広告

posted by fanblog

行政書士1問1答

伊藤塾編 司法書士過去問 民法 から引用します。

司法書士の過去問を解きます。

平成19年度第6問の問題ですが、


制限行為能力者制度に関する次の記述のうち、正しいものか誤りか答えなさい。なお、記述中の「取り消し」は、すべて行為能力の制限による取り消しのこととする。

成年被後見人が締結した契約をその成年後見人が取り消すには、その行為を知った時から5年以内にする必要があるが、意思無能力を根拠とする無効であれば、その行為を知った時から5年を過ぎても主張することができる。

正しいですね。

意思無能力を根拠とする無効の主張には、期間の制限がないです。



【このカテゴリーの最新記事】

この記事へのコメント

   
プロフィール

kotukotuiku
リンク集
ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。