広告

posted by fanblog

2015年04月17日

漢方薬での薄毛治療


 なぜ薄毛になるのかは、個人の体質や生活習慣、そして遺伝などの影響もあるので、個人個人でその原因が大きく違っています。ただ1つの要因でなるのではなく、いろんな要因が重なり合って薄毛が進行するようです。


ともあれ、男性であれ女性であれ、薄毛にはなりたくないと考えている人が多いようで、治療を考えている人がほとんどです。



 薄毛は病院で治療をしてもらうというのが一番いいのかもしれませんが、薬などの副作用を嫌って、漢方を使う人が少なくありません。


漢方というのは中国4000年の歴史から生まれた伝承医学がベースになってます。天然の生薬を使った漢方薬を用いて体質改善するというものです。


漢方では、髪は血が余ってできると考えられています。なので、血液が全身に巡っていないことが原因だと考えられています。また、髪の状態が身体の健康状態を測るバロメーターだと考えられています。


例えば、髪のつやがなくなっていたり、ぼさぼさしていると血虚といわれます。もしも血虚と判断されると、血液を体内に補う漢方薬を処方されます。これによって、毛根へと流れる血液が増え、髪の成長に必要な栄養が届き易くなるそうです。



 男性の場合、円形脱毛症になる人が多いのですが、これはストレスが関係していると考えられています。なので、円形脱毛症の治療は、神経を落ち着かせたり、自律神経の働きをよくするための漢方薬が処方されます。



【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3554187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
ファン
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。