広告

posted by fanblog

行政書士の1肢。

中央大学真法会編 新司法試験短答式公法系問題集から引用します。


新司法試験、平成20年度第11問を例にしますと、


国民の義務に関する次の各記述について、それぞれ正しいか、誤っているか、答えなさい。


大日本帝国憲法と異なり、国民主権と基本的人権の保障を旨とする日本国憲法において課される国民の義務は、国家への全面的な服従義務を意味するものではなく、憲法の基本原理と調和する限りにおいて認められるものである。


正しい。

日本国憲法は、勤労が国民の義務であることを宣言しているが、これは法律により勤労を国民に強制することができるという意味ではない。納税、教育も同様である。したがって、国民の義務は国家への全面的な服従義務を意味するものではない。

したがって、本肢は正しい。








こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密



【このカテゴリーの最新記事】

この記事へのコメント

   
プロフィール

kotukotuiku
リンク集
ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。