広告

posted by fanblog

行政書士の1肢1答2。

解答の解説は、伊藤塾編 司法書士過去問 民法から引用します。


実際に例に出しますと、平成17年度第23問の問題ですが、


AB夫婦間には子C及びDがおり、DE夫婦間には子F及びGがいる。

この事例に関する次の記述のうち、正しいか、謝っているか、答えなさい。


Aが死亡した後に、Dが相続の放棄をした場合には、Aの相続人は、B、C、F及びGである。

誤りです。


Dは相続の放棄をしているところ、相続放棄は代襲原因に含まれないので、Dの子F及びGは、Dに代襲してAの相続人となることができない。したがって、Aの相続人は、B及びCである。










こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。

こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル−販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密




【このカテゴリーの最新記事】

この記事へのコメント

   
プロフィール

kotukotuiku
リンク集
ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。