広告

posted by fanblog

行政書士1問1答

解説は、伊藤塾編 司法書士過去問 民法から引用します。

司法書士の過去問の平成2年度第11問を例にしますと、


受領遅滞の法的性質は、債務者の責任を軽減するために法律が特に認めた責任であるとする見解がある。次の1から5までの記述のうち、この見解によっては説明し難いものか、又は説明することができるか、答えなさい。

債務者は、受領遅滞を理由に契約を解除することができない。


説明することができる。

法定責任説によれば、債権者には受領義務は認められないので、受領遅滞の効果として、債務者は債権者の債務不履行を理由に契約を解除することはできない。

したがって、本肢は、設問見解から説明することができる。


こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格した
 ▼          試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。





【このカテゴリーの最新記事】

この記事へのコメント

   
プロフィール

kotukotuiku
リンク集
ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。