最新記事
カテゴリーアーカイブ
【スポンサーリンク】
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
【スポンサーリンク】
写真ギャラリー
【スポンサーリンク】
ファン
【スポンサーリンク】
【ランキング】
ブログランキングに参加しています!  応援クリックお願いします!
にほんブログ村

2018年05月13日

5/13 東京12レース 前予想 〜Dr.A〜

1番手E2番手H3番手K4番手A5番手C6番手G7番手F
展開・・・・・逃げ逃げB/先行GC@/差しDEHIMAK/追込JL
ペース・・・ミドルペース

Eは東京だと重馬場だけども上がり35秒台をだせてて3走前のルグランフリソンの0.4差これは良いでしょう。1600万で前走除けば全て0.4差以内と安定してます。前走は前に行きすぎてやり合った結果潰れた形なので今回控えてくれるだろうから前走の大敗は気にしなくていい。

Hは前走は9か月休み明け厩舎コメントでも久しぶりで力んだとの事一度叩いて今回は上向いてくるでしょう。2走前のウインムートの0.8差、着差付けられてますがこれは悪くないと思います。勝ったウインムートは1分22秒8 これは優秀それに対しての0.8差1分23秒6なら評価して良いと思います。3走前はルールソヴァール0.6差も悪くない。1600mでまあまあの競馬もできてるので良いでしょう。上りも東京の良馬場で36秒台が使えてます。調教もラスト12.1秒は良いと思います。

Kはまず上りが安定してます2走前阪神で35.9秒これは凄いです。東京でも重馬場だけども35秒台を3回続けて出せてる。出遅れや躓きや不利があったりでまともに走ったのが3走前だけこの時が重馬場なので出なくもないのでしょうが1分23秒2と悪くないです。5走前から全て1300m以上にしてからは着順も着差も悪くない結果が出てるのでいいと思います。

Aは5走前のTV静岡これがレベル高かったと思います。勝ったダノンフェイスがや や重とはいえ1分21秒9これは中々でないそれに対して0.9差の1分22秒8、1600万でこのタイムが出れば勝っていてもおかしくない、上りも34.5秒。それだけこのレースのレベルは高かったと思います。4走前はレッドゲルニカの0.4差3走前がルグランフリソンの0.4差とこのメンバーの中ではやってる相手が違います。ここ2走が今一ですが自力はあるでしょうからこのメンバーならそろそろクラス突破を期待してます。

Cは今回鉄砲がまあまあ仕上がりも良いとの事後調教も良いです。ただ前走の負け方が良くわからないので評価下げました。ただ2走前ではレッドゲルニカの0.5差、上りも5走前では重馬場ですが35秒台が使えてるので前走を見なかったらまあまあ良いんじゃないでしょうか。

Gは4走前、3走前と中山で大敗してますが、左回りで見れば東京、新潟、中京とどこで走っても着差0.4以内と悪くないです。ただ走破タイムはそんな褒められたもんではないです。ハイペースもミドルペースも経験してて今回は先行2番手と考えてるのでひょっとしたら残すかもしれません。砂を被るともろい所がまだあるみたいですが今回メンバー的に後ろからの馬が多いのでそこも問題ないと思います。

Fはもう9歳なんですが上がりが安定して使えて5走前ではTV静岡でAより先着しててしかも不利を受けての6着上りも34.7秒と凄いです。最近は届かない形になってますが突っ込んできても全然不思議じゃないと思います。

ヴィクトリアマイル前予想〜Dr.A〜

まず土曜日の東京芝レース早いあがりを使えてる子はしっかり上位にきてますそうなるとこのレース前1頭と後ろからくるのが2頭と考えます。なので差し馬はどこで追い出すかスパートをかけるかが重要鞍上が馬の能力を把握しているかそこで乗り替わりより継続騎乗で来る馬の方がいいと考える。そこで
1番手J2番手O3番手➉4番手A5番手B6番手C7番手D
展開・・・Fの単騎逃げ/先行➉ACDE/差し@BGHMNOPQK/追込L
ペース・・・ハイペース寄りのミドルペース。テンの3Fが34.5秒〜34.7秒位
Jはまず今日見る限り上り32秒台がでる馬場状況でメンバー中上り32秒台を出せてるのはJの3走前スローペースですが稍重で32.9秒これは 立派。後はLの4走前の32.7秒というのがあるがLは能力的に無理なのでこれは拾えません。2走前の東京新聞杯で大敗してますが直線向いて他馬に寄られて完全に切られていた中で上がり33.9秒で0.6差ならそれほど負けてない今回6枠11番と良い枠、ローテーションも昨年と一緒、ミルコ2回目。そして1600mだけで見れば2走前を無しにすれば全て0.3差以内。馬格がないがステイゴールド産駒らしく揉まれ強く勝負根性もある。ただ一点去年のテン3Fは35.6秒と遅かったので今回はこうはならないので近走で早いペースを経験してないのが不安点。
Oは上り33秒台を3走続けて使えてるのと5走前のローズステークスこれが強かったと思います。このレースはカワキタエンカが逃げてこの時のテンの3Fが34.6 秒なのでやはりこのレースはレベルが高かったと思います。このレースでしっかり3着に持ってこれてるのでここは評価していいです。後は2走前の勝も大きい、1600mより長い所でもいい競馬が出来てるのでそこも良いです。
➉はやはりNHKマイルの1分32秒3は凄い、ただこの時は好位からの差し、今回は先行2番手位になるはず。今回東京で先行、抜け出しで押し切れるのかどうかと一番気になってるんですが同舞台G1で勝ってるのに横山典騎手が乗り替わりよくわからない普通なら乗ると思うのですが横山典騎手が2番を選んだ?わからないそこがとにかく引っ掛かってます。ただ前走の中山記念牡馬とやって良い競馬が出来てるので牝馬同士なら力は上位でしょう。ただ中山と阪神で違いますが同じ 1800mテンの3Fがローズステークスが34.6秒に対して中山記念は36.2秒、走破タイムもラビットランが1分45秒5、アエロリットが1分47秒6、勝ったウインブライトも大阪杯で1.5秒差付けられての大敗、この中山記念レベル的にそこまで高くない気もします。
Aは4走前から1600m以下にして4連勝これは凄いです。前走逃げて上がり33.8秒これは凄いです。ただスローペース今回はマイペースに逃げさせてはくれないので前走のようにはいかないでしょうが先行3番手位からラスト3Fでこの脚が使えるのなら普通に残すと思います。
Bは大きいのは5走前ローズステークスやはりこれは強いと思います。この時上り最速の33.5秒これは凄いです。前走ですが後ろ過ぎですしスローペースにも泣かされた と思いますそれでも上りは最速の33.2秒レースも見ましたが最後しっかり伸びてきてますし着差も0.5と着順の程負けてません。2走前も0.4差3走前も0.1差と着差は悪くない。十分可能性ありだと思います。
Cは1600mに限れば安定してますし前走、3走前と4コーナー4番手から33秒台の上りこれは良いです。先行抜け出しの形で早い上りが使えるのは先行馬がこのレースで上位に行くには必要条件、さすがに33秒台は出ないと思いますが34.3、34.4、遅くても35.0秒以内でまとめられれば残せるかもしれません。
Dは4走前のマイルCSペルシアンナイトの0.2差の4着これが強いです。このレースはマルターズアポジーが引っ張ってテンの3Fが34.6秒やはりレベルは高かったと思います。後は希望ですが差しで はなく今回先行からの粘りこみの競馬をしてほしいと思ってます。そうするとひょっとしたら残せるかもしれないと思ってます。ただ東京、左回りで馬券圏内がないのと行くのか控えるのかがはっきりしないのでそこは不安点です。
プロフィール
最新コメント
検索