広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年01月28日

男性の薄毛治療とは


薄毛に悩む男性が薄毛の治療をしたいと考えている人も少なくありません。確かに薄毛の状態のまま他人に見られるのは嫌ですからね。



 男性の薄毛にはいろいろなケースがあるようで個人差も多いため、こういう治療法ならよくなるということにはならないようです。個人に合った治療法を選ぶ必要があるようです。



 薄毛の原因には、遺伝によるもの、毛穴に汚れが詰まることによって起きるもの、男性ホルモンの働きによるもの等があります。



 日本人男性の3割は男性型脱毛症という薄毛だそうです。男性型脱毛症は、抜け毛と毛の再生の周期が狂うことで、短期間に薄毛が進行します。そのような状況になるのは、男性ホルモンが毛根に働きかけ、短いサイクルで毛がどんどん抜けていくことが原因のようです。そうなると、薄毛が目立つようになるのは当たり前ですね。


したがって、男性型脱毛症の治療には、抜け毛の周期を延ばすために、フィナステリド、ケトコナゾールという薬が用いられます。一日一錠を半年くらい飲み続けると、薄毛の症状が改善し始めていると感じられるようになるそうです。



 このような男性型脱毛症の治療薬は、日本の他に世界60カ国で処方されており、特に頭頂部や髪の生え際が後退する状況を改善できるそうです。



 男性にとって薄毛というのは深刻な悩みです。かつらをかぶったり、髪型を変えたりなど、薄毛を隠す工夫をしている人も少なくありません。



 そんなことよりも、病院に行って薄毛の治療をしてもらうことが、一番いい方法なのかもしれませんね。


2015年01月06日

薄毛治療が必要な場合とは?


最近は、薄毛を気にしている女性が、非常に大勢います。
身体によくない生活をしていたり、ストレス過多な日常を送っていると、薄毛になりやすくなります。


 皮膚科で薄毛の治療薬を処方してもらうことで、薄毛を改善しようという女性もいます。薄毛を改善したいという場合には、薄毛のタイプによって対策が異なります。


通常の薄毛や、髪の毛全体が細くなってきてペタンとした印象になった場合には、まず、自分の生活習慣を見直すことから始めましょう。ストレスのない生活を心がけることや、質のいい睡眠を確保すること、頭皮のマッサージをすることなどか効果的です。



 薄毛で悩んでいる女性の中には、病気が原因という人もいます。びまん性脱毛症や、分娩後脱毛症で抜け毛が増加し、結果的に薄毛になったという女性もいるようです。


地肌が見えるくらいに髪がどんどん抜けているという人は、病院で診察を受け、身体的なトラブルが起きていないか確認すべきでしょう。



 女性の場合は、わずかな薄毛でも気になるものです。薄毛に、悩んでよけいにストレスが溜まるという悪循環に陥ることがあります。実際に病院で見てもらわなければ、実際に脱毛症なのかどうかの判断は自分では出来ません。



 また、ストレスなどによる脱毛症というのもあります。安心感を得るためにも、薄毛の悩みを持っている人は、早めに病院にいって、診察してもらうようにしたほうがいいでしょう。



 女性が薄毛の治療で病院へ行く場合には、皮膚科か産婦人科、精神科などから自分の症状に合ったところを選ぶようにしましょう。


最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
ファン
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。