広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

行政書士の1答。

中央大学真法会編 新司法試験短答式公法系問題集から引用します。

新司法試験、平成20年第23問を例にしますと、

次の各記述について、それぞれ正しいか、誤っているか、答えなさい。

最高裁判所の判例によれば、民事上の法律関係を規律する原理として生まれた信義誠実の原則は、租税法律主義が妥当する租税法律関係については適用されないと解されている。


誤り。

最判昭62・10・30は「租税法規に適合する課税処分について、法の一般原理である信義則の法理の適用により、右課税処分を違法なものとして取り消すことができる場合があるとしても、法律による行政の原理なかんずく租税法律主義の原則が貫かれるべき租税法律関係においては、右法理の適用については慎重でなければならず、租税法規の適用における納税者間の平等、公平という要請を犠牲にしてもなお当該課税処分に係る課税を免れしめて納税者の信頼を保護しなければ、正義に反するといえるような特別の事情が存する場合に、初めて右法理の適用の是非を考えるべきものである。」としている。

したがって、判決は、一定の場合には課税処分についても信義則が適用されることを肯定しているものと思われる。

したがって、最高裁判所の判例によれば信義誠実の原則は、租税法律主義が妥当する租税法関係については適用されない、としている点で本肢は誤りである。







▼こちらから1日15分TVを見ながら、ダイエットができます。全額返金保証付
山田式骨盤ダイエット法

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼                試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13174
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密





   
プロフィール

kotukotuiku
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。