ファン
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

2016年11月03日

フケとシャンプー剤

ハゲむくんです。

フケは抜け毛の注意信号といわれるようにフケは脱毛が起こる前に多く発生します

皮膚科では、フケを頭皮にみられる臨床的に炎症の認められない過度の落屑と定義し、明らかな炎症を伴う皮膚疾患の脂漏性皮膚炎と区別して考えています。

しかし一般的にはフケは頭皮角質の老廃物と毛穴より分泌された皮脂の酸化分解物の混合物で遺伝的な素質や全身的な栄養状態の低下、慢性の病気、心理的ストレス、微生物の繁殖、手入れ不良などにより発生するとされています。
通常のフケ刺激の少ないシャンプー剤をきちんと使用してきちんと洗い清潔にしていれば治るのですが、一般に市販されているフケ留めシャンプー剤ほとんど殺菌剤のジンクピリチオンやミコナゾール硝酸塩、オクトピロックス、トリクロサン、角質溶解剤の二流化セレンが使われます。

乾性のフケの場合オリーブオイルやホホバオイルなどを刷り込んでからシャンプーをしたり混ぜて使ったり直接塗っておいたりすることにより油分が残り保湿されることでフケは解消されます。
しかし、湿性のフケの場合は微生物が関係していることから殺菌剤が配合されたものを用います。

日本では未発売のフケ用シャンプー剤に配合されているケトコナゾールによって毛髪が濃くなることが報告されています。
ケトコナゾールはイミダゾール誘導体で、白癬、乾癬、カンジタ、マラセチアなどの各種真菌に対し抗真菌作用
を持っていますがこのケトコナゾール2%配合のシャンプーとミノキシジルを2%配合した育毛剤を比較した実験で毛髪密度、毛幹径、成長期毛率はほぼ同等であったといいます。

さらにケトコナゾール、ピロクトンオラミン、ジンクピリチオンをそれぞれ1%ずつ含有するシャンプーには、フケ取り効果以外にも成長期毛率雨を上昇させ、抜け毛を減少させる作用があるといいます。

もうっと嬉しいことにケトコナゾール、ピロクトンオラミンは皮脂排出率 を低下させ、毛幹径を太くするというのです。
ジンクピリチオンは皮脂排出率を上昇させ毛幹径を細くすることが示されています。

薄毛、ハゲは毛が細くなり伸びが悪くなった結果であることから、ピロクトンオラミン配合のシャンプー剤は日本でも市販されていますので使ってみる価値はあるでしょう。

ハゲむくんとは関係のないサイトですが、ピロクトンオラミン配合のシャンプー剤はこのようなシャンプーです。ピロクトンオラミン シャンプー でかなり検索でてきます。

ハゲむくんでした。



検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
ハゲむくんさんの画像
ハゲむくん
ブログ
プロフィール