広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

宅建の1答。


解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。

宅建試験の平成21年度問題46を例にしますと、

独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、正しいか、誤っているか、答えなさい。


機構は、民間金融機関が貸し付けた長期・固定金利の住宅ローンについて、民間保証会社の保証を付すことを条件に、その住宅ローンを担保として発効された債権等の元利払いを保証する証券化支援事業(保証型)を行っている。


誤りです。

機構は、民間金融機関が貸し付けた長期・固定金利の住宅ローンについて、その住宅ローンを担保として発行された債権等の元利払いを保証する証券化支援事業を行っている。その際、住宅ローン利用者が債務不履行となった場合には、機構は民間の金融機関に対して保険金の支払いを行う住宅融資保険の引き受けを行っている。








▼こちらから1日15分TVを見ながら、ダイエットができます。全額返金保証付
山田式骨盤ダイエット法

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼                試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13174
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密





宅建の1答。


解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。

宅建試験の平成21年度問題46を例にしますと、

独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、正しいか、誤っているか、答えなさい。


機構は、民間金融機関が貸し付けた長期・固定金利の住宅ローンについて、民間保証会社の保証を付すことを条件に、その住宅ローンを担保として発効された債権等の元利払いを保証する証券化支援事業(保証型)を行っている。


誤りです。

機構は、民間金融機関が貸し付けた長期・固定金利の住宅ローンについて、その住宅ローンを担保として発行された債権等の元利払いを保証する証券化支援事業を行っている。その際、住宅ローン利用者が債務不履行となった場合には、機構は民間の金融機関に対して保険金の支払いを行う住宅融資保険の引き受けを行っている。








▼こちらから1日15分TVを見ながら、ダイエットができます。全額返金保証付
山田式骨盤ダイエット法

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼                試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13174
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密





宅建の1答。

解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。

宅建試験の平成18年度問題25を例にしますと、

農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいか、誤っているか、答えなさい。


農業者が、住宅を建設するために法第4条第1項の許可を受けた農地を、その後住宅建設の工事着工前に宅地として売却する場合、改めて法第5条第1項の許可を受ける必要はない。


誤りです。

所有者が転用の許可(4条許可)を受けていても、その転用前はまだ農地である。
したがって、その土地の転用目的での権利移動には、原則として5条許可が必要である。





▼こちらから1日15分TVを見ながら、ダイエットができます。全額返金保証付
山田式骨盤ダイエット法

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼                試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13174
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密





宅建の1肢。


解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。

宅建試験の平成19年度問題23を例にしますと、

宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、正しいか、誤っているか、答えなさい。
なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあってはその長をいうものとする。


造成宅地防災区域内の造成宅地の所有者などは、災害が生じないよう、その造成宅地について擁壁の設置等の措置を講ずるよう努めなければならない。


正しいです。

造成宅地防災区域内の造成宅地の所有者、管理者又は占有者は、災害が生じないよう、その造成宅地について擁壁等の設置又は改造その他必要な措置を講ずるように努めなければならない。









▼こちらから1日15分TVを見ながら、ダイエットができます。全額返金保証付
山田式骨盤ダイエット法

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼                試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13174
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密





宅建の1答。


解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。

宅建試験の平成21年度問題15を例にしますと、

国土利用計画法第23条の都道府県知事への届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいか、誤っているか、答えなさい。


宅地建物取引業者Bが行った事後届出に係る土地の利用目的について、都道府県知事が適性かつ合理的な土地利用を図るために必要な助言をした場合、Bがその助言に従わない時は、当該知事は、その旨及び助言の内容を公表しなければならない。


誤りです。

都道府県知事は、事後届出をした者が勧告に従わない場合に、その旨及び勧告内容を公表することができるが、都道府県知事が助言をした場合には、助言に従わないときに公表するという規定はない。






▼こちらから1日15分TVを見ながら、ダイエットができます。全額返金保証付
山田式骨盤ダイエット法

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼                試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13174
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密






宅建の1答

解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。

宅建試験の平成15年度問題20を例にしますと、

防火地域内において、地階を除く階数が5(高さ25m)延べ面積が800uで共同住宅の用途に供する鉄筋コンクリート造の建築物で、その外壁が耐火構造であるものを建築しようとする場合に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば正しいか、誤っているか、答えなさい。


当該建築物について確認をする場合は、建築主事は、建築物の工事施行地又は所在地を管轄する消防長又は消防署長へ通知しなければならない。


誤りです。

共同住宅の建築確認をするときは、消防長又は消防署長の同意が必要である。通知ではない。








▼こちらから1日15分TVを見ながら、ダイエットができます。全額返金保証付
山田式骨盤ダイエット法

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼                試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13174
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密






宅建の1答。


解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。

宅建試験の平成19年度問題18を例にしますと、

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいか、謝っているか、答えなさい。


都市計画区域については、無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため、市街化区域と市街化調整区域との区分を必ず定めなければならない。


誤りですね。

三大都市圏の一定の都市や指定都市の都市計画区域では、都市計画で区域区分を定めることが義務付けられているが、それ以外の都市計画区域では、義務付けられていない。









▼こちらから1日15分TVを見ながら、ダイエットができます。全額返金保証付
山田式骨盤ダイエット法

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼                試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13174
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密






宅建の1答。


解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。


宅建試験の平成18年度問題45を例にしますと、


宅地建物取引業者A(甲県知事免許)に対する監督処分に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいか、誤っているか、答えなさい。


Aが、乙県の区域内の業務に関し乙県知事から受けた業務停止の処分に違反した場合でも、乙県知事は、Aの免許を取り消すことはできない。

正しいです。


解説は解答そのままです。








▼こちらから1日15分TVを見ながら、ダイエットができます。全額返金保証付
山田式骨盤ダイエット法

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼                試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13174
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密






宅建の1答。

解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。


宅建試験の平成19年度問題40を例にしますと、


宅地建物取引業者Aが売主Bと買主Cの間の建物の売買について媒介を行う場合に交付する「35条書面」又は「37条書面」に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいか、誤りか、答えなさい。

なお、35条書面とは、同法第35条の規定に基づく重要事項を記載した書面を、37条書面とは、同法第37条の規定に基づく契約の内容を記載した書面をいうものとする。


Aは、35条書面及び37条書面のいずれの交付に際しても、取引主任者をして当該書面への記名押印及びその内容の説明をさせなければならない。

誤りです。


35条書面、37条書面のいずれも取引主任者をして、当該書面に記名押印させなければならない。しかし、内容の説明は、37条書面については不要である。











▼こちらから1日15分TVを見ながら、ダイエットができます。全額返金保証付
山田式骨盤ダイエット法

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼                試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13174
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密







宅建の1答。

解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。


宅建試験の平成20年度問題39を例にしますと、


宅地建物取引業者Aが、自ら売主となり、宅地建物取引業者でない買主との間で締結した宅地の売買契約について、買主が宅地建物取引業法第37条の2の規定に基づき、いわゆるクーリング・オフによる契約の解除をする場合に関する次の記述のうち、正しいか、誤っているか、答えなさい。


買主Bは自らの希望により勤務先で売買契約に関する説明を受けて買受けの申込みをし、その際にAからクーリング・オフについて何も告げられずに契約を締結した。この場合、Bは、当該契約の締結の日から8日を経過するまでは、契約の解除をすることができる。


誤りです。

Bがその自宅又は勤務する場所において宅地又は建物の売買契約に関する説明を受ける旨を申し出た場合にあっては、そのBの自宅又は勤務する場所で契約した場合は、解除等はできない。













▼こちらから1日15分TVを見ながら、ダイエットができます。全額返金保証付
山田式骨盤ダイエット法

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼                試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13174
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密







    >>次へ
プロフィール

kotukotuiku
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。