広告

posted by fanblog

2014年08月21日

尾瀬探訪記_1

尾瀬_タイトルのコピー.jpg


池袋サンシャインにあるバスターミナルを23時に『尾瀬戸倉』に向け出発。
途中の休憩では甲羅から手足を伸ばす為にバスの外へ。
すでに熟睡している乗客も多かったのですが、とうとう亀は最後まで寝ることが出来ず、
“ポケッ〜”っとしたまま『尾瀬ヶ原』を歩くことに。
これが原因か途中2回も転け≠トしまうアクシデントに見舞われてしまいます。

さて、今回のハイキング・コースは
鳩待峠から山の鼻、牛首分岐、竜宮分岐からヨッピ橋。
ヨッピ橋から牛首分岐、山の鼻へと回る尾瀬入門コース。
歩行時間は概ね6時間。途中の休憩や食事時間を含めるて7時間20分の予定を組んでおきました。

さて予定より30分も早くバスは『尾瀬戸倉』に到着。
『鳩待峠』へはマイクロバスに乗り換えて向かいます。
マイクロバスが到着するまでの間、バスから降りて空を見上げると多くの星が瞬いていました。
オリオン座やカシオペア座、はくちょう座、夏から秋へと星座も季節の移り変わりを
見せていました(天頂に流れ星も見ることが出来ました)。

亀子がバスの運転手さんに「今日の尾瀬の天気は良いのでしょうか?」と聞くと、
「良いんで・な・い・か・な?!」と言葉少なげに返事が返ってきました。

マイクロバスに乗り換え細く急な山道を登り25分程で『鳩待峠』です。
ここへも予定より早い到着です。気温は17度くらいかな、少し寒く感じます。
身支度を調え先を急ぎます。

登山口からは急勾配な道を下ります。足下が不安定なので気を遣います。
しかし、緑豊かに吹く風は優しく心地よく疲れを忘れさせてくれます。
思いの外、歩くペースは速く後半が心配な亀ですが、
至る所で「ぅん、あれ、なぁ〜に」「綺麗な花だね」「鳥が囀ってるね」「どこにいる?」
と歩みが止まりタイムスケジュールは何時しか予定を上回る時間に。
そして木道で亀は“すっつ・てぇ・ーん”と、おお転け。
ケガはしなかったのですが亀は甲羅を下にして手足を“バタバタ”(格好わる〜い(Q_Q)↓)。

下り切り、平坦な木道に出ると暫くして『山の鼻』に到着。尾瀬ヶ原の玄関口です。
『山の鼻ビジターセンター』が在り尾瀬の自然や情報を提供しています。
ここら辺りには他に数件の山小屋が有り食事や宿泊が出来ます。

途中で受け取った『舞茸おにぎり』が朝ご飯です。
早朝からの行動で体内時計が少し狂っているのか
「何か、お昼ご飯を食べているようだね」と言い合いながら美味しく頂いたのです。



鳩待峠_休憩所.jpg
鳩待峠の休憩所


山の鼻へ向かう途中.jpg
『山の鼻』へ向かう途中の木道
 ここら辺りで亀は“転けた”


はな.jpg
花は少ない季節だけど、所どころに綺麗な
野草が咲いている


山の鼻.jpg
『山の鼻ビジターセンター』


んで、続く










プロフィール
ハゲの亀さんの画像
ハゲの亀
無知蒙昧な亀がノロノロ、ウロウロと徘徊。 知ったか亀の譫言にお付き合い下さい。そして間違え等有りましたら教えて下さいね。よろしく。
プロフィール
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。