水ダイエット方法

2017年09月25日

水ダイエット方法

水を飲んでダイエットができる、なんてそんな簡単な方法があるものなのでしょうか?

いくつかある書籍の中でも「水」はダイエットに効果がある、という本が実に多い

ダイエットに効果の期待のできる水の飲み方はどのような方法なのでしょう。


水ダイエット方法

まず水ダイエットの方法として一番大切なのは水の選び方です。

水選びのポイントとしては硬度1000mg/L以上の超硬水が勧められている

日本で販売されているものならコントレックスがそれにあたります。

コントレックスの硬度は約1468mg/Lもあるミネラルウォーターですのでミネラル分が非常に多いミネラルウォーター

超硬水にはミネラル分のカルシウムやマグネシウムが多く含まれています

カルシウムの作用としては、イライラを鎮め細胞に水分を運んで体内の臓器を活発にしてくれる作用があります。

マグネシウムの作用としてはカルシウムの働きを助け血流を安定させてくれる作用があります。

マグネシウムには便を柔らかくさせる作用もありますので便秘の解消にも役立ちます。

ダイエットの大敵リバウンドはこのミネラル分が不足して体がミネラル分を求めリバウンドしやすくなる、とも言われミネラル分が豊富な水を飲むことでリバウンドのリスクも軽減されます。

また超硬水の良いところはサルフェートを含む水が多い。
サルフェートには利尿作用がありますので体内の老廃物や有害物質を排出させてくれる役割も果たします。

ただ超硬水の水は日本では超硬水マグナム1800を除くとほとんど摂取されないためヨーロッパ産の水を選ぶことになると思います。

通常、水を飲む量は1日2.5リットルを上限としてますがダイエットを目的とした場合は夏は3リットル、それ以外の季節では2リットルは飲むようにしましょう。

水を飲むタイミング

お腹がすいたな〜って感じたら間食を減らして水を一杯飲みましょう
食前に水を飲むことで食べ過ぎの予防にも繋がります

炭酸水は食欲を抑えるのによく効きます
超硬水の炭酸水を空腹時に飲むこともダイエットに繋がります

水飲みダイエットの効果は個人差もありますが1か月くらいは続けてみましょう。

常に体をアルカリ性に保つようにしましょう。

水の温度は常温よりも低めの22度くらいの水のほうが体温と同じようにするためエネルギーが使われます

ポイントをいくつか押さえてダイエットに挑めばそんな難しいダイエットではないと思います。


このあとによく読まれている記事

※ 軟水と硬水の特徴

※ 軟水と硬水の違い

※ 水の硬度の計算式
【このカテゴリーの最新記事】
posted by goodwaters at 17:30 | 水ダイエット方法
カテゴリーアーカイブ
リンク集
タグクラウド