


 この頃は育毛剤も多様化しており、頭につけるだけでなく、飲むものもあります。様々な育毛剤がありますが、中でも飲む育毛剤は、髪を育てるために必要な栄養素を口から補給するというものです。しかし、飲む育毛剤は効果が高い分、外用薬よりも副作用のリスクは若干高くなっています。



 飲む育毛剤は、大きく分けてフィナステリド系、ミノキシジル系、サプリメント系の3つの種類に分けられます。副作用が起きた場合でも、命に関わるようなものはありませんが、それぞれの性質を理解して、リスクを減らしましょう。


フィナステリドは比較的副作用が弱い薬ではありますが、性欲の減退や頭痛、胃痛などの症状が起こることがあります。


体のムダ毛が増えたり、めまいやほてりが起きることが、ミノキシジルの飲む育毛剤を摂取した場合には起きることがあるようです。頭部の皮膚がかゆくなることもあります。アレルギーによって炎症を起こす方もおり、湿疹、かぶれ、フケ症といった副作用が生じる場合もあります。もともと高血圧用の薬なので、ミノキシジル系の飲む育毛剤を摂取することによって、低血圧になる人もいます。


サプリメントとして摂取する飲む育毛剤は、副作用のリスクが少ないようです。現在薬を服用している人は、飲む育毛剤を利用する場合には、主治医に相談してからにしましょう。


2015年02月12日

更年期の髪の悩み


更年期前後の女性は、髪についての悩みを心中で抱えがちです。40代や50代の女性は、髪が抜けてからまた生えてくるまでの時間が、延びてしまいがちです。そのため髪が薄くなり、頭皮が見えやすくなります。


また、毛穴から伸びる髪の本数が減り、髪自体も細くなります。髪の悩みを抱く人が増えるのは、頭髪の絶対数が少なくなるためなのです。



 女性特有の薄毛は、頭頂部から始まります。自分の目で確認することが難しい部分ですが、鏡などを使って定期的にチェックしましょう。いつまでも悩んでいないで、髪のためにいいことを一つ一つ取り組んでいくといいでしょう。


髪がどんどん薄くなると、暗い気持ちになって、やる気が出せなくなる人もいます。しかし、なるべくネガティブにはならないで、正しいヘアケアをするように心がける事が大切です。


また、頭皮のマッサージや紫外線対策、食事改善などが有効です。年齢を重ねると、皮脂の分泌量も減りますので、それに合わせて洗髪剤も選び直しましょう。


自分の髪に合ったシャンプーの選び直し、シャンプーの頻度を少し減らすなどして髪をいたわることで、髪の悩みを改善することが可能です。


最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
ファン
<< 2015年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。