2017年08月21日

水の硬度の計算の仕方や軟水と硬水の飲んで欲しい人の違い

水、ミネラルウォーターには硬度により軟水と硬水に分類されます

軟水と硬水の違いについては参考ページを参照してください。

※ 参考ページ → 軟水と硬水の違い

水の硬度の計算方法は以下の通り

硬度=(カルシウム量mg/L×2.5)+(マグネシウム量mg/L×4.1)


軟水の特徴はまろやかで飲みやすく体への負担が少ないという水


硬水の特徴はミネラル分が多く脳梗塞や心筋梗塞の予防に役立ちダイエットにも効果が期待できるのは硬水の方です

カラダへの負担は軟水よりも大きく病中病後、赤ちゃんのミルク、ご年配の方への水としては硬水は不向きとされています

赤ちゃんのミルクやお薬を飲むときの水は軟水の方が勧められています。

ミネラルウォーターを購入される場合は裏面の成分表に硬度が明記されていますので確認してから買うようにしましょう。


▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → 生理食塩水 経口補水液

参照 → スクイズボトル 人気

参照 → ミネラルウォーター 月のしずく 完全ガイド

参照 → 真夏の栄養補給に最適なタブレット

参照 → 伊賀の天然水炭酸水最安値


レビューポータル「MONO-PORTAL」
posted by goodwaters at 15:23 | 水の硬度の計算式
記事ランキング
カテゴリーアーカイブ
リンク集
タグクラウド