広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

行政書士試験で注意すること。

行政書士試験で注意すること。

平成18年度に試験の出題に改定があったことです。

行政書士の平成18年より前の問題は、まず出ません。








こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密






行政書士の試験について。

行政書士の試験について。


平成18年度の行政書士試験〜平成21年度まで確認しますと、理解できることがあります。


平成18年度、平成19年度は同じような問題が出ています。

ただし、平成20年度では、違う問題でした。

その上、平成21年度でも、また変わった問題でした。







こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密






行政書士の1答2。


中央大学真法会編 新司法試験短答式公法系問題集から引用します。

新司法試験、平成19年度第37問を例にしますと、

行政事件訴訟法上の取消訴訟に関する次の各記述について、法令及び最高裁判所の判例に照らし、それぞれ正しいか、誤っているか、答えなさい。

国家公務員に対する懲戒処分の取消訴訟において、国家公務員法上の懲戒事由があると認められる場合、裁判所は、懲戒権者と同一の立場に立って懲戒処分をすべきであったかどうか又はいかなる処分を選択すべきであったかについて判断し、その結果と懲戒処分とを比較してその軽重を論ずべきものではなく、その処分が社会観念上著しく妥当を欠き、裁量権を濫用したか否かについて判断すべきである。

正しい。

最判昭52・12・10は、「裁判所が右の処分の適否を審査するにあたっては、懲戒権者と同一の立場に立って懲戒処分をなすべきであったかどうか又はいかなる処分を選択すべきであったかについて判断し、その結果と懲戒処分とを比較してその軽重を論ずべきものではなく、懲戒権者の裁量権の行使に基づく処分が社会通念上著しく妥当を欠き、裁量権を濫用したと認められる場合に限り違法であると判断すべきものである。」としている。

したがって、本肢は正しい。








こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密






行政書士の1答。

中央大学真法会編 新司法試験短答式公法系問題集から引用します。


新司法試験、平成19年度第37問を例にしますと、


行政事件訴訟法上の取消訴訟に関する次の各記述について、法令及び最高裁判所の判例に照らし、それぞれ正しいか、誤っているか、答えなさい。

取消訴訟における行政処分の違法判断の基準時は、行政処分がされた時点であると解すべきであるから、処分の適法性の判断に用いられる科学的、専門技術的知見も、処分当時のものに限定される。


誤り。

最判平4・10・29は、「原子炉設置許可処分の取消訴訟における裁判所の審理、判断は、原子力委員会若しくは原子炉安全専門審査会の専門的技術的な調査審議及び判断を基にしてされた被告行政庁の判断に不合理な点があるか否かという観点から行われるべきであって、現在の科学技術水準に照らし、右調査審議において用いられた具体的審査基準に不合理な点(略)があり、被告行政庁の判断がこれに依拠してされたと認められる場合には、被告行政庁の右判断に不合理な点があるものとして、違法と解すべきである」としている。

したがって、違法判断の基準時は、現在の科学技術の水準に照らして判断されるものであり、処分当時のものに限定されるとする本肢は、誤っている。









こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密






宅建の1答2。

解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。


宅建試験の平成20年度問題27を例にしますと、


印紙税に関する次の記述のうち、正しいか、誤っているか、答えなさい。


建物の賃貸借契約に際して敷金を受け取り、「敷金として20万円を領収し、当該敷金は賃借人が退去する際に全額返還する」旨を記載した敷金の領収証を作成した場合、印紙税は課税されない。

誤りです。


敷金の領収書も、3万円以上で営業に関するものであれば印紙税の課税文書となる。







こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密








宅建の1答。

解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。


宅建試験の平成20年度問題27を例にしますと、


印紙税に関する次の記述のうち、正しいか、誤っているか、答えなさい。


当初作成の「土地を1億円で譲渡する」旨を記載した土地譲渡契約書の契約金額を変更するために作成する契約書で、「当初の契約書の契約金額を2000万円減額し、8000万円とする」旨を記載した変更契約書は、契約金額を減額するものであることから、印紙税は課税されない。


誤りです。


契約金額を減少させる変更契約書の記載金額は、記載金額のないものとして扱われ、200円の印紙税が課される。






こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密








行政書士の1答2。

解答の解説は、伊藤塾編 司法書士過去問 民法から引用します。


実際に例に出しますと、平成18年度第10問の問題ですが、


Aは、B名義で登記されているB所有の甲土地につき、平成元年4月1日、所有の意思を持って、善意で、過失なく、平穏に、かつ、公然と占有を開始し、その後も、その占有を継続している。

この事例に関する次の記述のうち、判例の趣旨に照らしCの請求が認められるか、認められないか、答えなさい

(なお、Aの占有は、次のアからオまでの各請求の時まで継続しているものとし、Cは、Aの占有につき善意であったものとする。また、Aにつき甲土地の取得時効が成立する場合には、Aは、取得時効を援用したものとする。)


平成11年11月1日にBから甲土地の贈与を受けて同日所有権の移転の登記をしたCは、平成12年5月1日、Aに対し、所有権に基づき甲土地の明け渡し請求をした。



請求は認められます。


Cは、Aが平成11年4月1日に甲土地の所有権を時効取得した後の平成11年11月1日に、Bから甲土地の贈与を受けており、時効完成後の第三者である。よって、平成12年5月1日の時点において、Aは、登記をしなければCに対して甲土地の時効取得を対抗する事ができない。

したがって、Cの請求は認められる。











こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密








行政書士の1答。

解答の解説は、伊藤塾編 司法書士過去問 民法から引用します。


実際に例に出しますと、平成18年度第10問の問題ですが、


Aは、B名義で登記されているB所有の甲土地につき、平成元年4月1日、所有の意思を持って、善意で、過失なく、平穏に、かつ、公然と占有を開始し、その後も、その占有を継続している。

この事例に関する次の記述のうち、判例の趣旨に照らしCの請求が認められるか、認められないか、答えなさい

(なお、Aの占有は、次のアからオまでの各請求の時まで継続しているものとし、Cは、Aの占有につき善意であったものとする。また、Aにつき甲土地の取得時効が成立する場合には、Aは、取得時効を援用したものとする。)

平成11年11月1日にBから甲土地の贈与を受けて同日所有権の移転の登記をしたCは、平成22年5月1日、Aに対し、所有権に基づき甲土地の明け渡し請求をした。



請求は認められません。


平成21年11月1日に再度時効が完成するので、平成22年5月1日の時点で、Aは、Cに対し、登記をしなくても甲土地の時効取得を対抗する事ができる。

したがって、Cの請求は認められない。







こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密








行政書士の1答2。

中央大学真法会編 新司法試験短答式公法系問題集から引用します。

新司法試験、プレテスト第19問を例にしますと、

行政機関の保有する情報の公開に関する法律第5条第1号にいう「個人に関する情報」(以下個人情報という。)について述べた次の各記述につき、正しいか、誤っている化、答えなさい。


他の情報と照合することによって初めて特定の個人を識別できる個人情報の開示請求を受けた行政機関の長は、当該情報のみでは特定の個人を識別することができず、当該個人の権利利益を害するおそれもないのであるから、当該情報を開示しなければならない。


誤り。

他の情報と照合することにより、特定の個人を識別することができることとなるものも、不開示情報たる「個人の情報」に含まれる。

よって、本肢は誤り。







こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密








行政書士の1答。

中央大学真法会編 新司法試験短答式公法系問題集から引用します。


新司法試験、プレテスト第19問を例にしますと、


行政機関の保有する情報の公開に関する法律第5条第1号にいう「個人に関する情報」(以下個人情報という。)について述べた次の各記述につき、正しいか、誤っている化、答えなさい。


個人情報の開示請求を受けた行政機関の長は、当該情報が慣行として一般に公にされているとしても、個人のプライバシーを最大限保護するために、当該情報を開示しないことができる。

誤り。

個人情報であっても、当該情報が慣行として公にされている場合には、「個人に関する情報」から除外されている。

よって、本肢は誤り。






こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密








    >>次へ
プロフィール

kotukotuiku
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。