ファン
検索
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
D.Monicaさんの画像
D.Monica
父がモンゴル系中国人、母がロシア人と日本人のハーフで現在ニュージーランドの一軒屋に夫と猫一匹と暮らしています。 その前はオランダに住んでいました!
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年03月07日

ニュージーランドより、それでは皆様!

20-03-07-05-39-14-116_deco.jpg

今日はスマホからの更新!
久し振りに二階建てバスに乗ってCityへ行ってきた。

20-03-07-05-39-39-786_deco.jpg

いつもと変わらない風景、ってのもおかしいけど日本のニュースを見る度にゴッサムシティ化が増してるようで哀れなり。
どうした日本!?

そういえば私の出産もそうだけど、どうして勝手に初産のように扱うのか、そしてA8講師を始めたら“それだけ”を思うのか、その…まぁ、扱いに困りだしたのでここを更新するこはまずないかな。

ちょっと国も人も狭過ぎるのに程がある。

20-03-07-05-41-19-347_deco.jpg

12歳年下の夫が誕生日を迎えました!
去年の誕生日はオランダで、今年はニュージーランド、来年はどこになるのか…お楽しみに。

ではこちらのブログは暫くドロン!
コロナウイルスが一日も早く収まりますようにお祈り致しております。

posted by D.Monica at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年02月25日

ニュージーランドでA8講師を始めました!!


ご無沙汰いたしております!
実はタイトルにもあります通り『ニュージーランドでA8講師を始めました!!』ということでかなり多忙を極めております中、無事に妊娠六ヶ月目を迎えることができました。
みなさまお元気でしたでしょうか?
ニュージーランドはまだまだ暑い日が続いております、早く秋ごろにならないかしら。

日本はコロナウィルスで大変なことになっていますね。
ニュージーランドでは中国人、または中国から直接の入国は禁止の措置を取っています。
そのうち日本もその対象となるかと…もう日本人に入国禁止の措置を取っているところはありますし、正直言って私も現在身重な身。
自分を守るのにもできれば双方の国で英断をと思わずにはいられない、ニュージーランドを日本と同じくしないで欲しいとやっぱり思ってしまいますよ。
申し訳ないけど。

ま、ま、ま、さてさてさて――
日本でもリモートワークをと、在宅をといわれ、ニュージーランドでも英語はできないけどなんとか収入をということでブログを始めたりという人もいますが、実際に殆どの人がそれで満足できるほどの収入は得られてないでしょう。
私は今、ニュージーランドから確実に広告収入を得るためにはなにをどうすべきかというのを講師として教えています。
ご興味のある方はぜひご連絡ください。
ということで私は再び、受講生が待っているのでドロン!!
posted by D.Monica at 08:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年01月19日

夫と世界6ヶ国のマクドナルドに行く!


海外じゃあって当たり前、勿論オランダでもタッチパネル式のオーダー&カード決済(VISAとPIN)が、英語の出来ない夫でも慌てずに落ち着いて注文させてしまうという優れもの!



注文、テーブル番号と決済でレシートが出てくる。
そうしたら好きなテーブルに座って待つだけ。

ニュージーランドでも――


使えるカードブランドが増えてる、それ◎!
でも肝心の番号札がみつからないし、レシートも出て来ない。
カウンターにどうなってんのか聞いてみたら“ご注文は頂いてます。こちらからお出します、お待ちください!”とのこと。
あれ、おっかしぃなぁ?
「お待たせ致しました!」
その予感、的中。






トイレもかなり荒れまくってた。
たまたま?
それとも店舗によるのかな?
日本じゃマクドナルドは行かなかったんだけどオランダでだね、行き出したのは。
プレイパークが一緒になってて、子どもたちが楽しそうに遊んでて、だから休日は家族連れで賑わってた!
ほら、犬連れだって構わないわけだし。
こうやって見るとマクドナルドってみんな同じようで違うのよ、うん、みんなちがってみんないい!?
気がつけばだけど、何となくこれまで夫と訪問した国々で『マクドナルドの店舗と夫』を撮ってたんだなも。


メニューが全部漢字ってのもなかなか斬新じゃない!?
麦当労=マクドナルド

麦も相当苦労してるな!?
今はもう新しい社名になってるって。
え、ここだけ変えてないの何で?

麦香魚=フィレオフィッシュ
飲品=飲み物
熱飲=ホット
紅茶』と『珈琲』はわかるけど『熱朱古力』ってなんじゃらほい。


こちらはフランス語ってだけでお上品に思えてくる不思議。
メニューはオランダと変わんない、けどなんかオサレに思う自分が悔しい。


WiFiとコンセントあるから暇も潰せここでも仕事ができる!


日本のマクドナルドですよ!
日本で珍しいメニューは『月見バーガー』とか。


これれびっくりした!
最初はプレイパークだと思ったのね。
そうしたら夢のある工場になってるの、ワクワクする!


ま、そんな感じ。
いろんな人が各国のマクドナルドのレビューをあげてるけど、特にそれがやりたかったわけじゃないのね。
「マクドナルドってどこにでもあるものなんだねぇ?」
ただそれだけから始まったから、気がつけば6カ国じゃんって。

次はどこのマクドナルドが撮れるかな?
私はJollibeeが好きなんだけど、Jollibeeはやっぱりフィリピンが最高に美味しい!!
posted by D.Monica at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年01月17日

ニュージーランドとタイの不動産

DSC_2785.JPG

夕べ夫が張り切って天ぷらを作ってくれたはいいんだけど…もう辺り一面が油と粉とでもうべったり!!
食べ終わってすぐ私が掃除したんだけど、一応また念入りにね、お掃除を。
調味料たちを何とかしたいなぁ!
このキッチンの天板はカウンターテーブルまで総大理石の一枚岩で切り出したもの。
だから物凄くお手入れがラクなんだけど、これどうやって運ばれてきたのか気になる。
石代より輸送費の方が掛かるのよね?

ところで、私の友人が“タイ・バンコクに引っ越したから遊びに来て!”とのこと。
それどんなところに引っ越したかっていうとまたまたラグジュアリーな高級コンドミニアムのXXXI by Sansiri(日本語での詳細はこちらから)じゃない。
もう遊びにおいでって言われたら行くしかないじゃん、ってね。
暫く滞在するんだったらSecondを貸してくれるって、子どもが生まれたらそうさせてもらおっと。
ただ浴室がどうも好きになれませんわ。

FB_IMG_1579224898161.jpg


なんでこうしたし?
ここスケルトンにすることなくない?
どうせなからビューバスにして、ビューバス!!

気なるお値段は――

激安!!!!!

ニュージーランドより物価も安い(私の家より安くて3 bed room〜!) し、私もタイ料理大好きだし、いいかもしれない!
私もタイで不動産やっちゃおうかな?
その前にニュージーランドで、なんだけど。
ふふふ、新しい家を建てちゃうぞ!!
posted by D.Monica at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年01月14日

真夏の妊婦検診 in ニュージーランド

※あのね、始めにいっておくけど私初産じゃないから!
 大人なら“再婚”わかるよね?





さて。
今日は妊婦検診に、と思ったら
しかもバス停に直射日光って、死ねる。
あー、Uber taxiにしとけばよかったかな。
けど我慢できるところまで待ってバスに乗った。
乗ってみたら乗客はみんな片側に偏ってる。



ほらね。
私も日の当たらない座席に座りたいと思ったらこんな奥まできちゃったよ、とほほ。
家にいるときは全然、涼しいっていうか寒い時もあるくらいだからエアコンもファンもいらないの。
どんだけ快適な家なんだろう、我が家って。

バスに揺られて6停留所目で降りて、Midwifeが待つ事務所へ。
したら事務所の待合室にこんなのあった!



手編みのベビーグッズ、激可愛いし、こういうの私も作ってみたいんだけど。
「その中からひとつどれかお好きなのをお選びになってお持ち帰りください。」
と、受付の女性が。
え、本当にいいんですか!?
ど、ど、ど、どれにしよう…えーっと。
「男の子か女の子かわかってます?」
いえ、まだ。
「じゃ…」
女性は受付から立ち上がるとテーブルまで来て、レモンとブルーの二択にしてくれた。
「他の色は男の子と女の子がはっきり分かれちゃってるから。後は目を瞑って選ぶといいわよ!」
レモンって“どっちでもいい”って感が一杯だよね?
でもこないだブルーの服買っちゃったし、色のバランス的にじゃレモンかな?



「やっぱりね、あなたはレモンを選ぶと思ったわ。だってあなたレモンの服を着てるじゃない?あなたの服とお揃いでいい色よ!」
あ、そっか…そういえばそんな色の服着てた。←忘れるもの?
「赤ちゃんが生まれるのは冬だから丁度よかったわね。」

それから私のMidwifeであるSuzyが来て、早速の妊婦検診がスタート。
「体調はどう?」
悪阻も終わって気分はそう悪くないんですけど貧血が。
「あー、貧血。ずっと体が火照ってたり、掌にたくさん汗かいたりとかしてない?」
してないです。
「出産する病院から手紙が届いたと思うんだけど?」
はい、こちらに。
「Perfect!! そうね、全ては順調よ!」
今日もSuzyは絶好調でPower wordsを連発、そして。
「ね、Dopplerで赤ちゃんの心音を聴いてみない?」
赤ちゃんの心音が…聴ける、え、え、ちゃんと生きてるかななんか音沙汰ないんだけど!?
「頭をこっちにして横になって…」
ちょっとUltrasound, 超音波(過去記事)のときにお腹をグリグリされて痛かった事を思い出す、あたたたたた。
Suzyがお腹を探ってDoppler をそこに当てたらいた――

しゅわっしゅわっしゅわっしゅわっしゅわっしゅわっ……

心拍数168、この音…赤ちゃんの心音で間違いない!!
私はあっという間にボロボロと泣いちゃって、さ。
だってちゃんと生きてた、私のお腹の中で生きててくれたんだよ?
やだ、私ちょっとおかしいかも。
「ちっともおかしくなんかないわ。だって私たち人間だもの。涙だって流すわよ当然。これから新しい人生をあなたたちは歩むのよ。おめでとう!!」
そう言ってSuzyは私をゆっくりと優しくさすってくれたから余計に涙が。
ありがとう、Suzy…ありがとう、えっと…名前なんだっけ私の赤ちゃん?



そして幸せなはずの帰り道が、が、が。
帰り道は反対側車線で日が当たらなくてもいいはずなのに、よりによってこんなバス停だどーん。

\スケルトン!/

でもままだバス停に影はあったからね、行きよりマシよ。
快適な我が家のクローゼットに少しずつ赤ちゃんのコーナーが出来つつある。
そして私のお腹もふんわりと出てきた。
posted by D.Monica at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年01月03日

ニュージーランドのお正月!


夫が作ってくれた大きな天ぷら蕎麦で年越し!
テレビでは『紅白歌合戦』から『ゆく年くる年』とほぼほぼ日本にいる時と変わらないもので。
ただ時差があるのでニュージーランドが午前零時を迎えても、日本は午後20時だとかオランダは前日のお昼12時だとか。
私は途中に寝ながら何とかこのニュージーランドのカウントダウンと日本のカウントダウンかーらーのっ、オランダを含む欧州のカウントダウンとそれぞれに間に合って各国の友だちとメッセージで新年を祝い合えたり。

新年の挨拶の中には私が妊娠しているということもあって、私の体を気遣ってくれるような言葉を添えてありました。
例えば韓国からは――

「お餅のスープはもう食べましたか?」
*お餅は母乳の出をよくします

そして中国からは――

「綺麗なものをたくさん食べてくださいね!」
*綺麗な赤ちゃんが生まれてきますように

そして玄関が\トントン、トントン!/と鳴って、出てみるとこの近くの어머님, お母様が立っていらっしゃいましてん。
「気分はどう?悪阻はまだ?もし食べられるようだったらこれ食べて。」


わかめとお餅のスープをご馳走してくれた!
わかめスープはお祝いのときに食べるんだよね、それにお餅まで入れてくれて…それもめちゃくちゃたっくさん入ってる!!
温かくって優しい어머님, お母様の味、本当に心から感謝しますだよ。
私もいよいよ赤ちゃんを産むんですね!!
とても楽しみになってきちゃった。

ニュージーランドのクリスマス!


クリスマスイブは夫とまったり過ごし、ご飯も適当に済ませて、何となく夜を迎えました。
去年の今頃は東京国際フォーラムで『くるみ割り人形』を観てたけど、しかも生演奏の!!
私も夫ももうクリスマスといったら『くるみ割り人形』で、今年は自宅で…まぁなんてったって50Inch55Inchなんで“悪くはないね”と。


妊娠してから非常に頻尿な私、夜中にも何度となくトイレに起きてしまうのが好都合な今夜は。
夫がぐっすりと寝ているのを確認して早速、プレゼントを設置!
プレゼントを隠し通してるの緊張したわ、これでやっとその緊張から開放される。
ジンジャークッキーをサンタさんの代わりに食べる演出までしたかったんだけど、妊娠中はNG。


\朝でっすよぉ〜っ!!/

朝、てかもうお昼じゃん。
それでも夫はなかなか起きませんな、起きようとしませぇーん。
やっと冬眠から目覚めた熊のように夫は大きく上体をあげると、枕元にあったプレゼントを取って――
「ん?何だこれ?」
熊、いやキングコングが文明的な何かを与えられた瞬間を見てしまったかのような?
えっと、夫が気に入って着ているicebreakerのシャツを。
オランダのリサイクルショップでたったの1EURだったicebreakerのシャツが実はニュージーランドで有名なブランドだったとはね。
それも最高品質ってことで、夫には今回ちゃんとショップで購入したものをプレゼント!


近所の子どもたちにクリスマスのお菓子をあげてたりしてたら、ん?
夫がうち用だっていってたジンジャークッキーが一枚ない、まいっか。
てことで、お昼はトムヤムクンヌードルと어머님, お母様が持って来てくださった불고기, プルコギ。


で、夫はいよいよTurkey, 七面鳥のグリルに初挑戦!
我が家のレシピとネットを組み合わせながら仕込んで、上手に焼けるか私までどきどき。
でもね、何だか夫の様子が変で。
凄い機嫌が悪くって、私は何が何だか?
「おい、ばあさんや!ばあさんは目が悪いし、色盲だし、耳も聞こえねーし、馬鹿だよな?高学歴で勉強は出来るのに残念なくらいに馬鹿だよな、ばあさん!!」


\なんて豪華な!!/

これ全部、夫が作ったの…凄くないですか!?
ポテトサラダのツリーなんてちゃんとお星さまついてるし、シュトレンはグルテンフリーのシュガーレス!
Turkey, 七面鳥は焼きあがりバッチリ!
ちゃんと頭と内臓を使ったグレービーソースも初めて作ったとは思えないほど。
そしていつものオランダ名物・Mostard soep,マスタードスープに――


これこれ、Alcohol removedのBrutで乾杯!!
妊娠中でも安心して飲めて、そして何よりも辛口でキリッと味が引き締まってて美味しい。
このニュージーランドのワイナリーで作られたBrutはお酒が飲めない人でもよく味わってもらえるかも。
ニュージーランドにはたくさんのワイナリーがあってたくさん輸出もされてるからね。

LINDAUER Wine of New Zealand





お腹一杯になってソファに座り込んでたら夫がシュトレンを切ってくれた、けど、え、このまま手で食べるの皿じゃなく?
まいっか。
グルテンフリーのシュガーレスのシュトレンなのに、味はかなり本格的だった!!
かなり丁寧に作りこまれてるのがわかる、これは普通以上に美味しいから来年もまたリピすると思う。

――で、夫の続き。
「ばあさんは本当に馬鹿だよな?よくそんな馬鹿で生きてられるよな?ジンジャークッキーなんて俺が食べないで誰が食べるんだよ?誰の為にジンジャークッキーを用意したんだよ?一枚なくなってんだろ?お前にサンタは来たのか?」
はいはい、だったら私と別れて若くて賢い子と一緒に居たらいいと思いますよ。
では、さよ〜ならぁ〜。


「ばあさん!寝るな、ばあさん!!」
ベットに横になった途端、何か思いっきりぶつけられてきたんだけど?
あ、飾っておいた靴下?
ん?
何か入ってる、の?

小さい紙袋の中の赤いジュエルケースをぱかって開けてみたらブレスレットが入ってた!
でもサイズは!?
見た感じ、これどうみたって子ども用かお人形用でしかないんだけど?
「お店の人が“細身の方ですか?”って聞いて来て、サイズはお店の中で一番小さいサイズのにしてもらった。お前、小さいからな。」
えー、でもこういうときってさ“ちょっとサイズが大きかったかも、てへへ♪”は可愛いけど“ごめ、入らん…”は結構ムードぶち壊しよ?


\入ったよ!!/

これなんてイリュージョン?
やだ、私猫になれる。
何か夫からこんなはずじゃなかった感をひしひしと感じながら、これから私の左手首にずっとこれがある。
夫、ありがと。
今年は初めてお腹の赤ちゃんと、そして来年はその赤ちゃんと一緒にクリスマスだね。

2019年12月16日

ニュージーランドでまさかの刺青を入れる!?

時間を見て出たはずなのに一時間も早く着いちゃって。
ガソリンスタンドのCafeで30分を潰して、残りの30分は早めに入ってMidwifeを待ってようと思ったら窓越しに暇そうなMidwifeの姿があり。
「随分と早いのね!でもいいの、いいの、入って…早速、話しましょう!」
おぉーっ、相変わらずのテンション!
「えっと、まずはテスターに直接尿を掛けて持って来て。」
ニュージーランドだなぁって思います、こういうとこ。
言われた通りにしたらちらっとだけ結果を見て“Great!!”だったからま、異常なしってことでそれは足元のゴミ箱へ。
「血液検査と超音波検査の結果が来てるわ。特に変わった症状は何か?」
うーん、まだ気持ちが悪いのと頭痛が始まったかな?
「頭痛?それなら近くのスーパーか薬局でPrimperan Tablets, プリンペランを買って飲んで。一回飲んだら6時間は空けて。サプリメントはちゃんと飲めてる?」
ええ、でも具合の悪さは一日中あって、運動しなきゃなと思うんですけどこのところ寝てばかり。
そうですね、体重のコントロールとか心配になってきたかもしれません。
「運動はまず今の状態が落ち着いてからね、でも無理することないわよ。体重は砂糖にだけ気をつければ大丈夫!砂糖は摂った分だけ赤ちゃんが大きくなってしまうの。だから砂糖の摂り過ぎだけは気をつけて。マフィン、ソフトクリーム、チョコレート…あ、ご飯は食べる!?」
ご飯はあまり食べません。
「そう?よかった、なら心配ないわね。」
うん、何か本にもWebにも書いてあったかも。
“ご飯は妊婦によくない”って。
高カロリーと雑菌が繁殖しやすいだったっけ、日本語訳間違えてたらアレだけど。
まだ三ヶ月なのにこのお腹の出具合とか兎に角、体重が…うん。
「経産婦だとお腹は出やすくなってるわ、当然よ。それにあなたはとても細いもの、少し太ってもいいくらいだから安心して。体重はそんなに気にしないで!」
で、また血液検査と超音波検査の紙を書いてもらって。

次の妊婦検診は来年、1月末――
ふへぇ〜っ、年末年始か!
「血液検査はいつでも予約なしで行けるけど、超音波検査は予約を取るのが難しいかもしれない。前回の超音波検査はどうだった?」
何か…3分間で終わったかも?
(ニュージーランドの)居住者じゃなかったらアレで180.00NZDなんて高すぎるなって。
あ、あと双子じゃなかった!
「そうよ、180.00NZDなんて私でも有り得ないと思うわ、払えない!赤ちゃんは双子じゃなかったけど順調に来ているようね。Perfect!!」
日本みたく身長と体重、お腹の大きさを測って、超音波検査に…なんてことはやらない。
もうこんだけでおしまい!
「ニュージーランドで初めての年越しを迎えるわね。あなたがニュージーランドに来たことは大正解よ!私も医療スタッフもあなたに最高のエクスペリエンスを約束するわ!!」
本当に心強いったらありゃしない。



妊婦検診が終わったらそのまま血液検査、てかShopping Mallにあるという。
慣れた感じで受付を済ませたらすぐに拷問台のある部屋へ。
あーでも今日は初めから感じのいい人、へへへっ。
しかも採血はたったの一本で済んだし、はい終了!

それからBEAUTY BARにて眉毛を整えてもらいました、明日が誕生日なんでね。
糸をびーっと引っ張って毛を抜くやつ。

Eyebrow Threading/waxing 10.00NZD
結構さらっと終わって、つ・ぎ・に。



Henna tattoo, ヘナタトゥーをやってもらう!
実はTattooってずっと入れたくって、昔ニューヨークで友だちと予約をしたはずなのに店が閉まってて入れそびれたまま。
いつかは入れたい、とりま10.00NZDのこれをHenna, ヘナで。
これは二週間くらいで落ちちゃうんですけど――



家に着いたらもうこんなになってた!!
今になってはこのインクがすっかりなくなって、うっすら跡が残ってる感じ。
これなら彫った方がいいな!
posted by D.Monica at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介

2019年12月10日

ニュージーランドで家、買っちゃいました!!

本当に、本当にいいご縁がありまして、とっても素敵な家を見つけることができました!!
築二年、しかも凄いのもう家のあれこれが――



エントランスはキーレス仕様!
セキュリティシステム完備!!


電子ロックに手をかざすとキーパットが浮かび上がある、これだけでテンションあがる…で、パスワードを打ち込むことで開錠。
ちゃんと効果音付!!
セキュリティシステムは全部の扉と窓に防犯の感知器が設置してあって、このコントロールパネルで部屋ごとの設定をするだとか、寝るときと外出するときでまた切り替わりがあったり、煙や温度も察知するとかもう備えバッチリとかもう。



キッチンはガスコンロだけど安全装置付。
そう、ここにあるガスや電気には全部安全装置がついてるわけでして。
これって子どもを事故や怪我から守るためでもあるし、節電にも役立つし、家を空けるにも安心!
足元には大型グリルオーブンにな、な、な、なんと贅沢なほどに大型の食器洗乾燥機がビルトインだし、自慢したくってたまらないのが浄水器があっていつでもおいしい飲料水が飲めるのこれ感動!
浄水器には独立したシンクがあるから食材も贅沢に浄水された水でわっしゃわっしゃと洗える、もう水を買わなくてもいい。



奥は子ども部屋というか、まだ生まれてもないし当分は使わないからこのまま空室かな?
もしかしたら貸し出すかもしれませんけど。
もう抜群の収納とテーブルと、日当たりですね、最高!
この部屋の奥まり具合とか位置的にもプライベート感はかなり満足してもらえると思います。



これね、夫が足を伸ばして入れたほど本当は大きいんですけど。
ちょっと私の写真の撮り方がアレなだけで、はい。
気になるシャワーの強さと温度だけど…この家は給湯器がついてるから一般的なニュージーランドの家と違って、もう出せば出すだけお湯が出ちゃう!
シャワーだってマッサージできちゃうくらいしっかりでるわであぁ〜っ、光熱費が怖い!
けど引越し当時にはちゃっかりお湯をたっぷり溜めて入っちゃった。
バスタブに入ったのは実に10ヶ月振りだったかも!?



綺麗な洗面台でしょ?
この上には大きな鏡面台がついてて、これまた抜群の収納力!
この洗面台の下もトイレットペーパーとか買ってきたそのままをポイできちゃう。<



トイレ、トイレついてるけどそれだけじゃない!
この浴室全体には温風ヒーターと洗濯乾燥機がついてるから冬でも温度差で体が参っちゃうなんてこともないし、長雨で洗濯物が乾きにくいときには設置されている洗濯乾燥機を使えばすぐに取り込める機能付。
ニュージーランドの冬は本当に寒いから、私あまりの寒さに泣いたから、本気で咽び泣いたから!!



はいこちら、リビングに\ど〜んっ!/と置かれていますのが夫の一目惚れソファーです。
trademeで1.00NZDだったこのソファーを送料70.00NZDで引き取るとかちょっとよくわかりませんでしたけど。



でもま、こっからの景色も悪くない。



これは流石にどうだろうって思ったんだけど、そんなテレビにわざわざ50Inchもいります!?
私はスマホやタブレットで充分なんだけど、そこまでテレビは見ないのに。
しかも寝室には40Inchのとか…いい加減にしてよったってもう設置されちゃったものはねぇ、はぁ。



このリビングで食べる食事は“映え”ますわねぇ、なんか豪華な食卓に見えます。
何て言うの『お上品』っていうか、凄く気に入ってるわけですわこの周り。



本当に、狭くにしか見えないのが悔しいんだけど寝室ですね。
ダブルベットを置いてもまだ余裕あるから!
で反対側に壁面収納、姿見付クローゼットがありましてよ。



ここで早くバーベキューしたい!
テーブルセットとか置いて食事したい!



駐車場は、私も夫も免許すらないから車を置くことないという。
どっしよっかな?



下には芝生の庭、ていうかほぼほぼプライベートパーク。
木も花も植えてあるし、子どもはここで随分と贅沢にのびのび遊べるなぁ!



部屋自体は2bedしかないし、そこまで大きくはないんですけど、この設備とこれだけの庭があればもう充分!!
ここでの暮らしに縁があって本当によかった、詳しくはまた後程に――
posted by D.Monica at 05:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外生活

2019年11月26日

ニュージーランドのサンタクロース



やっと妊娠7週目です、明日はUltrasound, 超音波検査の予約が入っていていよいよBabyと初対面です。
Babiesかもしれませんけど。
先週の日曜日はChristmas paradeがCityでありました!
ニューヨークのThanksgiving dayを小さくした感じのイベント、私的には。
でも来週にはもう12月なんですよね。
ニュージーランドはクリスマスに向けて暑さが増してきました、暑い!!
ところで南極のほうが近いニュージーランドでは「サンタクロースってどこからやって来るのか?」という疑問がありました。
南極にいたとしたら…それサンタクロースじゃない気がしません?
そういうとき、ある一冊の絵本と出会いました。
『Kiwi Night Before Christmas Celebration』
(ニュージーランド人のクリスマス祝い前夜)←“呪い”じゃない
もう結果から、はい――

kiwi-night-inside-1.jpg

\どーんっ!!/


赤い鼻つけてるけどトナカイじゃない。
だって角ないし、ふかふかの巻き毛だし、なんか牧羊犬もいるし…え、もしかしてニュージーランドのサンタクロースって赤いトラクターに乗ってやってくるの!?
しかもサンタクロースが着ている黒いランニングシャツにはニュージーランドのロゴが。
え、え、どちらからお見えで?

hqdefault.jpg

\完全に変質者!!/


子どもたちにーげーてぇーーーーーーー!!

で、Christmas paradeには真っ赤な、あの見慣れたサンタクロースが登場したわけですが。

【設定】
ニュージーランドの子どもたちに挨拶をしたサンタクロースはこれから大急ぎで北極圏に帰って、クリスマスの準備をするそうです。

と、いうことでニュージーランドのサンタクロースもどうやら北極圏からわざわざ来てくれるサンタクロースのようです。
じゃ、あの変質者はって話なんですけどね。
posted by D.Monica at 12:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外生活
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。