広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

はるるん
絵本は子どもが読むものだと思っていませんか?私は子どもと一緒に絵本を楽しむようになってから、大人の心にも響く絵本がたくさんあることに改めて気づきました。子どもたちだけが読むなんてもったいない!大人も一緒に絵本を楽しみましょう!
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2017年01月24日 Posted by はるるん at 14:54 | 小学生からおすすめ | この記事のURL
「そのこ」…児童労働について考えるきっかけになる絵本

そのこ

新品価格
¥1,620から
(2017/1/24 14:56時点)





谷川俊太郎 詩
塚本やすし 絵
晶文社
2011年6月10日 初版




チョコレートの元になる、カカオ豆。
カカオ豆の産地でもあるガーナ(西アフリカ)では、
学校にも通えず、朝から晩まで働いている子どもたちがいます。


そんな子どもたちに、私たちはなにが出来るのでしょうか?


そんなことを考えるきっかけをくれる絵本です。


塚本やすしさんの力強いタッチの絵と、谷川俊太郎さんのわかりやすい詩が、
読者の心にいつまでもずっしり残ります。






内容は・・・





チョコレートの元になるカカオ豆。
その多くは西アフリカのガーナで作られています。
そこでは、学校に通うことも出来ず、昼夜働いている子どもたちがいるのです。



その子は遠くにいる。


その子はぼくの友達じゃない。


でもぼくは、僕が友達と遊んでいる時、その子が働いているのを知っている。


ぼくが学校で勉強をしている時、その子は地面を見つめている。


ぼくの上にも、その子の上にも、同じ空。



ぼくは働かなくても、大人が稼いでくれたお金でゲームを買う。

その子は、お金を稼ぎ、そのお金で大人は食べ物を買う。



その子はもがいている。



その子の未来のために、何ができるんだろう。


だれか 教えて。





おしまい。








ずっと背を向けたままの(緑の服の)少年。
どんな表情をしているのでしょう。
表情がまったく見えない分、彼の悲しみが読者にずっしりとのしかかってきます。



まず、世界では児童労働が行われている実態を知ること。
その後は、何をすべきなのでしょう?私たちに、何ができるのでしょう??
・・・・答えはどこにも書かれていません。
それは、読者が自分で考えなければいけないことです。



この絵本は、大きな宿題を読者に残しています





最後の、星に向かって手をのばしている少年の絵。
その一枚に、少年の想いのすべてが表現されているように思いました。






ガーナでの児童労働について描かれた絵本です。小学生くらい〜おすすめします。小学校高学年のお子さんにもおすすめです。考えるきっかけになる絵本です。









この絵本に関する口コミ等を楽天ブックス・Amazonにてご確認頂くことが出来ます。様々な口コミがありますので、ご参考なるかと思います。

Amazonにて「そのこ」の口コミ等をご覧になるかたはこちら


楽天ブックスにて「そのこ」の口コミ等をご覧になるかたはこちら









★谷川俊太郎さんと塚本やすしさんの絵本には、「しんでくれた」「うんこ」もあります。


※「しんでくれた
当ブログにて「しんでくれた」をご紹介しています

しんでくれた

新品価格
¥1,404から
(2017/1/24 15:06時点)







※「うんこ

うんこ

新品価格
¥1,620から
(2017/1/24 15:07時点)








世界に想いを寄せる絵本には、「ぼくがラーメンたべてるとき」もあります。こちらもおすすめです。

※「ぼくがラーメンたべてるとき
当ブログにて「ぼくがラーメンたべてるとき」をご紹介しています

ぼくがラーメンたべてるとき

新品価格
¥1,404から
(2017/1/24 15:46時点)














売れている絵本ランキング


Amazon・楽天ブックスで売れている絵本ランキングはこちら

ミリオンセラーの絵本ランキングはこちら














2017年01月12日 Posted by はるるん at 12:56 | 小学生からおすすめ | この記事のURL
「ぼくがラーメンたべてるとき」…この「一瞬」に世界では何が起こっているんだろう。

ぼくがラーメンたべてるとき

新品価格
¥1,404から
(2017/1/11 22:44時点)




長谷川 義史 作
教育画劇
2007年7月31日 初版発行




第13回(2007年) 日本絵本賞受賞
第54回青少年読書感想文全国コンクール(小学校低学年の部)の課題図書選定 

の絵本です。



楽しそうな題名と明るい色合いの表紙からは想像もできないほどの、
衝撃的な内容の絵本です。




この絵本は、過激すぎず、かといって目を背けることもせず、絶妙のバランスで子どもたちに世界の現状を見せていきます。伝えるべきことは子どもたちにもしっかり伝えるべきだという長谷川さんの強い想いを感じます。


長谷川さんの平和への想いがぎっしり詰まっています。



子どもでも、目を背けてはいけないテーマの絵本です。









内容は・・・





ぼくがラーメン食べてる時、となりでミケがあくびをした。

となりでミケがあくびをした時、隣のみっちゃんがTVのチャンネルを変えた。

隣のみっちゃんがチャンネルを変えた時・・・

(隣の隣、その隣、隣町、隣町の隣町、隣の国、その隣の国、そのまた隣の国、・・・の様に、どんどん範囲が広がって行く。外国では、子どもが赤ちゃんをおんぶしたり、水を汲んだり、牛を引いたり、パンを売ったりしている。)





その また やまの むこうの くにで
おとこのこが たおれていた。




かぜが ふいている。


(ラーメンを食べている「ぼく」の所でも、風が吹いている)





おしまい。





大人にとっては、「大切だけれど、日ごろの忙しさで忘れていること」を、また目の前に戻してくれる、そんな絵本です。


子どもにとっては、世界に想いを寄せるきっかけになる絵本かもしれません。


私たちの「当たり前」が「当たり前」でない国も沢山ある。

私たちの状況を俯瞰すると、色んなことが見えてくる。


立ち止まってじっくり考えたくなる。平和の絵本です。



小学生くらいのお子さん〜大人の方におすすめします。この一瞬にも、世界では色んなことが起こっている。そんなこと、考えたことありますか?









この絵本に関する口コミ等を楽天ブックス・Amazonにてご確認頂くことが出来ます。様々な口コミがありますので、ご参考なるかと思います。

Amazonにて「ぼくがラーメンたべてるとき」の口コミ等をご覧になるかたはこちら


楽天ブックスにて「ぼくがラーメンたべてるとき」の口コミ等をご覧になるかたはこちら








「平和」とは「幸せ」とは??じっくり考えたくなる絵本を以下にご紹介します。



※「へいわってすてきだね」…(2014年)絵本屋さん大賞2014で大賞を受賞した絵本です。
当ブログにて「へいわってすてきだね」をご紹介しています

へいわってすてきだね

新品価格
¥1,512から
(2016/4/12 14:35時点)






※「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」…(2014年)本当の「幸福」ってなんだろう?
当ブログにて「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」をご紹介しています

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

新品価格
¥1,728から
(2016/4/12 14:43時点)





※「せんそうしない」(2015年)・・・谷川俊太郎さんの詩の絵本・・・絵本屋さんが選んだ2015年の絵本ベスト30に選ばれた絵本です
詳細は「2015年絵本屋さん大賞 受賞絵本」紹介ページをご覧下さい
当ブログにて「せんそうしない」をご紹介しています


せんそうしない

新品価格
¥1,404から
(2016/4/12 14:44時点)






世界に想いを寄せる絵本には、「そのこ」もあります。こちらもおすすめです。

※「そのこ
当ブログにて「そのこ」をご紹介しています)…児童労働について考える絵本

そのこ

新品価格
¥1,620から
(2017/1/24 15:51時点)










売れている絵本ランキング


Amazon・楽天ブックスで売れている絵本ランキングはこちら

ミリオンセラーの絵本ランキングはこちら













2016年09月13日 Posted by はるるん at 13:48 | 小学生からおすすめ | この記事のURL
「パンプキン」…無駄なものは何もない。洗練された写真絵本。

パンプキン

新品価格
¥1,512から
(2016/9/12 23:00時点)




ケン・ロビンズ 写真&文
千葉茂樹    訳
BL出版
2007年10月20日 第一刷発行




ハロウィーンの季節に読み聞かせたい写真絵本です。

表紙の写真をご覧になればお分かりかと思いますが、一枚の絵画のような、素敵な写真です。

トレーラー(?)の上に山積みされている沢山のオレンジ色のかぼちゃ。その脇に零れ落ちているかぼちゃ。(多分)夕暮れの空。そして、時間が止まったかに見える景色に、唯一動きを感じる、飛んでいる鳥の群れ
絶妙のバランスと色彩感覚に、写真に詳しくない私でも、一目で惹き込まれてしまいました。



勿論、素敵なのは表紙の写真だけではありません。絵本の中にも、「静」と「動」が巧みに合わさった写真や、本当に写真??(絵じゃないの?)と思えるような写真まで、どれもこれも素敵です。



内容は、かぼちゃの種まき〜収穫までが淡々とつづられています。
収穫後は、ハロウィンのランタンや、パイになるかぼちゃ。
それでも残ったものは、たねが残り、また来年の収穫に向けての役に立つ。



無駄なものはなにもない
かぼちゃも、写真も、文も。


そんなことを感じる絵本です。








内容は・・・



空気が涼しくなり、大地は色とりどりの落ち葉に。
ガンは南へ渡り始める。


そんな季節に見かけるのが、パンプキン!


でも、パンプキンは春に種を撒いている。
10日もすると、芽が出て、数週間でツルが伸び、花が咲く。
花の根元はぐんぐん膨らみ、色も変わっていく。


夏の間、葉の影で育ったパンプキン。
夏が過ぎるとツルが刈り取られ、畑一面パンプキンに!




パンプキンは形や色も様々。


パンプキンの大きさコンテストもある。
450キロ超のも!!




さあ、農場で好きなパンプキンを買って帰ろう。


ハロウィンにおばけのランタンは欠かせない。
表情をペンで下書き。ふたを切り取るのは大人に任せて。
中のわたを取り出し、下書きした目・鼻・口をくり抜く。


出来上がったランタンはロウソクを灯して、玄関先へ。
ほら、良い感じ。


ハロウィンのパレードとともに、ランタンも街を練り歩く。






11月になると、畑に残されたパンプキンは腐っていく。
でも、種は生き残る。


来年も豊かな実りをもたらすだろう。






おしまい。



文には漢字が使われていますので、小さなお子さんが一人で読むのは難しいかと思います。(フリガナもありません)一人で読まれるのであれば、小学生くらいのお子さん〜大人の方におすすめします。洗練された写真絵本です。大人の方にも見ごたえがあります。ハロウィンの季節におすすめです。









この絵本に関する口コミ等を楽天ブックス・Amazonにてご確認頂くことが出来ます。様々な口コミがありますので、ご参考なるかと思います。

Amazonにて「パンプキン」の口コミ等をご覧になるかたはこちら



楽天ブックスにて「パンプキン」の口コミ等をご覧になるかたはこちら






★ケン・ロビンズ(Ken Robbins)さんは、ニューヨーク州在住の子供向けノンフィクション作家です。






10月(ハロウィン)におすすめの絵本


当ブログにて、10月(ハロウィン)におすすめの絵本をまとめてご紹介しています






売れている絵本ランキング


Amazon・楽天ブックスで売れている絵本ランキングはこちら

ミリオンセラーの絵本ランキングはこちら















2016年07月27日 Posted by はるるん at 16:32 | 小学生からおすすめ | この記事のURL
「ひみつのきもちぎんこう」…気持ちをいっぱい貯めていくと・・

ひみつのきもちぎんこう

新品価格
¥1,188から
(2016/7/26 22:19時点)




ふじもと みさと 作
田中 六大(たなかろくだい) 絵
金の星社
2015年8月 初版発行




第62回(2016年)青少年読書感想文全国コンクール 課題図書低学年の部に選定されている本です。



「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧」はこちら



低学年の部の課題図書4冊の中では一番字数&ページ数の多い本です。
(他の三冊は絵本ですが、「ひみつのきもちぎんこう」は絵本ではありません)
本文は87ページまであります。

といっても、字は大きく、毎ページに挿絵がありますので、心配するほどの字の量ではないかと思います。






内容は・・・


ゆうたは、靴を履き替えるのに時間がかかっている、りくくんの頭をはたいた。
その時、「ジャリーン」という音がどこかから響いてきた。
ゆうたは耳を澄ませてみるが、もう何も聞こえない。


翌日、ゆうたはここみちゃんが落とした本をわざと蹴飛ばした。
またまた「ジャリーン」


この音は何だろう??ゆうたは不思議でならない。


家に帰ると一通の手紙が来ていた。送り主は「きもちぎんこう」。
手紙には、”預かっている通帳がいっぱいになりそうなので、何とかして下さい” と書いてある。
銀行のマークの横には地図が書かれている。


翌日、ゆうたは学校帰りに、地図を見ながら「きもちぎんこう」に行ってみた。
なんとかたどり着いたゆうたは、恐る恐る銀行の中へ。


中に入ると、ゆうたを担当しているという番頭さんが声をかけてきた。
番頭さんは、そろそろゆうたの「気持ち通帳」が黒いコインでいっぱいになりそうだ、という。
通帳を見せてもらうと、帳面に「いじわる」「不親切」「自分勝手」などのコインがびっしりたまっている。
どうやら、人の気持ちを預かる銀行らしい。


番頭さんは、
「その人が本当に持っている気持ちと違う行動をすると、黒コインが貯まる」と言う。
そしてゆうたの通帳は、あと一つで黒コインでいっぱい(100個)になり、そうなると良い心が空っぽになってしまう、というのだ。


ゆうたは目の前が真っ暗な気持ちになる。もし良い心が一つもなくなってしまったら、すごく意地悪な人になって、みんなに嫌われてしまうかも・・。ゆうたは家に帰ってからも心が重い。


翌日、ゆうたは再度「きもちぎんこう」へ向かう。途中、手の不自由なここみちゃんが困っているのに出くわす。ゆうたが手を貸そうか、と思った時、横から知らないおばさんがここみちゃんを助けてあげた。なんでここみちゃんに声をかけてあげなかったんだろう。


ゆうたはきもちぎんこうに到着。その時、「ジャリーン」という音が!!
ゆうたが怖くなって番頭さんに泣きつくと、今のは、ここみちゃんの通帳の音だ、という。
番頭さんが見せてくれたここみちゃんの通帳には、「意気地なし」「弱虫」と書かれたコインがある。
しかし、ここみちゃんの通帳には銀色に輝くコインも沢山ある。


銀色のコインには「チャレンジ」「勇気」「努力」などと書かれている。その人がしたい、本当の気持ちを行動したときに、銀色コインが貯まるらしい。
番頭さんは、銀色コインが増えると、黒コインが減っていくので、ここみちゃんは大丈夫だ、という。



翌朝ゆうたは登校中に、一年生の女の子の帽子が飛ばされているのに気が付いた。ゆうたは帽子を追いかけて行き、帽子を掴んで、女の子に返してあげた。

「チャリーン」

道端で困っているおばあさんの荷物を持ってあげた。

「チャリーン」

学校に着き、転びそうになった所を、ここみちゃんが心配してくれた。
「ありがとう」

「チャリーン」


下校時間、雨が降りだした。ゆうたとここみちゃんはお店の軒下で雨宿り。
ゆうたは「きもち通帳」のことをここみちゃんに話してみた。
すると、以前ここみちゃんの所にも、番頭さんが現れていたことがわかる。


ゆうたくんって本当は優しいんだね、と話すここみちゃん。


二人を陰から見ていた番頭さん、「ゆうた通帳はもう大丈夫」と、銀行に戻って行く。




おしまい。





悪い行動をすると「黒コイン」、良い行いをすると「銀色コイン」が貯まる「きもち銀行」。
大人が読むと、黒コインにしろ銀色コインにしろ、銀行にお金が貯まってなんで銀行から手紙が来るねん!(笑)
とツッコミたくなりますが、そこはご愛敬。

気持ち銀行としては、銀色コインの多いお客さんが優良顧客なんでしょうね




そんなことはともかく、良い行いをすれば、強い気持ちが更に強くなる
悪い行いをすれば、良い心がなくなっていく、というのは小さな子どもにもわかりやすいですね。


読書感想文としても、書きやすいテーマかな、と思います。



小学校低学年くらいまでのお子さんにおすすめします。第62回青少年読書感想文全国コンクール・低学年の部の課題図書です。









この絵本に関する口コミ等を楽天ブックス・Amazonにてご確認頂くことが出来ます。様々な口コミがありますので、ご参考なるかと思います。

Amazonにて「ひみつのきもちぎんこう」の口コミ等をご覧になるかたはこちら


楽天ブックスにて「ひみつのきもちぎんこう」の口コミ等をご覧になるかたはこちら








★他にも当ブログにて「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書」低学年の部の本をご紹介しています。

※「ボタンちゃん
(当ブログにて「ボタンちゃん」をご紹介しています)

ボタンちゃん (PHPわたしのえほん)

新品価格
¥1,404から
(2016/7/26 22:04時点)







※「みずたまのたび
(当ブログにて「みずたまのたび」をご紹介しています)

みずたまのたび

新品価格
¥1,404から
(2016/7/11 14:41時点)







※「アリとくらすむし
(当ブログにて「アリとくらすむし」をご紹介しています)

アリとくらすむし (ふしぎいっぱい写真絵本)

中古価格
¥1,990から
(2016/5/10 15:48時点)














売れている絵本ランキング


Amazon・楽天ブックスで売れている絵本ランキングはこちら

ミリオンセラーの絵本ランキングはこちら











2016年06月16日 Posted by はるるん at 12:58 | 小学生からおすすめ | この記事のURL
「セロひきのゴーシュ」…宮沢賢治の童話 謙虚な気持ちで・・

ご存知の通り、「セロ弾きのゴーシュ」は宮沢賢治の作品です。
「セロ」は「チェロ」のことであり、賢治自身も、チェロを練習した経験があったそうです。


有名なお話ですので、沢山の出版社から様々な画家の挿絵で出版されています。


その中で、


茂田井茂さんの絵(福音館書店)の「セロひきのゴーシュ」以下:福音館版と表記)と

赤羽末吉さんの絵(偕成社)の「セロ弾きのゴーシュ」以下:偕成社版と表記)


を比較してみたいと思います。







*** 福音館版 ****************


セロひきのゴーシュ (福音館創作童話シリーズ)

新品価格
¥1,188から
(2016/6/15 12:45時点)




宮沢 賢治(みやざわけんじ)作
茂田井 武(もたい たけし)絵
福音館書店
1966年4月1日 初版発行

福音館創作童話シリーズ
小学校初級以上

厚生省中央児童福祉審議会推薦図書
全国学校図書館協議会選定「必読図書」






この絵本に関する口コミ等を楽天ブックス・Amazonにてご確認頂くことが出来ます。様々な口コミがありますので、ご参考なるかと思います。

(統計を取ったわけではありませんが、大抵、口コミ件数はAmazonより楽天ブックスの方が多いです。どちらも送料無料で、値段はAmazonも楽天も変わりませんので、楽天ポイントの付く楽天ブックスで購入される方が多いのかもしれません。)


Amazonにて「セロひきのゴーシュ」の口コミ等をご覧になるかたはこちら


楽天ブックスにて「セロひきのゴーシュ」の口コミ等をご覧になるかたはこちら









*** 偕成社版 ****************



セロ弾きのゴーシュ (日本の童話名作選)

新品価格
¥2,160から
(2016/6/15 12:46時点)




宮沢 賢治(みやざわけんじ)作
赤羽 末吉(あかばすえきち)絵
偕成社
1989年10月 1刷
全国学校図書館協議会選定
日本図書館協会選定






この絵本に関する口コミ等を楽天ブックス・Amazonにてご確認頂くことが出来ます。様々な口コミがありますので、ご参考なるかと思います。

(統計を取ったわけではありませんが、大抵、口コミ件数はAmazonより楽天ブックスの方が多いです。どちらも送料無料で、値段はAmazonも楽天も変わりませんので、楽天ポイントの付く楽天ブックスで購入される方が多いのかもしれません。)

Amazonにて「セロ弾きのゴーシュ」の口コミ等をご覧になるかたはこちら


楽天ブックスにて「セロ弾きのゴーシュ」の口コミ等をご覧になるかたはこちら










*** 福音館版と偕成社版の比較 ***



画家について


●福音館版は茂田井武さん

茂田井武(もたい たけし)さん(1908年〜1956年)は童画家です。

茂田井武さんを紹介するサイトはこちら




●偕成社版は赤羽末吉さん

赤羽末吉(あかばすえきち)さん(1910年〜1990年)は絵本画家です。「スーホの白い馬」や「だいくとおにろく」「ももたろう」などの絵本の挿絵でも知られています。


※「スーホの白い馬
当ブログにて「スーホの白い馬」をご紹介しています

スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)

新品価格
¥1,404から
(2016/1/14 13:26時点)





※「だいくとおにろく
当ブログにて「だいくとおにろく」をご紹介しています

だいくとおにろく(こどものとも絵本)

新品価格
¥864から
(2016/1/14 13:24時点)





※「ももたろう
当ブログにて「ももたろう」をご紹介しています

ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)

新品価格
¥1,188から
(2016/1/14 13:23時点)








文について


●福音館版は題名も「セロひき」となっているようにひらがなが多い

●偕成社版は題名も「セロ弾き」となっているように漢字が多い



例:冒頭部分

<福音館版>
ゴーシュは町の活動写真館でセロをひくかかりでした。けれどもあんまりじょうずでないというひょうばんでした。

<偕成社版>
ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。けれどもあんまり上手でないという評判でした。




ただし、どちらも使われている漢字のすべてにフリガナがふってあります

勿論、文章は宮沢賢治が書いたものですので、平仮名・漢字の違い以外は、一言一句同じ文です。改行の位置も同じです。





絵について


●福音館版は、挿絵の枚数が本文中に8枚あります。(本文は51ページまで)


●偕成社版は、挿絵の枚数が本文中に22枚あります。(本文は47ページまで)


偕成社版はほぼ毎ページ挿絵があるのに対し、福音館版は絵がまったくない、字だけのページも沢山あります。

小さなお子さんに絵を見せながら読み聞かせる場合は、福音館版は少し物足りないかもしれません。



絵本サイズについて



●福音館版は  横18.5p×縦20.5p×厚さ1.2p ほど(私個人が測ったので、多少の誤差はあります)

●偕成社版は  横24p×縦28.3p×厚さ1p   ほど(私個人が測ったので、多少の誤差はあります)


偕成社版の方がサイズが大きく、大勢の子どもたちへの読み聞かせには向いているかもしれません。持ち運ぶには、小さ目の福音館版がおすすめです。







挿絵について



これは、客観的なものではなく、私個人の感想になります。



●表紙

福音館版と偕成社版の表紙を見比べた時、ぱっと目に入って印象に残るのは福音館版です。どちらもゴーシュがチェロを弾いている場面が描かれていますが、福音館版は色がはっきりしており、うさぎや鳥なども描かれていて、楽しそうな雰囲気が伝わってきます。対して、偕成社版はしっとりした色合いでゴーシュの淋しい・ぱっとしない気持ちが表現されているように思います。

ただ、すべてのページにおいて、福音館版で描かれているチェロ(セロ)は楽器の上の部分(渦巻きにつながる部分)が途中から曲がっているように見えます。偕成社版では上まですっと伸びています。
私の知る限り、チェロの上部分はまっすぐ伸びているように思うので、福音館版のチェロは少し違和感を覚えます。(昔のチェロは曲がっていたのでしょうか??)



●挿絵

*楽団の練習風景。

福音館版は人、一人一人がはっきり描かれ、楽器のようすや指揮者の表情まで見て取れる。
偕成社版は、楽団を遠くから描いており、楽団員がみな影のように描かれているので、表情や細部は見て取れない。
(個人的には福音館版の方が楽しめるかなと思います)




*セロを抱えて帰るゴーシュ

福音館版はゴーシュの表情が見えるが、特に悲しそうにも見えない。
偕成社版は星空の下、夜道をとぼとぼと歩いているゴーシュが描かれており、ゴーシュの悲しさ・口惜しさを感じる。




*三毛猫

福音館版はトマトをツルごと引っ張って持って来ている
偕成社版はトマトを袋に詰めて持って来ている





*他にも、かっこうが窓から飛び出していくさま、たぬきとゴーシュのかけあい、などなどの場面。

偕成社版は周りが影のように描かれることが多いのに対し、福音館版は部屋の様子まで描かれている。個人的には細部まで楽しめる福音館版が好み。




*福音館版で一番おすすめの絵

ゴーシュのいる家の中の様子と、外の様子を一度に描いている場面。ゴーシュとねずみのやりとりだけでなく、家の外ではうさぎやねこ、みみずくなどがゴーシュの家の周りに集まり、ゴーシュの奏でる音に耳をすましている様子が描かれている。個人的には福音館版の「セロひきのゴーシュ」の中でこの絵が一番好き。文にはない所まで描かれている。



*ゴーシュがアンコール曲を弾く場面

福音館版は、ゴーシュを背中から描くことで、沢山の観客の驚くような生き生きとした表情が見て取れる。ゴーシュが勢いよく弾いている様が見て取れる。

偕成社版は、読者が観客の一人のような、ゴーシュを正面から遠くに見ているように描かれている。静かな会場の雰囲気が感じられる。

個人的には、勢いが感じられ、観客の息を呑むような、驚いた様子が伝わってくる福音館版の方が好みです。




※※※ 全体を通して ※※※

福音館版は各々の表情が豊かで、こまごまとした所まで描かれている印象です。

偕成社版は全体を通して静謐な空気が感じられ、読者の想像にゆだねられている部分が多い絵だと思います。










あらすじ



内容は福音館版も偕成社版も、どちらも全く同じです。



内容は・・・


ゴーシュは活動写真館(今で言う映画館)でセロ(チェロ)を弾く係りでした。けれども、楽団の中で一番下手で、いつも楽長にいじめられるのでした。


ゴーシュはリズムに出遅れ、音がずれ、感情のこもらない音しか出せず、楽長から何度も怒られました。


その晩、ゴーシュはチェロを持って家に帰りました。
そして、昼間に練習した曲を何度も何度も弾きました。


夜中をすぎたころ、三毛猫が入ってきました。
三毛猫はゴーシュの庭に植えてあった、まだ緑色のトマトをお土産に持って来ました。ゴーシュは怒りました。


ネコはゴーシュに「トロイメライ」を弾いてくれるように頼みます。しかしゴーシュは「インドの虎狩り」を弾きました。ネコは苦しがって悶え、ゴーシュの周りをまわりました。ゴーシュは弾き終わるとネコの舌でマッチを擦って自分のたばこに火をつけると、ネコを外に出してやりました。


次の晩、ゴーシュがまた夜中まで練習をしていると、こんどはカッコウがやってきました。カッコウは音楽(ドレミファ)を教わりたい、と言うのです。ゴーシュは「ドレミファソラシド」を弾いてやりますが、カッコウはそれは違う、というのです。ゴーシュは怒りますが、だんだんカッコウの声の方が本当のドレミファにはまっている気がしてきます。ゴーシュはカッコウに合わせて「ドレミファ」を何度も弾いてやります。そのうち、ゴーシュは疲れたので弾くのをやめると、まだまだ弾いてくれるようにカッコウは頼みますが、ゴーシュが怒ると、窓ガラスにぶつかりながらも、飛んで逃げて行きました。



その次の晩、ゴーシュが夜中すぎまでチェロを弾いていると、今度はたぬきの子が入って来ました。たぬきはお父さんに、小太鼓をゴーシュと合わせるように言われて来たのです。タヌキの子は、ゴーシュの弾く「ゆかいな馬車屋」に合わせてチェロのコマの下のところを拍子をとって叩きます。弾き終わると、タヌキの子は、二番目の糸を弾く時に、ゴーシュが遅れる気がする、と言うのです。ゴーシュとタヌキの子は明け方まで練習し、タヌキの子はお礼を言って帰って行きます。


その次の晩、また扉を叩く音がします。「おはいり」というと野ねずみの親子が入って来ました。野ねずみのお母さんは子どもの病気を治して欲しい、と頼みます。ゴーシュが医者ではない、と断ると、野ねずみはゴーシュがチェロを弾くとあんまの代わりになって、みんなの病気が治っている、というのです。それを聞くと、ゴーシュは野ねずみの子をチェロの穴から中に入れて、一曲弾きました。弾き終わって野ねずみの子が出てくると、すっかり良くなっています。ゴーシュは野ねずみにパンを一切れやり、野ねずみは帰っていきました。



それから六日後、楽団の公演が終わり、みんな舞台から引き揚げてきました。ホールでは拍手が鳴りやみません。司会者が楽長にアンコールを依頼しました。楽長はゴーシュに、舞台に出て、何か弾いてくるように言います。


ゴーシュは無理に舞台に押し出されると、仕方なく「インドの虎狩り」を弾きました。聴衆はシーンとなって聞き入っています。弾き終わるとゴーシュは素早く楽屋へ逃げ込みました。


楽長がゴーシュの前に来て「良かった!」と褒めました。仲間からも褒められます。


ゴーシュは家に帰ってくると、

「ああかっこう。あのときはすまなかったなあ。おれはおこったんじゃなかったんだ。」

と言いました。






おしまい。







このお話で賢治が何を伝えたかったのかは分かりません。


しかし、怒りっぽく傲慢だったゴーシュが、少しずつ自分の(音楽の)間違いに気付くようになり、それと同時に心も穏やかに変化していきます。


ゴーシュはタヌキの子に「いい人」だと言われ、ねずみのお母さんに「ゴーシュの演奏は病気を治す」と言われます。そのままの自分を認めてくれる相手に出会ったゴーシュは、ささくれ立っていた心が、次第に落ち着いて行くのです。


そうすると、ゴーシュは動物たちの率直な感想に素直に耳を傾けることが出来るようになり、自分の間違いに気づきます。そうして練習を重ねることで、演奏の完成度が増したのだと思います。


ゴーシュの場合は「音楽」でしたが、音楽や芸術にとどまらず、人から生み出されたものには、その人の心が表わされている ことを教えられた気がします。謙虚な気持ちで、色んな人の声に耳を傾けることが、自分を磨いていくことになるのかもしれませんね。




小学校初級くらい〜大人の方にまでおすすめします。














★福音館・偕成社以外にも、「セロ弾きのゴーシュ」の絵本はあります。

※「セロひきのゴーシュ」・・にっけん教育出版社

セロひきのゴーシュ―宮沢賢治の童話絵本

新品価格
¥1,404から
(2016/6/15 15:26時点)





※「セロひきのゴーシュ」・・金の星社

セロひきのゴーシュ (大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本)

新品価格
¥1,512から
(2016/6/15 15:30時点)






※「セロ弾きのゴーシュ」・・講談社


セロ弾きのゴーシュ

新品価格
¥2,469から
(2016/6/15 15:31時点)






※「セロひきのゴーシュ」・・三起商行


セロ弾きのゴーシュ (ミキハウスの宮沢賢治絵本)

新品価格
¥1,620から
(2016/6/15 15:32時点)







売れている絵本ランキング


Amazon・楽天ブックスで売れている絵本ランキングはこちら

ミリオンセラーの絵本ランキングはこちら








2016年06月13日 Posted by はるるん at 15:22 | 小学生からおすすめ | この記事のURL
「ここで土になる」…静かな「強さ」

ここで土になる

新品価格
¥1,512から
(2016/6/13 14:15時点)




大西 暢夫(おおにしのぶお)作
アリス館
2015年10月25日 初版発行






第62回(2016年)青少年読書感想文全国コンクール 課題図書高学年の部に選定されている本です。




「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧」はこちら




尚、この本は写真絵本ですが、小学校高学年(5,6年生)以上向きかと思います。一本のイチョウの木とそれを見守ってきた夫婦を描いた、ドキュメンタリー絵本です。


写真は、白黒写真がほとんどで、数枚、カラー写真が混ざっています。文には漢字も沢山ありますが、すべてにフリガナが振られています。小さなお子さんには難しい内容です。







内容は・・・




昔、安心(あんじん)という和尚さんがイチョウの根元に穴を掘り、その中で鐘を鳴らしながら修行をしたという。鐘の音は一週間ほど聞こえたが、最後には聞こえなくなったそうだ。



その大きなイチョウは熊本県・五木村にあり、村人たちは「田口の大イチョウ」と呼んでいる。


尾方 茂(おがた しげる)さんと妻のチユキさんは生まれてからずっと五木村で暮らしている。結婚してもう60年。茂さんは、安心和尚の話をくり返す。


大イチョウの周りには、広場や共同墓地などがあり、いつも人が集まり、賑やかな場所だった。大イチョウは何百年も前からそんな村の風景を見守って来た。


街から遠く離れた五木村は、四方を山に囲まれた山村で、人々は山仕事や畑仕事で汗を流した。役場、学校、旅館もあり、民家も沢山あった。




・・・でも今は茂さんとチユキさんの二人しか暮らしていない。



他の村人は全員ここから引っ越した。
この場所にダム建設の計画が持ち上がったから。ダムが完成すれば、この集落は水の底に沈んでしまう。
集落に残ったのは、大イチョウと共同墓地と尾方さん夫婦の暮らしだけ。


少しずつ工事が始まり、家が取り壊され、墓地の移動も始まった。
大イチョウも水没しない場所に植え替えようと計画された。


大イチョウに足場が組まれ、枝が払われ根も切られた。とても苦しそうに見えた。






・・・そんなある日、ダムの計画が止まった。
元の村の姿に戻すことはもうできない。


周りは誰もいなくなったが、尾方さんは今までと同じようにここに住み続けている。


傷ついた大イチョウは葉の大きさが小さくなり、一粒の銀杏もならなかった。


茂さんは大イチョウの根元に沢山の肥料を入れた。
それでも、銀杏は実らなかった。


尾方さん夫婦がここから離れることは、大イチョウがここから引きはがされることと同じことのように思えた。


大イチョウとお墓の真上にりっぱな橋が造られようとしていた。
そんな中、茂さんは尾方家の墓を、再び大イチョウの根元に戻した。


尾方さん夫婦がここから出なかったのは、「安心和尚」のようにここの大地になるため、そんな風に思えた。


尾方さん夫婦は、大イチョウと共にここで生きようとしていた。








おしまい。




ダム建設の計画と中止に翻弄された五木村の人々。
そんな中、五木村から離れなかったご夫婦と、大イチョウのお話。


尾方さんご夫婦がこの土地から離されるということは、
イチョウがこの土地から引きはがされるのと同じ痛み。


白黒写真は多くを語らず「静か」ですが、その分、伝えたいことだけが目に入ってくるように思います。
私は、尾方さんの穏やかな笑顔の底にある「静かな強さ」をひしひしと感じました。





小学校高学年くらいのお子さん〜おすすめします。








この絵本に関する口コミ等を楽天ブックス・Amazonにてご確認頂くことが出来ます。様々な口コミがありますので、ご参考なるかと思います。

(統計を取ったわけではありませんが、大抵、口コミ件数はAmazonより楽天ブックスの方が多いです。どちらも送料無料で、値段はAmazonも楽天も変わりませんので、楽天ポイントの付く楽天ブックスで購入される方が多いのかもしれません。)

Amazonにて「ここで土になる」の口コミ等をご覧になるかたはこちら


楽天ブックスにて「ここで土になる」の口コミ等をご覧になるかたはこちら








「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧」はこちら


※第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧の高学年の部の「ワンダー」「茶畑のジャヤ」も当ブログにてご紹介しています。


※「ワンダー
当ブログにて「ワンダー」をご紹介しています

ワンダー Wonder

新品価格
¥1,620から
(2016/6/13 15:19時点)







※「茶畑のジャヤ
当ブログにて「茶畑のジャヤ」をご紹介しています

茶畑のジャヤ: この地球を生きる子どもたち (鈴木出版の児童文学 この地球を生きる子どもたち)

新品価格
¥1,620から
(2016/6/13 15:20時点)












★大西暢夫(おおにし・のぶお)さんは、 写真家、映画監督、作家、記者です。
1968年生まれで、岐阜県揖斐郡池田町に育ちました。

*チェルノブイリ原発事故で故郷に残る村民にカメラを向けた「ナージャの村」(本橋成一監督)のカメラマン

*ダム湖に沈んだ岐阜県旧徳山村の人々を追った映画「水になった村」の映画監督

などもされています。映画「水になった村」は水力ダム建設の意義を問いかける内容で、この映画で一躍、名が知られるようになりました。

大西さんのプロフィールはこちら







売れている絵本ランキング


Amazon・楽天ブックスで売れている絵本ランキングはこちら

ミリオンセラーの絵本ランキングはこちら







2016年06月13日 Posted by はるるん at 13:29 | 小学生からおすすめ | この記事のURL
「木のすきなケイトさん」…諦めないこと・・・きっと、夢は叶う

木のすきなケイトさん―砂漠を緑の町にかえたある女のひとのおはなし

新品価格
¥1,728から
(2016/5/10 15:51時点)




H.ジョゼフ・ホプキンズ 文 
ジル・マケルマリー    絵 
池本 佐恵子        訳
BL出版
2015年9月15日 第一刷発行





第62回(2016年)青少年読書感想文全国コンクール 課題図書中学年の部に選定されている本です。



「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧」はこちら





尚、青少年読書感想文全国コンクール 課題図書 中学年の部の「さかさ町」「二日月」は絵本ではありませんが、「木のすきなケイトさん」は絵本です



表紙は、ケイトさんと思われる少女が森の中で寝そべっている絵が描かれています。表紙に題名は書かれていますが、文(H.ジョゼフ・ホプキンズさん)や絵(ジル・マケルマリーさん)、翻訳者(池本 佐恵子さん)の名前は書かれていません。(背表紙に書かれています)表紙のイラストを最大限生かすための配慮かな、と思いました。




夢をあきらめないこと、を教えてくれる、本当にあったお話です。





内容は・・・



ケイトは北カリフォルニアの森で育ちました。
ケイトは森で葉や花で遊びました。


学校で一番好きな授業は、木や草花についてのことでした。
この時代、女の子は科学の勉強なんてしなくていい、と言われていましたが、ケイトは科学の勉強をあきらめませんでした。


木はケイトの友達でした。
ケイトは森にいるとのびのびして幸せでした。


大きくなるとケイトは家を離れ、大学で科学を学び、世界中の木について勉強しました。
1881年、ケイトは女性として初めて、カリフォルニア大学を科学者として卒業しました。


大学を離れたケイトは南カリフォルニアのサンディエゴで働くことになりました。
そこは砂漠の町で、木がほとんどありませんでした。


ケイトはそこで二年間、学校の先生として働きました。
学校からは町の公園が見えますが、そこはゴミをすてる場所のようでした。
サンディエゴの人々はあんな所に木は育つはずはないと思っていましたが、ケイトはあの公園にもきっと育つ、と思っていました。


ケイトはサンディエゴにも木が欲しくてたまらず、先生をやめて園芸家になりました。
サンディエゴは、日差しの強い乾いた土地ですが、ケイトはそういう土地で育つ木がきっと見つかる、と信じていました。


ケイトは世界中の園芸家に手紙を書き、砂漠でも育つ種を送ってもらえるように頼みました。また、ケイトは世界中の木をずっと勉強しました。


やがてケイトが手に入れた木が町中に植えられました。公園、広場、学校や人々の家の庭にも植えられました。


砂漠の町でも木が沢山育つなんてほとんどの人は知りませんでした。


1909年、「パナマーカリフォルニア博覧会」が6年後に開かれることが決定し、学校から見えるあの公園(バルボア公園)が会場に決まりました。公園にはもっと沢山の木が必要です。ケイトは親しい人たちに頼み、色んな人の力を借りて沢山の木を植えました。



博覧会が始まった時、町は準備が整っていました。沢山の木や植物が公園に茂っていました。サンディエゴにこんなに素晴らしい庭園があるなんて、お客さんたちは信じられませんでした。


博覧会の後、ケイトは数々の賞を受け、ケイトは「バルボア公園の母」と呼ばれるようになりました。その後もケイトは木を植え続け、1940年に亡くなりました。


砂漠だったサンディエゴは今では緑いっぱいの美しい町になっています。







おしまい。




小学校中級くらいのお子さんからおすすめします。どんな困難にあっても夢を持ち続け、あきらめずに行動すれば、きっと夢がかなう、と思えるお話です。夢を持ち続けることを応援してくれる絵本です。




★この絵本の主人公のケイトさん(キャサリン・オリヴィア・セションズさん(1857年〜1940年))は実在の人物です。アメリカの造園家です。









この絵本に関する口コミ等を楽天ブックス・Amazonにてご確認頂くことが出来ます。様々な口コミがありますので、ご参考なるかと思います。

(統計を取ったわけではありませんが、大抵、口コミ件数はAmazonより楽天ブックスの方が多いです。どちらも送料無料で、値段はAmazonも楽天も変わりませんので、楽天ポイントの付く楽天ブックスで購入される方が多いのかもしれません。)

Amazonにて「木のすきなケイトさん」の口コミ等をご覧になるかたはこちら


楽天ブックスにて「木のすきなケイトさん」の口コミ等をご覧になるかたはこちら









「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧」はこちら


中学年の部の課題図書を当ブログにてご紹介しています。

※「二日月
当ブログにて「二日月」をご紹介しています

二日月 (ホップステップキッズ!)

新品価格
¥1,404から
(2016/6/13 12:28時点)







※「さかさ町
当ブログにて「さかさ町」をご紹介しています

さかさ町

新品価格
¥1,512から
(2016/6/13 12:28時点)














売れている絵本ランキング


Amazon・楽天ブックスで売れている絵本ランキングはこちら

ミリオンセラーの絵本ランキングはこちら







2016年06月06日 Posted by はるるん at 12:43 | 小学生からおすすめ | この記事のURL
「茶畑のジャヤ」…たくさん想像すること。

茶畑のジャヤ: この地球を生きる子どもたち (鈴木出版の児童文学 この地球を生きる子どもたち)

新品価格
¥1,620から
(2016/6/3 13:35時点)




中川なをみ  作
門内 ユキエ  絵
鈴木出版
2015年9月30日 初版第一刷発行






第62回(2016年)青少年読書感想文全国コンクール 課題図書高学年の部に選定されている本です。


「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧」はこちら



尚、この本は絵本ではありません。小学校高学年(5,6年生)以上向きかな、と思います。字がほとんどで、絵が間に数ページ挟まっているような本です。あとがきを抜いた本文は、211ページあります。  







主人公の「周(しゅう)」は勉強は出来るけれど運動は苦手な11歳の男の子。
友達だった洋介がクラスを牛耳っている健一郎と親しくなり、周は孤立してしまう。幼馴染みの加奈は周を気遣うが、周は強がる。


ある日、周の上靴が誰かに隠されてしまう。そんな周を、おじいちゃんは「スリランカに行こう」、と誘ってくれた。



スリランカの広大で美しい景色をバックグラウンドに、飾らない・素朴な人たち(でも近頃の内戦で深く傷ついている)と出会い、縛られない環境を楽しむ間に、周は少しずつ「強さ」を手に入れていく・・・。







内容は・・・




勉強が取り柄の「周」だが、親友だった「洋介」が「健一郎」のグループと親しくなりだし、孤立してしまう。幼馴染みの加奈は心配してくれるが、周は加奈に冷たくあたってしまう。
そんな折、周の上靴が誰かに隠される。

おじいちゃんはそんな周に、「スリランカに行こう」と誘ってくれた。


おじいちゃんと周はスリランカに着いた。
運転手のセナは、遅刻してきた上、友達とタミル語で長話をしているが、まったく悪びれる様子はない。


おじいちゃんは素直な人が好きだ。自分をかざらないで正直であること、そしてありのままでいられる人のことらしい。(中略)人は素直であることがだいじで、勉強とかスポーツとか、どんな仕事をするとかは、人生のおかずみたいなものだそうだ。



セナはそんなおじいちゃんの理想に「近い人」のようだ。



ニワトリの声で目ざめるとおじいちゃんがいない。
階段を下りるとコックのカスーンがいた。セナとは全く違う顔だちをしている。カスーンは「シンハラ人」だという。


汚い洗面台で顔を洗い、清潔とは言えないダイニングで朝食を食べた。その後、周は散歩に出かけた。
少し行くと、茶畑の山が現れた。日本の茶畑は整然と切りそろえられているが、こちらの茶畑は自然のまま、雑木林にように生えている。ここで作られているのは紅茶だ。


突然、畑の中から声を掛けられた。僕と同じぐらいの背の女の子だ。名前は「ジャヤ」。ジャヤはセナの娘だった。


家に帰るとカスーンが、「セナもジャヤもタミル人だから仲良くしたらダメだ」という。どうやら、シンハラ人は賢く、よく働き、金持ちだが、タミル人は現場で力仕事をして貧しい生活をしている人が多いらしい。


ジャヤが家の外で待っていた。綺麗な景色を見せてくれる、というので周はついていく。ジャヤについて必死に斜面を登っていくと、鉢状の茶畑が広がる広大な景色が広がっていた。


おじいちゃんと夕食を食べる周は、シンハラ人とタミル人はなぜ同じスリランカ人なのに仲が悪いのかを聞いてみた。おじいちゃんはセナを呼んだ。


セナは内戦の語り部だという。そこで周はスリランカの悲しい歴史を聞かされる。
シンハラの王が収めていたスリランカが、イギリスに植民地にされたこと。
イギリスは150年間スリランカを植民地にし、お茶(紅茶)の木を植え、同じくイギリスに植民地化されていたインドから働く人を連れてきたこと。
インドから来た人がタミル人。
元々いた人がシンハラ人。



その頃のシンハラ人はとても貧乏で、お茶を作っていたタミル人が金持ちだった。しかし、イギリスから独立すると、人口の多かったシンハラ人の政治家が増え、シンハラ人に良い事ばかりを決めたことで、タミル人は貧乏になっていった。


タミル人たちは我慢が出来なくなり、26年もの間、内戦が続いた。内戦が終わったのは2009年。死者は7万人以上。



セナは、内戦はおなじ国民の殺し合いだ、と言い切った。そして、殺し合いにならないように一生懸命に考えることが大切だと話す。


勉強してかしこくなったら、たくさん考えられる。知識と経験がたくさんあれば、想像する力もついてくる。人の気持ちが想像できる。ものごとの先が想像できる。たくさん想像できる人は人を殺さない。悲しみが想像できるから


モノは一面を見ただけで分かったつもりになってはいけないのだ、と周は気付く。想像することが大事なんだ。



二日目、周、おじいちゃん、セナ、ジャヤはポロンナルワまで観光に行く。(周、サルに襲われ、ジャヤに助けられる。)


三日目、セナ、ジャヤと別れ、周とおじいちゃんは海辺のリゾート地、ミリッサへ。(途中、周のスニーカーが盗まれる)


必要なのは、ひとりでいても大丈夫だと思える強さだ、と気づいた周。
ミリッサの波は力強く、高い壁のようになっている。周は波が高いので、浜辺で遊ぶことにする。
しかし、フィンランドから来た若い男三人は、その波に立ち向かい、笑い転げている。あの波のなかに何か面白いものが隠されているのだろうか。


意を決して、周は海へ向かって進んでいく。あの壁の中が見てみたい。水の強さは強い。周は波にのまれ、回転させられ、なされるがままだ。ふと気付くと、海水が消えている。また波に襲われる前に、慌てて海から逃げた。怖かったけれど、嫌な気分ではなかった。自分の力の及ばない世界に、一人で乗り込んでいけた。


2度目、3度目と高い壁(波)に挑戦するうち、面白いと感じるようになった。周は自由になれる方法を確かめたかった。



そろそろ日本に帰らなくてはならない。航空券2枚がなかなか取れないと聞き、周は一人で帰れる、と言う。
洋介に会いたい。
周は洋介を色んな角度から見ようとする。ぼくは今まで、自分の都合のいい方向からだけ洋介をみていたような気がする。


もう逃げたくない。息苦しくなったら、じっとしていたらいいのだ。いっぱい考えてたくさん想像していたら、新しい場所で新しい友達に出会えると信じたい。



次の日、周は一人で成田行きの飛行機に乗った。





おしまい。






小学校高学年くらいのお子さん〜おすすめします。日本とは違う(スリランカの)文化や環境に触れることで、自分自身が今、どういう立ち位置にいるのか感じることが出来るかと思います。また、「たくさん想像する」ことの大切さと、一人を恐れない「強さ」を教えてくれる内容です。









この絵本に関する口コミ等を楽天ブックス・Amazonにてご確認頂くことが出来ます。様々な口コミがありますので、ご参考なるかと思います。

(統計を取ったわけではありませんが、大抵、口コミ件数はAmazonより楽天ブックスの方が多いです。どちらも送料無料で、値段はAmazonも楽天も変わりませんので、楽天ポイントの付く楽天ブックスで購入される方が多いのかもしれません。)

Amazonにて「茶畑のジャヤ」の口コミ等をご覧になるかたはこちら


楽天ブックスにて「茶畑のジャヤ」の口コミ等をご覧になるかたはこちら









「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧」はこちら


高学年の部の課題図書を当ブログにてご紹介しています。

※「ここで土になる
当ブログにて「ここで土になる」をご紹介しています

ここで土になる

新品価格
¥1,512から
(2016/6/13 15:29時点)








ワンダー」との比較

第62回(2016年)青少年読書感想文全国コンクール 高学年の部の課題図書である
茶畑のジャヤ」と「ワンダー」を比較したいと思います。
課題図書を選ばれる際の参考になれば幸いです。


※「ワンダー
当ブログにて「ワンダー」をご紹介しています

ワンダー Wonder

新品価格
¥1,620から
(2016/5/30 20:53時点)





●総ページ数

ワンダー:421ページ(「あとがき」なし)
ジャヤ :211ページ(「あとがき」を除く)

ワンダー」の方が読み応えがあります。




●本のサイズ(私個人が計測しているのでおおよそのサイズです)

ワンダー:21.5(縦)×15 (横)×2.8p(厚さ)
ジャヤ :19.5(縦)×13.5(横)×1.4p(厚さ)

ワンダー」の方が一回り大きいです。




●内容

ワンダー」も「茶畑のジャヤ」も、10歳〜11歳の少年が主人公です。どちらも、友達から孤立してしまうところが出発点です。ただし、「ワンダー」は友人たちに受け入れられる所までが書かれているのに対し、「茶畑のジャヤ」は孤立に立ち向かう強さを手に入れた所までが書かれています。

どちらの本も、主人公が「いじめ」や「偏見」に合い、そこから立ち直るまでの過程を描いているところは似ているかと思います。









★作者の中川なをみ(なかがわ・なおみ)さんは山梨県生まれです。『水底の棺』(くもん出版)で日本児童文学者協会賞を受賞されています。


水底の棺 (くもんの児童文学)







★絵の門内ユキエ(もんないゆきえ)さんは愛知県生まれの画家です。メキシコやブラジル、ベナン共和国(アフリカ)などに滞在しながら制作活動をされています。主な作品に『旅立つ理由』(岩波書店)、『クロティの秘密の日記』(くもん出版)などがあります。

旅立つ理由

新品価格
¥2,484から
(2016/5/24 15:59時点)





クロティの秘密の日記 (くもんの海外児童文学)

新品価格
¥1,620から
(2016/5/24 15:59時点)










売れている絵本ランキング


Amazon・楽天ブックスで売れている絵本ランキングはこちら

ミリオンセラーの絵本ランキングはこちら







2016年06月01日 Posted by はるるん at 14:53 | 小学生からおすすめ | この記事のURL
「さかさ町」…笑って楽しいだけじゃない、いつもの「常識」がひっくり返る!?ほどの衝撃!

さかさ町

新品価格
¥1,512から
(2016/5/10 15:50時点)




F.エマーソン・アンドリュース・作 
ルイス・スロボドキン・絵 
小宮 由・訳
岩波書店
2015年12月17日 第一刷発行



第62回(2016年)青少年読書感想文全国コンクール 課題図書中学年の部に選定されている本です。


「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧」はこちら





尚、この本は絵本ではありません。小学校中学年(3,4年生)以上向きかと思います。字がほとんどで、絵が字の上下に所々挿入されているような本です。本文は91ページまであります。  



今までこんなこと、考えてもみなかった!
だけど、面白おかしいだけじゃない!
あれ?ちょっとまって!
意外とこれ、良い考えかも!??





内容は・・・



リッキーとアンは汽車に乗っておじいちゃんの家に向かっています。
しかし、線路の事故があり、汽車が「さかさ町駅」で止まってしまいました。
今日はこの町で一泊するしかありません。


「さかさ町駅」の看板は、字が上下さかさまに書いてあります。
家も、上下がひっくり返ったように建っています。
車も屋上へ停めています。
二人は車掌さんの案内で、ホテルに到着しました。


ホテルに入ると、ベビーサークルの中におじいさんが入って遊んでいます。
そしてホテルの受付は、リッキーよりも少し大きい男の子が務めています。
リッキーは驚いて、ホテルの受付の男の子(チャーリー)に訳を尋ねました。



このとおり、さかさ町では、子どもがはたらき、おとしよりはあそんでもいいことになっています。


チャーリーの説明では、あのおじいさんは40年間ホテルで働き、くたびれたので今は遊んで良いのだと言うのです。そのおかげで僕が働けるのです、とチャーリー。


ぼくたち子どもにとったら、はたらくことは、どれもしんせんでたのしいし、おとしよりにとったら、つかれてるんだから、のんびりするのがあってるんです


その言葉に、リッキーも納得です。


リッキーとアンはホテルのレストランへ行きました。
ウェイトレスの女の子はフリッキーです。二人の前に最初に運ばれて来たのはデザートのレモンケーキです。二人はびっくり。しかも、ケーキがひっくり返ってお皿に乗っているのです。
そんなこんなで、「ラムチョップ」ならぬ「チョップラム」を食べ、「アベコベーコンスープ」を飲み、二人は部屋に帰ってぐっすり休みました。





翌日、二人はさかさ町の観光に出かけます。昨日ベビーサークルの中で遊んでいたおじいさん(ドレーク)が案内してくれることになりました。


野球を見に行こうとした3人ですが、アンが腹痛になってしまいます。ドレークはアンを病院に連れて行ってくれますが、アンの心配とはうらはらに、病院はガラガラ。


「さかさ町の病院では、まつのはこっちじゃない。医者じゃ。医者が患者を待つんじゃよ」


お医者さんはアンの口の中をチェックし、口の中に何かを入れました。チョコレートアイスクリームです!もし熱があれば、口の中のアイスクリームも早く溶けるので、それで体温がわかる、と説明します。


病院代を心配しているリッキーに、お医者さんは

「お金?そんなものはいらない」と答えます。さかさ町では、健康な人が医者にお金を払い、もし病気になれば、お金を払わない、と言うのです。だって、病気になったら治るまで働くことが出来ないんだから、お金なんて払えないだろう?


アンはお医者さんにお薬を貰い、元気になったので三人は野球場へ向かいます。
野球をしているのは白髪のおじいさんたちです。子どもたちは座って応援しています。ルールも、三振すると塁に出る、などあべこべです。


しばらく見ていましたが、アンは買い物に行きたい、と言います。ショッピングセンターに行く途中、学校がありました。この町の子どもが学校に行くのは休日だけです。平日は働いているので、学校に行く暇がないのです。


子どもたちは、いちにんまえのしごとをすることで、社会でたいせつなことをじゅうぶん学ぶ。だから、学校へいくひつようはないんじゃよ


とドレーク。そこで、リッキーとアンは、学校の歴史の授業は「現代⇒昔の時代」の順に習うことを教えてもらいます。
また、「わすれよ科」では、いやな目に合ったことを忘れる、という授業をしていました。



リッキーとアンは学校を出て、ショッピングセンターに向かいました。
リッキーはバットに目を輝かせますが、お金がありません。しかし店員さんは、お金はいらない、と言うのです。それどころか、バットとお金をくれる、と言うのです。



そのお金は、バット職人がバットをお店に置かせてもらう時に払ったお金です。バット職人はバットが売れると、また新しいバットを作ることが出来るので嬉しいのです。そしてバット職人は、靴やパンを買うと、お金が貰えるので、みんなが幸せになれる仕組みです。


リッキーはバットを、アンは指ぬきを買いました。
そして、おじいちゃんへのお土産には「懐中消灯」を。「懐中消灯」は当てると暗くなる商品です。これがあれば、明るい部屋でもぐっすり眠れるのです。


二人が買い物を終えると、チャーリーが走って来て、汽車が出発することを教えてくれました。二人が急いで駅まで走り、席についた途端、汽車は動き出しました。「さかさ町」の看板はだんだん遠ざかっていきました。






おしまい。



私が一番いいなあ、と思ったのは、病院代は、健康な人が払い、病気になったら無料、という所です。現実的ではないかもしれませんが、そんな世の中、見てみたい・・・・。




小学校中級くらいのお子さん〜おすすめします。ただただ笑って楽しんだ後、何かが心に置かれている。今まで思い込んでいた「常識」って一体なんだったんだろう?そんなことを感じる本です。









この絵本に関する口コミ等を楽天ブックス・Amazonにてご確認頂くことが出来ます。様々な口コミがありますので、ご参考なるかと思います。

(統計を取ったわけではありませんが、大抵、口コミ件数はAmazonより楽天ブックスの方が多いです。どちらも送料無料で、値段はAmazonも楽天も変わりませんので、楽天ポイントの付く楽天ブックスで購入される方が多いのかもしれません。)

Amazonにて「さかさ町」の口コミ等をご覧になるかたはこちら


楽天ブックスにて「さかさ町」の口コミ等をご覧になるかたはこちら







「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧」はこちら






二日月」との比較

共に、第62回(2016年)青少年読書感想文全国コンクール 中学年の部の課題図書である
さかさ町」と「二日月」を比較してみたいと思います。
課題図書を選ばれる際の参考になれば幸いです。


※「二日月
当ブログにて「二日月」をご紹介しています

二日月 (ホップステップキッズ!)

新品価格
¥1,404から
(2016/6/1 13:06時点)





●総ページ数


さかさ町: 91ページ(「あとがき」除く)
二日月 :207ページ

二日月」の方が倍以上の長さです。



●内容


二日月」は障がいを持って生まれてきた妹とその家族の物語です。主人公の「杏ちゃん」の揺れる気持ちが中心に据えられています。杏ちゃん成長物語、といえるかと思います。

さかさ町」は普段当たり前だと思っている物事を、「さかさま」に見てみると、今まで気づかなかったことが見えてくる、というお話です。深刻な内容ではなく、楽しい気持ちで読み進められます。






★他にも当ブログにて「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書」の中学年の部の本をご紹介しています。

※「木のすきなケイトさん
当ブログにて「木のすきなケイトさん」をご紹介しています

木のすきなケイトさん―砂漠を緑の町にかえたある女のひとのおはなし

新品価格
¥1,728から
(2016/5/10 15:51時点)



















★絵のルイス・スロボドキンさん(1903〜1975年)はアメリカ生まれです。
てぶくろがいっぱい」「ねぼすけ はとどけい」など沢山の絵本の挿絵を描かれています。



※「てぶくろがいっぱい

てぶくろがいっぱい

新品価格
¥1,296から
(2016/5/12 22:38時点)





※「ねぼすけはとどけい

ねぼすけはとどけい

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 22:42時点)









売れている絵本ランキング


Amazon・楽天ブックスで売れている絵本ランキングはこちら

ミリオンセラーの絵本ランキングはこちら







2016年06月01日 Posted by はるるん at 12:43 | 小学生からおすすめ | この記事のURL
「ワンダー」…二つの”勇気”

ワンダー Wonder

新品価格
¥1,620から
(2016/5/30 20:53時点)




R・J・パラシオ  作
中井はるの     訳
ほるぷ出版
2015年7月20日 第一刷発行





第62回(2016年)青少年読書感想文全国コンクール 課題図書高学年の部に選定されている本です。


「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧」はこちら



尚、この本は絵本ではありません。小学校高学年(5,6年生)以上向きで、字ばかりの本です。
421ページまであり、読み応えがあります。
  







主人公のオーガストは10歳の普通の男の子。
ただし、顔には、生まれつきの障がいがあります。
小さい頃は入退院を繰り返しており、学校に通えなかったオーガストですが、10歳で初めて学校に通うことになります。

オーガストの不安、
オーガストの両親の愛情と、オーガストを心配する気持ち、
オーガストの姉(ヴィア)の弟を想う気持ちと、両親にかまってもらえない寂しさ、弟を恥ずかしく思ってしまう気持ち
オーガストの親友(ジャック)の、オーガストと一緒にいて楽しいと思う気持ちと、他の友人から、からかわれてしまう、複雑な気持ち

などなどが、丁寧に描かれて行きます。





また、一つの出来事が、異なる人物からの視点(例えばオーガストの視点と、姉(ヴィア)から見た視点)から描かれており、同じ出来事に対しても、人によって感じ方が異なることが分かります。


1章はオーガストの視点から
2章はオーガストの姉、ヴィアの視点から、
3章はオーガストの女友達、サマーの視点から
4章はオーガストの友人、ジャックの視点から
5章はヴィアの彼、ジャスティンの視点から
6章は再びオーガストの視点から
7章はヴィアの親友だったミランダの視点から
8章は再びオーガストの視点から


話が語られます。




オーガストの学校生活の一年間の様子が、この一冊に収められています。






内容は・・・




1章:オーガスト
オーガストが生まれた時の様子や、今まで学校に行かなかったわけ、初登校日の不安、悪口、ハロウィーンの様子などが書かれている。また、親友だと思っていたジャックがオーガストの悪口を言っているのを聞いてしまい、ショックを受ける。


2章:ヴィア(オーガストの姉)
オーガストにかかりきりの両親を見て育ち、自然と我慢することを覚えた。高校では小中学校からの知り合いが少なく、「オーガストの姉」として奇異の目で見られることもない。高校に入って、親友のミランダがよそよそしくなり、寂しい想いをしている。


3章:サマー(オーガストの女友達)
オーガストと一緒にランチを食べているだけで、みんなに変な目で見られる。オーガストは周りから「ペスト菌」扱いされているが、サマーは動じない。


4章:ジャック(オーガストの親友)
オーガストに対しての気持ち。顔は慣れた、イケてる性格、頭が良い、ずっと友達でいたい。それなのに、どうしてオーガストが急に口をきいてくれなくなったのか、分からない。サマーに聞いてみたが、はっきりとは教えてくれない。
そんな時、意地悪なジュリアンがオーガストの悪口を言う。ジャックはジュリアンを殴ってしまう。退学処分になるところだったが、なんとか二日間の停学処分で済んだ。
その後ジャックはオーガストが怒っているわけを理解し、オーガストに謝り、仲直りをする。


5章:ジャスティン(ヴィアの彼氏)
オーガストを初めて見た時の驚き。春の演劇公演で「舞台監督」の役に抜擢される。女子の主役はミランダという女の子。ヴィアは脇役に決定。ヴィアは、弟に来てもらいたくないので、劇のことを家族にまだ話していない、と泣きながら言う。


6章:オーガスト
ジャックと共同で作った「ジャガイモ電池」は理科研究大会で注目される。いじめっこのジュリアンとは「戦争」状態。ロッカーには悪口の書かれた紙きれが入っていたりする。しかし、「ジュリアン側」についていた男子たちも、いい加減うんざりし始め、「ペスト菌」扱いをしなくなってきた。補聴器を付けだしたが、みんなは気持ちよく接してくれた。
ヴィアの劇のことが家族に知れ、ママはヴィアの気持ちを思いやって「パパが見に行く」と言った。でもヴィアはママにも見にきてほしいという。オーガストは、ヴィアが「弟が奇形だ」ということを知られたくない、と思っていたことにショックを受ける。そんな最中、愛犬のデイジーが病死する。
結局ヴィアの劇は家族みんなで見に行った。体調を崩したミランダの代わりに急遽ヴィアが主役を務め、最高の出来で幕を閉じる。



7章:ミランダ(ヴィアの親友だった)
高校に入る前に両親が離婚。ヴィアは真面目な子だったので、ノリの良いエラに電話し、髪をピンクに染めた。ヴィアとは疎遠になり、気まずい感じ。公演も誰も見に来ない。ミランダは体調不良のフリをし、直前に「劇に出ない」と言い、ヴィアが代役を務めた。オーガストが舞台裏で迷子になっていたので、声を掛けた。



8章:オーガスト
毎年、5年生は二泊三日の野外学習に出かける。パパやママと離れたことがないので不安。でも、一日目は楽しくてあっという間に時間が過ぎた。しかし、二日目の夜。ジャックのトイレについていったら、暗闇で別の学校の生徒(7年生のエディー)に絡まれる。オーガストは気味悪がられ、ジャックはエディーに突き飛ばされた。するとそこに、エイモス(オーガストのクラスメイト)が来た。いじめっこのジュリアンの手下のようなマイルズとヘンリーもいる。エイモス、マイルズ、ヘンリーもオーガストの味方となり、エディーグループと殴り合ってからみんなで走って逃げた。みんなでハイタッチをした。
野外学習から自宅に戻り、学校に行ったら、様子が大きく変わっていた。エイモスが人気者になり、マイルズとヘンリーもエイモスに付いた。僕に意地悪をするのはジュリアンだけになった。


学年の修了式では、オーガストが最も勇気のある生徒として一番素晴らしい賞(ヘンリー・フォード・ビーチャー賞)を受賞した。みんなからスタンディングオベーションを受けるオーガスト。五年生を無事修了しただけなんだけど、それって簡単なことじゃないんだね。

みんな僕の顔が隣に来ても、誰一人気にしなかった。
みんな僕のそばにいようとしているみたいだった。


「生まれてきてくれて、ありがとう」

ママが言った。






おしまい。




いじめや差別、偏見などを経ながら、オーガストはこの一年で大きく成長していきます。


ママの後ろに隠れるようにしていたオーガストが、最後はみんなからスタンディング・オベーションを受けられるようになるまでに成長します。






オーガストの顔は、いわゆる「普通」ではありません。それは誰もが見てすぐにわかる「違い」です。
でも、よく考えてみると、一見しただけでは分からなくても、誰もがみんな何かしら人とは違うところがあるのではないでしょうか。

そんな「違い」を、私自身、無意識のうちに恥ずかしがり、隠したり、黙っていたりしていることに気づかされました。オーガストのように、思い切って出してしまったら、みんなに受け入れてもらえるかもしれないのに。

また、私自身を振り返って、自分とは異なる何かを持つ人を、どれだけ受け入れてこられたでしょう


ワンダー」は、私にとってそっと背中を押してくれるような、新たな気づきを教えてくれるような、本でした。








小学校上級くらい〜大人の方にまでおすすめします。誰もが、どこか「普通」でない所があるのかもしれません。それを隠すのではなく、さらけ出す勇気、そして周りの人の「普通」でないところを受け止める勇気、そんな二つの勇気を教えてくれる絵本です。







★「ワンダー」の映画化も検討されているそうです。





この本に関する口コミ等を楽天ブックス・Amazonにてご確認頂くことが出来ます。様々な口コミがありますので、ご参考なるかと思います。

(統計を取ったわけではありませんが、大抵、口コミ件数はAmazonより楽天ブックスの方が多いです。どちらも送料無料で、値段はAmazonも楽天も変わりませんので、楽天ポイントの付く楽天ブックスで購入される方が多いのかもしれません。)

Amazonにて「ワンダー」の口コミ等をご覧になるかたはこちら


楽天ブックスにて「ワンダー」の口コミ等をご覧になるかたはこちら






★「ワンダー」はR.J.パラシオさんのデビュー作で、全世界で300万部販売されているそうです。





「第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書一覧」はこちら



高学年の部の課題図書を当ブログにてご紹介しています。

※「ここで土になる
当ブログにて「ここで土になる」をご紹介しています

ここで土になる

新品価格
¥1,512から
(2016/6/13 15:29時点)











茶畑のジャヤ」との比較

ワンダー」と同じく、第62回(2016年)青少年読書感想文全国コンクール 高学年の部の課題図書である
茶畑のジャヤ」との比較をしたいと思います。
課題図書を選ばれる際の参考になれば幸いです。

※「茶畑のジャヤ
当ブログにて「茶畑のジャヤ」をご紹介しています

茶畑のジャヤ: この地球を生きる子どもたち (鈴木出版の児童文学 この地球を生きる子どもたち)

新品価格
¥1,620から
(2016/6/3 13:35時点)






●総ページ数
ワンダー:421ページ(「あとがき」なし)
ジャヤ :211ページ(「あとがき」を除く)

ワンダー」の方が読み応えがあります。



●本のサイズ(私個人が計測しているのでおおよそのサイズです)
ワンダー:21.5(縦)×15 (横)×2.8p(厚さ)
ジャヤ :19.5(縦)×13.5(横)×1.4p(厚さ)

ワンダー」の方が一回り大きいです。



●内容

ワンダー」も「茶畑のジャヤ」も、10歳〜11歳の少年が主人公です。どちらも、友達から孤立してしまうところが出発点です。ただし、「ワンダー」は友人たちに受け入れられる所までが書かれているのに対し、「茶畑のジャヤ」は孤立に立ち向かう強さを手に入れた所までが書かれています。

どちらの本も、主人公が「いじめ」や「偏見」に合い、そこから立ち直るまでの過程を描いているところは似ているかと思います。








売れている絵本ランキング


Amazon・楽天ブックスで売れている絵本ランキングはこちら

ミリオンセラーの絵本ランキングはこちら







>> 次へ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
検索
検索語句
カテゴリ
最新記事

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。