最新記事
カテゴリーアーカイブ
【スポンサーリンク】
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
【スポンサーリンク】
写真ギャラリー
【スポンサーリンク】
ファン
【スポンサーリンク】

2019年05月25日

Dr.Aの前予想 日本ダービー

1番手E2番手L3番手F4番手K5番手M6番手H7番手N

展開・・・逃げN/先行@AM/差しCFEIJLDHKO
PQGB

ペース・・・ミドルペース

Eはやはり強いと思います。逆らえません。皐月賞上位3頭で終始外外を回ったのにも関わらず2着馬とは上がり0.3早い上がりを使ってる。スタートも良くて絶好枠に入ったとなると馬券にならないといけない馬だと思います。普通なら勝ち負けです。調教も良いです。

Lは皐月賞不利を受けながらも2着確保やはり強いと思います。東京でも4走前1800mを1分46秒6、2歳でこのタイムは凄いです。不利を受けなければどうだったのかというのもあるので今回ではっきりさせてもらいたいです。

Fは皐月賞では内の一番馬場の悪い所を通しての3着で一瞬差し返す所を見せました。やはりこの子もそんな差は無いと思います。東京では2走前1800mを1分46秒8上がり32秒9で良いと思います。逆転の可能性も無くは無いと思います。で普通ならここまでですそれだけ皐月賞を見る限り上位3頭は抜けてると思います。

Kはホープルステークスでサートゥルナーリアの2着0.2差皐月賞は出遅れて8着0.9差ですが4コーナー14番手から8着まで伸びてきてます。上がりタイムは2着馬とは0.1差、3着馬とは変わりません。なので出遅れてなかったらもう少し詰め寄れてた可能性もあったとおもいます。もし上位3頭のどれか飛んで他がくると考えた時スタートが決めれればこの子なのかなと思います。

Mは前走、例年苦戦してる青葉賞の2着、青葉賞組は勝ちこそないけれど馬券圏内ならなくは無い傾向が出てるのでそこの2着で前々で競馬出来る脚質、東京2400mを経験してる所を見て取りました。それくらいです。

Hは4走前東京1800mを1分46秒6で上がり33秒9でヴェロックスに勝ってます。近3走は全て中山で右回りで回りが逆ですなので東京に変わって変わり身を期待したいです。

Nは今回逃げるはずです。なので厳しいとは思いますが行った行ったで3着に残っちゃう事を想定しての選択です。
6番手7番手は悩みました。ほかにも気になるのはいましたが何かしら選ばなきゃいけない中での選択です。本当に上位3頭は抜けてると思うのでそこから2頭飛ぶのは考え辛いです。なので残りは1席だと思いますので難しいです。なので6番手7番手あたりはBやJ辺りを選んでも良いと思います。Jは選んでもいいんですが前走は2200mで1着、母父マンハッタンカフェとなればベストの舞台なので2400mになってパフォーマンスを上げるとは思えないので切りました。上位3頭が抜けてるからこそ非常に馬券的には難しいと思うので見るだけの競馬でも良いと思ってます。

Dr.Aの前予想 京都12R

1番手B2番手D3番手B4番手C5番手A6番手L7番手E

展開・・・逃げK➉F/先行B/差しCDEGAHJL@

ペース・・・ハイペース

Bは安定してます。前走バレーノロッソの0.1差、3走前テリトーリアルの0.1差、4走前はテーオービクトリーの0.1差、5走前はアシュリンの0.2差と1600万クラスでも好走してる相手に良い着差を出せてますのでこのクラスはいつ突破してもおかしくないと思います。2走前ではミドルペースを4番手から4着0.3差もあるのでペースが速くなっても対応できると思うのでここは馬券にはなってよと期待してます。

Dは3走前東京ですが2000mを1分58秒5、4走前は阪神1800mを1分46秒8と速い時計も問題ないです。4走前はミドルペースから差し切り勝ち1分46秒8は未勝利戦では優秀、好位から抜け出す形も鞍上の得意な乗り方とも合ってるので良いと思います。調教も長めでやってこの中では良い方ですので良いと思います。

Hは前走はダートで無かった事にします。2走前、3走前は洋芝が合わなかったと見れば度外視できます。4走前はステイフーリッシュに対して0.5差とまあまあ。上りも33秒9と一応33秒台出せてます。前が流れて差しが決まる展開になれば突っ込んでこれると思います。心配なのは鞍上です。

Cは3走前の中京2000mを1分59秒8これが良いです上りもミドルペースから34秒4で悪くないです。着差も全て1秒以内には収まってます。前が流れて潰れる展開になれば3走前のような競馬が出来れば突っ込んでこれると思います。左回りなので下げました。ただ京都は1400mを1回走って4着なので本来ベストの2000mで右回りも問題ないなら坂のない京都ならここが突き抜けても良いと思ってます。

Aは前走バレーロノッソの0.1差、バレーノロッソとやってるのが5頭いて一番詰め寄ったのがこの子なのでそこを見ました。バレーノロッソも1600万クラスでいきなり0.4差の好走があるのでそこと0.1差なら良いのかなと思います。ただ速い上りが使えないのと鞍上が心配なのでこの評価です。

Lは前走上りが33秒8、4走前も33秒5、5走前は阪神で33秒3と上りは安定してます。前走は走破タイムも1分33秒4と今までより大幅に詰めて来ました。この上りが使えればあって良いと思います。前走変わった要因が鞍上と手が合ったと見れば今回も継続して乗ってくるので良いと思います。

Eは前走バレーノロッソの0.1差で自ら道中動かしていって4着0.1差に粘ったのはまあまあ、5走前はテリトーリアルの0.7差この2つを見て拾いました。ただ切れる脚はないのでこの評価です。

プロフィール
最新コメント
検索